ポイントもクーポンも。もらえるものはなんでも! 10月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/10/16(金) 21:00

第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場(9月30日発表)
9月26日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業(9月21日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 昨日のニュースで「給付金さらに5万円?」みたいなのがありました。年度内に定額給付金を追加で支給してはどうか、という国会議員さんの提案だったそうですが。
 当然財源は問題になるでしょうけど、もしいただけるのであればいただきたいですね。経済を微力ながらブン回しますよ(腕まくり)。馬券に消えないようにしないと......ま、JRAの馬券売上に貢献すれば、巡り巡ってコロナ対策や支援の方に回るかもしれませんですからね。うんうん、馬券購入で社会貢献だ(←外れたときの納得の仕方
 

 先日、普段使いの交通系電子マネーで「マイナポイント」が加算されたというメールが届きましてね。確かに8月の終わりに登録したんだけど、こっちもそれっきり忘れてた。ちゃんと機能してたのか(←失礼)。まとまったポイントが入ってましたので、大事に使わせてもらおうかなと。
 まあでもね、申し込みは拍子抜けするほど簡単でしたのよ。幸い、我が家は妻もアタシもマイナンバーカードを持っていましたのでね。そうそう、マイナンバーカードに対応した安いカードリーダー買ったから次回から確定申告がオンラインでできるようになった! 楽になるわ~。
 GoToもうまく使って、恩恵を受けつつ経済にプラスになるように微力ながら応援したいですな。ちなみにまだGoToイートは使ってませんで。ポイントを上手に活用して、お店側とユーザー側がWin-Winになればいいんですが、隙をつくようなポイント稼ぎはお店のプラスにならないわけで、いかがなものですかね。


 ポイントといえば、地方競馬や各種公営競技の投票サイトは購入金額に応じたポイントが付与されることがありますね。あれ、いいなーって思うんですよ。中央競馬でもやってくれないかなあ。
 1パー2パーでも、こつこつ買っているとそれなりのポイントになるし。レースによっては還元率が上がったりね。気づくとこんなにたまってた!ってなって、ちょっとした買い物の足しにしたりね。金額それほど買わないアタシでもこうですから、大口入れる方はポイントだけで生きていけるのでは......大げさ?


 まあ冷静に考えると、中央だと発売の規模もかなり大きいから、1パー還元でもかなりのポイントになるだろうなあ。えーと、JRAの去年1年間の売得金額が2兆8千億円。これの1パーセントは280億。うわあこりゃ大変な数字だ。0.1パーセントだと28億。うーん、これでも。1000円買って1ポイントですから還元率悪そうですけど、塵も積もればなんとやら。
 重賞やGIで還元率が高く設定することも考えられます。例えば有馬記念を3パーセント還元にすると、去年の有馬記念の売上が468億円ですから、えーとえーと、ざっと14億円の還元。単独レースでこれはでかいなあ。


 うむ、馬券購入額に応じた還元は難しそうだ。ほかになにかないかなあ、と考えて、ああそうだ。確かUMACA投票でクーポンもらえたはず! と、JRAのサイトを調べてみてもどういうクーポンがもらえるのかわからなかった。確かに入場再開したばかりで、場内で使えるクーポンは発行するのが難しいですわな。
 あら、その後またニュースみたら財務大臣が定額給付金再給付を否定との報道が。どうなることやら。こりゃ、特典やクーポンやポイントをうまく使って賢く生き抜くしかないですな。


 では、10月 17日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:小林雅巳、稲葉弥生
新潟実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「一般レースの狙い」
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:山本直也、髙田洋子
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

今週もきょうだいが注目を集めた! 10月11日(日)の放送予定 [番組情報]
2020/10/10(土) 21:00

第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場(9月30日発表)
9月26日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業(9月21日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 先週の弊ブログで兄弟に注目!って書きました。凱旋門賞ではジャパンとモーグルの兄弟出走となるはずでしたがエイダン・オブライエン勢出走取消によりどちらも残念ながら出走ならず、でしたけどね。
 なんと、今週もまた違った切り口できょうだい馬が注目を集めることになりました。


 このツイートはマルモマリアが勝った新潟3R終了直後に投稿したもの。このあと仕事中に京都7Rでマルモネオフォースが見事に勝利、今日出走した母マルモセーラの3きょうだいが(競馬場は別ですが)すべて勝つという記録を達成しました。もしかしたら初めてじゃないの? という話です。手元にあるレコードブックにも記載はありませんでした。


 母マルモセーラは2010年のファンタジーSの勝ち馬。田中健騎手がデビュー4年目で初めて重賞を勝ったレースでした。その後繁殖入りし、初仔のマルモレイナから今年生まれた当歳まで毎年子供を産んでいるという仔出しの良さ。4番仔マルモアステリアは1戦0勝で残念ながら引退してしまいましたが、それ以外にデビューした4頭が(今日出走した3頭も含めて)勝ち上がっていて、成績が伴っているのも立派であります。
 そしてすごいのが、ここまで産んだ子供のお父さんが全て違うこと。初仔から当歳までの父の名前を並べるとエンパイアメーカー、ヨハネスブルグ、ワークフォース、エスケンデレヤ、ルーラーシップ、オルフェーヴル、エイシンヒカリ。それぞれの父の持ち味も残しながら、どの馬もしっかりデビューして高い確率で勝ち上がる。マルモセーラも名繁殖牝馬の1頭に数えてもよいのではないでしょうか!?


 調べ物ついでにきょうだい馬出走の記録も調べてみると「1日4きょうだい出走」というのが近年では2例あったそう。(※きょうだい馬は右に行くほど年上)
 母アルーリングアクト(2008年7月20日)
  アルーリングムーン、オースミマーシャル、アルーリングライン、アルーリングボイス
 母フィラストリート(2011年1月30日)
  ブルースビスティー、ルアーズストリート、ブロードストリート、ストリートスタイル
 

 こういう記録があるということは、3きょうだい出走はなくはないんでしょうかね。あと「3きょうだい同一レース同時出走」と記録は探しても出てこない。このままマルモ3兄弟にオープンまで上がってもらって......と考えたけど、マルモマリアはダート短距離、マルモネオフォースは芝、マルモルーラーはダート中距離での勝利。3頭が顔を揃えるのにちょうどいい条件は難しいかな?
 「3きょうだい同一重賞制覇」というレアな記録もあるそうです。母フロリストのハクリユウ、ハクセツ、アカイシダケが目黒記念を、母フリツパンシーのセントライト、アルバイト、トサミドリが皐月賞を勝ったというもの。今度はこれを塗り替える"3きょうだい"の出現にも期待しましょう!


 では、10月 11日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:05頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:55頃 「今日のコラム」出演:内海裕介(サンケイスポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:30頃 「来週の重賞展望」


東京実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:大関隼、稲葉弥生
パドック進行:石原李夏
新潟実況:米田元気(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:15頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:木和田篤、髙田洋子
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

アナウンサーあるある?非常時とアドレナリン。 10月10日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/10/09(金) 21:00

第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場(9月30日発表)
9月26日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業(9月21日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 ああー、せっかく明日から有観客の競馬開催が再開されるというところなのに。【!】が出ちゃったよ。
 東京競馬・京都競馬の金曜日夜間発売を取りやめ
 ニュースや天気予報などを確認すると本州上陸の可能性は薄くなったようですが、大雨には引き続き警戒が必要とのことです。備えは怠りなく、油断せずにまいりましょう。開催情報についても、最新のものをご確認くださいね。


 去年もこの10月2週目は台風がやってきました。体育の日を含む土日月の3日間開催のうち、土曜と日曜の東京が早々に中止に。かなり大きな台風でしたものね。土曜の開催が火曜に、日曜の開催が翌週月曜に代替となりました。
 台風や雪害などイレギュラーが発生すると、現場は大変混乱します。レースが中止になっても競馬中継はお送りしなければいけませんから、放送内容を大きく変えることになります。出演者も変わり、スタッフの人繰りも変更し...というのを、放送開始前や放送中にどんどんと決めていかなければならないのです。
 

 こういうとき、アナウンサーは燃えます。いやそうじゃないというアナウンサーもいるかも知れませんけど、私が見てきた多くのアナウンサーはそうですね。普段以上の力が出ます。突発的な出来事が発生したときにアドレナリンが出るといいますか。
 終わった後はドッと疲れるんですけどね。往々にして週末の競馬が(代替競馬で)1日延びたりしますしね。でも"その瞬間"は普段以上の集中力でいろんな物事が進んでいくのです。


 ......という「アドレナリンが出る状況」がここ最近あったかなあ? などと考えてみる。台風中止、雪中止にここ数年当たっていないなあ。あ、そうだ。あったあった。2年前の東京開幕週だ。いろんなことが重なって3日間で30レース実況したときだ。
 今思い出すと、あのときもやっている間はぜんぜんしんどくなかった。終わったあとは泥のように眠ってたけどw 実況している間はむしろ「やったるわい」ってな感じだった。これまで誰も(たぶん)やったことのないことをやるんだー、てなくらいで。今思えばあれもアドレナリンでしょうなあ。


 ただ、逆に言えばこういうアドレナリンびんびんなときというのは「そうならざるを得ない事象が起こった」という非常時であるわけで。こういうことは少ない(無い)ほうがいいに決まってますね。台風の影響が軽微なものに終わり、入場することができたファンの方々がナマの中央競馬を楽しめるくらいの天気であることを願います。


 では、10月 10日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉、石原李夏
パドック進行:石原李夏、小屋敷彰吾、小島友実
新潟実況:小林雅巳(1R~6R)米田元気(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「第4回京都競馬 馬場情報」(インタビュー)
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:木和田篤、岡田麻紗巳
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

明日はいろいろな"兄弟"に注目だ! 10月4日(日)の放送予定 [番組情報]
2020/10/03(土) 21:30

第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場(9月30日発表)
9月26日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業(9月21日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


「凱旋門賞実況中継」4日(日)22:30~ #ラジニケ凱旋門 でツイート募集します!


 明日はいよいよ秋のGI開幕戦、スプリンターズステークス。出馬表を眺めていたらあることに気づきました。


 ひとつのGIレースに、兄弟馬が2組も出走するではないか!


 明日のスプリンターズSに、ダイメイダークを母に持つダイメイプリンセスとダイメイフジが、ラブハートを母に持つキングハートとラブカンプーが出走。これまでにGIに兄弟が2組も出走したことってあるんだろうか?
 JRAが発表しているミニデータによると、1994年のジャパンカップ以来となるようです。母モリタ(兄8着グランドフロティラ、弟1着マーベラスクラウン)と母ワキリリック(兄12着ヨハンクアッツ、弟4着エルナンド)と兄弟馬が2組出走。このケース、日本馬と海外馬の兄弟出走というのも珍しいし、海外馬の兄弟が揃って来日(馬主も調教師も別)というのも珍しい。
 今後これを超えるレア兄弟出走はないかもしれませんが、明日のスプリンターズSはこのとき以来26年ぶりの「兄弟馬2組GI同時出走」となります。


 グレード制導入の1984年以降、兄弟でGIに出走したケースは明日で22例目となる模様。以前の20例の母名をざっと挙げると


 ナオユキ(ミスターシクレノン&ミスタートウジン)
 モリタ(グランドフロティラ&マーベラスクラウン)
 ワキリリック(ヨハンクアッツ&エルナンド)
 スカーレットレディ(サカラート&ヴァーミリアン、ヴァーミリアン&キングスエンブレム)
 ホワイトウォーターアフェア(アサクサデンエン&スウィフトカレント)
 スカーレットブーケ(ダイワメジャー&ダイワスカーレット)
 シェンク(マルカシェンク&ザレマ)
 ワンダーヘリテージ(ワンダースピード&ワンダーアキュート)
 エアグルーヴ(フォゲッタブル&ルーラーシップ=2回)
 パーソナルレジェンド(ミラクルレジェンド&ローマンレジェンド)
 エリモピクシー(クラレント&レッドアリオン=3回、レッドアリオン&サトノルパン、クラレント&サトノルパン)
 クリソプレーズ(マリアライト&リアファル)
 ヘヴンリーロマンス(アウォーディー&ラニ)
 メリッサ(ミッキーグローリー&カツジ)
 ダイメイダーク(ダイメイプリンセス&ダイメイフジ)


 母ダイメイダークのGI同時出走は明日で2回目ですね。こうしてみるとエリモピクシーすげえな...もしかしたらGI3兄弟同時出走も可能性あったかも!? それ以外も日本が誇る名繁殖牝馬ばかりですなあ。そしてアウォーディーとラニの兄弟は日本のみならずドバイでも兄弟GI出走を実現(17年ドバイWC)。すごいことです。
 

 明日は上記2組の兄弟馬のほかに、もうひとつ兄弟出走が。レッドアンシェルを管理する庄野靖志調教師と、エイティーンガールを生産した庄野牧場の庄野宏志代表も兄弟とのこと。週の中間に記事になってたのを拝見してへえ~となりました。3組の兄弟がどのような戦いを繰り広げるのか、馬券とは離れたところで注目したいところです。


 そして明日の日本時間深夜に行われる凱旋門賞。ラジオNIKKEIでも中継します! この凱旋門賞で武豊騎手が騎乗するジャパンと、ムーア騎手が騎乗するモーグルは全兄弟(母シャスタイ)。世界最高峰レースのひとつ凱旋門賞に兄弟で出走できるというのもすごいこと。これも注目!


 では、10月 4日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:館林勲(東京スポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:30頃 「来週の重賞展望」


中山実況:小塚歩(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:佐藤泉、大関隼、木和田篤
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:10頃 「メインレース展望」
11:30頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:30頃 「特別レース展望」
13:30頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:40頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:檜川彰人、山本直
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

いよいよ、来週から、第一歩! 10月3日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/10/02(金) 21:30

第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場(9月30日発表)
9月26日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業(9月21日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 やっと、やーーーーっと、ですね。
 上のリンクにもあるとおり、来週の東京競馬、京都競馬、新潟競馬の開催から「事前に指定席を購入されたお客様に限定して入場を再開」と相成りました。


 2月29日の開催から無観客が始まり、夏の新潟で入場再開となるかと思いきや状況の変化などもあり取りやめに。そして7ヶ月と少しのブランクを経て、再びJRAの競馬場にファンの皆様が帰ってくる日が来たのであります。


 やー、うれしい。すなおにうれしいっす。
 もちろん、まだまだ、7ヶ月前のスタイルが完全に戻ってくるわけではありません。JRAのサイトにある注意事項をおさらいしておきます。(リンク先は東京競馬場の指定席発売の説明ですが、京都も新潟も内容はほぼ一緒です)


 ・入場時に検温を実施し発熱(37.5度以上)や体調不良が確認された場合は入場お断り。引換窓口で発券される指定席章は2週間保管
 →これは基本の部分ですね。指定席章の2週間保管も、もし何かあったときに来場者の特定などが必要になってくるからでしょうかね。


 ・来場の際はマスクの着用が必須。場内においては、屋外エリアでの観戦、家族・友人同士で来場の場合でも身体的距離を確保
 →これも基本。キープディスタンス。


 ・大声での会話や声を出しての応援等はお控えください。
 →やはりこのようなお願いが出ました。そりゃ野球場やサッカー場など新しい生活様式ならぬ"新しい観戦様式"が求められますね。


 ・パドック、ウイナーズサークル、ゴール前をはじめとするコース付近等に立入規制エリアを設置
 →声は出しちゃいけないけど、指定席から動いちゃダメということではないみたい。もちろん節度ある行動が求められるのは言うまでもないですね。


 その他、場内で行われているイベントや各種サービスは中止。投票券の有人窓口も休止。そしてこれがアタシ的には一番大事だと思ってたりする↓
 ・競馬場内でのアルコール飲料の販売は休止いたします。また、競馬場内での飲酒はお控えください。
 うーむ。競馬場でるーびーが飲めないとは。でも、まあ、仕方ない。。。


 いろんな制約がありながらも、競馬場に行きたい! という方は上のツイートのリンクか、この記事の一番上のリンクをご参照のこと。秋華賞や菊花賞、三冠が懸かった大一番をファンの方が生観戦できるようになったのもよかったし、京都の現スタンド最後の開催をファンの方々に見守ってもらえるというのもよかった。
 ファンが居る競馬場、どんな感じなんでしょうね? 地方競馬では入場再開の場も増えましたけど、そういうところにも行けていないからなあ。来週は競馬場に行かないので、再来週の新潟で実感したいと思います。


 では、10月 3日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
松本智志(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
9:55頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「特別レース展望」
11:00頃 ゲスト・加藤みどりさん登場!
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


中山実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:小塚歩、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「一般レースの狙い」
10:45頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:15頃 「週の中間の話題から」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
12:05頃 「土曜メインレース展望」
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:小林雅巳、山本直也
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

全10件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 ]