2010年7月の出演者 [出演者]
2010/06/24(木) 11:30 番組営業担当I

2010年7月の出演は関西学院大学大学経済学部教授、竹本洋(たけもと・ひろし)さんです。
テーマは「温故知新の経済学」。「温故知新」って?つまり「ふるきをたずねて新しきを知る」こと。

「未来への方向や確かな道筋は、過去の中にしかその答えがない」ということを思って、7月は「経済ってなんだろう」について過去からの見方を学んでいきましょう、というわけです。

今「経済」について考えることは私達にとって、日本にとって!とても大事なこと。

あー、でも難しい話だったらとどうしよう・・・・。
ご心配はいりません。

「あのね、『経済』と『経済学』は違うのね、『経済』ってなんだろう、という『経済』についての考え方、見方が『経済学』。人々は『経済』についてどのように考えてきたんだろう、というお話、経済学史について話をしてみたいとと思います」

専門用語を使ってさらっと説明できる事柄を、竹本さんは普通の言葉でわかりやすく語ってくださいます。

竹本洋さんは学界最高の栄誉といわれる「日本学士院賞」(1999年度)を「ジェイムズ・スチュアート研究」で受賞。ジェームズ・スチュアートって誰?それも今回の4回シリーズの中で出てきます。

「経済」に関する本は書店で私達もよく目にしますが、「経済」に対する見方が時代によって異なり、その見方の変遷の中に、今後の「経済」についてのヒントがこんなにたくさんあることは、私自身目からうろこ、でした。

このシリーズは4回分通して是非お聴きください。1回目で、あれー、この後はどうなるの、2回目で
もっともっと、3回目で、じゃあ今後は?そして4回目でそうなんだ!という感じでした。
(ひどい日本語ですいません)

ビジネスパーソンのあなたも、個人投資家のあなたも、家庭で学んでいるあなたも、学生の方も、それではご一緒に。


コメント