Berryz工房は永遠に [Berryz工房]
2015.03/02 番組スタッフ 記事URL

いよいよ、あと1回のコンサートでBerryz工房にサヨナラしなくてはいけない。

 

振り返ると私の40代、まさにBerryz工房でした。

 

Berryz工房がいたからこそ、実に楽しい40代を過ごす事が出来ました。

自分の子供の成長を見るように彼女達の成長を見守る事が出来たし、この年齢で炎天下のよみうりランドのグッズ列に並んだり、握手するのにドキドキしたり、コンサートの最前列が来て前の夜眠れなかったり、ビーチサンダルとビーチボールが付いたCDを店で買ったり等々・・・まわりの同年代の人が出来ない経験をさせていただきました。

彼女達との素敵な時間を共有できた事、これは宝物です。


Berryz工房は私の心の中で活動し続けます。

 

この先も、そしてずっと永遠に・・・

 

 

清水佐紀さん

 

一番最初にBerryz工房を見た時、とても気になる存在でした。

か細い女の子達の中で、ひと際背がちっちゃいコがダイナミックに踊っている。

「あの女の子は?」

そのダンスが実に魅力的です。

背が小さくても守備の名手、小坂誠選手のようでした。

最初の私の推しでした。


ももちのちょっかいに素で怒る佐紀ちゃんが可愛いです。

 

 

嗣永桃子さん

 

私がキッズへ興味を持ったきっかけは、わたなべさんから強引に「これを見ろ!」と貸し与えられたZYXの「白いTOKYO」のMVでした。

はにかみながらプレゼントを渡す桃子さんにヤられました。

今、「はにかみ」と言えば、うたちゃんですが・・・。

 

そのプロっぷりはヲタさん達の間では有名でしたが、広く世間に"ももち"として知れ渡るようになって非常に嬉しいです。

 

コンサートでセットの階段を昇り降りする嗣永さんにいつもハラハラしていました。

なんであんなに不格好なんだろう。

でもスポフェスでは跳び箱結構飛んでいたので運動神経は良いんですよね。

スポフェスと言えば、ステージで音が機材トラブルで出なかった時もまるで動じる事もなくその場を収めてました。
「このコはすごい・・・」

その後、コンサートで浮かれて「桃子のたんじょうび~」というバースデーTシャツを買ったのですが、さすがにこれを着るのはちょっと。。。
「やはり、このコはすごい・・・」

 

その頭の回転の良さから握手会での会話のやり取りが楽しかったです。

2008年頃だったかの握手会で「桃子ちゃんがハロプロの中で一番MCが上手いヨ」と言ったら非常に嬉しそうな顔をしてくれました。

 

ディナーショーがあれば是非行きたいです。

そんな時はバラード歌ってね。

 

 

徳永千奈美さん

 

嗣永・徳永のやりとりは、「笑点」で言えば歌丸・小圓遊、「お笑い漫画道場」なら富永先生・鈴木先生ですね。

 

私は彼女の頭の良さ(といっても学校の勉強では決してありません。)にいつも関心しています。話をふられるといつも即答出来る。ただし、その内容は訳のわからんものだったりはしますがすぐに反応できるという事は凄い事です。

なかなか出来る事じゃぁございません。

特に「なぞかけ」は秀逸で寄席演芸好きの私も関心するレベルでした。

その表現に独特の感性があるので、彼女がお芝居の道を選ぶのかと思っていました。

 

まぁそうは言っても「の~にゅ」が一番好きなのです!

 

 

須藤茉麻さん

 

『ハピネス~幸福歓迎!~』の「まぁさに出会えたぁ~♪」ですね。

これが楽しいです!

"お芝居の道へ" との事ですが、またハンチョウ~警視庁安積班~に出演してほしいですな。

この後のこぶしファクトリーの舞台が楽しみなのです。

「僕たち可憐な少年合唱団」の保田圭さん、小川麻琴さんのような味のある演技で、はまちゃん達をどうリードして行くのか、注目しています。

 

須藤さんが似合う役って何だろう?やっぱり、おかあちゃん役かなぁ・・・

 

 

夏焼雅さん

 

コンサートではまず雅ちゃんに目がいきます。

やはり華がありますよねぇ~。

そんな美人が握手では自ら手を差し伸べてくる!

そりゃ女性にモてない私のようなさえない男はイチコロです。

 

という事でイチ推しです

 

あの歌唱力をこのまま世間から消えさせるのはあまりに惜し過ぎます。

持って生まれたエンターテイナーだと思うのですが。。。

 

 

石村舞波さん

 

わたなべさんが、『スイッチON!』のDVDを会社のデスクで見ていて泣きだしたのには驚きました。

 

「グスン、ま、舞波がさぁ~、泣いている桃子の背中をポンって叩くんだよ、頑張れって~」

 

そんな事はないでしょ、たまたま映像の角度でそう見えるのだと思いますが。

でも、私とBuono!コンによく一緒に行ってた関西のももちヲタさんも「僕もそうだと信じてます」と言ってました。

 

 

熊井友理奈さん

 

「安心感」の熊井ちゃん、ランドセルの熊井ちゃんですよ!

「くまくまトーク」ではいつも大爆笑させていただきました。

仕事柄、ああいう?トークには「すわ、放送事故!?」と心臓が止まりそうになります。

当人がその状況をよくわかってないのが最高です。

「何、なに?」ってきょとんとしてますもんね。

本当は笑ってはいけなかったのかなぁ・・・

ゴメンナサイネ~

 

長野のナルチカの帰り、ゴミを自分で捨てている熊井ちゃんにほっこりしました。

そんな姿も絵になる美人さんです。

 



菅谷梨沙子さん

 

あなたを好きになる3原則の「ついてきちゃったっ」でしょう、やっぱり。

 

「なんて、かわいい女の子なんだ!」が第一印象でした。

ここ数年はその奇抜な雰囲気にいささかついていけませんでしたが、これもまた長野のナルチカの帰りの新幹線で通路を歩く菅谷さんのオーラにはっとしました。

「か、かわいい・・・・」

「やっぱり世の中で一番かわいいのはりーちゃんじゃないかっ!!」。

新幹線の車内がパっと明るくなった気がしました。

 

『スイッチON!』のMCで、熊井ちゃんが、りーちゃんを

「聞いたところによると、料理を作ることが大好きでハンバーグやカレーはお手の物らしいですよ、菅谷梨沙子さん!」

と、紹介するのですが、どうも信じられないなぁ~

 

何年も疑問に思っています。

 

 

 

この後、何年かしたら必ず「すごいアイドルグループがいた」「伝説のアイドルグループ」なんてテレビや雑誌で取り上げられるだろうなぁ。。。その時騒いでも遅いですよ。

 

武道館ラスト、しっかりと記憶に刻みたいと思います。

 

旅立ち、未来へ向かって

 

ベリーズ、行くベ!

はまちゃんからのJuice=Juice [制作部Mコラム]
2013.05/06 番組スタッフ 記事URL
皆さん、ゴールデンウィークはどうお過ごしですか?

私は、℃トレジャーボックス、Berryzマンション、Berryzリリイベ、研修生、Juice、そして、本日はモーニング娘。です。
わたなべさんのゴールデンウィークを「権藤、権藤、雨、権藤・・・」などと笑っていたら、私も同じですね、
トホホ。

さて、昨日は、「ハロプロ研修生~春の公開実力診断テスト」に行きました。

熾烈なグッツ列が予想されましたので、11時過ぎに現着。
外売り場外に並びましたが、想定内とはいえ列が進まない、進まない・・・
日射病で死ぬかと思った夏のベリーズの読売ランド・イベントを思い出しました。
赤い階段の中段、売り場のおねえさまの顔が見える所まで来たのが、なんと開演の10分前。
「彼女になりたい!!!」がどうしても見たかったので泣く泣く列から離脱。

終演後、売り場に駆けつけましたが、案の定"夏草や兵どもが夢のあと"状態でした。
なんとか、はまちゃんの写真1タイプ、かなとも1タイプ、つかぽん2タイプ、をゲットしました。

こんなにグッズに必死になったのは久しぶりです。
Berryz工房にハマりだしてコンサートに行くたび、グッズを必死で買っていた2006年頃を思い出しました。

「いやぁ~こういうのって久しぶりだなぁ~」

でも、その頃から間違いなく体力が落ちています。
足が痛くて立っているのがやっと。
ただ、これがハイタッチ会で吉と出るとは夢にも思いませんでした。

【続きを読む】
Berryzマンション 別棟完成 [制作部Mコラム]
2013.04/08 番組スタッフ 記事URL
大荒れの天気の週末、皆さん大丈夫でしたか?
我らがわたなべさんは、またもや

『今朝、駅でU野さんに会ったから嫌な予感がした』

『誰々のせいで電車が止まった、飛行機が飛ばない』

と、得意の悪天候&出来事話。
そんな事言ったら℃-uteの日本武道館はどうなるのよ。


そんな日曜日、渋谷公会堂にBerryz工房のコンサート昼・夜に参戦してきました。

やっぱりBerryz工房はイイですね。

モーニング娘。のように凄いダンスがあるわけでもなく、℃-uteのように凄い技を披露するわけでもなく、あややのようなトークもない。

でも、すごく心地が良いんです。

カワイイ、カッコイイ、面白い、楽しい、悲しい、美しい・・・なんでも表現出来るんですよね。

次回の中野も楽しみです!


昼の「熊井ンポッシブル」

ミッションは

「ハロプロ研修生:たぐっちと2分間会話をして彼女の魅力を引き出す」

思わず、ビックスモールンかと思いましたよ。
たぐっちが、熊井ちゃんの体でクルクル回ったりして・・・

「なりたいな、なりたいな」

もちろん、そんな事はありませんでしたが、微妙な二人の距離感が面白かったぁ~

熊井ちゃんのたぐっちを見る目が優しくてきゅんきゅんしちゃいました。



【続きを読む】
はまちゃん指数 上昇中 [制作部Mコラム]
2013.04/01 番組スタッフ 記事URL

コメント欄がないのは例の4月1日ネタではなく、ラジオNIKKEIのホームページリニューアルに伴う工事中と聞いています。

 

そんな中、

ハロプロ研修生 発表会2013 ~3月の生タマゴShow~

に昼・夜行って来ました。

本当は昼だけの予定でしたが、ナント当日券が買えてしまいました。

ここまで来たら夜もはまちゃんに会わずには帰れません。

桜が咲いているとは思えない気候でしたが、ここ横浜BLITZの寒さは冬Buono!で経験済みです。

 

さらに今回は写真撮影可という、夢のようなライブ!

 

 

 

 

でも、上手に撮るのは難しい。

私の腕とカメラではこれが限界。。。

写真は撮りたいは、ライブは見たいはで、普段の倍疲れました。

グッズ列も久しぶりに動きませんでしたねぇ~

 

やっぱり注目は、はまちゃん大佐。

いやぁ、どこかの掲示板でも言われていましたが、

"地球上の全生物の中で一番カワイイ"

完全にトリコになってしまいました。

お年玉あげたいです。

 

 

 

 

敬礼を撮りたかった・・・・

いやぁ~かわいい

 

 

 

これだよ、皆さん!(見よ、この手と足の一直線の伸びを!美しい・・・)

ホントにかわいい!

 

 

 

今の研修生、キッズ、エッグと続いて来た中で一番素晴らしいですよね。

9年前のBerryz工房をほうふつさせます。

はまちゃんは言うまでもありませんが、つかぽん、たなぴょんが良かったですね。

見るたびに歌とダンスのレベルが上がっていると感じるのは、ワタシが保護者目線だからでしょうか、いや、そんな事無いと思います。

彼女達の実力でしょう!

今後が楽しみ、いや楽しみ過ぎます。

・・・・・

これじゃぁ

わたなべさんに「低め打ち」と揶揄されても仕方がないですね。。。

 

結局、はまちゃんが推しナンバー1になってしまいました。

秋葉原の新ハロショには研修生の写真、置いてあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひなフェス [制作部Mコラム]
2013.03/05 制作部M 記事URL

今、巷ではアベノミクスが何かと話題ですが、この春先、ナベノミクス発動です。


そろそろ次走も発表になると思いますので皆さん、お楽しみに!


じゃ~ね、バイバイ・・・


【続きを読む】
今日からモベキス(涙) [制作部Mコラム]
2013.02/24 制作部M 記事URL

夏目漱石が小説『三四郎』で作中の人物に語らせている三代目柳家小さん賞賛の言が思い浮かびました。


真野ちゃんと時を同じく生きている我々は大変仕合わせである。
今から少し前に生まれても真野ちゃんは聞けない。
少し後れても同様だ。



感動の真野恵里菜ハロプロ卒業コンサートでした。


【続きを読む】
「この街」は~座間? [制作部Mコラム]
2013.02/17 制作部M 記事URL

みなさん、こんにちは。

『みんなの「この街」キャンペーン』
座間市で応募しようと企んでいる制作部Mです。

と、言いつつ「横浜BLITZ」や「ハーモニーホール座間」にしろわたなべさんが「Mさんのホーム」と言う程、頻繁に行ってはいないと思うんですが。。。

そうそう、皆さん聞いて下さいよ!!

先週、私が生放送の本番前に出演者の方々と、スタジオで真剣に打ち合わせをしている最中にわたなべさんがやってきて、ニヤニヤ私を指さしながら、

「この人、さっきまで東京タワーに居たんですよ!」

とか、

「この人、明日座間に9階建てのマンション見に行くんですよ!」

とか言うのヤメてほしいです、もうっ!

スタジオが凍りつくんだよ。

それに、皆さん真面目な方だから、真に受けて

「へぇ~Mさん、座間にマンション買うんですか」って。

いや、買わないから!

私のオモテの仕事は経済番組担当なんですからね。


【続きを読む】
女子落語 [制作部Mコラム]
2012.11/13 制作部M 記事URL

ついに次走・放送時間が決まりました。

最近、わたなべさんの活動範囲が広がり過ぎて、誰もついて行けなくなってしまいました。
今回の番組がどうなるのか不安で仕方がありません。。。

そんな中、昨日、青山円形劇場で行われました『女子落語』に行ってまいりました。


【続きを読む】
マリンのゆうかりん? [制作部Mコラム]
2012.10/02 制作部M 記事URL

この秋、雅ちゃんのカジュアルディナーショー大阪・東京全て除外という憂き目にあい、すっかり心が折れてしまいました。

そんな意気消沈する中、劇団ゲキハロ第12回公演『キャッツ♥アイ』を観に池袋サンシャイン劇場に行ってきました。


【続きを読む】
愛をお届け! [制作部Mコラム]
2012.08/27 制作部M 記事URL

「四万六千日お暑い盛りでございます」

なんてフレーズがありますが、このライブに行けば四万六千日分のご利益がある、そんな2日間でした。


【続きを読む】