次代を担うアイドル誕生! [アイドルネタなど]
2012/08/24(金) 00:08 パンプキン改めくまモン

こんにちは!しゃべってでたまにミキサーを担当しているパンプキン(入社2年目)です。
ヲジさんから毎週のように違うアダ名をつけられる日々を過ごしております。

さて今回は、先日21日に東京・お台場で開催された渡辺ヲジさんも大注目の、第13回全日本国民的美少女コンテストの模様をお伝えします。

後藤久美子さんをイメージキャラクターとする言わずと知れた次代のアイドル・女優・モデルを発掘するこの大会。
米倉涼子さん・上戸彩さん・原幹恵さん・武井咲さんらを世に送り出してきた同大会も今年で25周年!
海外を含め計10万を超える応募があり、難関を突破した21人の女の子たちが本選大会へ出場しました。

大勢の観衆が見守る中での審査とあって、みんな緊張した様子…。
自己紹介・歌唱審査・演技審査・質疑応答・ウォーキング審査を行ってグランプリの座を争いました。
今回は10年ぶりに2人のグランプリが誕生!!


第13回グランプリ 吉本実憂さん(15)


☆グランプリ☆吉本実憂さん☆
福岡県出身で高校1年生の15歳。
「父親との駅での会話」という演技審査で、演技っぽくない自然な親子のやり取りという感じだったのが印象的です。
特技は小学校の頃から習っている小倉祇園太鼓だそう。大舞台に慣れているからか、取材にも落ち着いた雰囲気で臨んでいました。

~以下、インタビューでのコメント抜粋~
「雑誌やテレビを見て、武井咲さんや剛力彩芽さんや上戸彩さんのような女優になりたいと思って、その第一歩として応募しました。
リハーサルから緊張しましたが、一生懸命やって自分の力が出せてよかったです。
GPが2人もいて心強いです。まだ実感が湧いてませんが、どんな役でも自然に演じることのできる女優になりたいです。」


第13回グランプリ 小澤奈々花さん(13)

☆グランプリ☆小澤奈々花さん☆
新潟県出身で中学1年生13歳。
とにかく元気のいい子で、歌唱審査では気まぐれロマンティック(いきものがかり)をカワイイ振り付けで元気いっぱいに歌っていました。
表彰のときまで笑顔だったのが、カメラ撮影も終わり取材を受けようやく実感が湧いたのか、インタビュー中涙をこらえながら話していました。

~以下、インタビューでのコメント抜粋~
「GPになって本当にうれしいです。緊張したけど楽しさのほうがいっぱいでした。
(賞金の)200万円は貯金して母にあげて大切に使いたいです。
応援してくれた方、支えてくれた方への感謝の気持ちを忘れず、自分にしかできない笑顔で将来の夢であるモデルになるために頑張りたいです。」


今回この2人を含め、各賞合わせて過去最多となる10人の子たちが受賞しました。

大会に向けて夏休み中も友達や家族と一緒にトレーニングを積んできたそうですが、これからもっと厳しいレッスンが待ち受けているでしょう。
それでもドラマ・CM・雑誌などメディアに引っ張りダコになるべく頑張ってほしいですね!
つい家族のように彼女たちを応援してあげたくなるような、一生懸命さに感動した大会でした。。。


みんながんばれがんばれ~


コメント