今年の3頭はそれぞれ楽しみ! 2月23日(日)の放送予定 [番組情報] [中央競馬実況中継]
2020/02/22(土) 19:30

春の3歳重賞馬連 1月12日~5月30日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


【フェブラリーSの表彰式プレゼンターは 川口春奈さん ! 最終R終了後レース回顧も】
【去年のフェブラリーS優勝馬インティが描かれた アノラックパーカ が当たる抽選会実施】
【日曜小倉で 浜口京子さん トークショー、そして レジェンド競馬アナトークショー も!】


 そんなこんなでフェブラリーステークスであります。クリソベリルとゴールドドリームは遠くサウジアラビアに飛びましたが、残るトップホースたちも多士済々、なかなか興味深く難解なメンバーになりましたねえ。
 初ダートがいきなり重賞というパターンは嫌いたくなるものですがモズアスコットはあっさりクリア。去年の優勝馬インティもここはすんなりハナかなあ?なら力は出せそう。サンライズノヴァやアルクトスはやはりサウスポー、ここを待って使ってくるところに本気度感じます。ワイドファラオ、タイムフライヤーなど有力馬は枚挙に暇がなく、ケイティブレイブに騎乗する長岡禎仁騎手は自身初のGI騎乗ということで、これも頑張ってもらいたいところです。


 そして今年は地方馬が3頭出走してきました。ノンコノユメ、ミューチャリー、モジアナフレイバーであります。
 ノンコノユメ(大井)はご存知、一昨年の優勝馬。南関東に移籍してからも安定していて暮れの東京大賞典2着。ミューチャリー(船橋)は去年の羽田盃圧勝、東京ダービー2着、JDD3着。前走は川崎記念で僅差4着。3着なら高目だった...とか言っちゃいけませんね。
 モジアナフレイバー(大井)はマイルチャンピオンシップ南部杯4着、東京大賞典3着。3歳暮れに出走した東京大賞典は9着でしたが、徐々にビッグレースで中央馬との差を詰めて来ています。アタシが持ってる競馬新聞でも、それぞれにポツポツと印がついてます。中央のGIで(一昨年の京都JBCは置いといて)地方馬に印がつくなんて久しぶりじゃないかしら!?


 GI昇格後のフェブラリーSで、地方馬が同時に3頭出走したのは過去に3回あります。
 1997年(昇格初年度)
 マリンオーシャン(高崎)14着
 アカネタリヤ(大井)15着
 エフテーサッチ(浦和)16着
 2004年
 ミツアキタービン(笠松)4着
 トーシンブリザード(船橋)12着
 ハタノアドニス(大井)14着
 2008年
 アンパサンド(川崎)10着
 フジノウェーブ(大井)12着
 ビッググラス(大井)13着


 地方馬はフェブラリーSに延べ25頭出走し、1999年メイセイオペラ(岩手)が1着、2002年トーシンブリザードと2011年フリオーソ(船橋)が2着。今年の3頭はこの馬たちに続くことができるでしょうか。
 メイセイオペラはちょうどアタシの学生時代で、東京大賞典でアブクマポーロとのワンツーは現地で見ていた記憶がある。今調べたら3着コンサートボーイだから地方馬ワンツースリーだったんだなあ。この頃は地方勢もアツかった。


 地方所属馬が中央の重賞を勝ったのは18頭で20勝(コスモバルクが3勝)。このうち、ダートの重賞を勝った地方馬は何頭いるか分かりますか?
 答えは4頭。2歳戦とか、芝のレースを求めてとかで挑戦をしてくるわけで、ダートの強豪がそのままダート重賞を勝つケースが思いのほか少ない。前記メイセイオペラのほか、1997年東海Sを勝ったアブクマポーロ(船橋)、2002年ユニコーンSを勝ったヒミツヘイキ(船橋)、2003年東海Sを勝ったゴールドプルーフ(愛知)の4頭であります。


 メイセイオペラはアブクマポーロの2着だった東京大賞典からフェブラリーS制覇。トーシンブリザードは東京大賞典3着から、フリオーソは東京大賞典2着→川崎記念1着からフェブラリーS2着。今年はノンコノユメが東京大賞典2着、モジアナフレイバーが3着ですから資格ありなのでは!? この馬たちをどう馬券に絡めるか、明日の締め切り直前まで悩みたいと思います。
 

 では、2月 23日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃 「パドック解説者 レース展望」
10:55頃 「メインレース展望」
12:15頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃 「日曜メインレース展望」
13:45頃 「今日のコラム」出演:木南友輔(日刊スポーツ)
14:20頃 「パドック解説者 レース展望」
16:15頃 「来週の重賞展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:木和田篤、山本直也
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
10:20頃 「一般レースの狙い」
10:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:20頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:40頃 「特別レース展望」
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:10頃、14:45頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:米田元気、加藤弘晃、小屋敷彰吾
パドック進行:岡田麻紗巳
小倉実況:小林雅巳(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。