前日朝の調教(1) [ドバイWC2008]
2008/03/28(金) 13:18 中野 雷太

朝日も昇り、気温も上がり始めた7時30分過ぎ、レースを前日に控えた日本馬の調教が、全馬ダートコースで行われた。まずは内からイイデケンシン、中アドマイヤオーラ、外ウオッカの豪華3頭併せ。



その後は3頭揃って装鞍所、パドックへとスクーリング。この写真は、イイデケンシンを先頭に、ウオッカ、アドマイヤオーラと隊列を組みパドックへ入る様子。


スクーリングは、こんな感じで行われている。3頭とも、元気そうで何よりだ。


そしてこれは、パドックでのスクーリングを行っている、ドバイシーマクラシックに出走するアルゼンチンのレイテンシ。この馬は、南米最大のGIらしいカルロスペレグリーニ大賞(芝2400m)を2分23秒14で3馬身差快勝している馬。秋にはJCに来てくれないかな、なんて思ってしまう。


その他、今回のミーティングに出走する世界各地から集結した豪華メンバーが、次々に調教を目の前で行っている。残念ながら、まだカーリンは見られていないが、非常に贅沢なことだと思う。ドバイワールドカップミーティング、まさに競馬のワールドカップである。


コメント