唯一バイトに入った試合が伝説の試合。 8月1日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/07/31(金) 21:30

7月25日(土曜)から8月9日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月17日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報
8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)


「サマーシリーズキャンペーン」 簡単なクイズに答えると、ギフトカードや和牛が当たる!


 野球あるあるですよね。


 火曜日の神宮球場、阪神がヤクルトに20対5の大勝。こういうときって次の試合はぜんぜん点取れないもんだよなーなんて思ってたら案の定、翌日は1点、翌々日は0点。3試合合計21点、どうしてこういうのは平均的に取れないんでしょうね。「明日も勝つ!」って言ったら次の日から連敗とかね。プロ野球あるある、いろいろありますわな。


 同じ日は千葉ロッテが楽天相手に13対12のサヨナラ勝ち。乱打戦ですなあ。たまーにこういう、両軍2桁得点の接戦というのがあります。通称バ...試合ってやつですな。思い出すのは1993年のヤクルト対広島、17対16の歴史的乱打戦ですなあ。アタシが中学生のころ。違う球場の中継を観ていて、"他球場の経過"でこりゃーえらいことになってるなと。夜のスポーツニュースにも間に合ってなかったような記憶。ああ、いま探したらその日のプロ野球ニュースが出てきた。改めて、こりゃすげえ試合だ...。
 

 そしてもうひとつ想い出深いのが1998年のとある夏の日の横浜スタジアム、横浜対巨人です。
 この日は序盤から巨人が攻勢、初回に清原の3ラン本塁打などで大きなリードを奪うのですが、マシンガン打線の横浜も応戦。いまスコアを調べたら7回終了時で9対9。この時点でだいぶキてる試合だなあw
 8回表に巨人が3点を勝ち越し9対12。巨人は8回裏からクローザー槙原を投入し逃げ切り態勢。横浜が1点を返し10対12、その後ランナーを一人置いて佐伯の打球はライトへのフライ。スリーアウトチェンジか...と思われたものの、なんとこの投球がボークだったとの判定でノーカウントに。命拾いした佐伯がライトスタンドに2ランを叩き込んで12対12の同点に!
 こうなるともう流れは横浜に。9回裏に波留がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放って13対12、最大7点差を逆転してのサヨナラ勝ち。この試合で勢いをさらに加速させた横浜は、38年ぶりの日本一に突き進むのでありました。マシンガン打線で打ち勝ってきたチームを象徴する勝利だと、いまでも感じます。


 この試合ですね、アタシ、横浜スタジアムでバイトしてたんです。
 野球好きなもんで、球場でバイトできたら楽しくおちんぎんもらえるかなと思って。スポーツの現場に多数のアルバイトを送り込むシ○ズさんでバイトを始めたんです。その初っ端の試合がこの13対12の劇的試合だったんですな。
 試合終了時はファンがグラウンドに雪崩れ込まないように、1塁側ベンチの上のあたりでスタンバっておりました。佐伯のホームランも波留のセンターオーバーもそこで見てましてね。ほんとは試合見ちゃいけなかったはずだけど。


 そのときの球場の雰囲気がね、言葉では表現できないほどの歓声と興奮、ボルテージMAXでありましてね。こりゃバイトやってる場合じゃない、バイトしてるがゆえにこの空気に混ざることができないのはもったいない!と思って、この1回で○ミズのバイトはヤメましたw 18歳の夏の思い出でありました。


 現状では球場があれほどの熱気に包まれるのは当分先になりそうですな。それでも様々な対策をとって、ファンが球場で観戦できているってのは大きいですよね。
 競馬場も帯広と盛岡につづいて浦和と大井(プレオープン)も有観客に、そしてJRAの競馬場では新潟がわずかながらお客さんを入れるとのこと。競馬場に入れたからといって観戦スタイルは静かなものにならざるを得ませんが、まずは平時を取り戻す第一歩ですね。競馬場に入ることができる方は、引き続き気をつけながら、存分にお楽しみいただきたいですね!


 では、8月 1日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
田村明宏(競馬ブック)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「週間ニューストピックス」
9:55頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:25頃 「特別レース展望」
11:45頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:45頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、佐藤泉、小塚歩
パドック進行:山本直也、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<スタジオ解説>
永井晴二(競馬評論家)
森本昭夫(競馬評論家)


<札幌競馬場解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
丸山一樹(日刊競馬)


<主なコーナー>
9:45頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「メインレース展望」
10:40頃 「一般レースの狙い(札幌)」
11:10頃 「メインレース展望(札幌)」
11:30頃 「日曜重賞レース展望」
12:30頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「メインレース展望」
16:30頃 「明日のメインレースの見どころ」


進行:山本直、加藤弘晃、髙田洋子
札幌実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

3頭立ての12ハロン戦もなかなか...。 7月26日(日)の放送予定 [番組情報]
2020/07/25(土) 22:00

7月25日(土曜)から8月9日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月17日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、パークウインズ等の制限付き営業(7月20日発表) → 営業再開情報


「サマーシリーズキャンペーン」 簡単なクイズに答えると、ギフトカードや和牛が当たる!


 きょうの中央競馬はなんと言っても新潟1R。ミルファームさん12頭出しが注目を集めました。
 ちょうど札幌からのオンエア中だったのでレースはライブ観戦できなかったんですが、合間にTVモニターに目をやると返し馬と輪乗りのシーン。フレームインしてくる馬がことごとくミルファームさんの赤と白の勝負服で、思わず「すげえ!」って呟いてしまった。大関アナは気が気じゃなかったと思いますけどね。大関アナ含め実況担当のみなさまお疲れさまでした!


 このブログが公開されたあと間もなく、イギリス・アスコット競馬場では"キングジョージ"が行われます。


 登録段階から8頭でした。イギリスのジョン・ゴスデン厩舎がエネイブルを含め2頭、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎が6頭という、まあーずいぶんと偏った構成ではありました。
 その後なんやかんやあって、出馬投票の段階ではアンソニーヴァンダイク、ジャパン、ソヴリン、エネイブルの4頭に。そして今朝アンソニーヴァンダイクの回避が発表され、最終的に3頭立てとなったのでした。


 アスコット競馬場では去年、25頭立ての5F(≒1000m)戦を実況しました。当然25頭全馬の名前を言えるわけはないんですけど、もしぜんぶ言うとなれば、決着タイムがおよそ1分として25で割って、1頭あたり約4秒。一方、12ハロン(正確には11ハロン211ヤード)で3頭立てだと、えーと...
 去年の"キングジョージ"の勝ちタイムが2分32秒42なので、これを3で割ると、1頭にかけられる時間はおよそ1分10秒8ほど。まああくまで机上の計算ですけど、要するに何が言いたいかというと、


 間延びするよね...。


 競馬番組一般事項のVIの1の(1)によると「出走申込馬が4頭以下(3歳未勝利は5頭以下)の場合は競走を取りやめる)」とあります。ですので、中央競馬で4頭立て以下が発生するには、スタート前に出走取消や競走除外などがあるケースしか現状はなさそうです。
 そういうレースでも成績表には5頭の名前が載ります。『出馬投票で5頭、そのうち1頭が枠順確定前に取り消して4頭立て』というケースがより4頭立て感があるかな。こういうレースは1986年以降で2クラしかありません(直近は06年9月16日の札幌5R)。
 

 ちなみに例外もあり、GI競走、GII競走、J・GI競走、J・GII競走、3歳馬のトライアル競走は少頭数による取りやめはなく、また外国馬や地方馬の出走があるときも取りやめは行われないことになっています。ルール上は3頭立ても2頭立ても、1頭立てのウォークオーバーも可能性としてないことはありません。現在の出馬ラッシュではあまり可能性はなさそうですが...。


 では、7月 26日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
安中貴史(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:20頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:木南友輔(日刊スポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 狙いのレース」
16:30頃 「来週の重賞展望」


新潟実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:中野雷太、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<スタジオ解説>
棟広良隆(競馬アナリスト)
森本昭夫(競馬評論家)


<札幌競馬場解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
志村竜一(日刊競馬)


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「メインレース展望」
10:45頃 「一般レースの狙い(札幌)」
11:15頃 「メインレース展望(札幌)」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:05頃 「重賞レース展望」
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「メインレース展望」
16:30頃 「来週の重賞レースの見どころ」


進行:檜川彰人、加藤弘晃、山本直、岡田麻紗巳
札幌実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直也(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

海の日で思い出す「海のYeah!!」。 7月25日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/07/24(金) 21:30

7月25日(土曜)から8月9日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月17日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、パークウインズ等の制限付き営業(7月20日発表) → 営業再開情報


「サマーシリーズキャンペーン」 簡単なクイズに答えると、ギフトカードや和牛が当たる!


 どうも、きょうは一日DJ AYUMUにお付き合いいただきありがとうございました!


 ラジコのタイムフリーで聴き返したい方は、アタシのTwitterアカウントにどぞー。ツイートにリンク貼ってあります。
 まー番組でも言いましたけどね、FMぽいパーソナリチーは無理だw 低音ボイスを真似てもクリス・ペプラーさんではなく若山弦蔵さんになっちゃうもん。ホンダイブニングダイアリーね。


 さてこの週末は4連休であります。昨日が海の日で今日がスポーツの日ね。開会式が行われるはずの。延期になったらなんの日かわかんなくなっちゃった。
 スポーツの日の話は置いといて、海の日であります。もともとは1996年に、7月20日が海の日として新たに祝日に制定されました。そこからハッピーマンデーということで7月の第3月曜日が海の日となり、今年は特措法によって開会式の前日に移されたのでありました。


 アタシが大学に入りたての1998年の海の日。記憶が確かなら、FM横浜で特番を組んでたんですよね。デビュー20周年を迎えたサザンオールスターズの。ちょうど「海のYeah!!」というベスト盤が発売されたところでね。アタシも当時はハマっ子だったもんで(←住民票が横浜市ってだけ)、買いました。そんでもって聴きました。アルバムもラジオ番組も。
 フォークソングにどっぷりだったウチの親が「最初はコミックバンドかと思った」(失礼)らしいサザンオールスターズ。そのデビュー曲「勝手にシンドバッド」が世に出たのが1978年。わー、アタシが生まれる前の年。もう40年以上も前なんですよね。色褪せないなあ。
 そういえばきょうの特番の13時台(第2)で1990年代のセットリストが流れてましたけど、ド頭1曲めが「希望の轍」だったんですよね。海のYeah!!では希望の轍はディスク1の後ろから2番め。なので仲間内のカラオケでは、希望の轍はわりと締めに歌われることが多かったですよね。それを担当ディレクターに伝えたら「そうなんですか?割と最初に歌われることが多いかと~」。ええそうなんですか!?


 ...ああすみません。海の日からFM横浜、サザンという連想でとっちらかりました。また機会があれば今度はもっとFMチックなおしゃべりと音楽で皆様にお楽しみいただきたいなと。
 今夜からは普通のおじさんアナウンサーに戻ります。新潟と札幌の開幕週、ここから3週間は2場開催。ラジオNIKKEI第2では札幌競馬場からの情報をたっぷりとお届けしますのでお楽しみに!


 では、7月 25日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
田村明宏(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「週間ニューストピックス」
10:00頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:30頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


新潟実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:中野雷太、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<スタジオ解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<札幌競馬場解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
丸山一樹(日刊競馬)


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「メインレース展望」
10:45頃 「一般レースの狙い(札幌)」
11:15頃 「メインレース展望(札幌)」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
12:35頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「メインレース展望」
16:30頃 「明日のメインレースの見どころ」


進行:山本直、加藤弘晃、檜川彰人、髙田洋子
札幌実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

ルメールJが乗ってなかったのね! 7月19日(日)の放送予定 [番組情報]
2020/07/18(土) 21:30

7月4日(土曜)から19日(日曜)までの中央競馬の開催等について(6月26日発表)
一部ウインズにおける営業の制限付き再開について(7月6日発表) → 営業再開情報
臨時払戻の実施について(7月)(6月26日発表)


「サマーシリーズキャンペーン」 簡単なクイズに答えると、ギフトカードや和牛が当たる!


 あかーん。当たらん。こんなに2歳戦がんばってるのに馬券がとれないなんてー(T_T) まあしょうがない。日曜がんばるわ。
 さてきょうの函館2歳Sのレース後に検量室あたりで取材していて、あれ?ってなりました。つーかそれまで気が付かなかったのかよレース前とか。


 ルメールJ、函館2歳Sに乗ってないやん!


 あのルメールJが。年間200勝するルメールJでも、重賞に騎乗馬がいないことってあるんですなあ。「騎乗している競馬場で重賞が行われるのに騎乗しなかった」のってだいぶ久々じゃないの?
 調べてみたところ今年は初めて。去年も1月のフェアリーSの1回だけ。へー、1年半ぶりの珍事ってことか。ルメールJは重賞騎乗ありきで騎乗する競馬場が決まっていくところもあるように思われます。だから、重賞あるのに乗らないのはかなりレアてことなのか。
 

 せっかくなので、重賞騎乗についてのデータをあれこれ調べてみました。JRA-VANさんとTarget Frontier JVさんいつもありあがとうございます(←謎のクレジット
 今年の重賞騎乗数トップは武豊Jで35クラ(先週まで、以下同じ)。さすがレジェンドです。ちなみに勝ち鞍はルメールJと松山Jが7勝で並んでいて、騎乗数はルメールJ30、松山J27。ということは勝率は松山Jのほうが上ということに。すげ。平均人気はルメールJが1.9番人気、松山Jは6.9番人気。これで結果を残しているのがもっとすげ。


 もののついでに近年の「年間最多重賞騎乗」も調べてみました。
 2019 福永祐一 70
 2018 福永祐一 70
 2017 ルメール 70
 2016 ルメール 72
 2015 岩田康誠 75


 岩田Jの75ってすごいですな。年間52週しかないなかでこの数字は驚異的といえるのでは。
 ついでについでに、1986年から先週までの33年半あまりの全レースで、重賞レースの騎乗数が多い順はこちら↓
 武豊 1789
 横山典弘 1572
 蛯名正義 1404
 福永祐一 1334
 柴田善臣 1315


 さらについでに、障害重賞だとこちら↓
 林満明 167
 熊沢重文 153
 西谷誠 151
 白浜雄造 137
 嘉堂信雄 122


 ちなみに同期間で障害重賞に騎乗した騎手は、外国馬出走で来日した騎手なども含め144人。この人数に柴田善臣騎手や武士沢友治騎手が含まれているのを発見!すげー!こういうことを調べながら、ステイホテルの出張先の夜が更けていくのであります...。


 では、7月 19日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
小松真也(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
安中貴史(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:15頃 「函館競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
14:00頃 「函館競馬コーナー(2)」出演:小林正明(デイリースポーツ)
14:25頃 「今日のコラム」出演:高橋利明(福島民報)
16:20頃 「来週の重賞展望」


福島実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:木和田篤、小屋敷彰吾
パドック進行:石原李夏
函館実況:大関隼(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:15頃 「函館競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:20頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

ラスト2ハロンで見極め...られるか? 7月18日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/07/17(金) 21:30

7月4日(土曜)から19日(日曜)までの中央競馬の開催等について(6月26日発表)
一部ウインズにおける営業の制限付き再開について(7月6日発表) → 営業再開情報
臨時払戻の実施について(7月)(6月26日発表)


「サマーシリーズキャンペーン」 簡単なクイズに答えると、ギフトカードや和牛が当たる!


 本題(←大した話はしないけど)に入る前に、お知らせを。



 DJ AYUMUという方が来週24日(金)のメインパーソナリチーのようですね。誰なんだろう...初めて聞く名前だなあ🤔


 まあそんな、グレート・ムタ的なギミック(?)もありつつ。ぜひ聴いてください。


 さて明日は函館2歳ステークスであります。これまでは開催最終日に行われることが多い重賞ですが、今年は土曜日開催。最終日の日曜日は函館記念。2つの重賞がこの形で並ぶのは2014年以来6年ぶりであります。
 今年も楽しみな好素材が揃いましたなあ。新馬戦レコード勝ちのフランケル産駒モンファボリ、同レース2着で次走あっさり勝ち上がったホーキーポーキー。ダートでレコード勝ちのルーチェドーロ。連闘カイザーノヴァ。フォドラもリメスもラヴケリーも新馬戦が快勝だったし、ホッカイドウ競馬からはラジアントエンティが参戦。先週はシンボが横津岳特別を逃げ切りましたし、2週連続の快走なるか?
 ホーキーポーキーはディスクリートキャット産駒、ルーチェドーロはマクフィ産駒。カイザーノヴァはお待たせしましたのモーリス産駒初勝利。種牡馬の観点からも2歳最初のJRA重賞は楽しみがたっぷりなのであります。


 アタシ個人的には、このレースの馬券の狙い方というのがあるんです。
 「ラスト2ハロンのラップを見て、最後の1ハロンのタイムがそれほど落ちていない馬を狙う」。
 このレースに出てくる馬はほとんどが函館芝1200mで勝ち上がった馬です。なので時計とかラップの比較はしやすい。その中で、ラスト2ハロンがイーブンに近い馬を買うとわりと上位に来てくれるという説であります。
 去年でいうと、1着ビアンフェは未勝利勝ちが11秒6-12秒0。そこまで最後落ちてないですよね。ちなみに4着パフェムリは新馬戦のラップが11秒7-11秒9。こっちのほうがいいかな~と思って買ったらスムーズさを欠き4着...。今思い出してもちょっとくやしい。
 一昨年の1着アスターペガサスは新馬のラップが11秒7-11秒5と加速ラップで2番手から抜け出し。2戦目の函館2歳Sで全く違う形で追い込み勝ちを決めたわけで、新馬のラップはやはり能力の裏付けだったのかなと。そして2着ラブミーファインの新馬戦も11秒9-11秒8の加速ラップだったのだ!1800mだったけど。距離短縮もあり函館2歳Sは7番人気でしたが、2着に破ったのがニシノデイジーですし、やはりラップが能力を証明していたのでしょうね。


 さて今年のメンバーですが...?
 人気を集めそうなモンファボリはラスト2ハロンが11秒3-12秒4とかなり最後がかかっています。ただ前半が33秒7でかっ飛ばしてますからねえ。このペースを2番手で追いかけて、離されながら踏ん張ったホーキーポーキーが2戦目の未勝利戦で11秒7-12秒0。ふむ。
 ほかでは先週3戦目で初勝利を挙げたリキサントライが、ハナに立って12秒0-12秒3。ふむふむ。これら内枠勢に、11秒8-12秒3を差し切ったカイザーノヴァあたりも注目したいところ。さらには去年のタイセイビジョンのようなパターン(本場で勝利して2戦目で函館)で、レディステディゴーとグレイトミッションの6枠2頭も気にしておきたいですね。はーどうやって買おう。尻すぼみ気味の「2歳おじさん」、ここらで頑張っておきたいです。


 では、7月 18日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「週間ニューストピックス」
10:00頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「函館競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「函館競馬コーナー(2)」出演:小林正明(デイリースポーツ)
14:25頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


福島実況:山本直也(1R~6R)小屋敷彰吾(7R~12R)
進行:石原李夏、小林雅巳、木和田篤
パドック進行:小屋敷彰吾、石原李夏
函館実況:小塚歩(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「函館競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:中野雷太、加藤弘晃
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

全9件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]