8月1日放送から [番組スタッフから]
2008/08/01(金) 14:57 番組営業担当K

今回から5回にわたり、「神話の知に学ぶ」と題して山泰幸さんにお話いただきます。
今回はその第1回目で「神話と出会う」をテーマにお話いただきました。


「昔話」と「伝説」と「神話」の違い・・・ってなんとなくわかっているようで、その違いを詳しく説明せよといわれると意外と難しいですよね。今回の山さんのお話でおそらく明確になったのではないのでしょうか。

昔話も伝説も神話も、日本人にとってとっても大切なもののような気がします。
ラジオNIKKEIでも1997年より「全国10都市横断親と子のトークライブショー『常田富士男 民話の世界』」というイベントを開催しております。テレビの「まんが日本昔話」の語り手でおなじみ常田富士男さんによる民話のトークライブショーを全国各地で展開しております。
イベント開始の第1回目から「民話や昔話を通して『古きよき日本文化について』『命の大切や』『人々のぬくもり』『日本語の美しさ』などについて見つめなおしていただくきっかけにしていただくとともに、親子のコミュニケーションの一助にしていただこう」という主旨のもと、昨年まで76都市で開催、7万5千人以上の方にご来場いただいております。

私もこの事業に第2回目よりたずさわっておりますが、イベントをはじめたころと今とを比較して、本当に悲しい事件や事故が明らかに増えてきています。特に「命の大切さ」が軽んじられる事件事故が本当に多くなってきているように思います。なので、回を重ねるごとに、このような主旨で展開している事業が、図らずもこんな時代になってきているからこそ、ますます必要になってきているのではないかと自負しながら日々イベント業務当たっています。

毎年イベントではさまざまな昔話をご紹介しているのですが、どのお話を取り上げても、昔話にはたくさんの教訓や戒めや知恵などを含蓄しています。普段の生活やビジネスシーンでも参考にしたい、またはビジネスシーンにのぞむ上での心得などがたくさんあると思います。
今回の山さんのお話で昔話の特徴や魅力をご紹介いただいており、あらためてその良さを理解できました。もう一つ私なりに感じていることを書かせていただけるとすれば「小さなお子様からお年寄りまで世代を問わず、現代の人が楽しみながらさまざまな事柄を学べるもの」と日々感じております。山先生、あってますでしょうか(笑)。

今年の「常田富士男民話の世界」は、関東地区と大阪会場についてはまだ応募受付中(無料でご招待ですが、応募多数の場合は抽選となります)ですので、 ご興味ある方はこちらのホームページをご覧いただければと思います。http://www.radionikkei.jp/minwa/

次回以降も、山さんに昔話・伝説・神話が現代に生きる人々どのような関わりがあるのかについて詳しく解説いただきます。お楽しみに!


コメント