「マル外ダービー」も今は昔... 5月10日(日)の放送予定 [番組情報] [中央競馬実況中継]
2020/05/09(土) 19:30

4月25日(土曜)から5月31日(日曜)までの中央競馬の開催等について
払戻有効期限の延長について(3月12日(木曜)発表)
平日払戻サービスの取りやめについて
指定席ネット予約発売における予約指定席の取扱いについて


 いや、今は昔どころか死語かもしれません。
 1996年に創設されたNHKマイルカップ、当初はクラシックを走るには距離が長いスプリンター~マイラーのほかに、クラシックの出走権がなかった(当時)外国産馬がこぞって出走していました。ちょうど競馬を覚え始めたころのことなのでよーく覚えてます。
 初年度はタイキフォーチュン-ツクバシンフォニーという決着。快速バンブーピノがかっ飛ばして(この馬は内国産)ハイペースになり、勝ちタイムは1分32秒6。コースレコードがオグリキャップの1分32秒4だったはずで、当時としては驚異的なタイムでした。3歳馬が春に、古馬GIのレコードに迫ったのですからね。


 NHKマイルカップ創設初年度からの、出走馬における外国産馬の割合と、内国産出走馬の最先着馬がこちら。
 1996 14/18 プラウドマン(9着)
 1997 12/18 ショウナンナンバー(3着)
 1998 13/17 エアジハード(8着)
 1999 10/18 マイネルタンゴ(5着)
 2000 11/18 ミスターサウスポー(4着)
 2001 4/18 サマーキャンドル(3着)
 2002 10/18 テレグノシス(1着)


 初年度は「内国産馬がこのレースを勝つのはいつのことになるやら...」なんて論調だったように記憶しています。ジャパンカップ創設当初みたいな感じですかね。2001年も外国産馬の出走がわずか4頭で「ついに内国産が勝利か」なんて言われていましたがクロフネが力の違いを見せました。
 第7回にしてテレグノシスが内国産馬として初勝利。ここから潮目がガラッとかわり、去年まで内国産馬が連勝を続けています(キングカメハメハは持込馬)。


 ないものねだりしちゃうんでしょうかね。それともあのころはピュアだったのか。「強い外国産馬キライ、内国産がんばれ」という気持ちが、いつしか「たまには強い外国産馬も見てみたいなあ」に変わりました。さて今年はというと...いない! マル外がいない! うーむ。強いマル外の登場は来年を待つことにしましょう。
 土曜日の東西メインレースで日本ダービーの出走馬が概ね固まりました。オークスダービーで出走の可能性がある外国産馬はダーリントンホールだけ。これまで外国産馬に開放されてからも、外国産馬のクラシック勝利はローブデコルテ(2007年オークス)ただ1頭。一世一代の激走で、歴史を塗り替えたりするかしら??


 では、5月 10日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
春の3歳重賞馬連 1月12日~5月30日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃 「パドック解説者 レース展望」
10:55頃 「メインレース展望」
12:20頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃 「日曜メインレース展望」
13:45頃 「今日のコラム」出演:恩田諭(スポーツ報知)
14:15頃 「パドック解説者 レース展望」
16:15頃 「来週の重賞展望」


東京実況:佐藤泉(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:大関隼、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:石原李夏
新潟実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
城谷豪(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:35頃 「特別レース展望」
13:35頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:40頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小塚歩、加藤弘晃
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります