気をつけましょう!(←主に自分が) 11月7日(土)の放送予定 [番組情報] [中央競馬実況中継]
2020/11/06(金) 21:30

第5回東京競馬・第5回阪神競馬・第3回福島競馬におけるお客様のご入場(10月21日発表)
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


各事業所の営業再開情報


 週末の資料作ってて、すげー混乱したんすよ。なんで?なんで!?


 土曜に行われるファンタジーステークスが"芝内回り1400メートル"って書いてある。そんな競馬週刊誌の表記を見て頭の中は「???」。おかしい。1400メートルは1400メートルでも、毎年外回りで行われていたはず。京都芝1400mは内回りと外回りがあるけど、オープンや重賞など、条件が上のレースは外回りが使われていたはず。なぜ今年は内回り...?


 なぜだ、なぜだ......。
 どの資料見ても内回りって書いてある。なんで。どうして。ひとり自席でドタバタして、やがて気がつきました。京都じゃなくて阪神だ。この競馬場の芝1400メートルは内回りだった。はあー、おばか。
 (※念のため。阪神競馬場には芝外回り1400メートルの設定もあります。2006年のコース改修後に新設されたものですが一度も使用されたことはありません。コース図は→ こちら


 ご存知のとおり、先週日曜を最後にで京都競馬場の開催は2年半ほどお休みとなります。ああ、この京都のスタンドともお別れだ。この景色はしばらく観られないんだな。2週前の京都出張でちょっぴり感傷に浸ったのになあ。それだけ「11月=京都」と染み付いているからの無意識、とも言えるでしょうか(←言い訳
 京都と阪神の距離設定は似ているようで若干違う。前述の芝1400メートルのほか、京都は芝1600メートルにも内回りと外回りとがありますが、阪神は外回りのみ。一方で京都の芝2200メートルは外回りですが、阪神だと内回りになります。


 来週のエリザベス女王杯は、従来の京都外2200メートルから阪神内2200メートルに。最後の直線の距離は京都外の403.7メートルから阪神内の356.5メートルに変わります(Aコースで比較)。阪神で行われるエリザベス女王杯はミスカブラヤが勝った1979年以来で、当時の阪神は直線が平坦でしたから「ゴール前に坂のあるエリザベス女王杯」は初めてとなるわけです。これまでとは違ったレースが見られる、かもしれませんな。


 翌週のマイルCSはレース創設以来初めて京都競馬場以外で行われることに。古馬のGI級レースが阪神のマイルで行われるのはこれが初めて。牡牝混合の古馬マイル重賞が行われたのも、今年の中京記念が2011年以来久しぶり(当時マイラーズCが阪神施行)。その中京記念は18番人気メイケイダイハードが勝って大波乱。2011年マイラーズCは7番人気シルポート→14番人気クレバートウショウで馬連7万円台。おお、これは?
 「牡牝混合、古馬オープンクラスの阪神芝1600メートル」の競走を調べていくと、たとえば去年暮れのリゲルSは10番人気ストロングタイタン→12番人気キョウヘイで馬連8万円台。古くは(ハンデ戦ですが)2012年の米子Sなんか11人気フラガラッハが勝って2着が18番人気サワノパンサー、3着12番人気ミッキードリームで3連単1200万馬券。時にドカンと荒れるのが阪神マイルですから、マイルCSも人気薄の大駆けに注意(=期待?)しましょうか! 


 では、11月 7日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉田幹太(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:25頃 「週間ニューストピックス」
10:55頃 「特別レース展望」
11:45頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:20頃、15:30頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「あすの重賞展望」


東京実況:米田元気(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:木和田篤、稲葉弥生
福島実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「第5回阪神競馬 馬場情報」(インタビュー)
9:40頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃 「一般レースの狙い」
10:30頃 「土曜メインレース展望」
11:30頃 「週の中間の話題から」
11:50頃 「日曜重賞レース展望」
13:00頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:25頃 「解説者 今日の狙い目」
14:30頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
15:05頃 「メインレース展望」
16:15頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:中野雷太、髙田洋子
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります