5月28日番組から [番組スタッフから]
2010.05/28 番組営業担当K 記事URL

今月は4回にわたり、「日米同盟の過去・現在・未来」と題し、関西学院大学総合政策学部教授の柴山太さんにお話いただきました。今回は第4回目(最終回)・「これからの日米同盟像」というテーマについてお話いただきました。

おもに
・「『西側同盟』という枠組みの中でのこれからの日米同盟のあり方」
  これから日本は国際社会とどのように関わればいいか
・西側同盟・日米同盟以外の組み合わせは想定できるのか
「自主国防路線」と「中国との協調」の組み合わせ
 「中立平和主義」と「中国との協調」の組み合わせ
・柴山さんが考える今後の日米同盟像の理想像

などについてお話いただいています。


【続きを読む】
5月21日番組から [番組スタッフから]
2010.05/21 番組営業担当K 記事URL

今月は4回にわたり、「日米同盟の過去・現在・未来」と題し、関西学院大学総合政策学部教授の柴山太さんにお話いただいています。今回はその第3回目・「現在の日米同盟の役割とは」というテーマについてお話いただきました。

今回は
・日米同盟がなくなったらどうなるのか
・北朝鮮への対応
・中台間紛争が生じた時の対応
・沖縄問題
について解説いただいています。


【続きを読む】
5月14日番組から [番組スタッフから]
2010.05/14 番組営業担当K 記事URL

今回から4回にわたり、「日米同盟の過去・現在・未来」と題し、関西学院大学総合政策学部教授の柴山太さんにお話いただいています。
今回はその第2回目「日米同盟以外の選択肢はあるの?」というテーマについてお話いただきました。

前回は日米同盟の成り立ちから冷戦が終了したあとの日本の安全保障を取り巻く状況などについてお話を頂きました。

今回は、国防の考え方について、また現在の政権与党はどのように考えているかなどについて、柴山さんのお考えを交えつつお話しいただいています。


【続きを読む】
5月7日番組から [番組スタッフから]
2010.05/07 番組営業担当K 記事URL

今回から4回にわたり、「日米同盟の過去・現在・未来」と題し、関西学院大学総合政策学部教授の柴山太さんにお話いただきます。
今回はその第1回目、「日米同盟のはじまり」についてお話いただきます。

昨年の政権交代を受け、基地問題を代表する日米同盟の内部的不協和音がでてきているのではないかという疑念を持たざるをえないニュースをよく見かけます。

私たちも基地問題などをより詳しく理解し考えるきっかけとなるべく、この日米同盟・日米の安全保障問題の背景などを柴山さんに、ご自身の研究や見解などを交えて詳しくお話いただいています。

※この番組の収録は4月22日にされたものです。


【続きを読む】
2010年5月の出演者 [出演者]
2010.04/25 番組営業担当K 記事URL

2010年5月の出演は関西学院大学総合政策学部教授 柴山太さんです。
テーマは「日米同盟の過去・現在・未来」

かつて日米同盟の危機といえば、対外的な脅威、たとえば北朝鮮の核兵器とミサイル等を意味してきました。しかし、2009年における日米での政権交代をうけて、日米同盟は内部的な危機に直面しています。

具体的に述べれば、普天間基地の移転問題は、単なる未熟な政策だけの問題であろうか、それとも同盟の継続をめぐっての深遠な問題を含んでいるのか?
日米両政権とも火消しに躍起ですが、何を火消ししているのか。いずれにせよ、日米同盟の歴史的生成と展開、現在の役割、将来の可能性について再検討するには、よい契機にしていただければと思います。

日本の最大関心事でもある「米軍基地移転問題」を考える際に、日米同盟そのものの歴史と成立の意義などを再認識し、未来の日米同盟のあり方について考えていただくきっかけにしていただける内容です。
どうぞお楽しみに!