牝馬が牡馬を打っ千切る重賞。どれだけあった? 7月4日(土)の放送予定 [番組情報] [中央競馬実況中継]
2020/07/03(金) 21:30

月4日(土曜)から19日(日曜)までの中央競馬の開催等について(6月26日発表)
払戻有効期限の延長について(3月12日発表)
臨時払戻の実施について(7月)(6月26日発表)


「サマーシリーズキャンペーン」 簡単なクイズに答えると、ギフトカードや和牛が当たる!


 タイトルの通りでございます。
 先週の宝塚記念、クロノジェネシスの走りには度肝を抜かれましたなあ。4コーナーで持ったままの手応えで進出、これは勝つだろうなと思ってみていたら、あんなにちぎるとは。2着キセキに6馬身差、宝塚記念の最大着差レコード。
 ちなみになんで大差で勝つことを「ちぎる=千切る」って言うんでしょうね? もともとの意味は(手などで)細かく切り離す、細かくばらばらにすること。紙をちぎる、ですよね。あ、「ぶっちぎる」なのか?
 三省堂の大辞林によると、ぶっちぎるは「打っ千切る」と書き、ひとつめの意味が「強くちぎる」。で、ふたつめに「(主に競馬で)大差をつけて勝つ」という意味が出てきます。先週のクロノジェネシスは「打っ千切る」という意味にふさわしい走りだったように思えますな。


 さて、昨暮れの有馬記念でリスグラシューが圧勝したときにも調べたことなんですが、改めて。


 クロノジェネシスは歴史的圧勝だったというわけです。
 では、GI以外の牡牝混合の平地重賞(距離問わず)で、牝馬がクロノジェネシス同様に2着馬に1秒以上の差をつけて勝ったことはどのくらいあるのか。1986年以降先週までの33年半を調べてみたところ...何頭いると思います?


 答えは3頭。3頭しかいないんだ! 古い順に並べます。


 ヒロタイム(92年セイユウ記念)2着マリンパレードに1秒0差
 レーヌミノル(16年小倉2歳S)2着ダイイチターミナルに1秒0差
 クロノジェネシス(20年宝塚記念)2着キセキに1秒0差


 ふええ。ビッグネームが揃う宝塚記念で牝馬が打っ千切ることの凄さがこれでもわかりますな。
 ちなみに2着キセキと3着モズベッロはさらに5馬身差で、クロノジェネシスとモズベッロのタイム差は1秒8ありました。牡牝混合の平地重賞で3着馬にこれだけの差をつけた牝馬を探してみると...すべての距離でもアラブを含めてもクロノジェネシスだけ。すげー!


 直前の大雨のせいだろうって言う方もおられるかもしれません。そんな無粋なことおっしゃらず! 条件はどの馬も一緒なんですから。タフなコンディションを苦にせず最後まで走りきったからこその着差なのだと思うのであります。
 暦の上ではジュライ(←語呂最悪)。この宝塚記念も含め、なんだかこの上半期は無観客がもったいないと思わされる名シーンが多かったですよね。秋も素晴らしいシーンが見られますように、そして競馬場でファンの皆さんと分かち合うことができますように!


 では、7月 4日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「週間ニューストピックス」
10:00頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「函館競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「函館競馬コーナー(2)」出演:恩田諭(スポーツ報知)
14:25頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


福島実況:小塚歩(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉、木和田篤
パドック進行:山本直也、小島友実
函館実況:小林雅巳(1R~6R)小屋敷彰吾(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「第4回阪神競馬 馬場情報」(インタビュー)
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「函館競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:米田元気、髙田洋子
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります