馬名と、馬番と、ジョッキー名と! 12月28日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/12/27(金) 21:00

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【中山に「新日本プロレスケイバ」 棚橋弘至選手、獣神サンダー・ライガー選手 登場!】
28日は 「JRAスーパープレミアム」! 中山・阪神全24レース、全式別の払戻率が80%に!


 28日まで競馬があると大変ですな。競馬の準備と年越す準備と同時進行でやらなあかん。年賀状は終わらせたけど大掃除はもう諦めの境地です。28日の開催は中央競馬ではここ2~3年の話ですが、地方競馬や他の公営競技に関係される方々は毎年のことなんでしょうね......。
 さてアタシは初めて28日の実況担当になりました。今まで香港のオフチューブで実況納めしていた頃を考えると、今年は随分と遅くまで実況しているものだなあと。そしてアタシに回ってきてしまいました。


 ヤングジョッキーズシリーズっっっ!!!


 ジョッキーが競う系のシリーズものはね、実況するの難しいけど面白いんですよ。これまでWASJを(旧WSJS含め)3回担当しましたかね。ファンの頃から好きで、一度は実況をやってみたいレースだったんですよ。亡くなった広瀬アナが歯切れよくポンポンと外国人騎手の名前を実況していて、ああすげえなあ、って思ってた。
 いざ自分が担当する段になると、慣れていないからかもしれませんが馬名と騎手とがうまく結びつかない。初めて阪神でやった2011年は苦労した記憶があります。へたっぴーだったしね。そんななかで、それなりに実況できたのが(あくまでそれなりに、ですよ)、WSJSではありませんが2013年のホープフルジョッキーズですね。


 この2013年は日本ダービーが第80回ということで、レース名も例年のものとは違い過去の名馬の名前を冠したものに。そしていわゆる若手騎手競走が特別戦「ホープフルジョッキーズ」として第5レースに行われたのです。別に名前つけて実況してねって決まりじゃなかったと記憶していますけど、なにせダービーデーだしこっちのテンションも上がってるし、若手騎手にとっても晴れ舞台だろうし、名前込みで実況してみたのでした。
 

 ヤングジョッキーズシリーズは今年で3回目。一昨年は臼井健太郎騎手(船橋)、去年は櫻井光輔騎手(川崎)が優勝。今年も27日に行われた大井ラウンドを終えて、トップは松木大地騎手(兵庫)、2位は岩本怜騎手(岩手)。地方勢の3年連続優勝か、JRA勢の逆転か。残り2クラは明日の中山7Rと9Rです。お楽しみに!
 そうそう、このシリーズに出場している兵庫の石堂響騎手。実況もしちゃう騎手としてお馴染みですね。今年の夏に収録でお会いしたときに「ヤングジョッキーズシリーズ、絶対出たいんです」と。「中山で騎乗してみたいし、何より本馬場入場で名前を呼ばれたいんです!」と。さすがの実況ファンぶり、熱い思いを直接伺ってから本戦出場を願っておりました。明日の2クラ、中山で存分に暴れてください! あ、そういえば「雷太さんに本馬場入場やって欲しい」って言ってたけど、今回小塚なのでして。がんばりますんで何卒。
 

 では、12月 28日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>

9:45頃 「週間ニューストピックス」
10:15頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
12:00頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:30頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:00頃 「土曜メインレース展望」
13:35頃 「今週の注目数字」
14:05頃 「パドック解説者 レース展望」
14:35頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:15頃 「新年の重賞展望」


中山実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:小島友実、大関隼、佐藤泉
パドック進行:木和田篤、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「特別レース展望」
12:45頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:50頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃 「今年の競馬を振り返って」


阪神実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、米田元気
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

有馬記念デーの"時間"あれこれ。 12月22日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/12/21(土) 21:30

「有馬記念ウィーク馬連」 21日土曜、22日日曜の中山・阪神全レースの馬連が5%UP!


【有馬記念のゲストは 葵わかなさん ! 生ファンファーレは 海上自衛隊東京音楽隊 が演奏】
有馬記念×KISSスペシャルキャンペーン 阪神競馬場もジーン・シモンズも70年(歳)!】


 まずは番組から大事なお知らせ。
 22日(日)のラジオNIKKEI第1「中央競馬実況中継」は、放送時間を30分繰り上げて午前9時放送開始です!


 去年から有馬記念当日の中山1Rが9時35分スタートに早まりましたのでね。ウチの中継も時間が早まるってわけです。中継が早まると当然スタッフの放送席集合も、打ち合わせも30分ずつ早まりますからね。暮れの寒い時季の30分は大きいですわね。暗いし、寒いし。
 そうそう、アタシ去年は現場でした。12年ぶりに。


<小塚の有馬記念週の勤務実態>
 2006 中山
 2007~2009 中京
 2010~2012 阪神
 2013 本社引っ越し要員
 2014 休み
 2015~2017 都内某スタジオ
 2018 中山
 2019 都内某スタジオ ←New!!


 きょう某スタジオでとあるスタッフのお姉様に「現場行かなくていいの?毎年現場行ってたでしょ?」って言われましたけど、いや全然行ってないっす。むしろスタジオ来てる年の方が多いっす。まあそれはいいんですけど。
 去年の開門直後はこんな感じでした↓


 タイムスタンプをみると午前7時43分。去年の開門は7時半だったという記事が出てきたので、開門から13分後ですね。入ってますねえ! 今年はもっと入るのかしら。


 そういえば、1レースの発走時刻が若干繰り上がっても、開門時刻は変わらないんですね。まあ7時半より早まることはないか。
 前にも書いたかもしれませんけど、開門ダッシュで競馬場に入って、位置を確保してから1レースまでの間がたまらなくワクワクするんです。キラキラした冬の朝日を浴びながら、ターフビジョンで過去の有馬記念の映像を見ると黙ってても高まってくる。
 ただし、超寒いんす。スタンドの石畳にちょっと敷物敷いたところで、底冷えがむちゃくちゃ厳しいんです。7時半開門→9時50分に第1レースとすると2時間20分。これが多少でも発走が繰り上がれば、寒い思いをする時間も短くて済む、ってことかしら。


 某スタジオではきょう、「有馬記念って昔は第9レースでやってたよね」って話になりまして。ああそうそう、確かにそうだったけどいつまでそうだったっけ。ふなやまパイセンは「9レースの有馬記念実況したことあるんじゃないかなあ」と。ざっと調べてみたら1988年から2007年までは中山第9レースが有馬記念だった。あら、ふなやまパイセンの初有馬記念実況の年ではないですか。
 この2007年の成績を見ると、第1レースは9時50分で普段と変わらず、第2レース→10時25分、第3レース→11時、というふうに朝からレース間隔が35分と長め。昼休み明けの第5レースが12時25分、そこから第6レース→13時05分、第7レース→13時50分。この時間帯でインターバル45分も取ってたのか。ずいぶんゆったりしているなあ。
 当時はまだ現金投票が主だったからなのかな。場内混んでたもんなあ。レースの直前にはゴール前の人垣がうねってた。干支が一周りして、最近は投票手段も多様化したから締め切りで買いそびれる人も減って、レース間隔を若干縮めても大丈夫、ってことなんでしょうかね。で、2008年から一昨年までの有馬記念デーは1日11レース制。去年からは第1レースを前に倒して12レース制に。まあ、この日はレースやれば売れるでしょうしなあ。
 

 ということで有馬記念。アタシは今年は(今年も?)現地ではありませんが、皆さんと一緒に楽しみたいと思っておりますです。本命は決まりましたか? まだという方はラジオNIKKEI聴いて、ギリギリまで迷って決めてくださいね。よい有馬記念を! グッドラック。


 では、12月 22日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
小山昇(経営コンサルタント)


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:05頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
9:25頃 「パドック解説者 メインレース予想」
9:55頃 「パドック解説者 レース展望」
10:25頃 「メインレース展望」
12:15頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:45頃 「日曜メインレース展望」
13:15頃 「今日のコラム」出演:梅崎晴光(スポーツニッポン)
13:50頃 「パドック解説者 レース展望」
14:55頃、15:15頃 ゲスト登場(小山昇さん)
16:15頃 「来週の重賞展望」


中山実況:山本直(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、木和田篤、大関隼、佐藤泉
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
城谷豪(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「一般レースの狙い」
10:10頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃 「日曜メインレース展望」
12:00頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
13:35頃 「解説者 今日の狙い目」
14:10頃、14:50頃 「メインレース展望」
16:15頃 「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

仕事の相棒には愛着を持って。 12月21日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/12/20(金) 19:30
☆21日(土)夕方5時40分から「いよいよグランプリ!有馬記念前夜祭」オンエア!☆
☆ハッシュタグ #ラジニケ有馬 でツイートお待ちしています☆


【有馬記念のゲストは 葵わかなさん ! 生ファンファーレは 海上自衛隊東京音楽隊 が演奏】
有馬記念×KISSスペシャルキャンペーン 阪神競馬場もジーン・シモンズも70年(歳)!】
「有馬記念ウィーク馬連」 21日土曜、22日日曜の中山・阪神全レースの馬連が5%UP!


 みなさんそろそろWindows 7のサポート終了の時期ですよ。アタシも会社のデスクのノートパソコンがWindows 10機に入れ替わりました。なんですが......


 必要なアプリケーションはインストールしてもらったけど、それぞれの設定をイチからまたやり直しに。これまでのパソコンは4年くらい使っていたのかな? 少しずつ設定を自分好みにしていって、普段の作業が捗るようにしていたのでありますが。メールの署名とか、ワードのフォントとか、変換のユーザー辞書とか。
 フォントは特にめんどくさいポイントの一つですよね。Office系はデフォルトが「游ゴシック」。人それぞれの好みもありましょうけど、アタシ好きじゃないんですよね。普通のMSPゴシックで十分。なので、メールソフトの設定変えて、ワードとエクセルの設定変えて。とかなんとかやっていたら、それなりに使いやすくなるまでに午前中いっぱいを費やしたり。このまま使っていけば馴染んでくるかな。


 パソコンは会社で仕事するときの相棒ですが、競馬場ではこれ↓


 双眼鏡でありますね。長いことアタシの相棒を務めてくれています。2007年の初頭に買ったはずですからもう12年選手。まもなく13年? 野球選手ならFA権とってますわ。FAされたら困っちゃうけど。
 今年もコイツと一緒にたくさん実況しました。全国各地、海外まで一緒ですよ。今年はJRA10場に帯広、香港、ドバイ、イギリス。かつては南関4場も(←浦和は取材したことあるけど実況したことはない)、フランスもオーストラリアも一緒だった。酸いも甘いもこの双眼鏡と一緒に味わいました。それだけに愛着があります。
 そろそろオーバーホールに出したいところなんですが、今年は年末まで実況がありますのでね。どうしたものか。来年またきっとコイツとともに海外行くでしょうからね。というか、行きたい。オーバーホールも安くないからなあ。有馬記念ウィーク馬連でガツンと勝負しますかね?


 では、12月 21日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>

9:45頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
11:05頃 ゲスト・加藤みどりさん登場!
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:25頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
12:55頃 「土曜メインレース展望」
13:25頃 「今週の注目数字」
13:55頃 「パドック解説者 レース展望」
14:35頃、16:10頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


中山実況:小屋敷彰吾(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉、小林雅巳
パドック進行:木和田篤、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:20頃 「土曜メインレース展望」
11:20頃 「週の中間の話題から」
11:40頃 「日曜重賞レース展望」
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:山本直也、加藤弘晃、檜川彰人
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

もう「一昔前」になるんですなあ。 12月15日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/12/14(土) 19:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【朝日杯FSのゲストは 草刈正雄さん 最終R終了後トークショー。カッコいい。憧れます】
【ラジオNIKKEI第2の中継ではお昼にゲスト登場! SKE48の熊崎晴香さん、鎌田菜月さん】
【中山競馬場の クリスマスイルミネーション 来週日曜、22日まで。今年もキレイですよ~】


 10年一昔とよく言いますね。ということは、アレはもう"一昔前"のことになるわけですなあ。大変個人的なことで、皆さんにとっては特にどーでもいいことではあるとは思いますが。


 アタシ、初めてGIレース実況してから10年なんす。2009年の朝日杯フューチュリティステークス。当時は中山で行われてました。丸10年かあ。はー、あれからもう10年も経つのか...。あのころよりはちょっとでも実況うまくなっただろうか。当時の実況なんてへたっぴー過ぎて恥ずかしくて聞けません。
 とかいいながら、当時のことをあんまり覚えてないんですよ。寒かったのは覚えてる。天気まずまず良かったのも覚えてる。でも不思議なもので(?)レース内容はほっとんど覚えてない。ローズキングダムが勝ったことは覚えてる。でも2着がエイシンアポロンであれ?ってなった。そうだったか。そしてこの2頭が道中どうやって競馬してたかとか、どんなふうに抜け出してきたか、とか覚えてない。


 当時のレース結果をJBISのサイトで確認しました。
 2009年12月20日(日)5回中山6日11R 朝日杯フューチュリティS


 ああ、少しずつ思い出してきたぞ。そうそうダイワバーバリアンが3着。トーセンファントムが3番人気だったのか。ガルボはここから息長く活躍したなあ。ダッシャーゴーゴーもその後何度も実況した。懐かしい名前が並んでる。
 当時は無我夢中でしたなあ。気づいたらファンファーレが鳴って、気づいたらゲートが開いて、気づいたら馬群が4コーナーにいた、そんな感じ。ああしようこうしようといくらかは考えていたものの、そんなことなんかできやしない。気づいたらゴールを迎えていましたよ。
 

 今年の担当は山本直アナ。彼は来年から大阪支社で勤務します。アタシも朝日杯での初GI実況が餞別のようなもので、直後の2月から大阪勤務となりました。直アナと同じ30歳での転勤でしたが、彼はもういくつもGIを実況しての転勤。アタシはGIひとつだけ。まーデキも悪かったし、上も詰まってましたしね...(遠い目)
 てなわけで、これから大阪でさらなる飛躍を期す山本直アナの本社ラストGI実況をじっくりと堪能していただきたいと思うのであります。そしてアタシも「一昔前」の気持ちを思い出して、初心忘るべからずでまたあしたから頑張りたいな、と。
 

 では、12月 15日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:35頃 「パドック解説者 メインレース予想」
11:05頃 「パドック解説者 レース展望」
11:25頃 「メインレース展望」
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃 「日曜メインレース展望」
13:25頃 「今日のコラム」出演:大上賢一郎(スポーツ報知)
13:55頃 「パドック解説者 レース展望」
16:10頃 「来週の重賞展望」


中山実況:小屋敷彰吾(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:小塚歩、山本直也
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<ゲスト>
熊崎晴香(SKE48)
鎌田菜月(SKE48)


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
浜口和也(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃 「一般レースの狙い」
10:30頃 「日曜メインレース展望」
11:45頃ごろ 熊崎晴香さん、鎌田菜月さん登場!
12:50頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
13:50頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃、14:55頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:大関隼(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

日英で女性騎手が注目を集めました。 12月14日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/12/13(金) 19:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【朝日杯FSのゲストは 草刈正雄さん 最終R終了後トークショー。カッコいい。憧れます】
【中京に金の雨が降る! オカダ・カズチカ選手 来場! トークショー&11Rプレゼンター】
【中山競馬場の クリスマスイルミネーション 来週日曜、22日まで。今年もキレイですよ~】


 先週日曜、香港にいながら日本のレースはちょくちょくチェックしていました。
 例年も、例年と発走時刻が変わった今年も、香港ヴァーズと香港スプリントはJRAのレースと同時発走なので見られないレースが発生します。特に阪神JF。今年も中山のカペラSと香港スプリントが同時発走の予定だったので、本来であれば生で見られないはずでした。
 (放送席でグリーンチャンネルの映像が見られるようにしてくれていたりします)


 ところが今年は、国際競走4レース全てが急遽5分繰り下げに。たぶん早い時間に行われていた騎手紹介セレモニーが押したからだと思いますが。このおかげでカペラS→15:20、香港スプリント→15:25(日本時間)となって、実況の準備をしながらカペラSを横目で観ていたのです。


 おお、コパノキッキング完勝! 藤田菜七子JがJRAの重賞を勝った!


 香港での日本馬の活躍も、レコードタイムでの圧"逃"劇もあった先週末ですが、それに勝るとも劣らない快挙、ニュースでありました。実際に某競馬週刊誌の表紙は菜七子Jでしたしね。素人目にも自信を持って騎乗していたように見えました。ギルデッドエージのロシェル・ロケット騎手以来のJRA女性騎手重賞勝ち。おめでとうございます!


 海の向こうイギリスでは、こんなニュースもありました。
 ホリー・ドイル騎手、英国の女性騎手の年間最多勝記録を更新(ジャパン・スタッドブック・インターナショナルのサイトより)
 ホリー・ドイル騎手がイギリスの女性騎手年間最多勝記録を塗り替える107勝目をマークしたそうです。これまでの記録は2017年にジョセフィン・ゴードン騎手が記録した106勝。それまでは日本でも勝利したヘイリー・ターナー騎手が記録を持っていたとのことです。


 ターナー騎手が女性騎手として初めて年間100勝を達成したのが2008年とのことで、そこから11年で追随する後輩女性騎手がどんどん伸びてきたということなのでしょう。そう考えると、ドイル騎手やゴードン騎手の記録に拍手を贈りつつ、ターナー騎手の功績にも敬意を払わなければいけませんね。
 藤田菜七子騎手もゆくゆくはターナー騎手のような存在となっていくのでしょう。競馬学校にいる女の子たちは刺激になっただろうな~!


 地方競馬では、女性騎手によるシリーズ「LVRレディスヴィクトリーラウンド2020」の開催概要が発表されました。
 愛知で活躍する宮下瞳騎手、木之前葵騎手に、復活を遂げた岩永千明騎手(佐賀)。そして今年デビューした関本玲花(岩手)、中島良美(浦和)、濱尚美(高知)の新人騎手3人を加えて6人によるシリーズになるとのこと。前回は宮下騎手と木之前騎手に、高知の別府真衣騎手(今回は残念ながら不参加)の3人によるシリーズでしたから、今回は人数的にも賑やかに華やかになりましたね! そして今回も帯広競馬場で、ばんえいの竹ヶ原摩耶騎手を交えたエキシビションレースも行われるそうです。
 

 この1周間は日本と海外で女性騎手の話題が多い1週間でした。そして藤田菜七子騎手はJRA+地方交流競走を合わせた100勝まであとひとつとしています。もう少しで減量マークが3キロ減の▲(くろさんかく)から2キロ減の◇(だいや)に変わります。初めて新聞に◇の記号が載るのも、話題になるかなあー?


 では、12月 14日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>

9:45頃 「週間ニューストピックス」
10:10頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:40頃 「特別レース展望」
12:00頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:35頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:05頃 「土曜メインレース展望」
13:35頃 「今週の注目数字」
14:05頃 「パドック解説者 レース展望」
14:40頃、16:10頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


中山実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:稲葉弥生、佐藤泉
パドック進行:木和田篤、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:40頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:05頃 「一般レースの狙い」
10:35頃 「土曜メインレース展望」
11:05頃 「週の中間の話題から」
11:50頃 「日曜重賞レース展望」
13:00頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
14:00頃 「解説者 今日の狙い目」
14:30頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:山本直(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:中野雷太、加藤弘晃、山本直
パドック進行:髙田洋子
中京実況:檜川彰人(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全7件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]