夢占いもおみくじも信じないタイプです。 1月31日(日)の放送予定 [番組情報]
2021/01/30(土) 21:30

1/16(土)からの競馬場・ウインズ等の営業(無観客競馬・発売取りやめ)(1/14発表)
関東・関西・愛知県・福岡県での臨時払戻の実施 1/30(土)~2/7(日)(1/21発表)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第1回東京競馬 第1回中京競馬


 実況アナウンサーあるある(?)のひとつ、悪夢。こないだまた変な夢を見ちゃったんですよ。


 自分の実況中ではなく、他のアナウンサーが実況してるときに横で通過順を取っていて、間違えて放送席から双眼鏡落としちゃって、普通ならガシャン!と潰れるはずがコロコロコロ...とおむすびのようにコースに向かって転がり、タイミングが悪いことにゴール前でトップスピードの馬たちの脚元にまで行ってしまい、先頭に立っていた某大ベテランジョッキーに「あぶねえぞ!」と叱られるという夢。
 まずいことしちゃったなあ。そう思ってなぜか職員室に謝りに行くと「無期停学だね」と。そこで目が覚めました。なぜ学生設定だったのかはわかりません。まあ夢ですから、不思議な設定なのはしょうがない。


 で、こういう夢を見ると「何か暗示してるんじゃない?」なんて妻は言うんです。しかーし。アタシそういうのぜんぜん信じないんですよ。ただただ「夢で良かった~」と、ホッとするだけ。
 ツイッターでは停学ではなく退学の夢の夢占いを送ってくださった方がいました。ありがたいんですけど、へー、で終わっちゃうんです。すいません。


 思えば、これまで生きてきて占いを気にしたりすることがなかったなあ、と。
 初詣のおみくじも、特に書いてあることを信じないので、おみくじ引かないという結論に達します。毎朝の情報番組の占いも気にしたことがない。というか、だいたい乙女座は下の方なんですよ(←たまたま見たときにそうだっただけ
 放送席で直也アナがたま~に、スポーツ紙の占いコーナーで「きょうのギャンブル運は~」とか話してるんですけどね。アタシギャンブル運良くたってどうせ馬券当たんないし なんなら直也さん、ギャンブル運関係なく馬券当てるしw


 アタシ去年、数え42の本厄でしてね。ホントはいろんなこと気にしなくちゃいけなかったはず。同い年の某ディレクターはお祓いに行ったと話してました。アタシもね、行ったほうがいいのかなーとも思いつつ、まあいいやと。というか、バタバタと暮らしていたらいつの間にかタイミングを逸していた感じですな。
 でも、とりあえず大きな災いは降りかからずにすみました。年末に健康診断で怪しいところがあったけど、検査して何事もなく。なのでまあ、お祓い行かなくても、まあ、よかったかな、と。うん。結果論ですが。あっでも、今年は後厄だから、それはそれで気にしなきゃいけないのかな?


 (おまけ)明日の○○年ぶり...
 あす福永Jが中京10Rで騎乗するネプチュナイトは、前走が東京ハイジャンプ。珍しいなあと思って調べたところ、福永Jが前走障害戦出走の馬に騎乗するのは2014年7月26日の中京12Rアドマイヤバートン以来6年半ぶりでした。いやこれシリーズ化してはいかん!絶対ネタ切れするから。


 では、1月 31日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
3歳重賞+リステッド馬連 5月29日(土)までの3歳重賞・Lは「馬連」5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
吉田幹太(競馬ブック)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
山口瞬(日刊競馬)1R~4R
吉岡哲哉(競馬ブック)5R~8R
唐島有輝(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 レース展望」
10:30頃 「メインレース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:木南友輔(日刊スポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:15頃 「来週の重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、木和田篤、中野雷太
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大野英樹(中日スポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「メインレース展望」
11:40頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:50頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃 「小倉レース展望」出演:坂井直樹(競馬ブック)
14:20頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週のメインレースの見どころ」


中京実況:佐藤泉(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、髙田洋子
パドック進行:岡田麻紗巳
小倉実況:小塚歩(1R~6R)米田元気(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

今週もまた、○○年ぶりがあります。 1月30日(土)の放送予定 [番組情報]
2021/01/29(金) 21:30

1/16(土)からの競馬場・ウインズ等の営業(無観客競馬・発売取りやめ)(1/14発表)
関東・関西・愛知県・福岡県での臨時払戻の実施 1/30(土)~2/7(日)(1/21発表)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第1回東京競馬 第1回中京競馬


 去年は競走馬の世界で「史上初」や「○○年ぶり」が連発しました。
 今年は今年で、先日のルメールJ×ミルファームさんのような「○○年ぶり」も誕生しました(このケースは15年ぶり)。そして京都競馬場の改修に伴い、天皇賞(春)が27年ぶりに、菊花賞が42年ぶりに阪神競馬場で行われます。


 そして、じゃじゃーん!(←そんな大げさなもんじゃない)あす29日(土)も、○○年ぶりが発生したのであります。


 小倉競馬場で障害のオープン特別が行われるのは16年5ヶ月ぶり!!


 ええ。2004年8月28日以来なんですよ。当時夏の小倉の開催で行われていた豊国ジャンプステークス以来なんです。
 小倉競馬場の障害レースは基本的には夏開催のみ。この夏開催でオープン特別が毎年1クラ行われていました。レース名は1997年まで小倉障害ステークス、1999年の障害レース改革にあわせて?レース名も豊国ジャンプステークスとなったのでした。
 今年は冬の開催でも障害レースが行われることになりました。で、これまでこの時期に東京や京都で行われていた障害のオープン特別も小倉に移設されたのであります。


 あす小倉で行われるのは牛若丸ジャンプステークス。これも豊国JSが始まったのと同じ1999年に、京都で始まった特別戦です。距離は3390メートルで、普段は年に1回だけ小倉サマージャンプで使われる距離設定です。小倉3390メートルが重賞以外で使われるのは始めてみたい。ちなみに来週土曜には3390メートルの平場オープンが組まれています。
 次開催(2回小倉)にも3390メートルが2クラあり、2月27日(土)には春麗ジャンプステークスが行われます。2月の東京でおなじみの障害レース、これも小倉に移設されました。


 1986年以降に行われた障害の特別レース名。どれくらい覚えてますか?
 中山新春ジャンプステークス(府中新春ジャンプステークス)
 秋陽ジャンプステークス
 三木ホースランドパークジャンプステークス
 牛若丸ジャンプステークス
 イルミネーションジャンプステークス
 春麗ジャンプステークス
 ペガサスジャンプステークス
 清秋ジャンプステークス


 淀ジャンプステークス
 福島ジャンプステークス
 豊国ジャンプステークス
 洛南ジャンプステークス
 ナッキージャンプステークス
 青富士ジャンプステークス
 
 小倉障害ステークス
 新潟障害ステークス
 福島障害ステークス
 中山障害ステークス
 仁川障害ステークス


 太字は2020年時点で行われているレース、それ以外は1986年以降に行われ、2020年時点では行われていないレースです。
 いやあこんなにあったんですねえ。ちなみに行われたレース数が多い順に並んでいます(下に行くほど少ない)。洛南ジャンプSやナッキージャンプS(1999年と2000年に施行)は「あったかもなあ...」くらいの記憶。青富士ジャンプS(2014年に1回だけ施行)に至っては「そんなレースあったっけ!?」でした。


 このあとの番組表をみてみると、ペガサスジャンプステークスは中山で、三木ホースランドパークジャンプステークスは阪神で、それぞれ例年通り行われます。重賞は京都ハイジャンプが中京で代替開催。ちなみに中京競馬場は1986年以降、ジャンプの重賞は何度か行われていますが、ジャンプのオープン特別は1回も行われていません。へえー意外。このあとの開催で組まれたりするんでしょうか??


 では、1月 30日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
3歳重賞+リステッド馬連 5月29日(土)までの3歳重賞・Lは「馬連」5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉田幹太(競馬ブック)
能勢俊介
飯田正美(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~4R
田村明宏(競馬ブック)5R~8R
赤塚俊彦(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:25頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:小島友実、木和田篤、山本直也
パドック進行:藤原菜々花、中野雷太、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「週の中間の話題から」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:40頃 「日曜重賞レース展望」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:45頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:55頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:佐藤泉、岡田麻紗巳
パドック進行:髙田洋子
小倉実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

4歳に頑張ってほしいんだけどなあ。 1月24日(日)の放送予定 [番組情報]
2021/01/23(土) 21:30

1/16(土)からの競馬場・ウインズ等の営業(無観客競馬・発売取りやめ)(1/14発表)
↑購入済みの指定席料金の返金についてもこちらから
関東・関西・愛知県・福岡県での臨時払戻の実施(1/16(土)~24(日))(1/14発表)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第1回中山競馬 第1回中京競馬


 ジャパンカップであのアーモンドアイと僅差だったのだから、三冠馬2頭はかなり強いんだと思うんですよ。うん。勝っていればもっと胸張って言えたんだとは思うですけどねええ。
 なんかこう、レベルがどうのとか言われたりしないかなあ、なんて思いましてですね。


 先週、愛知杯で4歳馬が勝利した一方で、日経新春杯では人気馬含めて4歳馬が軒並み着外に。
 明日のアメリカジョッキークラブカップも、4歳馬が人気を集めています。果たして結果を残せるのか。ラインナップは菊花賞2着馬&3着馬、ダービー3着馬、オークス2着馬ですから、現4歳のトップどころが揃って出走ということに。これは頑張ってほしいよなあ。


 ここ数年の、1月の古馬重賞における4歳馬の成績を調べてみました。開催スケジュールの都合で、年によってレース数にばらつきがあります。


 2020 6クラ(1.0.1.13)モズベッロ
 2019 8クラ(4.4.3.20)パクスアメリカーナ、グローリーヴェイズ、コパノキッキング、ダノンスマッシュ
 2018 8クラ(2.3.1.14)セダブリランテス、ダンビュライト
 2017 8クラ(3.4.1.15)エアスピネル、ミッキーロケット、グレンツェント
 2016 8クラ(3.1.1.10)ヤマカツエース、レーヴミストラル、モーニン


 各年の着度数のうしろの馬名は、この時期に重賞を勝った4歳馬。19年すごいな!去年はカレンダーの関係で根岸SとシルクロードSが2月に。シルクロードSをアウィルアウェイが勝っているので、実質4歳馬は2勝ということに。
 さて今年はどうなるのか。東海Sに出走する4歳馬はデュードヴァンだけ、やはりAJCCに期待がかかることになりますな。今月は31日に根岸SとシルクロードSがあるから、まだ可能性は残るけど。


 <菊花賞2着馬の明け4歳初戦(過去5年)>
 サトノルークス 鳴尾記念8着
 エタリオウ 日経賞2着
 クリンチャー 京都記念1着
 レインボーライン 日経賞4着
 リアルスティール 中山記念3着


 <菊花賞3着馬の明け4歳初戦(過去5年)>
 ヴェロックス 小倉大賞典9着
 ユーキャンスマイル 万葉S2着
 ポポカテペトル 早春S5着
 エアスピネル 京都金杯1着
 リアファル 金鯱賞5着


 菊花賞後にJCや有馬記念などを使っているケースもありますが、とりあえず4歳初戦ということで。
 OP特別や条件戦はさておき、1月の重賞を使ってくるケースはあまりなく、唯一のケースであるエアスピネルが京都金杯を制していると。過去5年のダービー3着馬はコズミックフォースが1月の重賞を使って大きく負けていますが、菊花賞2着馬&3着馬なら期待してもいいいのでは??


 では、1月 24日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
3歳重賞+リステッド馬連 5月29日(土)までの3歳重賞・Lは「馬連」5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
久保木正則(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~4R
唐島有輝(競馬ブック)5R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 レース展望」
10:30頃 「メインレース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:50頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:藤井真俊(東京スポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:15頃 「来週の重賞展望」


中山実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:木和田篤、小屋敷彰吾、佐藤泉
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「メインレース展望」
11:40頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:50頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃 「小倉レース展望」出演:坂井直樹(競馬ブック)
14:20頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週のメインレースの見どころ」


中京実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:山本直、髙田洋子
パドック進行:加藤弘晃
小倉実況:小林雅巳(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

紹介できることのほうが稀、です。 1月23日(土)の放送予定 [番組情報]
2021/01/22(金) 21:30

1/16(土)からの競馬場・ウインズ等の営業(無観客競馬・発売取りやめ)(1/14発表)
↑購入済みの指定席料金の返金についてもこちらから
関東・関西・愛知県・福岡県での臨時払戻の実施(1/16(土)~24(日))(1/14発表)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第1回中山競馬 第1回中京競馬


 先週の日曜中山12レース。勝ったジュニパーベリーについて事前に調べたネタを実況中に披露したところ、ちょっぴり反響がありました。


 ジュニパーベリーの馬主・ミルファームさんとルメール騎手とのコンビはなんと15年ぶりだったとのこと。週半ばにそういうツイートを目にしていたので、そういえばとレース前にTargetで検索しておいたのでした。
 こういう小ネタ(?)を調べておいてもなかなか実況や中継で出せないものなんですけど、このときは当のジュニパーベリーがゲートインを渋っていたために時間ができて、ご紹介することができたどいうわけ。こういうことは結構珍しいです。


 普段いろんなことを調べますけど、調べたことをそのとおりにアウトプットできることってホント少ない。例えばGIレースなら18頭出走してきて、それぞれのプロフィールを詳細に調べますよね。1番人気馬と18番人気馬では力のかけ方も若干違うかもしれませんが、それでも18頭全てつぶさに調べることに変わりはありません。
 それだけ調べても、勝つのは1頭なので他の17頭分は日の目を見ずにお蔵入り、ということになります。もちろんその資料はとっておきますから、後にどこかで生きてくることもあるんですけどね。


 去年のクラシック組だとガロアクリーク。競馬コンシェルジュで栗山求さんがおっしゃってましたけど、この馬は4代母がゴールドリヴァーという凱旋門賞馬。3代母リヴィエールドールもG1サンタラリ賞勝ち、近親に種牡馬シェルシュールドール、欧州マイル女王ゴルディコヴァなどがいる名牝系に属し、それぞれ「金」(OrやGoldなど)にまつわる馬名がつけられているんですよね。ガロアクリークも「カナダの金鉱山」から名付けられたということです。
 ほかではディープボンド。5代母クリヒデは1962(昭和37)年の秋の天皇賞を勝った馬。7代母の英月は現役時代、テツバンザイの名で1941(昭和16)年のオークス(当時は「阪神優駿牝馬」)を勝ち、日本ダービー4着、菊花賞6着。この年はセントライトが日本初の三冠馬となっていて、初代三冠馬に敗れた牝馬の血を受けるディープボンドが、76年後に菊花賞を勝てばコントレイルの三冠を阻止していたことに。ディープボンドがもし仮に勝っていたら、日の目を見た資料です。


 せっかく調べても出すタイミングがなかったりすることのほうが多いので、ここでご紹介させていただいた次第。日本のGIもそうですし、海外のレースを実況するときはたーくさん調べます。調べるのは大変だけど結構楽しいんですよ。春が近づくと、パソコンと首っ引きの資料作りの日々も近づいてくるのです。


 では、1月 23日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
3歳重賞+リステッド馬連 5月29日(土)までの3歳重賞・Lは「馬連」5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~4R
松本智志(競馬ブック)5R~8R
安中貴史(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:25頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「あすの重賞展望」


中山実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、小屋敷彰吾
パドック進行:中野雷太、藤原菜々花、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
松浪大樹(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「週の中間の話題から」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:40頃 「日曜重賞レース展望」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:50頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:55頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、加藤弘晃
パドック進行:髙田洋子
小倉実況:大関隼(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

平場オープン、復活しないかなあ。 1月17日(日)の放送予定 [番組情報]
2021/01/16(土) 21:30

1/16(土)からの競馬場・ウインズ等の営業(無観客競馬・発売取りやめ)(1/14発表)
↑購入済みの指定席料金の返金についてもこちらから
関東・関西・愛知県・福岡県での臨時払戻の実施(1/16(土)~24(日))(1/14発表)
各事業所の営業最新情報
イベント情報はこちらから→ 第1回中山競馬 第1回中京競馬


 きょう16日(土)の中京12レースは「4歳以上3勝クラス」でした。なんとかステークスじゃなく「4歳以上3勝クラス」。一般競走、いわゆる平場レースでした。
 準オープンクラスの平場戦はとっても珍しく、2015年3月22日の中京12レース以来6年ぶりでした。同じ中京12レースで同じダート1400メートルでしたが、当時はローカル場で今回は本場扱い。ま、珍しいことに変わりはないですわね。
 なぜこの"平場準オープン"が今回組まれたかというと、このクラスの在籍馬が増えて出走ラッシュになっているため。去年暮れに番組変更によって設けられたものでした。確か6年前も出馬ラッシュで番組変更だったと記憶しています(←自信なし


 1986年以降、準オープンクラスの一般戦はきょうで13クラ目。34年とちょっとでこの数ですからとっても少ないですよね。1986年に4クラ、1987年に1クラ行われたあとはしばらく行われず、1997年に1クラ、またしばらく間をおいて2007年に2クラ、2008年2クラ、2009年1クラ、そして前述の2015年1クラ。
 ほとんどが最終レースに行われています。例外はわずか2クラ。偶然かどうなのか、どちらも1986年5月11日に行われています。ひとつはパーシャンボーイが勝ったレースで、これは東京3レースで行われました。頭数が少なかったから(7頭立て)競走順の入れ替えがあったのかな? だからってそんな早いレースにしなくても...10時50分発走だったようです。1986年以降で午前中に行われた準オープンの競走はこれだけ。ちなみにパーシャンボーイはここを快勝して、次走で宝塚記念も制します。
 もうひとつは同じ1986年5月11日、トーホウカムリが勝った京都8レース。これも9頭立てなので、順番が入れ替わったのかも知れませんね。


 で、せっかくの平場準オープンなんだから減量騎手の騎乗が増えるのかなと思っていたら、きょうの中京12レースに騎乗した減量騎手は☆菊沢一樹騎手だけ(スズカコーズマンボ15着)。あれー、3キロ減の若手騎手が乗ってきたりしたら買ってみたかったのにー。
 かつてはオープンの平場レースがあり、実績馬がそのまま出走すると斤量が重くなるために減量騎手を乗せることがあったと聞きます(シンザンとかそうでしたよね)。若手騎手も一流馬の背中を知ることができるメリットもあったとか。今調べたら、サラ系古馬の平場オープンは1988年8月27日の函館8レース(勝ち馬リキサンワイス)が最後のよう。
 降級がなくなったんだし、オープンで頭打ちになった馬の救済策?になるかも。減量騎手とのコンビで斤量が減り、好走のきっかけを掴むってこともあったりしませんかねえ。馬券的にも面白そうだし。祈・平場オープン復活!


 ついでにと言ってはなんですがこんなネタも。
 あす17日の小倉7レースで、3歳1勝クラスの一般競走が行われます。ローカル開催での2歳・3歳限定の平場1勝クラスは、2歳戦ではかつて北海道シリーズで行われていましたが今は組まれなくなりました。
 3歳戦ではもっと珍しく、2011年4月の小倉競馬以来。このときは東日本大震災で、西日本でしか中央競馬が行われていなかったがためのイレギュラーでした。夏の中京や福島の本場開催で3歳1勝クラスはこれまでにもありましたが、ざっと調べた感じだとローカル場での3歳1勝クラスが当初から番組に組まれるのは1986年以降でこれが初めてみたい。
 じゃあ減量騎手は誰が乗ってるかな~とみてみたら、☆富田暁騎手と☆斎藤新騎手の名前がありますな。よし、この2人をうまく絡めて買ってみることにしますか!


 では、1月 17日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
3歳重賞+リステッド馬連 5月29日(土)までの3歳重賞・Lは「馬連」5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
久保木正則(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~4R
安中貴史(競馬ブック)5R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 レース展望」
10:30頃 「メインレース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:50頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:村上英明(デイリースポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:25頃 「来週の重賞展望」


中山実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:木和田篤、小屋敷彰吾
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「一般レースの狙い」
10:55頃 「メインレース展望」
11:40頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:50頃 「JRAホッと耳より情報!」
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃 「小倉レース展望」出演:坂井直樹(競馬ブック)
14:20頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週のメインレースの見どころ」


中京実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃
パドック進行:岡田麻紗巳
小倉実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

全10件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]