早起きのプレッシャーたるや! 6月15日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/06/14(金) 19:30

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【日曜阪神に大御所登場! 浜村淳も宝塚も周年記念でありがとう スペシャルトークショー
【函館開幕! おばたのお兄さん&EXIT が盛り上げます「オープニングお笑いライブ」】


 先週はベルモントステークスの実況でありました。



 最後は意地でもマスターフェンサーの名前を言おうと考えていましたが、ゴール寸前は物凄い伸びでしたね。Trakusのデータによると最後の2ハロンはマスターフェンサーが25秒05で、次に速いのが2着タシトゥスの25秒22ですから今回も上がり最速。もう少し直線が...、ってのはそういうことです。


 さて。今回は久しぶりのアメリカ競馬の実況でした。ヌーヴォレコルトが遠征したブリーダーズカップ以来。あれが2016年だから2年半ぶりくらいですかね。
 アメリカ東海岸は時差が13時間ありますから、現地午後6時半過ぎのレースは日本時間だと翌朝7時半。つまり朝早いんです。ヌーヴォレコルトは日本時間の朝4時半とかだったから、前日はスタジオ近くに宿泊しましてね。起きさえすれば仕事はできる体制を整えたのですが。
 今回はビミョーに電車で間に合ってしまう時間。しかし入り時間を考えると始発で自宅を出ざるを得ない。始発に乗るとなると起きる時間はもっと早い。そのことを考えて前夜は早めに床についたのですが、よからぬ考えが頭の中を巡ってしまいます。


 もし、もし万が一寝坊したらどうしよう。何時までに起きればレースに間に合うかな。
 レースの5分前に到着して、息が上がったまま実況できるのか。
 もし間に合わない時間だったらどうしよう。タクシー飛ばそうか。
 どのぐらいで着くかな。そんな早朝にタクシー拾えるのか。
 ああどうしよう。もし穴開けたらどうしよう。誰も実況する人間がいなくなるぞ。
 ああ大澤キャスターが...っていやいや。穴開けたら二度と呼んでもらえないぞ。ああどうしよう(以下無限ループ)


 そんなわけで急に早起きがプレッシャーになりましてね。結果眠れなくなるという。何やってるんだか。結局、気が張っていたのかなんなのか、予定起床時間より30分も早く目が醒めましたとさ。


 基本的に早起きは苦手です。アラームは必ず時間をずらして2つ以上設定するし、スヌーズも必須。ちなみにアイフォーンのデフォルトのアラーム音が「ビクッ」て目覚める感じで大変よろしいのですが、妻によるとかなりうるさいとのこと。
 なので最近はユーミンの「中央フリーウェイ」を鳴らしてます。これが結構心地いい。しかもスヌーズで9分に1回鳴るもんだから。我が家では毎日がフリーウェイステークスです。


 では、6月 15日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:10頃 「函館競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「函館競馬コーナー(2)」出演:松田直樹(日刊スポーツ)
14:25頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「明日の重賞展望」


東京実況:小屋敷彰吾(1R~4R)山本直也(5R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小林雅巳、山本直也
パドック進行:山本直、稲葉弥生
函館実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:20頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃 「土曜メインレース展望」
11:20頃 「週の中間の話題から」
11:40頃 「日曜重賞レース展望」
12:10頃 「函館競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:佐藤泉、竹之上次男
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

うちの地元は47番目。 6月9日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/06/08(土) 19:00

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【日曜東京で 「競馬コンシェルジュ」トークショー ! 大野いとさんも登場されるそうです】
【阪神では土日両日 JRA×Hankyu Densha コラボ抽選会 各日先着1,500名参加できます】


 姉さん事件です。(←(c)高嶋政伸)



 コメダ珈琲が青森県初出店。喜ばしいことでありますな。アタシ甘いもんそんなに食べないんですが、きっと我が県民にも「シロノワール食べたい」と願っていた方も多かったことでしょう。いがったいがった。
 そのあとの一文。

「これにより全都道府県にコメダ珈琲店が~」
 青森、最後だったの! またしても!


 またしても、というのはですね。
 アタシが高校生の頃。もう20年ほど前ですな。市内の幹線道路沿いにローソンができたんです。おお、青い看板のコンビニば初めて見だなあ。なになにこれがあのローソンだが!名前聞いたことあるぞ。ついに青森さ出来たか。
 オープン翌日ぐらいでしたかねえ。テレビを見ているとコマーシャルで声高らかに


 「ローソンは全47都道府県出店を達成しました!」ええー最後だったの!


 このときの気持ちを思い出しましてね。
 青森は首都圏から陸続きでありながら遠いという地政学的問題なのか。流通には結構泣かされてましたよ。雑誌は発売日翌日にならないと入らなかったりね。ちょっとした格差を感じていたものだから、47番目と聞くとついに仲間入りできた嬉しさと、最後まで待たされた寂しさとで複雑なキモチになったりもします。
 

 セブンイレブンは2015年に全国46番目の出店(47番目は鳥取だったそう)。オープン前日には徹夜組が並んだと聞きます。青森初のコメダも賑わって欲しいところです。あ、ウインズはあるんですよ。ウインズ津軽。市街地からは結構遠いですけどね。


 では、6月 9日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
10:55頃 「メインレース展望」
12:20頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:小林正明(デイリースポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 狙いのレース」
16:15頃 「来週の重賞レース展望」


東京実況:小屋敷彰吾(1R~4R)佐藤泉(5R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:山本直也、小屋敷彰吾
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャーッ)!!」出演:藤村和彦
12:35頃 「特別レース展望」
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃、14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、小林雅巳
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

「両雄並び立たず」は本当か? 6月8日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/06/07(金) 19:30

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【日曜東京で 「競馬コンシェルジュ」トークショー ! 大野いとさんも登場されるそうです】
【阪神では土日両日 JRA×Hankyu Densha コラボ抽選会 各日先着1,500名参加できます】


 ま、アーモンドアイを「雄」とは言えないと思いますが。ニュアンスで汲み取ってください。
 先週の安田記念は2強対決で盛り上がっておりましたが、結果は4番人気インディチャンプが勝利。1番人気アーモンドアイは3着、2番人気ダノンプレミアムは16着。入線後下馬していましたが異状なしとのこと、また強い姿を見せてもらいたいものです。


 アーモンドアイの単勝は1.7倍、ダノンプレミアムは3.2倍でした。3番人気アエロリットの単勝が12.5倍ですから、オッズの上では2強対決と言えるでしょう。では、似たようなオッズだった過去のGIは「両雄並び立たず」だったのか?『2番人気の単勝が3.2倍以下だったGIレース』を調べてみました。


 直近では今年のフェブラリーS、インティ2.6倍-ゴールドドリーム3.0倍。結果はこの2頭のワンツー。あれ、並び立ってるやん。その前だと去年の天皇賞(秋)、スワーヴリチャード2.5倍-レイデオロ3.1倍。ここはレイデオロが勝ちスワーヴリチャードは10着。うむ。
 さらにその前は去年の中山GJ、オジュウチョウサン1.5倍-アップトゥデイト2.3倍。3番人気ニホンピロバロン14.1倍。おお、こないだの安田記念ぽいオッズ。結果はご存知の通りオジュウチョウサン1着、アップトゥデイト2着。ただオジュウの大差勝ちだったので"並び立った"と言えるかどうかは微妙ですが。


 『2番人気が単勝3.2倍以下』のGIレース直近10例で、人気2頭のワンツーは半分の5例。上記フェブラリーSと中山GJのほか、16年有馬記念(サトノダイヤモンド-キタサンブラック)、16年中山大障害(オジュウチョウサン-アップトゥデイト)、16年阪神JF(ソウルスターリング-リスグラシュー)が"並び立った"わけですな。


 1986年以降だと77レースありまして、人気2頭のワンツーが13レース。2000年代に4レース、90年代以前に4レース。タマモクロス(2.6倍)-オグリキャップ(2.1倍)の天皇賞(秋)や、グラスワンダー(2.8倍)-スペシャルウィーク(3.0倍)の有馬記念などが該当します。
 2016年以降の3年あまりで5レースあるわけですから、近年のほうが"両雄並び立つ"レースが増えているというわけですな。荒れるGIレースで高配当狙いもいいものですが、強い馬達が実力を遺憾なく発揮するレースも、もっとたくさん見たいですね。


 では、6月 8日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
安中貴史(競馬ブック)
能勢俊介
桧原正行(日刊競馬)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:40頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「明日の重賞展望」


東京実況:小屋敷彰吾(1R~4R)小塚歩(5R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、佐藤泉、小塚歩
パドック進行:山本直也、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「土曜メインレース展望」
11:15頃 「週の中間の話題から」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
12:35頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

フルゲート、結構割れますね。 6月2日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/06/01(土) 21:00

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【安田記念当日は 中川大志さん 東京競馬場に来場! 表彰式プレゼンター&トークショー】
【東京競馬場の内馬場では、まだまだ続く メガグルメフェスティバル 今週はアジアンフェス】
【阪神では日曜に サンクスホースデイズ 日曜最終R終了後に和田Jのトークショーも】


 競馬コンシェルジュを観ながら一杯やりつつブログ更新。いやあお休みなものですみません。働き方なんちゃらのアレですわ。
 明日の安田記念を検討中であります。アーモンドアイとダノンプレミアム、どっちだろうなあ。どっちも外枠だし、内枠の馬も買いたいなあ。モズアスコットもいいけどサングレーザーもなあ。去年◎だったし1年越しにお金返してもらおうかなあw などと考えているとビールが止まりません。


 さて、アーモンドアイとダノンプレミアムの枠連が馬連よりも高い(1日午後8時半現在、以下同じ)という状況になっているそうで。令和の時代も昭和から受け継がれる枠連を巧みに使いこなすことが求められるのかもしれませんが。
 ここでアタシ勘違いをしておりました。アーモンドアイは14番、ダノンプレミアムは15番です。で、なぜかこの2頭の枠連は7-7だと思ってたんです。


 7-7の枠連を調べると、前日夜の時点で22倍。うっそ2強でこんなにつくの? いやそんなわけない。アーモンドアイは7枠、ダノンプレミアムは8枠。7-8の枠連は3倍ほどであります。
 そうか、今年は16頭立てだったのか。18頭立てだと14番も15番もオレンジ帽の7枠ですが、16頭立てだと14番は7枠、15番はピンク帽の8枠なのです。


 今年の安田記念は2週前登録の時点で17頭。フルゲート割れが確定していました。そしてタワーオブロンドンが回避したために16頭立てに。安田記念は毎年18頭出てくるイメージあったから久々では? などと思って調べてみるとどうして。結構フルゲート割れありますやん。
 2016年 12頭立て(勝ち馬ロゴタイプ)
 2015年 17頭立て(勝ち馬モーリス)
 2014年 17頭立て(勝ち馬ジャスタウェイ)
 近年に3年連続でのフルゲート割れがありました。コレより前は1999年まで遡るんですけどね。3年前は12頭立て! 何があったんだっけ? 4年前はアタシが実況したはずですけど、17頭立てだったっけ? 記憶ってぼんやりしてくるものなのね...。


 今年ここまでのGIを振り返ると、フェブラリーSが14頭立て、大阪杯14頭立て、天皇賞(春)13頭立て。さすがに3歳のGIは一生一度ということもあり18頭立てになりますが、古馬はフルゲート割れが目立ちますね。このあとの宝塚記念だって、フルゲートになることが珍しいほどのレースですからね。
 路線の細分化で適鞍を選んで使いやすいようになっているのか(海外含む)、だから無理目な挑戦をする馬が減ってきているのか。ただ「競馬はやってみなければわからない」ということを我々は先週の日本ダービーで学んだはずです。明日の安田記念も、2強に敬意を表しつつ、全馬にチャンスがあるつもりでこれから一晩検討したいと思います。


宝塚記念ファン投票 6月2日(日)まで。凱旋門賞観戦ツアーなど、今年も豪華賞品!】


 では、6月 2日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
今野光成(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃 「パドック解説者 レース展望」
10:55頃 「メインレース展望」
12:15頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:45頃 「今日のコラム」出演:野村英俊(共同通信)
14:20頃 「パドック解説者 狙いのレース」
16:15頃 「来週の重賞レース展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、山本直也
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
城谷豪(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「一般レースの狙い」
10:10頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃 「メインレース展望」
11:30頃 「藤村和彦の射(シャーッ)!!」出演:藤村和彦
13:00頃 「特別レース展望」
13:30頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:40頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全9件中 6件〜9件目を表示 [ 前の5件 1 2 ]