観世音菩薩もビックリ
2013/02/27(水) 23:44

春が待ち遠しい (滋賀県坂本)


 呆れてモノが言えないとはまさにこのこと。

 昨年、対馬の観音寺が所有していた長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」と他の仏像の2体が韓国人のオトコに盗まれた事件があった。が、そのオトコは呆気なく韓国の税関で御用となり、菩薩坐像(ともう一つの仏像)はそこで押収された。

 ここまでは大した事件ではない。ところが、彼の地の学者がその仏像を調査したところ、この仏像二体はもともと14世紀に韓国で作られたもので、それを倭寇が強奪して対馬に持ち帰ったものである。と、さながら6世紀前の倭寇動画を検分したかの如き調査報告を出した。

 そして昨日、その学者の調査報告を真に受けた彼の地の裁判所は、なんと、長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」を日本に返還してはならないとする仮処分決定を下したのだ。(そんなに返してほしかったら、対馬の観音寺が仏像を正当に取得したという事実を立証してみろ。やて)

 これは、盗人にも三分の理。で済む話かしら?

 振り返ってみれば、文化財のみならず、有形無形の日本のモノを元々は自分達のモノであったと主張するのは、彼の国のお家芸ではないか?
 島根県の竹島はもとより、柔道や剣道等の武道、折り紙や茶道・歌舞伎・ねぶた祭りなどの伝統、寿司やテンプラなどの日本料理、アニメ、お菓子、果ては秋田犬・ソメイヨシノ等の動植物にいたるまで、剽窃と起源主張は多岐に渡っている。(勿論、それを恥じる方もおられることは当たり前のことだが)

 聞くところによると、今でも大多数の韓国の人々は、鉄腕アトムやドラエモン、ガンダム、宇宙戦艦ヤマト、キャンディキャンディ、キャプテン翼などのアニメ作品や、コンビニで売ってるポッキーやきのこの山、かっぱえびせん、コアラのマーチ等々のお菓子も、みーんな自分達が考え出したモノと信じて育ったらしい。(これは韓国人留学生が書いた本にも良く出てくる話ですわ)

 ま、そんなトレンドから推測すれば、対馬の寺にあった仏像の一体や二体パクったくらいで大騒ぎするなんて大人げないやないか。と言いたいのかもしれない。

 ある朝、目が覚めると、奈良と鎌倉の大仏が忽然と姿を消していて、いつのまにかソウルやプサンのど真ん中に、でーんと鎮座していた。そんな日が現実に来るような気がする。


PM2.5の次は“沙塵暴”
2013/02/18(月) 22:08

ドラえもんの著作権も多分・・・(上海の凧屋)


 先日、収録に見えたスポンサーから、シミズさんの周りでPM2.5の影響はどうですか?との質問を受けた。
 突然のご下問だったので、いえ、今のところ特に。と、しどろもどろに答えると、それはよかったですね。との返事。なんでもそのスポンサーのところでは、広報スタッフの一人が重度の呼吸疾患で休んでいるとのこと。被害は西日本の方が多いとは聞いていたが既にそういう状態なのか。

 情けないことにPM2.5について、僕はそれほど知識は持っていなかった。いったいどんなモノなんやろと環境省のホームページを開くと、「PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺癌、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています」なる文言が確認できた。

 さらに、「粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。」とも記してあった。たんたんとした表現がかえってリアリティが感じられ、不気味である。

 どうやらPM2.5は季節性のある黄砂と違って、人民中国の経済発展と正比例しそうである。ちゅうことは、日本列島はこれからも、より一層の濃度を持ったコレに苦しめられる。ちゅうことになるのか?だとするとこれはさながら、中国大陸からの無差別大気汚染テロ。と形容できる気がする。

 さて不幸なことに、日本列島ではPM2.5に加えて、毎年、春になると前述の大量の黄砂が飛来する。この黄砂、中国では「沙塵暴」なる、見るからにオドロオドロしい名前がつけられている。ちなみにこの「沙塵暴」、微量ながら人体にとても有害な放射性セシウムを含んでいるらしい。福島原発事故で反原発運動が加速されているが、こちらも看過できない問題であるように思う。(反原発を主張する市民運動の先生方が、なんでこっちの放射能被害には抗議しないのか不思議ですわ〉

 それにしても、PM2.5といい「沙塵暴」といい、日本列島はまったく受け身な立場である。地理的に損な立場だから・・・と泣き寝入りする以外に、賠償や補償を求める等の、対処の仕方はないのかと思う。