最終のタケゾー!定着しましたね。 6月27日(日)の放送予定 [番組情報]
2021/06/26(土) 21:30

6月26日(土曜)からのウインズ等の営業(6/20発表)
延長していた勝馬投票券の払戻有効期限(8/28土曜まで)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第3回東京競馬 第3回・第4回中京競馬 第1回札幌競馬


 阪神12レースの実況を終えて一息ついていると、放送席のどこからか声が。


 「タケゾー!タケゾー!!」


 学生のアルバイト君がモニターを食い入るように見つめ、声を上げています。どうやら永野猛蔵騎手を買っていた模様。その声も後押ししたのでしょうか、永野騎手が駆るスリートップキズナは5番人気で2着。彼は当たったんだろうか? そこまで聞いてなかったわ。
 

 もう皆さんも気づいてますよね。永野猛蔵騎手が最終レースでよく馬券に絡むことを。
 3月のデビュー以来、永野騎手は第12レースに騎乗するのはきょうで25回目。5勝、2着2回、3着2回で3着内率は36パーセントです。この数字だけで立派ですが、勝利数と勝率のランキングをみると、もっと立派なことになってます。


 <2021年最終レースリーディング> ※6月20日現在
 西村淳也 7勝
 吉田隼人、C.ルメール、武豊 6勝
 福永祐一、横山和生、永野猛蔵 5勝


 <2021年最終レース勝率上位(10騎乗以上)> ※6月20日現在
 武豊 37.5%
 C.ルメール 21.4%
 横山和生、永野猛蔵 20.8%
 
 
 どうですか。錚々たるラインナップに名を連ねる永野騎手。きょうの東京でデビューからの13勝目を挙げましたが、このうち5勝が最終レースですからやはり「最終のタケゾー」とファンが呼ぶのもわかる。


 近年の若手騎手の、ルーキーイヤーの第12レース成績を調べてみました。(厳密には12レース以外にも最終レースになることがありますが、年に何度もないので12レースの成績で)
 泉谷楓真 4勝(2020年、勝利数22位タイ)
 岩田望来 4勝(2019年、勝利数23位タイ)
 木幡巧也 4勝(2016年、勝利数23位タイ)
 

 目視で調べたので抜けがあるかもしれませんが、上半期が終わるという時点で「第12レース年間5勝」は驚異的な数字といえます。
 ちなみに我々世代で「最終の○○」といえば勝浦正樹騎手であります。いまだに勝浦騎手が最終レースで勝つと「最終の勝浦!」って言ってしまいますもの。
 その勝浦騎手の最終レースの成績は、デビューから通算で1400戦97勝(6月20日現在)。第12レースに限ると1386戦96勝、レース番号別での勝利数は1レース(114勝)に次いで2番目に多い。勝率連対率も含め、最終レースより第1レースのほうが数字はいいんですけど、それでも最終(12)レースの数字も結構高いですね。
 

 勝浦騎手はルーキーイヤーに11勝、うち最終レースで3勝。2年目に50勝して、そのうち最終レースで8勝。2年目の最終レースの勝率14%ですから、永野騎手は現時点で勝浦騎手の2年目に遜色ない数字を記録しています。このままのペースで最終レースでの活躍を続けるのか?
 27日(日)の東京12レース、永野騎手はアドマイヤレビンに騎乗予定。加藤征弘厩舎の管理馬には先週まで17回騎乗して4勝と、自厩舎の伊藤圭三厩舎に次ぐ好成績を残します。うん、これは期待感あるわ。きっとあすの夕方も、「タケゾー!」の掛け声が聞こえるのでしょうね。


 では、6月 27日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
「夏の2歳単勝」 9月5日(日)までのすべての2歳戦は単勝の払戻に5%上乗せ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~4R
田村明宏(競馬ブック)5R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
10:20頃 「パドック解説者 レース展望」
10:50頃 「メインレース展望」
11:45頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:05頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:赤塚俊彦(競馬ブック)
12:40頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:35頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:高木翔平(スポーツニッポン)
14:10頃 「パドック解説者 レース展望」
15:15頃 「宝塚記念展望」
16:10頃 「来週の重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:木和田篤、小屋敷彰吾
パドック進行:小島友実
札幌実況:佐藤泉(1R~6R)米田元気(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:55頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:05頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:20頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:15頃 「メインレース展望」
16:20頃 「来週のメインレースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小塚歩、加藤弘晃
パドック進行:山本直、岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

カク地のベストパートナーは誰だ? 6月26日(土)の放送予定 [番組情報]
2021/06/25(金) 21:30

6月26日(土曜)からのウインズ等の営業(6/20発表)
延長していた勝馬投票券の払戻有効期限(8/28土曜まで)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第3回東京競馬 第3回・第4回中京競馬 第1回札幌競馬


 あすの阪神8Rに愛知のブルースウェードが出走。前走も中京の3歳1勝クラスに出走していて10着でした。去年夏のホッカイドウ競馬所属時にはすずらん賞でタイム差なしの4着と芝適性を見せていましたし、どこかで好走があるんじゃないかと密かに(?)注目している1頭です。
 コンビを組むのは前走に続きJRAの川須栄彦騎手。ご時世的に地元(愛知)の騎手が遠征しづらいんでしょうか...と思ったけど、そういえばこんなルールが発表されていたのを思い出しました。


 交流競走における騎手の騎乗制限を延長へ(競馬実況web)


 感染予防対策として、JRAの騎手が地方競馬で、地方競馬の騎手がJRAで騎乗するときのルールが定められているんですね。
 中央競馬で実施する交流競走について、地方競馬所属騎手が騎乗できる競走を以下のものに限定する。
 ・重賞競走(地方競馬所属馬のみ)
 ・GIステップ競走(地方競馬所属馬のみ)

 地方競馬で実施する交流競走について、JRA所属騎手が騎乗できる競走を以下のものに限定する。
 ・ダート交流重賞競走(JRA所属馬のみ)
 ・JRA所属騎手が招待された騎手招待競走


 JRAに地方競馬所属馬が遠征してきた場合、重賞かGIステップ競走(リンク先PDF)に限り地方競馬所属騎手が騎乗できると。あすの阪神8Rは古馬1勝クラスのレースなので対象外、なのでJRAの騎手が騎乗するということですね。


 今年ここまでJRAの競走に出走したカク地(=地方競馬所属馬)は19頭。今週ブルースウェードと、日曜札幌10Rにホッカイドウ競馬のフジノロケット(岩田康誠騎手)が出走するので、上半期で21頭のカク地が出走することになります。単純に倍にすると、年間42頭ペース。これはかなり少ないです。
 去年は年間で79頭、一昨年は75頭。一昨年より去年のほうが、コロナ禍にありながらカク地の出走が多かったのですね。近年最少は2014年の年間63頭。今年はいまのところ、この数字をも下回るペースです。夏場はホッカイドウ競馬の2歳馬が多く出走するので、最終的にはだいたい同じくらいになるのでしょうか。


 先週のユニコーンSに大井競馬のイグナイターが出走していました。鞍上は武藤雅騎手。今年ここまでJRAで騎乗した地方競馬所属騎手は森泰斗騎手、御神本訓史騎手、笹川翼騎手のみ。これまたかなり少ないですね。
 状況が状況だけに、カク地にJRAの騎手が騎乗することも多くなっている昨今。となると気になるのは「カク地で最もいい結果を残しているJRA騎手は誰だ?」。


 1986年以降、カク地に騎乗したJRA生え抜きの騎手の成績上位はこうなります。
 武幸四郎(3.1.0.7)
 柴田大知(2.2.0.16)
 田中勝春(2.1.4.40)
 嶋田高宏(2.0.1.17)※ほか1勝の騎手多数


 武幸四郎現調教師が騎手時代にカク地で3勝を挙げました。最も印象深いのはアサヒクリークでスペシャルウィークを破った白梅賞。単勝208倍の勝利には驚かされました。このほかハートオブクィーンでラベンダー賞と函館2歳Sを勝ちました。
 柴田大知騎手は2勝がいずれも重賞。プレイアンドリアルの京成杯と、先日引退が発表されたトラストの札幌2歳Sです。田中勝春騎手はインテリパワーとエンゼルカロで勝利を挙げています。


 今後地方馬とのコンビで沸かせてくれそうなのが柴田大知騎手。重賞2勝はいずれも故・岡田繁幸さんの所有馬でした。先日ホッカイドウ競馬のスーパーフレッシュチャレンジで、岡田繁幸さんがセールで落札したウン(父キタサンブラック)が快勝。おそらくこのあと中央挑戦があるでしょうし、そうなれば柴田大知騎手が騎乗することもありそう。"総帥の忘れ形見"とも称されるウンでの活躍なるか、岡田さんも天から期待されているんじゃないでしょうか。


 では、6月 26日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
「夏の2歳単勝」 9月5日(日)までのすべての2歳戦は単勝の払戻に5%上乗せ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
飯田正美(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~4R
吉岡哲哉(競馬ブック)5R~8R
田村明宏(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:25頃 「レース展望」
11:45頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
11:55頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:05頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:青木行雄(競馬ブック)
12:45頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:高木翔平(スポーツニッポン)
14:25頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:小島友実、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:山本直也、小島友実
札幌実況:米田元気(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:15頃 「週の中間の話題から」
10:45頃 「土曜メインレース展望」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:05頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:山本直(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:檜川彰人、髙田洋子
パドック進行:小塚歩、加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

残念○○レース、ってもう言わないのかな? 6月20日(日)の放送予定 [番組情報]
2021/06/19(土) 21:30

各事業所の営業最新情報
払戻有効期限の延長(4/23発表)
イベント情報はこちらから→ 第3回東京競馬 第3回・第4回中京競馬 第1回札幌競馬


 去年の菊花賞当日に行われた鳴滝特別。ここに菊花賞を抽選除外になった3歳馬が多数出走していました。そのうちの1頭ヒートオンビートが制したこのレース、「残念菊花賞」とスタート前に実況したところ「残念菊花賞ってww」みたいなツイートをいくつか見かけました。そうか、もうこういう言い方しないのか...。
 もう、とは言ってもかつての我が社杯、日本短波賞が「残念ダービー」と言われていた頃を知らないんですけどね。てへ。


 現在、夏の福島競馬で開催されているラジオNIKKEI賞。JRAホームページのレース紹介によると「1952年に3歳限定・別定の重賞競走『中山四歳ステークス』として創設され、第1回は皐月賞の前哨戦として4月上旬に中山競馬場・芝1800メートルで行われた(同年の皐月賞は4月27日開催)」とあります。レース名はその後日本短波賞中山4歳ステークス→日本短波賞→ラジオたんぱ賞→ラジオNIKKEI賞と変遷をたどります。
 過去の成績を調べると、第3回から開催時期が日本ダービーの後に移されました。ちなみに第3回はダービー馬ゴールデンウエーブが勝利。このあとしばらく、日本ダービーの勝ち馬はこのレースには出られないという条件がついていました。ダービーの敗者復活戦という性格を帯びていたから「残念ダービー」だったようですね。


 島田明宏さんが過去にコラムで書かれているように(netkeibaさんのページをお借りしました)、残念○○は大レースで敗れた馬のほか、大レースに出走できなかった馬が回ってくるレースも言われることがあります。アタシは去年の鳴滝特別で後者の意味合いで「残念菊花賞」と発したものでありますが、分かりづらかったかもしれません。反省。


 あすは3歳馬によるダートの重賞ユニコーンステークスが行われます。去年までは同じダート1600メートルの2勝クラス、青梅特別が同日に行われ、ユニコーンSを除外された3歳馬がこちらに回ることがありました。そんなわけで個人的に心のなかで「残念ユニコーンS」と呼んでいたのでありますが。
 今年の青梅特別はユニコーンS前日に。そして今年はなんと...3歳馬の出走ゼロ。あれれ? よーく見ると、今年は登録した2勝馬がすべて出走できたみたいですね。青梅特別は去年も3歳馬の出走が1頭で、少し様相が変わってきたのか。残念○○レースという言葉自体、もう使うことはなくなってしまうのかもしれませんね。


 では、6月 20日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
「夏の2歳単勝」 9月5日(日)までのすべての2歳戦は単勝の払戻に5%上乗せ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
山口瞬(日刊競馬)1R~4R
林茂徳(競馬ブック)5R~8R
吉田幹太(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 レース展望」
10:35頃 「メインレース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:05頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:唐島有輝(競馬ブック)
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:片岡良典(サンケイスポーツ)
14:25頃 「パドック解説者 レース展望」
16:25頃 「来週の重賞展望」


東京実況:小林雅巳(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:55頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃、14:55頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週のメインレースの見どころ」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:山本直、岡田麻紗巳
パドック進行:中野雷太、加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

斤量47キロは、JRAではもう見られない...? 6月19日(土)の放送予定 [番組情報]
2021/06/18(金) 21:30

各事業所の営業最新情報
払戻有効期限の延長(4/23発表)
イベント情報はこちらから→ 第3回東京競馬 第3回・第4回中京競馬 第1回札幌競馬


 川崎競馬場のキャラクター、カツマルくんさんのツイートを拝借。


 斤量47キロ! このレースに出走するエンシャントロアは格上挑戦のため斤量2キロ減、牝馬のアローワンス、そして神尾騎手は女性騎手の★(4キロ減)で騎乗しているので、47キロということになったようです(←番組表を確認したものですが、もし違ってたら教えてください)。


 そこでみなさん思い出したのは、白毛馬カスタディーヴァに藤田菜七子騎手が騎乗したときの斤量47キロ。当然アタシも思い出しました。
 38年ぶりの負担重量47キロ(競馬実況web 2017年9月30日)
 カスタディーヴァは南半球生まれの牝馬で、諸々のアローワンスと藤田菜七子Jの減量によって47キロとなったのでした(詳しくはこの週のブログにて)。


 しかしこの斤量47キロ、現在のルールではJRAで見ることはできないんです。


 女性騎手の減量ルールが変更されたのと同時期に(2キロ減の◇が設定された時ですね)、平地競走の負担重量がオープンは48キロに、それ以外は49キロに設定されました。カスタディーヴァが47キロで出走したのは3歳以上500万下ですから、現在のルールだと49キロでの出走となります。


 日本中央競馬会競馬施行規定の75条でこう定められています。


 「平地競走における最低の負担重量は、49キログラム(競馬番組で指定する競走にあっては、48キログラム)とする。」


 また75条の2には「障害競走における最低の負担重量は、3歳の馬にあっては56キログラムとし、4歳以上の馬にあっては57キログラムとする。」とあり、75条の3には「第71条及び前2条の規定により定められた負担重量が、前2項に規定する最低の負担重量を下回る場合は、前2項に規定する重量を負担重量とする。」とあります。障害戦の最低斤量は結構前に決まったと記憶していますが、平地の最低斤量は2018年秋に決まり、2019年3月1日から適用されました。
 というわけでカスタディーヴァの47キロも、上記ブログに記した『理論上最低斤量45キロ』も、中央競馬の現在のルールでは(再度ルールが変わらないかぎり)見ることができないのです。ただ少なくとも川崎(南関東?)では47キロがまだ見られることがわかりました。全国で女性騎手が増えてきて、★記号が珍しくなくなってきました。他の競馬場でも47キロが起こりうるのかどうか、もしあれば注目を集めそうです。


 では、6月 19日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
「夏の2歳単勝」 9月5日(日)までのすべての2歳戦は単勝の払戻に5%上乗せ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
飯田正美(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~4R
吉田幹太(競馬ブック)5R~8R
松本智志(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:05頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:青木行雄(競馬ブック)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:片岡良典(サンケイスポーツ)
14:25頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


東京実況:小塚歩(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、小屋敷彰吾
パドック進行:小林雅巳、稲葉弥生
札幌実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
西谷哲生(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「週の中間の話題から」
10:55頃 「土曜メインレース展望」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:佐藤泉、加藤弘晃
パドック進行:山本直、髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

おひさしぶりの、6月札幌開催! 6月13日(日)の放送予定 [番組情報]
2021/06/12(土) 21:30

5/15(土)からの競馬場・ウインズ等の営業(5/10発表)
第3回東京競馬・第4回中京競馬のお客様のご入場(5/20発表)
払戻有効期限の延長(4/23発表)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第3回東京競馬 第3回・第4回中京競馬 第1回札幌競馬


 競馬番組的には先週から夏競馬でしたが、北海道シリーズが始まるといよいよ感が高まりますね。きょうから札幌開催が始まりました。
 第一声は小林アナ。還暦を迎えても変わりません。なぜここまで札幌に執念を燃やすのかは誰も知りませんが、とにかく小林アナは札幌出張のために1年を過ごしていると言っても過言ではありません。よね?
 あす行われる札幌のメインレースは函館スプリントステークス。札幌で行われる函館スプリントステークス。ちょっぴり混乱しそう。「東海テレビがお送りするCBC賞」(吉村功アナ)みたいなもんか。違うか。
 

 今年はご存知の通り、いろいろあって札幌開催が函館より先に行われます。札幌3週→函館6週→札幌4週という13週の北海道シリーズです。昔は札幌→函館の順に開催してたんだよー、などと若者相手にマウント取るようなしょうもないことはしません。そもそもその頃アタシ競馬ファンなりたてでよく覚えてないし。なので調べてみました。
 6月に札幌開催が行われるのは、実は2009年以来12年ぶり。このときは函館がスタンド改修中で、北海道シリーズが12週間まるっと札幌で行われたのでした。それより前だと1996年。この年まで、夏の北海道シリーズは札幌→函館の順でした。


 1996年の札幌開幕日は6月8日、土曜日。日本ダービーの翌週からもう北海道シリーズが始まっていたんですね。1Rから5Rまで3歳(現表記。以下同じ)未勝利、6Rに2歳新馬。このころ本場では6月に新馬戦が組まれることはなく、この札幌5Rが世代最初の新馬戦でした。このとき勝ったのはテイエムトップダン、翌春に毎日杯を勝ち重賞ウィナーとなりました。三冠も皆勤しましたし、この名前はよく覚えてます。
 初日メインレースはTVh杯、勝ったのはエアジャスティス。翌9日、つまり開幕週の日曜日は新馬戦でエリモダンディーがデビュー勝ち。この馬もクラシック戦線に乗り、日本ダービー4着。当時1800mの京阪杯と、日経新春杯を勝ちました。早世が悔やまれる素質馬でしたね。
 準メインを勝ったのは後に牝馬交流重賞で活躍するファッションショー、メインの札幌日経オープンを勝ったのはフェアダンス。この年の秋、エリザベス女王杯で2着(3位入線もヒシアマゾン降着で繰り上がり)となる馬です。ああ、このエリザベス女王杯、ラジオたんぱで広瀬アナの実況聴いてた。懐かしすぎる。


 気象庁のサイトでこの週の札幌の天気を調べてみたところ、初日の6月8日は薄曇り、最高気温21.1度、最低気温9.6度。翌9日は快晴、最高気温24.4度、最低気温8.9度。なんと。もっと寒いのかと思いきや、数字だけの想像ですがとても快適なお天気だったようですね。
 以前このブログに書いたことありますが、アタシかつて函館が旧スタンドだった頃、開幕週にえらい寒い週に当たったことがあります。当時放送席にガスストーブが置いてあって、函館に行き始めた頃は「なんでこんなストーブが?使うことあるの?」なんて思ったものですが...ストーブの有り難みが骨身に沁みた出張だったのでありました。


 思い出話はほどほどに。
 去年の北海道シリーズは函館も札幌も無観客競馬でした。地元のファンの方々は残念な思いをしたことと思います。今年は限定的ながらファンの皆さんが競馬場に戻ってきます。
 札幌は内馬場をキレイにして、ファミリーで楽しめるようになってるんですよね。いま確認したらやっぱりコロナの影響で閉鎖とのこと。こういうところも、早く元通りに入れるようになるといいですよね。ひとまずは十分気をつけながら、3週間、普段より早い札幌競馬を楽しみましょう!


 では、6月 13日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
「夏の2歳単勝」 9月5日(日)までのすべての2歳戦は単勝の払戻に5%上乗せ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~4R
田村明宏(競馬ブック)5R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 レース展望」
10:35頃 「メインレース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:05頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:赤塚俊彦(競馬ブック)
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:松田直樹(日刊スポーツ)
14:25頃 「パドック解説者 レース展望」
16:25頃 「来週の重賞展望」


東京実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:木和田篤、山本直也
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:中野雷太(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
寺下厚司(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:55頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃、14:55頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週のメインレースの見どころ」


中京実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、髙田洋子
パドック進行:山本直、加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

全9件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]