番組紹介

新着記事

観世音菩薩もビックリ

2013.02/27 清水研究員 記事URL

春が待ち遠しい (滋賀県坂本)


 呆れてモノが言えないとはまさにこのこと。

 昨年、対馬の観音寺が所有していた長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」と他の仏像の2体が韓国人のオトコに盗まれた事件があった。が、そのオトコは呆気なく韓国の税関で御用となり、菩薩坐像(ともう一つの仏像)はそこで押収された。

 ここまでは大した事件ではない。ところが、彼の地の学者がその仏像を調査したところ、この仏像二体はもともと14世紀に韓国で作られたもので、それを倭寇が強奪して対馬に持ち帰ったものである。と、さながら6世紀前の倭寇動画を検分したかの如き調査報告を出した。

 そして昨日、その学者の調査報告を真に受けた彼の地の裁判所は、なんと、長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」を日本に返還してはならないとする仮処分決定を下したのだ。(そんなに返してほしかったら、対馬の観音寺が仏像を正当に取得したという事実を立証してみろ。やて)

 これは、盗人にも三分の理。で済む話かしら?

 振り返ってみれば、文化財のみならず、有形無形の日本のモノを元々は自分達のモノであったと主張するのは、彼の国のお家芸ではないか?
 島根県の竹島はもとより、柔道や剣道等の武道、折り紙や茶道・歌舞伎・ねぶた祭りなどの伝統、寿司やテンプラなどの日本料理、アニメ、お菓子、果ては秋田犬・ソメイヨシノ等の動植物にいたるまで、剽窃と起源主張は多岐に渡っている。(勿論、それを恥じる方もおられることは当たり前のことだが)

 聞くところによると、今でも大多数の韓国の人々は、鉄腕アトムやドラエモン、ガンダム、宇宙戦艦ヤマト、キャンディキャンディ、キャプテン翼などのアニメ作品や、コンビニで売ってるポッキーやきのこの山、かっぱえびせん、コアラのマーチ等々のお菓子も、みーんな自分達が考え出したモノと信じて育ったらしい。(これは韓国人留学生が書いた本にも良く出てくる話ですわ)

 ま、そんなトレンドから推測すれば、対馬の寺にあった仏像の一体や二体パクったくらいで大騒ぎするなんて大人げないやないか。と言いたいのかもしれない。

 ある朝、目が覚めると、奈良と鎌倉の大仏が忽然と姿を消していて、いつのまにかソウルやプサンのど真ん中に、でーんと鎮座していた。そんな日が現実に来るような気がする。


PM2.5の次は“沙塵暴”

2013.02/18 清水研究員 記事URL

ドラえもんの著作権も多分・・・(上海の凧屋)


 先日、収録に見えたスポンサーから、シミズさんの周りでPM2.5の影響はどうですか?との質問を受けた。
 突然のご下問だったので、いえ、今のところ特に。と、しどろもどろに答えると、それはよかったですね。との返事。なんでもそのスポンサーのところでは、広報スタッフの一人が重度の呼吸疾患で休んでいるとのこと。被害は西日本の方が多いとは聞いていたが既にそういう状態なのか。

 情けないことにPM2.5について、僕はそれほど知識は持っていなかった。いったいどんなモノなんやろと環境省のホームページを開くと、「PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺癌、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています」なる文言が確認できた。

 さらに、「粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。」とも記してあった。たんたんとした表現がかえってリアリティが感じられ、不気味である。

 どうやらPM2.5は季節性のある黄砂と違って、人民中国の経済発展と正比例しそうである。ちゅうことは、日本列島はこれからも、より一層の濃度を持ったコレに苦しめられる。ちゅうことになるのか?だとするとこれはさながら、中国大陸からの無差別大気汚染テロ。と形容できる気がする。

 さて不幸なことに、日本列島ではPM2.5に加えて、毎年、春になると前述の大量の黄砂が飛来する。この黄砂、中国では「沙塵暴」なる、見るからにオドロオドロしい名前がつけられている。ちなみにこの「沙塵暴」、微量ながら人体にとても有害な放射性セシウムを含んでいるらしい。福島原発事故で反原発運動が加速されているが、こちらも看過できない問題であるように思う。(反原発を主張する市民運動の先生方が、なんでこっちの放射能被害には抗議しないのか不思議ですわ〉

 それにしても、PM2.5といい「沙塵暴」といい、日本列島はまったく受け身な立場である。地理的に損な立場だから・・・と泣き寝入りする以外に、賠償や補償を求める等の、対処の仕方はないのかと思う。


もう如月

2013.01/30 清水研究員 記事URL

一艘の小船がヘビを見せにやって来た(トンレサップ湖)


 今年は特別な年である。ご存知の方も多いかと存ずるが、伊勢神宮の二十年に一度の式年遷宮の年であり、また、出雲大社でも六十年ぶりになる遷宮が行われる。

 正月の三日目、遅い初詣の帰り道の露店で暦の本が売れ残っているのを発見した。残り物には福があると謂う。ワンコイン500円払い購入し、家に戻って眺めていると、今年の国の運勢に「其の背にとどまりその身を獲ず」なる言葉が記してあった。

 その一文を目にした瞬間、不吉な印象を受けた。ひょっとしたら、これから変なことが世間で起きるのとちゃうかと気になったのだ。それからしばらくして鳩山元総理夫妻による中国での国辱行動と、凄惨極まるアルジェリアの人質射殺事件と矢継ぎ早に悲惨なニュースが伝えられたので、なんともいえず暗い気持ちになった。

 アルジェリア人質射殺事件は暦とは関係は無いだろうが、犠牲者の方々、ご遺族の無念さを思うと軽々しくは扱われない事件である。ゆえにここでは触れないでおくとして、問題は元総理夫妻の軽挙妄動である。
 あのあまりに幼稚かつ、国恥的な言動は、一体どういう発想からくるものなのか。

 もし、“アンタをホンマもんのahoと見込んで話がある”と外国人から切り出されたら、誰もが、無礼者!と一喝するだろう。それが普通である。然し、六十を過ぎてもなお、母親から毎月一千五百万円に及ぶお小遣いを貰っていたボンボンの鳩山さんは、呆れたことに真逆の行動をとった。

 醉翁之意不在酒。

 なんでそんな簡単なことが分からないのかと思う。いや、夫妻の身になってみれば、自分達をまだまだVIPとして特別待遇で迎えてくれる場所があるのなら、いつでも、どこにでも出かけて行きたいのかもしれない。自分はまだまだ大物で世界から愛されている。そんな幻想に浸りたい気持ちはわからないでもない。

 然し、オカシイ人は鳩山夫妻だけで終わりかと思ってたら、習近平はまた新たに、阪神大震災勃発時に自衛隊の出動を半日止めていた村山富市爺(元総理)や、熱心な外国人参政権推進論者である加藤紘一センセなんぞを招待してきた。流石にチョイスは正確だ。誰が使いやすいのか、的確にツボを熟知している模様である。

 今年は日本にとって特別な年であるにもかかわらず、既に現役ではないかつての権力者達が、尖閣諸島侵犯国の工作プランに嬉々として馳せ参じている。嫌な予感がする。株高、円安基調になってきても、まだまだ私達は枕を高くして寝られないのではないか。

 最後に古代中国の実戦的兵法書「六韜」の文伐篇からワンフレーズを。

 ・・・交渉の為に隣国から使者が来て、その者が無能ならば大いに与え歓待せよ。そうすれば隣国では無能な者が重用され、有能な忠臣が失脚する。そして滅ぶ。


人品卑しからず

2012.12/28 清水研究員 記事URL

古のクメール人は品のある顔立ちをしている


 有馬記念はぼろ負け。カネを大損したままで年を終えたくなかったので、リターンマッチに翌日も競馬場に行ってしまう。

 阪神9Rのパドック、休養明けの⑤アドマイヤオウジャがやけに良く見えた。鞍上は岩田騎手。しかしオッズを見ると、なんちゅうことか、単勝で20倍以上の数字が表示されている。休養明けが嫌われてるのか?それでも馬体は決して太く見えず、ウマも走りたくてうずうずしている様子で、周囲を睥睨するかの如き目つきである。

 これは天が与え給うたチャンスと思い、迷うことなくアドマイヤオウジャから、同枠のルメール騎乗のノーブルコロネットと6枠の浜中騎乗プリムラブルガリスの2頭に枠連とワイドを流す。枠連を買ったのは、もしルメールの馬が来た場合、その時点のオッズでは枠連の配当の方が高かったからだ。

 ゴール前、なんと単勝20倍のアドマイヤオウジャが大外からモノ凄い勢いで突っ込んできた!心臓が爆発するほど興奮する。然し内からプリムラブルガリスも伸びてきている。内と外の2頭はほぼ同時にゴールに飛び込んだが、一体、どっちや?僕が見ていた位置からは、やや内のウマの方が優勢のように思われた。

 単勝は外しても、枠連とワイドが当たってるので、まーエエかと暫く判定を待っていると、なんと、⑤が1着で確定のランプが灯る。体中に歓喜が沸騰する。これだから競馬は止められない。ブチ込んだカネが10倍以上になって戻ってくる。有馬記念の損害を補ってあまりある配当にありつけたのだ。

 そのまま払い戻しをサイフに入れ、競馬場を出たらよかったと後から後悔する。
 もっとも、ツキがあるときは勝負し続けるのが競馬に限らずギャンブルの一大鉄則。そのあと中山の10Rも枠連で勝つことができたので、徹底的な戦果拡大を狙い、その日の勝ち分の全てをメインの阪神カップに入れてみることにした。(勿論、保険にワイドを数点散りばめる)

 ところが、僕の予想とは似ても似つかぬウマ(もっとも勝ち馬は昨年と同じウマだったが)が1着2着になり惨敗。メチャ幸福な気分でいられたのは、ほんの30分ほどであった。あまりに儚なすぎる。鄭還古の『杜子春伝』の如き結果に立ち直れないショックを味わう。だが後悔してももうカネは戻ってこないのだ。

 さて、人品卑しからぬ。ちゅう言葉がある。その言葉に該当する人物、政治家は今の日本にどんだけおるねん?と思う。

 先の選挙で敗北宣言を発せられた未来の党の嘉田さんは、遂に小沢サンと袂を分かち、本日新たに日本未来の党をオープンさせた。との報に今日接する。

 選挙も競馬も「たられば」は禁物である。なんで選挙前に当事者はそんなことが分からなかったんやろと思う。嘉田さんと小沢さんは、まさしく水と油、陽と陰ではないか。
 「人品卑しからぬ」政治家なぞほとんどおられないが、僕は個人的には嘉田さんは、マスコミがどう叩こうが、その数少ない一人であるように感じるのだ。

 水清ければ魚棲まず。と謂う。然し、脱原発、反消費税増税、反TPPと、長い目で見た場合、氏の主張には耳を傾ける要素が多分にあるように思う。氏は、喧伝されているほどは左翼的ではない印象を受ける。なによりも人相が決して卑しからぬ点が、他の、反対の為の反対を繰り返している連中と違うように感じられるのだ。

 閑話休題。

 今年もいよいよ大詰めです。今年一年、拙ブログにお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。皆様方におかれましては良いお年をお迎えください。


イブ前日の有馬記念展望

2012.12/23 清水研究員 記事URL

ラジオNIKKEI杯はエピファネイアが勝つ


 あと数時間で有馬記念である。凱旋門賞2着のオルフェーブルとジャパンカップを制したジェンティルドンナが出ないのは残念だが、馬券的には面白くなった。多分、1番人気→2番人気で決着しないレースになると思う。

 競馬は世相を反映する。なる譬えがある。然し、世相が競馬を反映してるのではないか。先週の衆議院選挙、不謹慎かもしれないが、有馬記念のプレキャンペーンであったような気がしてならない。

 選挙の結果は既にご存知の通り。例によって評論家や大手新聞各社は、あれこれ民主党の敗因を羅列して己の炯眼ぶりを御披露しておられるけれども、あとからでは何とでもいえる。有権者の大多数が、災害にも外交にも全く無能であった前政権に三下り半を突付けた。・・・ちゅうだけの話ではないか。
 もっとも、野田さんも、あの二人の後では大変やったろと思う。メディアからは散散叩かれていたが、あまりにインチキかつ、前近代的な政権をクローズし、民意を問うたのだから、もっと評価されていいのではないかと思う。

 一方、共産党と社民党の獲得議席の少なさには驚いた。皮肉なことに、後足で砂をかけるようにして社民党から抜け出たセンセイ2人は、別の党の比例代表で当選している。福島氏にとっては悪夢であったろう。まーみんな自分が一番可愛いのは古今東西、普遍の真実。昔の仲間を裏切ってでも安定収益の道を選ぶ。そういう自由は誰にでもある。ちゅうことか。

 閑話休題。

 さて、今回の有馬記念。僕は出目やゴロ合わせ、その昔に流行った高本理論では絶対に馬券を買わない主義である。が、世の中には共時性がある。
 衆院選と有馬記念にもし、共時性があるとするならば、勝つのはルーラーシップではないか。馬名の意味は「支配者の位、統治者の支配権」・・・らしい。ま、そのものズバリ「主権」。ちゅうことだろう。超良血のルーラーシップは、再び政権の座に返り咲いた、同じく超ボンボンの安部センセを彷彿とさせるのだ。

 対抗はダークシャドウか。このウマ直訳すると、暗い影。ちゅうことになる。名前はともかくとして、かなり強いおウマさんである。距離うんぬんを取り沙汰されているが、父親がダンスインザダークなら大丈夫だろう。ルーラーシップにダークシャドウ。馬名を組み合わせると、主権に暗い影。となるか。なんか今の日本そのまんま。ちゅう感じがしてくる。

 馬券の多数買いは好きではない。スカイディグニティも大外のルルーシュも、勿論、ゴールドシップも気になるけれども、そこまで手を広げるカネがない。
 ゆえに、あと数時間後の有馬記念、馬単でルーラーシップ→ダークシャドウ、その逆パターン、それから保険に2頭のワイドの計3点だけを僕は厚めに買いますわ。もっともルーラーシップには出遅れ癖があるので、それが出たらオシマイだけれども。

 Anyway、投資とギャンブルは全てが自己責任。皆様方のご健闘をお祈りします。


有権者の記憶は75日以上

2012.12/13 清水研究員 記事URL

ダンシング シヴァ神

 
 選挙、選挙でメディアはみんな喧しい。社会の木鐸とかジャーナリスト宣言とか、結構なメルヘンを標榜している大手新聞各社も、連日トップ面で、あの党がナンボ、この党がナンボと、競馬の予想紙の如き様相を呈してきている。ま、面白半分な野次馬気分もあるんやろと思う。

 新聞の基本原則は不偏不党。ちゅうハナシだが、そんなこと信じている人はもはや日本に数人だろう。ま、選挙はええネタになる。ちゅうことか。取材される側の候補者はこれからも幾久しく、既得権の甘き香りを味わいたいだろうが、僕ら一般庶民はウソには敏感である。

 さて、ちょっと前の某大手新聞紙上で今回の選挙を象徴するような記事があった。大阪のある選挙区のレポートである。
 その記事を要約してみると、「(前略)大阪府内で17日、管前首相と街頭演説に立った前議員の辻元清美氏は“民主党を見捨てないで”と声を張り上げたが、聴衆のヤジはやまなかった。(後略)」・・・とあったのだ。

 ひょっとしたら上記内容に快哉を叫ぶ人も多いかも知れない。が、僕が意外に思ったのは、その新聞はとりたてて右でも左でもなく、思想のベクトルは比較的にニュートラルな印象があったのだ。また、確か3年前の総選挙の際は、政権交代には非常に好意的な論陣を張っていたのを僕は記憶している。けれども、今はこんな感じだ。
 栄枯盛衰は世の習い。ちゅうが、こんなニュースもまた、なんかの誘導にはならないのかと思う。

 閑話休題。

 記事にあった上記お二方、東北大震災当時は確か、首相と首相補佐官ちゅうステータスであった。
 メディアの前では盛んに「絆」とか「向き合う」とか、美しい温情溢れるお言葉を、ハイパーインフレの如く口になされてた記憶がある。そんなイエス・キリストかマザー・テレサの如き博愛心に満ち満ちたご両人にヤジとはまた、非道い出迎えではないか。

 然し、多分、有権者はみんな、候補者の思惑以上にいろいろなことを見ているのだと思う。

 ウイキペディアには、上記補佐官の過去の発言として、「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん」・・・なる、実に激烈な言葉が掲載されている。本当にそんな発言があったとしたら、また随分と有権者をナメてくれたもんである。氏が自らの職権を利用し、僅かの期間に何千万円も僕らの税金をネコババしていた犯歴も、実にナチュラルに理解できる。

 民の上に立つ者は、民に先んじて憂い民に遅れて楽しむ。と謂う。(岳陽楼記)
  
 ・・・そんな政治家、日本のどっかにいてはるんでっしゃろか?


新着記事一覧

新着一覧はコチラ