恥ずかしい姿を動画で晒す41歳。だって嬉しかったんだもん。 [万馬券リーディング] [中央競馬実況中継]
2021/07/01(木) 10:30
【2021年6月】

 毎年恒例になるんでしょうか。今年も大レースの実況姿を映した動画がラジオNIKKEIのYouTubeチャンネルで公開されました。小塚の動画はまあどうでもいいんですが。
 大関アナが実況したオークスの実況動画、ご覧になりました? ご覧頂いた方に謝っときます。恥ずかしい姿をお見せしてすみませんm(_ _)m

 アタシ当日は実況アナのバックアップの役目で、大関アナの後ろで双眼鏡を覗きながらヘッドホンで実況を聴いていました。目線はほぼ実況アナと一緒、ニュートラルに追っかけなきゃいけないんですけど。
 エキサイトしてましたよね、アタシ。見てわかるほどに、映像で伝わっちゃうほどに。先日山本直アナに「あれマジだったんすかw」って笑われました。はいマジです。

 オークスは早い段階でユーバーレーベンを買いたいと思っていました。いつからと問われたら、去年の夏から。いくつか番組でも話したかと思いますが、ユーバーレーベンの札幌2歳Sの走り方に惚れました。ハイペースを向正面から捲って、普通の馬ならゴール前で売り切れてしまうところが、そこからまたハミを取って首をぐっと下げてソダシに迫ったあの脚。こりゃー距離延びたほうがいいなと。
 それでも阪神JFでは、ミルコJと手が合いそうだと感じたこともあって本命に。大外からぐいぐい追い込むラフィアンの勝負服。「差せ!ミルコ!」。願い虚しく僅差の3着。単勝30倍ついてたんだよなあ。

 その後フラワーCもフローラSも僅差3着で賞金加算ならず。ただフローラSで高速馬場の上がり勝負でも崩れなかったところに、能力を再認識。賞金加算できずともオークス出走が叶い、そして岡田繁幸さんに捧げる感動的勝利。馬券も含めて、なんかいろんなことが嬉しかったんですね。それがばっちり動画に収められていた、と。

 ま、実際のところはオークスまでに資金を増やせず、大勝負とまではいかなかったんですけどね。そこだけが無念。ゴールドシップ産駒はオークスでウインマイティーが3着、ユーバーレーベンが1着。いまのところ複勝率100パーセント。来年まで覚えておきましょ。

 それでは2021年6月の各種記録です。

万馬券リーディング年間トップ5
山本也 .779 226-176
中野 .775 213-165 ↑
佐藤 .772 114-88
大関 .762 168-128 ↓
小塚 .753 186-140
※平均は .749(1752-1313)

6月の単勝万馬券一覧
6/13 東京9R 八王子特別 リキサンダイオー 33,350 大関

単勝万馬券年間リーディング
中野 4
山本也 4
ひかわ 3
山本直 2
大関 2 (+1)

6月の100万馬券一覧(馬名は当該レースの勝ち馬)
6/6 東京3R 3歳未勝利 メレカリキマカ 2,949,910 山本也
6/13 東京9R 八王子特別 リキサンダイオー 2,827,740 大関
6/27 札幌12R HBC賞 キーダイヤ 1,556,320 米田

100万馬券年間リーディング
ひかわ 7
山本也 7 (+1)
米田 7 (+1)
大関 5 (+1)
小塚 2
中野 2
小林 2
山本直 1

1番人気リーディングトップ5
山本直 .365 (89.49.30.76)
大関 .339 (57.28.19.64)↑
中野 .338 (72.42.30.69)↓
山本也 .332 (75.32.32.87)↑
小林 .323 (62.43.17.70)
※勝率順。カッコ内は1番人気馬の着度数。平均は .324(568.335.221.628)

今月のおまけデータ
ハーツクライ産駒の実況アナ別成績(2015年以降の勝利数トップ3&主な勝利)
山本也


123勝


リスグラシュー
サリオス
ヒシイグアス
(エリザベス女王杯)
(毎日王冠)
(中山記念)
中野


107勝


タイムフライヤー
ヴィクティファルス
ゴーフォザサミット
(ホープフルS)
(スプリングS)
(青葉賞)
ひかわ


102勝


リスグラシュー
スワーヴリチャード
マイラプソディ
(宝塚記念)
(大阪杯)
(ラジオNIKKEI杯京都2歳S)