9月23日放送から [番組スタッフから]
2011/09/23(金) 11:00 番組営業担当A

今月は「イギリスの福祉の歴史」というテーマについて、4回にわたって関西学院大学人間福祉学部教授・今井小の実さんにお話いただいています。

今回はその4回目「『英国王のスピーチ』と福祉国家への道」です。

今年、アカデミー賞作品賞を受賞した『英国王のスピーチ』、皆さんはご覧になったでしょうか?
人前で話すことが苦手なジョージ6世は、妻のエリザベスに連れられて様々な方法で克服しようとしますが、なかなか治りません。それによってさらに内気で自分に自信がもてない性格になっていきます。
ある日、スピーチ療法士のライオネルと出会い、ジョージ6世は変わっていきます。日を重ねるごとにジョージ6世とライオネルの間には友情が生まれていき、ジョージ6世の悩みである人前で話すことへのコンプレックスも解消されていくのです。
ジョージ6世が国王となり、国の情勢が戦争へと向い、国民の不安が募っている中、ジョージ6世は決して失敗の許されないスピーチを取り行わなければならなくなりました。しかし、そんな時にライオネルとの仲に問題が生まれ…

まだ、ご覧になっていない方もいらっしゃるかと思いますので、あらすじはこのあたりで留めておきたいと思います。

さてこの映画では主人公でもあるジョージ6世の国王になるまで、そしてなった直後がクローズアップされて映し出されています。本編にはありませんが、その裏側でイギリスはジョージ6世が国王であった時代に、「ゆりかごから墓場まで」と言われるような福祉国家の道を歩み始めるのです。

アカデミー賞で主演男優賞を受賞したコリン・ファースが演じるジョージ6世を思い浮かべながら、福祉国家へと向かっていくイギリスの歴史を是非、聞いてみてください!

さて9月の「イギリスの福祉の歴史」の4回シリーズは今回が最後となりました。
初め、タイトルを見たときに自分に縁もゆかりもないイギリスの、しかも福祉の歴史なんて難しそう…と私自身、お恥ずかしながら思っておりました。しかし、今井さんは自分たちにより近い話題を難しい話の入口にしてくださったので、スンナリと話に入っていけましたし、何より面白く最後まで聞くことが出来ました。日本と違った文化のもとで生まれ育った「イギリスの福祉の歴史」、日本の福祉を考える上でも大変勉強になりました。

次回の放送は10月7日(金)となります。次回もお楽しみに!!


コメント