9月26日放送から [番組スタッフから]
2008.09/26 番組営業担当I 記事URL

いよいよ、「監査」がテーマの今月、最終回です。
林隆敏さんは、このテーマを通じて「監査」について考えるきっかけ、や材料を提供したかった、とおしゃっています。つまり考えるタネ、ですね。


【続きを読む】
9月19日放送から [番組スタッフから]
2008.09/19 番組営業担当I 記事URL

ラジオNIKKEIでは多くの上場会社に関するニュースを報道しています。
投資家のみなさんは、各企業の情報を把握、研究して投資対象を選んでいることでしょう。


【続きを読む】
晴れたかと思うと・・・・ [番組スタッフから]
2008.09/17 番組営業担当I 記事URL

さわやかな秋空、と思いきやザーと雨。
写真でも青空の中に雨雲が・・・。
全国でも集中豪雨に遭われ、水害を被った方もいらっしゃると思います。
心よりお見舞い申し上げます。

私も先日会社帰り、雨で電車が動かず。迂回し、最後は一駅大雨の中を歩きましたが(もちろんシャワーを浴びた状態!)このような場合傘をさしたほうがよいのか、ささないほうがよいのか・・・。

雷の動向がわかりませんです・・・。


9月12日放送から [番組スタッフから]
2008.09/12 番組営業担当I 記事URL

あのー、林さん、そもそも「監査」ってなぜ必要なんですか?
いまさら聞けない?な質問も、この「アイデアカプセル」では聞いてしまいます(笑)


【続きを読む】
カラフルフラワーズ [番組スタッフから]
2008.09/11 番組営業担当I 記事URL

一つの鉢植えにさまざまな色の花が、秋の風の中で咲いていました。

それをみて、世界のいろいろなところから来た移民で成り立っているアメリカという国のことを思いました。

アメリカでは大統領選挙の真っ最中です。アフリカ系、そして女性、とさまざまな個性、バックグラウンドを持つ両陣営の正副大統領候補が揃って、投票までキャンペーンが繰り広げられていきます。
「アイデアカプセル」ではこちらで、栗林輝夫さんが「アメリカ大統領選挙のしくみ」などについてお話しています。

まだの方、ぜひお聴きください!
この他にも「アイデアカプセル」ではいろいろなテーマが満載です。一覧はこちらで。


9月5日放送から [番組スタッフから]
2008.09/05 番組営業担当I 記事URL

「監査」なんて、自分にはあまり関係ないなー、という方も、組織のしっかりした体育会やサークルであれば部員から徴収した部費についての”会計監査”を行っている、などと聞けば、「そりゃそうだ!」と思い当たることと思います。
お金のことですから、「監査」は私達の生活に直接間接にかかわってくるのですね。


【続きを読む】
8月29日放送から [番組スタッフから]
2008.08/29 番組営業担当K 記事URL

今回は「現代人と神話」というテーマでお話をいただきました。

これまで、神話といっても「昔」に起こった昔話・伝説などについてお話をいただいておりましたが、今回のお話を聴いて、決して神話ははるか昔のお話というわけではなく、現代の日常にも「安全神話」「土地神話」など「現代の神話」があり、いまも「神話」という言葉を知らず知らずのうちに使っていたなということにあらためて気づかされました。
この場合の使用される「神話」という言葉は「人々が暗黙の前提としていた価値観が揺らいだり崩れたりした時に、無前提の価値観などを批判的に表現する時」に使われると山さんはおっしゃっています。


【続きを読む】
8月22日放送から [番組スタッフから]
2008.08/22 番組営業担当K 記事URL

今回は「再生する民話」と題してお話をいただきました。

お話では山さんの鳴門市における『猿退治に関する地元伝説で町おこし』に関する研究についてご紹介いただきました。当初は「観光目的」としての効用を期待していた部分もあったのですが、実際には地域住民の交流の活性化や自分たちの生活環境や人間関係を新たに立て直しとして活用していくというもう一面の目的があったという実例をご紹介いただきました。


【続きを読む】
オクラの花 [番組スタッフから]
2008.08/20 番組営業担当I 記事URL

「トロイの木馬」について番組スタッフKが書いておりました。
もし興味をもたれた方は、大作映画「トロイ」(2004)
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyca/id319068/をぜひ!ブラッド・ピットをはじめ、豪華キャストがズラリ、です。


【続きを読む】
8月15日放送から [番組スタッフから]
2008.08/15 番組営業担当K 記事URL

今回は「伝説と歴史意識」というテーマでお話をいただきました。

今回はおもに「伝説」について解説をいただきましたが、伝説は昔話と違って「いつ」「どこの」「誰の」話なのかが明確であること、そしてそれが詳しければ詳しいほどいい。それを語り伝えている社会の人々にとっては実際にあった歴史的事実であると信じられていて、また伝説を語る人もそれが事実であることをできるだけ伝えようとして語るという点が大きな特徴と解説いただいています。また、ほとんどの伝説は歴史学的事実ではなくても、それを語り伝えてきた社会の人々にとっては紛れもない歴史的事実と考えられてきたこと、近代以前、「学問的歴史学・近代学校教育が始まる以前の歴史」では、一部の学識者を除いて伝説しか “選択肢”がなかった、ということです。


【続きを読む】
 全28ページ中22 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 [22] 23 24 25 26 27 28 次の10件