新たなチャレンジ、頑張ってほしい! 9月26日(日)の放送予定 [番組情報] [中央競馬実況中継]
2021/09/25(土) 21:30

各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第4回中山競馬 第5回中京競馬


 20日(月)の中山1Rで、西村太一騎手がデビュー12年目にして障害競走初騎乗となりました。
 コンビを組んだのはビッグスコール。馬自身は勝利こそまだですが障害キャリアは豊富、とはいえ初めて実戦で生垣や竹柵を飛越していくのは、恐怖心だったり不安な気持ちだったりがあったんじゃないかと想像します。結果は14頭立て13着、完走。お疲れさまでした!


 2000年以降、JRAで障害レースに騎乗した騎手は短期免許や国際競走を含めて137人います。このうち、JRA所属で「1回だけ障害レースに騎乗したことがある」という騎手は6人。このなかで中谷雄太騎手は1999年以前に障害騎乗があるので、「2000年以降に障害レース初騎乗、障害騎乗はその1回だけの騎手」は5人。
 残る5人は騎乗日時順に高橋智大騎手、西原玲奈騎手、大野拓弥騎手、黛弘人騎手、西村太一騎手。黛騎手はなんとなく、ほんとになんとなく障害騎乗経験ありと覚えていたような気がするけど、大野騎手の障害騎乗は全く覚えてなかった。デビュー2年目の2月に一度だけ。


 2000年以降デビューの騎手で、障害初勝利までの騎乗数が多かった騎手のひとりが小林慎一郎騎手。
 2000年にデビューし、デビュー当月にイブキハイシーザーで障害初騎乗。そのあとしばらく騎乗がなく、3年目の02年にまた1回騎乗。2003年3月からは比較的コンスタントに障害レースに騎乗も、勝ち星には遠い状況でした。
 障害初勝利は9年目の2008年、3月9日の阪神4Rシゲルダンプウでマーク。障害90戦目での初勝利でした。この年の11月にグロリアスノアがデビュー、この馬とともに活躍。障害騎乗は09年1月を最後になくなりました。


 近年、障害初騎乗を果たした騎手では、伊藤工真騎手は19戦目、伴啓太騎手は9戦目、三津谷隼人騎手は13戦目で障害初勝利を挙げています。
 伊藤工騎手は落馬負傷でお休み中ですが、三津谷騎手は御存知のとおり現役最後の騎乗で京都ハイジャンプを勝ちましたし、伴騎手はきょうの清秋ジャンプSベイビーステップで障害オープン初勝利。ということで、西村太一騎手の今後の障害レースでの活躍も大いに期待しているところであります。


 では、9月 26日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
「秋の2歳単勝」 年末まで(有馬記念週以外)のすべての2歳戦は、単勝の払戻に5%上乗せ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
林茂徳(競馬ブック)
能勢俊介
久保木正則(日刊競馬)


<パドック解説>
山口瞬(日刊競馬)1R~4R
住川陸(勝馬)5R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 レース展望」
10:30頃 「メインレース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:久野朗(日刊スポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:30頃 「来週の重賞展望」


中山実況:米田元気(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:藤原菜々花、小林雅巳、佐藤泉
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:15頃 「一般レースの狙い」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:45頃 「JRAホッと耳より情報!」
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃、14:50頃 「メインレース展望」
16:00頃 「来週のメインレースの見どころ」


中京実況:中野雷太(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:檜川彰人、小屋敷彰吾
パドック進行:小塚歩、岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります