GI馬がたくさん。それだけで華やか! 10月27日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/10/26(土) 19:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【天皇賞(秋)のゲストは 高畑充希さん ! 表彰式プレゼンター&最終R終了後トークショー】
【新潟は今年の開催の最終週。日曜最終レース終了後は、みんなだいすき 馬場開放 !】


 今年の天皇賞(秋)は、GI馬が10頭も出走します。かつて、一つのレースにこれだけのGI馬が出走したことがあったでしょうか? かつてのジャパンカップではあったでしょうか(海外招待馬の多くがG1勝ち馬だったり)。
 アーモンドアイ(牝馬三冠、ジャパンカップ、ドバイターフ)
 アエロリット(NHKマイルC)
 アルアイン(大阪杯、皐月賞)
 ウインブライト(QE2)
 ケイアイノーテック(NHKマイルC)
 サートゥルナーリア(皐月賞、ホープフルS)
 スワーヴリチャード(大阪杯)
 ダノンプレミアム(朝日杯FS)
 マカヒキ(日本ダービー)
 ワグネリアン(日本ダービー)


 ほかにGI馬多頭出しのレースを調べたいんですが手元に資料がない。
 アタシの記憶に残っている「GI馬がたくさん出てきてテンション上がったGI」は、1996年の有馬記念ですね。キャーもう23年も前なの!
 1着サクラローレル(天皇賞春)
 5着ヒシアマゾン(エリザベス女王杯)
 6着ダンスパートナー(オークス、エリザベス女王杯)
 7着マヤノトップガン(菊花賞、有馬記念、宝塚記念)
 9着ホクトベガ(エリザベス女王杯)
 10着ファビラスラフイン(秋華賞)
 11着タイキフォーチュン(NHKマイルC)
 13着エルウェーウィン(朝日杯3歳S)
 14着ジェニュイン(皐月賞、マイルCS)

 (※追記訂正...2着マーベラスサンデーの宝塚記念制覇はこの翌年でした)
 14頭立てでこれですからね。エルウェーウィンはだいぶ前のGI勝ちですが、それ以外は当年のGI勝ちという馬が多かった。そしてこの有馬記念を盛り上げたのは「砂の女王」ホクトベガの参戦でしたよね。
 芝のGI馬であり、後にダートに転じて交流では負け無しの快進撃。ダート重賞7連勝を飾ったあとに久しぶりに芝のGIを使ってエリザベス女王杯4着、浦和記念を勝ったあとに再び芝のGIに出走し有馬記念9着。アグネスデジタルと並んで、こんなローテーションで古馬トップGIに挑む馬はそう出てこないしょうね。


 このとき勝ったサクラローレルは連勝でGI制覇を果たしたあと、大本命で出走したGIで3着と敗れ、巻き返して強さを見せたもの。お、今年のあの牝馬の立場にどこか似ているような...。金曜は全国的にかなりの雨が降りました。馬場の状態も気にしながら、錚々たるスターホースの競演を楽しむことにいたしましょう。
 

 では、10月 27日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:55頃 「パドック解説者 レース展望」
11:25頃 「メインレース展望」
12:15頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃 「日曜メインレース展望」
13:40頃 「今日のコラム」出演:板津雄志(サンケイスポーツ)
14:15頃 「パドック解説者 レース展望」
16:15頃 「来週の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:佐藤泉、中野雷太
パドック進行:小島友実
新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:40頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:10頃 「メインレース展望」
11:30頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:30頃 「特別レース展望」
13:30頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:40頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

「ベイビー・シャーク」とはなんぞや? 10月26日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/10/25(金) 19:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【天皇賞(秋)のゲストは 高畑充希さん ! 表彰式プレゼンター&最終R終了後トークショー】
【新潟は今年の開催の最終週。日曜最終レース終了後は、みんなだいすき 馬場開放 !】


 きょうも競馬とは直接関係のないネタでお茶を濁します。そらあ、推しチームがワールドシリーズを戦っているのだからこればかりは勘弁願いたい。日本シリーズ? やってましたっけ。
 我らがワシントン・ナショナルズがヒューストン・アストロズ相手に2連勝! しかも敵地ミニッツメイド・パークで、どちらも好投手コールとバーランダーを打ち崩してのもの。はぁー快感。この試合のリプレイを観るだけで、向こう1年は旨い酒が飲めそうであります。
 日本時間の明日朝からはホームのナショナルズ・パークに舞台を移しての第3戦であります。今年のシーズン前半は閑古鳥が鳴いていたスタンドも、球場初のワールドシリーズ開催におそらくファンで埋め尽くされることでありましょう。


 その、スタンドを埋めるナショナルズファンが、おそらく一番楽しみにしているのがこのシーンだと思われます。


 ジェラルド・パーラ外野手が打席に立つ際に流れる出囃子(余談:英語ではwalk up musicとかwalk up songsとか表記するんですね)が「ベイビー・シャーク」という曲でありまして。この曲に合わせてファンが上下に手を叩くパフォーマンスをします。普通の拍手は左右方向ですが、手を前に伸ばして上下に叩きます。
 この出囃子が球場に一体感をもたらしているみたいなんです。選手たちも(パーラ選手以外も)ヒットが出ると塁上の選手もベンチの選手もこのパフォーマンス。今のナショナルズはとてもベンチのムードが良さそうで、それに一役買っているのが「ベイビー・シャーク」というわけ。
 日本のプロ野球でも、西武の森友哉捕手がこの曲で打席に入ります。メットライフドームみんなで同じパフォーマンスをします。アタシも今年2試合ほど観戦して周りのファンと一緒にやりました。うん、とっても楽しかった!


 ではこの「ベイビー・シャーク」とはなんぞや? という話なのですが。
 グーグル先生にお伺いしたところ、欧米に昔からある古い童謡であったと。それをポップにアレンジしてダンスの振り付けをあわせて動画サイトに公開したところ、ブームになったというのです。多言語で展開されているようですが、英語版の再生回数はなんと36億回だとか! へえー。確かに耳に残るし小さいお子さんは好きそう、ハマりそうな感じはする。
 珍しくYouTube動画を埋め込んでみました。うまくできるかしら↓



 最近でこれだけ、球場に一体感を作り出す出囃子って他にあったでしょうかね。日本だと稲葉篤紀選手の「ボーン・トゥ・ラブ・ユー」からの稲葉ジャンプぐらいか。あの頃の日本ハムは強かったもんなあ。球場一体となった応援に後押しされた部分もあったように思えますな。
 ワールドシリーズ第3戦はちょうど土曜競馬の真っ最中。速報をチラチラと気にしながら仕事したいと思います。


 では、10月 26日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
能勢俊介
丸山一樹(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:40頃 「特別レース展望」
11:55頃 「コックスプレート展望」出演:成田幸穂(サラブレッド血統センター)
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:00頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:30頃 「土曜メインレース展望」
14:00頃 「今週の注目数字」
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
14:55頃 コックスプレートを中継
15:40頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:35頃 「あすの重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:石原李夏、佐藤泉
パドック進行:稲葉弥生、石原李夏
新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:米田元気、岡田麻紗巳
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

こんな記録、これから生まれるだろうか? 10月21日(月)の放送予定 [番組情報]
2019/10/20(日) 19:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


 武豊騎手、菊花賞制覇おめでとうございます!
 50歳7ヶ月6日での菊花賞制覇。1940年(昭和15年)テツザクラの伊藤勝吉騎手が記録した48歳9ヶ月23日の菊花賞最年長優勝記録を塗り替えました。79年ぶりの記録更新であります。
 

 先日弊ブログでこういう記事を書きました。
 古い記録だけど、破れなくはない記録。 9月8日(日)の放送予定
 ソフトバンク千賀滉大投手が、球団として76年ぶりのノーヒットノーランを達成したネタでありました。まさか本当に、武豊騎手が79年ぶりの記録を作るとは!


 記録づくめであります。
 ・50歳代最初のGI勝ち。岡部幸雄騎手、安藤勝己騎手、横山典弘騎手に続く4人目の「50代GIジョッキー」
 ・昭和、平成、令和と3元号でのGI勝ち
 ・ディープインパクトとワールドプレミアの父子菊花賞制覇、その両方に騎乗
 ・菊花賞最年少勝利(19歳7ヶ月23日)と最年長勝利記録(50歳7ヶ月6日)の両方を保持
 ・菊花賞最多勝を更新(5勝)
 

 自身初のGI勝利となったスーパークリークの菊花賞から31年。最年少と最年長の記録を同時に持つなんて、これから生まれることは有るでしょうかね。それほどの記録だと思います。またね、レースぶりもさすがの導きでしたよね。中団インから最後も内が開くのを待って抜け出すという。「いつの間に!?」という感じでした。
 もちろん、大一番で渾身の仕上げを見せた友道厩舎も、それに応えたワールドプレミアも見事でありました。馬券はヤラれましたが、凄いものを見たという菊花賞でした。さ、東京競馬は明日もあります。頑張りましょう!


 では、10月 21日(月) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
今野光成(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「土曜・日曜重賞プレイバック」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:20頃 「コーフィールドカップ プレイバック」
13:50頃 「日曜メインレース展望」
14:20頃 「パドック解説者 レース展望」
16:10頃 「来週の重賞レース展望」


東京実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直也
パドック進行:木和田篤、石原李夏

※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ブレイブブロッサムズ。いい響き。 10月20日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/10/19(土) 19:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【菊花賞当日の京都競馬場に 柳楽優弥さん 来場! 表彰式プレゼンター&トークショー】
【京都競馬場で行われる 「関西ラーメンダービー」 今週は店舗を入れ替えて"第2レース"!】
【あの名馬のエピソードも!? カリスマ装蹄師・西内荘さん トークショーを日曜東京で】


 もう先週の日曜のことになるんですね。


 実はアタシ、スコットランド戦観ていないんですよ。当然気にはしていたんですけどね。先週日曜の夜は秋華賞直後ということで、体がお酒を欲していたので←
 それでも飲み会メンバーは皆、ラグビーを気にしながら飲んでいました。テキスト速報を眺めながら一喜一憂。「トライ4つ決めたからもう予選通過は大丈夫だね!」なんて言いながら。日本代表おめでとうございます!


 明日はいよいよベスト8の南アフリカ戦。舞台は東京競馬場のお隣さん的な味の素スタジアムであります。これ明日の府中はどうなっちまうんでしょうかね?? ラグビーの街府中ではパブリックビューイングが予定されておりまして。
 10月19日・20日のラグビーワールドカップ2019(TM)のパブリックビューイングについて(府中市ホームページ)
 旧甲州街道とフォーリスが地図に書かれているということは...ははあ駅近くのあそこのあたりか。キックオフが19時15分とのこと、アタシたち府中から帰るのはその2時間前くらい。その頃から集まり始めるよなあ。駅も電車も大混雑だろうなあ。まあしかし競馬と世界的スポーツイベントが同じ街で行われることなんて滅多に無いから...来年札幌でもありそうだけどね。


 日本代表の愛称「ブレイブブロッサムズ」っていいですよね。日本代表が勇敢な戦いで花を開かせる様をピッタリと言い表しているように感じます。これはもっと定着してほしいなあ。一般的にはかなり定着していると思われる「侍ジャパン」よりも、響きでいったらこっちのほうが良く感じません??
 

 アタシ正直、ラグビーはそこまで詳しくありませんで。4年前の弊ブログに書いてましたが、我が郷里青森は高校ラグビーがまずまず強いところでありましてね。イトコが(正確にはイトコのダンナさんが)花園に出場してるんですよ。年末年始は親戚一同でテレビにかじりついていたのを思い出します(当時から付き合ってた)。イトコは花園遠征中に腹膜炎になってしまいチームも敗戦。「だから早く盲腸切っておけば...」と言われてました。まあつまり、それなりにラグビーは身近にあったってことです。
 ですから、詳しくなくても楽しめている。そしてテレビ中継を観ていくうちに、ラグビーが面白い競技であることがどんどん分かってきた。どんなスポーツイベントもそうなんですけど、この盛り上がりが4年に一度しかないのはもったいない。もっと国内で継続的に盛り上がりが有るといいのに、なんて思います。


 ともかく、明日は競馬終わりで府中の飲み屋に行くのは難しいかな。さっさと帰ってテレビの前でブレイブブロッサムズを応援するとしましょうか!


 では、10月 20日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
今野光成(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:20頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃 「パドック解説者 レース展望」
11:20頃 「メインレース展望」
12:40頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:40頃 「日曜メインレース展望」
14:10頃 「パドック解説者 レース展望」
14:45頃 「今日のコラム」出演:坂本達洋(スポーツ報知)
16:30頃 「あすのメインレース展望」


東京実況:佐藤泉(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾、山本直
パドック進行:木和田篤、稲葉弥生
新潟実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:55頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:中野雷太(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

たまには優勝する喜びも! 10月19日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/10/18(金) 21:30

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


【菊花賞当日の京都競馬場に 柳楽優弥さん 来場! 表彰式プレゼンター&トークショー】
【京都競馬場で行われる 「関西ラーメンダービー」 今週は店舗を入れ替えて"第2レース"!】
【あの名馬のエピソードも!? カリスマ装蹄師・西内荘さん トークショーを日曜東京で】


 台風19号の被害の爪痕は、いまだ各地に残っています。被害に遭われた方に、改めて心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興を願います。
 先週日曜に中止になった東京競馬の代替競馬が21日(月)に行われるので、今週も我々は3日間開催であります。


 【お知らせ】10月21日(月)に代替競馬を中継!


 さて、束の間の休みにワシントンでは大一番が行われておりました。


 我らがワシントン・ナショナルズがリーグ優勝決定シリーズを制して、前身のモントリオール・エクスポズ時代も含めてチーム初のナショナルリーグ制覇! いやあ泣ける。最近とみに涙腺弱くなった。こないだもクロ現でロンドンブリッジ出てきて泣いたし(ディープインパクトと凱旋門賞の特集でした)。
 今年は最大で借金(負け越し)が12までいったんです。東地区はアトランタ・ブレーブスがずーっと好調で、こりゃ今年は無理かなと。先発投手が強力なのとは裏腹に、リリーフは投げれば投げるだけ点取られる感じ。シーズンが進んでも、リリーフ投手のチーム防御率は30チーム中29位でしたからね。ブービーですよ。
 それでも夏場から勝ち続けて、ワイルドカードでポストシーズン進出。ここもミルウォーキー・ブリュワーズ相手に8回まで2点ビハインドも逆転勝ち、ロサンゼルス・ドジャース相手の地区優勝決定シリーズも劇的勝利で勝ち上がりました。これって...日本で言う下剋上!?


 いやー、推しチームの優勝を喜ぶなんていつ以来だろうか。2005年の阪神タイガースのリーグ優勝以来じゃないだろうか。優勝する喜びも長いこと味わってないし、高配当的中の喜びも(ry


 アメリカンリーグの優勝チームが決まるのを待って、来週いよいよワールドシリーズ。相手はヒューストン・アストロズかニューヨーク・ヤンキースか。あー、正直、日本シリーズより断然こっちの方が楽しみですわw
 ワシントンDCが本拠地のチームは、ナショナルズ(野球)がリーグ優勝。キャピタルズ(アイスホッケー)が去年スタンレーカップ制覇、ミスティクス(女子バスケ)も先日優勝したし、ウィザーズ(男子バスケ)には八村塁選手がいますから注目度急上昇。あとは...。アメフトだな。レッドスキンズは今年1勝5敗。頑張れ...


 では、10月 19日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:40頃 「特別レース展望」
11:55頃 「コーフィールドカップ展望」出演:成田幸穂(サラブレッド血統センター)
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:00頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:30頃 「土曜メインレース展望」
14:00頃 「今週の注目数字」
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
15:15頃 コーフィールドカップを中継
15:40頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:35頃 「あすの重賞展望」


東京実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉
パドック進行:木和田篤、小島友実
新潟実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、髙田洋子、竹之上次男
パドック進行:竹之上次男、髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全11件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 次の5件 ]