海外レースの「遠征馬」ってどんなもん? 11月23日(土)の放送予定 [番組情報] [中央競馬実況中継]
2019/11/22(金) 23:00

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【JC当日はディープインパクトメモリアルデー。全R終了後 池江泰郎元調教師 トークショー】
【東京競馬場に期間限定 「ジャパンカップガーデン」 世界のワインを集めたワインフェスも】
【秋の 東京メガグルメフェスティバル もいよいよラスト。悔いのないように、食べ納めを!】


 きょうはとあるパーチーに出席しておりましてね。末席に。代理で。なのでこんな時間になりまして。
 パーチーで隣に座ってた某局の某アナと「やっぱり外国馬がいないと寂しい」みたいな話をしておりました。まあここのところはジャパンカップの話題になるとこうなりますね。今更言っても仕方のないことですが。


 今週になり、香港国際競走の出走馬が香港ジョッキークラブから発表されました。ジャパンCと何かと対比される香港国際競走でありますが、日本に外国馬が来ない年に香港にはどのくらい外国馬がやってくるのか。11月21日現在の、日本馬以外の外国馬がこちら。


<香港ヴァーズ> アスペター(英)、ヤングラスカル(英)、コールドトゥザバー(仏)、プリンスオブアラン(英)、トゥルーセルフ(愛)、アンソニーヴァンダイク(愛)、マウントエベレスト(愛)
<香港スプリント> インハータイム(豪)
<香港マイル> ザーキ(英)、サーカスマキシマス(愛)
<香港カップ> マジカル(愛)、マジックワンド(愛)、エディザ(仏)


 この中でビッグネームはG1・4勝のマジカル。ただし米ブリーダーズカップターフ出走を目指すも熱発のため回避し引退と報じられていました。急転直下の出走となればアーモンドアイの強力なライバルとなりそうですが、出走はしないとのこと。セントジェームズパレスSで今年の欧州最優秀3歳牡馬トゥーダーンホットを負かしたサーカスマキシマスも、同様に不出走とのこと。
 G1馬は先日のマッキノンSで悲願の初制覇を果たしたマジックワンド姐さんと、英ダービー馬アンソニーヴァンダイク、オーストラリアで短距離G1を勝っているインハータイム、ドイツのオイロパ賞を勝ったアスペター。これを多いとみるか、少ないとみるか。勝機ありの出走なのかどうなのか。スプリントやマイルは地元勢が強いこともあって日本以外の遠征馬は少なめですよね。一方のヴァーズは、エグザルタントという香港の大将格がいながらこのメンツ。色気ありなんでしょうかね。


 まあ、それぞれの陣営の"熱量"みたいなものはなかなか推し量れませんから何とも言えませんが。


 だからつまり何が言いたいかというと、ジャパンCも「勝負にならない外国馬ばかり」という意見が聞かれたりするわけですが、他国のG1だって好勝負必至な高実績馬はなかなか遠征しないってことなんじゃないかと。
 今月15日に発表された最新のワールドベストレースホースランキング、上位10頭の今年の成績を調べると、ほぼ自国(欧州馬は欧州各国)以外での出走がほぼありません。リストを上からみていくと、11位アーモンドアイのドバイ遠征と、同じく11位サンタアナレーン(豪)の香港遠征がようやく出てきました。去年だとエネイブルがアメリカ遠征していたりするので、一概には言えませんが...。


 結論。
 海外の超一流はなかなか遠征しない! 無いものねだりをするより、今目の前にあるレースを楽しもうではありませんか! 馬券的妙味はたっぷりありそうですしね。雨模様で馬場状態も読みづらいですから、ここから日曜午後までじっくり検討しようじゃありませんか!


 では、11月 23日(土・勤労感謝の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
吉田幹太(競馬ブック)
能勢俊介
丸山一樹(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>

9:45頃 「週間ニューストピックス」
10:10頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:40頃 「特別レース展望」
11:10頃 ゲスト・加藤みどりさん登場
12:05頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:30頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:00頃 「土曜メインレース展望」
13:30頃 「今週の注目数字」
14:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「あすの重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小島友実、小塚歩、佐藤泉
パドック進行:山本直、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:45頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:大関隼(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:髙田洋子、米田元気、岡田麻紗巳
パドック進行:岡田麻紗巳、髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。