8月14日の放送から [番組スタッフから]
2009/08/14(金) 11:00 番組営業担当I

シリーズ2回目は「危機の原因を考える~社会と意識の脆弱性」です。

なぜ、危機が多様化しているんだろう?、そして大規模化しているんだろう?
どうも三つの環境病弊があるようです。

 ①地球環境が病弊している(地球の温暖化など)
 ②人工環境が病弊している(施設や建物の老朽化が進んでいるなど)
 ③社会環境が病弊している(格差化の進行、モラルハザードなど)

うーん。つまりこれらの環境の衰退あるいは病弊で留意しなければならないのは被害を受ける側の人間とその社会が災害に弱くなっているということなんです。

防災意識の衰退(私は大丈夫!と思っている)、生活習慣の喪失(寝たばこ、足の踏み場がないほど部屋が散らかっている!整理整頓をしていない!)、地域連帯の欠落(プライバシーの問題もあるので難しいですが、たとえば手を差し伸べる、ということをしていない・・・)、これらが社会を災害によわいものしてしまっているようです。

思い当たることがあるかも・・。室崎益輝さんのお話を聴いているとどうもキーワードは”メンテナンス”ではないか、などと思ってしまいます。皆さんはいかがでしょう?


コメント