落研出身と間違われました。 1月27日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/01/26(土) 18:00

春の3歳重賞馬連 1月6日~5月25日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


【舞台は東京競馬場へ。日曜は 根岸ステークス予想検討会 小島太元調教師が登場!】
【京都では日曜に おがわじゅりさんサイン会 ! グッズ購入者限定。お早めにどうぞ】
【日曜中京に メイプル超合金 来場! トークショー&メインレースのプレゼンター】


 先日、立川談春さんの独演会に行ってまいりましてね。
 落語を聞きに行くなんていつ以来だろう? その昔、小学校に落語家さんが来て「出張寄席」みたいな感じで聞いた記憶があります。そのときの話が時そばだったから、この噺だけ鮮明に内容を覚えているのでしょうか。あとは笑点の公開収録を見に行った記憶があるけど、もしかしたら笑点じゃない演芸番組だったかもしれない。てな具合でありまして、落語とはあまり縁のない生活を送っておりました。
 ドラマや映画で活躍中の談春さんの落語はどんなものだろう? と調べてみると、独演会があると。チケットが取りづらいとのことでしたが、運良く取ることができましてね。


 結論。めちゃめちゃ面白かったっす!
 先日までドラマ「下町ロケット」が放送され、まもなく映画「七つの会議」が公開されるというタイミングで、マクラはそれらの収録秘話。談春さん曰く『これ(SNSで)呟いちゃダメだからね!』というネタのオンパレード。あっという間に客席の心を掴みます。
 噺ももちろん面白かった。特に二席目の「五貫裁き」には引き込まれたなあ。登場人物が多いのに、さすがの演じ分けでそれぞれのキャラが際立つから噺の中に入っていける。などとエラソーに言ってみましたが、要は面白かったってことです! 行ってよかった。


 落語に興味はあったけど、なかなか触れる機会はなかったんです。なのにアタシ、なぜか「落研(=落語研究会)出身ですか?」なんて言われることがありまして。いえ放送研究会です。
 どうしてだろうなあ? 噺家さんの口調は好きですが真似をしたことも特にないし、前記の通りほとんど落語を聞かずに育ってきたし。まあ笑点はガキンチョのころに割と観てましたけどね。先代の円楽師匠が司会のころ。だからっつって、ねえ。
 ラジオiNEWSのプロデューサー(後輩)がよく言うんですよ。小塚さん絶対落研だったでしょって。違うっつーの。でもこの話を妻にしたら「あー、なんとなくわかる」。わかるの!? 妻曰く、実況もそういうところがあるらしい。自分にはわからないんですか。


 四十の手習い(?)で落語を学んでみますかねえ...? 昨日のブログに書いた馬乗りよりは、このトシで始めてもまだなんとかなるかな(←ならない 落語は聞く専門にします。
 こと実況ということに関すれば、テンポとか歯切れとか、そういう要素なのかな。個人的には大事にしてきた部分ですから、落研っぽいと言われるのは実はちょっぴり嬉しくもあるのですけどね。


 では、1月 27日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:20頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:55頃 「今日のコラム」出演:久野朗(日刊スポーツ)
14:30頃 「パドック解説者 狙いのレース」
16:15頃 「来週の重賞レース展望」


東京実況:山本直(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、小林雅巳
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:40頃 「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:50頃 「特別レース展望」
13:50頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃、14:55頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、小塚歩
パドック進行:竹之上次男、岡田麻紗巳
中京実況:山本直也(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

馬に乗れる実況アナ目指しますか。 1月26日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/01/25(金) 18:00

春の3歳重賞馬連 1月6日~5月25日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


【舞台は東京競馬場へ。日曜は 根岸ステークス予想検討会 小島太元調教師が登場!】
【土曜中京は女性限定「フリーパスの日」。俳優の 竜星涼さん 来場!】
【京都では日曜に おがわじゅりさんサイン会 ! グッズ購入者限定。お早めにどうぞ】


【!】京都競馬の金曜日夜間発売を取りやめ


 去年の春ぐらいですかね。園田のルーキー石堂響騎手の特技が「競馬実況」で、それがかなりのクオリティであると大きな話題となりました。
 いやあ、実際にレースに騎乗するジョッキーに上手に実況されちゃあ、こちとら商売上がったりだなあ。などと思っていると、先日大きな第二弾(?)が公開されました。




 オイシン・マーフィー騎手であります。去年は欧州年度代表馬ロアリングライオンとのコンビで大活躍、そしてこの冬は日本でも短期免許で騎乗して活躍しています。そのマーフィー騎手が「実況してみた」、の動画が公開されました。
 アタシ英語のリスニングはそれほど得意ではありませんで、細かい言い回しまではわからないのですが「ずいぶんと形になっている実況だなあ」というのが第一印象でした。つーか、フツーにそれっぽいもの!


 動画を見ていくと、見覚えのある勝負服がちらほら。一旦先頭に立った黄色の勝負服はビッグオレンジですね。2016年のメルボルンCや香港ヴァーズなど日本で馬券発売されたレースにも出走したのでご記憶の方も多いかと。このビッグオレンジが2着となるのがわかりましたので、早速同馬の成績を探っていくと。
 ありましたありました。 2017年のグッドウッドカップの成績が出てきました。2017年8月1日、グッドウッド競馬場の芝2マイル(≒3200m)で行われたG1です。動画サイトでオリジナル(?)の実況も見つけることができました。




 つーか、成績よくみたらマーフィー騎手もこのレース騎乗しているではないですか! 主戦を務めるカタールレーシングのパラセイターに騎乗して6着。自分が騎乗したG1レースの実況を(後付けとはいえ)するってのはどんな感じなんでしょうねー。
 このグッドウッドCを勝ったのはストラディバリウス。ジョン・ゴスデン厩舎所属の5歳馬です。3歳夏にこのレースでG1初制覇、去年は同レース連覇に、アスコットのゴールドカップも制して長距離G1を3勝。去年2018年はG1・2勝を含めて年間5戦負け無し、これは英国トップステイヤーと言っていいでしょう。マーフィー騎手の実況のおかげで海外馬のお勉強もできました。


 騎手の方々に実況されてはお手上げです。こりゃ我々も馬に乗れるようにならなきゃいけないかな? 「実況のできる騎手」の逆で「馬に乗れる実況アナウンサー」。うーん、人生で乗馬経験2度(どちらも体験乗馬)のアラフォー実況アナウンサーにとっては高すぎるハードルだ...。


 では、1月 26日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉田幹太(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「特別レース展望」
11:45頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「明日の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:山本直、石原李夏、小屋敷彰吾
パドック進行:小林雅巳、山本直、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「第2回京都競馬 馬場情報(インタビュー)」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「週の中間の話題から」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:40頃 「日曜重賞レース展望」
11:45頃 「第2回京都競馬 イベント情報(インタビュー)」
12:45頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:小塚歩(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男
パドック進行:髙田洋子
中京実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

「相撲は身近」の地域性。 1月20日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/01/19(土) 18:00

春の3歳重賞馬連 1月6日~5月25日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


【中京競馬開幕。20日曜は 蛍原徹さん&元中日・岩瀬仁紀さん 登場!トークショー&予想会 】
【新春のお祝いを込めて。中山競馬場の各売店が お得なメニューや限定メニューをご用意


 大相撲の横綱稀勢の里が引退を決めました。



 去年の3月場所で左胸に大きな怪我を負いながらの優勝。ドバイで帰国の飛行機を待ちながら結果を逐一チェックして、まさか優勝するとは思いませんでしたよね。その代償が重くのしかかってきたわけですが。NFLの選手で大胸筋断裂のケガをするケースがたまにありますけど、キャンプで負ったらそこでシーズンエンドの大怪我ですよね。次のシーズンまでしっかり治そうとなります。大相撲の横綱はそうもいかないんでしょうかね。あのときしっかり休んでたら、稀勢の里のその後はきっと変わっていたと思うんです。


 そして忘れたくないのは、あの3月場所で優勝を争った照ノ富士も怪我をおしての出場で、その後番付を大きく下げてしまったこと。休場が続いているようですがなんとか再び活躍してもらいたいものです。


 アタシけっこう相撲見るんスよ。ほら、青森は相撲王国ですから。アタシの小さい頃は隆の里。最初にファンになった力士は出羽の花でした。そこから旭富士が出て、貴ノ浪が出て、舞の海が出て高見盛が出てと、青森出身の人気力士は途切れることがありません。
 いまの1月場所の幕内力士に青森県出身は2人。いまは阿武咲が県出身力士の期待の星。ほかに宝富士も。十両には安美錦、同年代として長く頑張っていただきたいですな。


 もっと下の番付にはもっと多くの県出身力士がいるわけです。地元のローカルニュースは場所になると、一人ひとりの結果と星取りをスポーツコーナーで毎日伝えます。人数多いから結構な尺取るんですよ。もちろんNHKの相撲中継も見てました。以前書いたかもしれませんが、貴ノ浪が河津掛けで貴乃花に勝った一番はテレビの前で興奮しましたよねえ。


 見るだけでなく、小学校のころは自分たちで相撲をとって遊ぶことも多かった。ほら雪深い青森ですから、冬は校庭が一面真っ白になるわけです。そこを丸く踏み固めて土俵に見立てて相撲。豪快に投げ飛ばしてもさほど痛くありません。
 もしくは体育館。床が硬いので気をつけながらですが、バスケットボールのセンターサークルがちょうどいいサイズなんですね。土俵みたいな。アタシは右を差してとることが多かったですかね。でも左があまりうまく使えなかったですねえ。それぞれに得意の形があったように記憶しています。


 そんな子供時代を過ごしてきたので相撲は今でも大好き。ただ実況しろといわれるとこれは難しいですな。とくにラジオ実況。スポーツの実況は勝負が決まるまでの時間が短いほど難しいと個人的には思うのですが、相撲は数秒で決着がつきますからね。難しいけど一度はチャレンジしてみたい種目の一つでもあります。


 元稀勢の里、荒磯親方はどんな力士を育てるでしょうか。自身のような不器用な、でも実直な、質実剛健を地で行く力士が育つことに期待します。アメフト好きは知っていましたが(かつてライスボウルのゲスト解説に呼ばれたことがある)、競馬にも親しんでいるとのこと(小桧山師との縁も)。重圧から開放されて、好きなアメフトや競馬を笑顔で楽しむ時間も作っていただきたいものです。


 では、1月 20日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃「パドック解説者 レース展望」
11:00頃「メインレース展望」
12:20頃「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃「日曜メインレース展望」
13:50頃「今日のコラム」出演:藤井真俊(東京スポーツ)
14:30頃「パドック解説者 狙いのレース」
16:15頃「来週の重賞レース展望」
16:30「競馬延長戦」


中山実況:佐藤泉(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:中野雷太、小屋敷彰吾
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹村浩行(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃「一般レースの狙い」
10:25頃「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃「メインレース展望」
11:40頃「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:15頃「特別レース展望」
13:45頃「解説者 今日の狙い目」
14:20頃、14:55頃「メインレース展望」
16:05頃「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:山本直、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:米田元気(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

受験は「初めて」の連続でした。 1月19日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/01/18(金) 21:30

春の3歳重賞馬連 1月6日~5月25日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


【中京競馬開幕。20日曜は 蛍原徹さん&元中日・岩瀬仁紀さん 登場!トークショー&予想会 】
【新春のお祝いを込めて。中山競馬場の各売店が お得なメニューや限定メニューをご用意


 毎年この時期はどうして寒くなるんでしょうね。1月だから当たり前なんだけど、たまには「ああ~今年は暖かいね~」という年があってもいいのではないでしょうか。大学入試センター試験であります。
 このブログをご覧の受験生に告ぐ。


 いまこれを見ている時点でほかの受験生に負けてるぞ!すぐに画面閉じて勉強せえ!


 アタシのセンター試験の記憶は以前書いたような気がするので、今年は二次試験のことを。
 なんとかかんとかセンターを乗り越え、自己採点もなんとかまあそれなりだったので、行きたいなーと思っていた横浜の大学を受験することに。田舎の高校生がハマに出るわけです。ハマに出るっても陸奥湾とかそういうんじゃないんです。横浜です横浜。


 横浜は家族旅行でガキンチョの頃に行ったことはありました。ちょうどランドマークタワーができたころだったと記憶しています。でもそれは家族旅行ですからね。自分ひとりで青森県を出たことがない。初めての一人旅であります。


 だ~れにも内緒で~お出かけなのよ~(B.B.クイーンズ「ドレミファだいじょーぶ」)


 はじめてのおつかいのアレが頭の中で鳴り響きます。おつかいじゃないし、内緒でもないけどね。寝台特急で上野に着いたんだっけなあ、そこから京浜東北線で横浜までエンヤコラ。大丈夫だべが、ひとりで電車さ乗れるべが、ホテルさ行げるべが...。18歳の小塚少年はドキドキしながら都会の荒波に揉まれたのでした。
 やっとこさホテルにたどり着きました。チェックイン。ここでふたつめのはじめてです。
 「標準語使わねばまいねんだが...」(=使わなきゃいけないのか...)


 18年生きてきて標準語なんか使ったことありません。自分も周りも99%津軽弁の世界で生きてきた小塚少年、どぎまぎしながら「あ、あの、ちぇ、っくいんお、おねがいします」。生まれて初めて第三者に標準語で話しかけた瞬間でありました。


 それから4年後に、言葉を生業とするアナウンサーになろうとは。このときは想像すらしてませんわね。それもこれも大学に合格して、仲間に恵まれて、色んな経験をすることができたから。受験生の皆さん、合格はゴールではなく未来へのスタートなのです!頑張ってください! って、いまこの文章を最後まで読んでる受験生はダメだろうなあ...w 


 では、1月 19日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃「週間ニューストピックス」
10:30頃「特別レース展望」
11:45頃「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:20頃「野元賢一の『競馬のツボ』」
12:55頃「土曜メインレース展望」
13:25頃「今週の注目数字」
14:30頃「パドック解説者 レース展望」
13:55頃、15:40頃「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:15頃「明日の重賞展望」
16:30「競馬延長戦」


中山実況:小屋敷彰吾(1R~2R)小林雅巳(3R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉、小屋敷彰吾
パドック進行:中野雷太、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃「一般レースの狙い」
10:25頃「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃「週の中間の話題から」
11:25頃「土曜メインレース展望」
11:40頃「日曜重賞レース展望」
12:50頃「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:50頃「解説者 今日の狙い目」
14:20頃「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:髙田洋子
中京実況:大関隼(1R~6R)米田元気(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ふるさとの訛りなつかし...? 1月14日(祝・月)の放送予定 [番組情報]
2019/01/13(日) 18:00

春の3歳重賞馬連 1月6日~5月25日は3歳重賞の「馬連」の払い戻しが5%アップ!


【新成人おめでとう!中山で指定席章提示の20歳に シャンパンを特別価格でプレゼント !】
【新春のお祝いを込めて。中山競馬場の各売店が お得なメニューや限定メニューをご用意


 毎年言うてますが、アタシ成人式に出なかったんす。もう19年も前のことになるんですかね。横浜に住んでいて、正月に青森に帰省して、学校始まったから横浜に戻って、そのあと成人式といわれましても。当時は1月15日固定だったし。あれいまグーグル先生に確認したら、アタシの年から1月第2月曜に変わってる。この年は1月10日か...なんで成人式出なかったんだろ?
 まあ、今思えばちょっとした「イキリ」もあったのかもしれませんなあ。成人式なんて、別に...(エリカ様風)みたいな。もったいないことですわ。成人式出ていれば地元の同級生たちとも繋がっていたかもしれないのに(←連絡の取れる地元の友人は1人だけ


 さて地元といえば、先日こんなことをつぶやきました。



 阪神タイガースにドラフト3位指名された木浪聖也内野手(Honda)。アタシと同じ青森県青森市出身であります。確かに青森で見かける苗字でありますな。その木浪選手が自主トレの取材カメラに向かって津軽弁を披露したとのこと。テレビのスポーツニュースで流れていましたが、相当マイルドな津軽弁にしてましたよね。それでも記者の方は聞き取れなかったようで...。他紙の記事は正しく(?)表記されていたのですが。


 報道を総合すると、木浪選手が発した津軽弁はこちら↓
「わも頑張るはんで、応援よろしぐ頼むじゃ」
 「わ」は一人称。私。英語のIです。「はんで」はハンデキャップの略ではなく「~だから」「~ので」の意。「~じゃ」は「な」に置き換えてもいいかもしれません。割とフランクな関係での言い回しとでもいいましょうか。どうです?簡単でしょう?難しいか。
 某ケン○ンショーで津軽弁取り上げると面白く作ってくれますものね。笑いものにされているという気持ちもないではないですが、日本人の多くが理解できない言葉を理解できるのは得だと考えるようになりました。ですからよく言うんです。バイリンガルであると。日本語(共通語)と津軽弁のバイリンガルであるとw

 
 タイトルの句は石川啄木の有名なもの。「停車場」は上野駅のことだそうで。アタシは今回、スポーツニュースの木浪選手の訛りにホッコリさせてもらいました。お国言葉はどの地域でもいいもんです。このブログを御覧の数少ない新成人の皆さん、もし地元に帰っておられるなら、地元の友人と地元の言葉にたっぷり浸ってくださいね。


 では、1月 14日(月・成人の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉岡哲哉(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:50頃「土曜・日曜の重賞レース回顧」
10:15頃「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:45頃「特別レース展望」
11:45頃「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:35頃「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:05頃「土曜メインレース展望」
13:40頃「今週の注目数字」
14:15頃「パドック解説者 レース展望」
14:50頃「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃「来週の重賞展望」
16:30「競馬延長戦」


中山実況:小塚歩(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直、佐藤泉
パドック進行:山本直也、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:40頃「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃「一般レースの狙い」
10:30頃「土曜メインレース展望」
11:50頃「中山特別レース展望」
12:50頃「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:25頃「解説者 今日の狙い目」
14:30頃「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃「来週のメインレースの見どころ」


京都実況:小林雅巳(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全9件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]