コースレコードは時代と共に。 12月1日(土)の放送予定
2018/11/30(金) 20:30

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【チャンピオンズCの表彰式プレゼンターは高畑充希さん!トークショーもあります】
【中京は土曜日も、第4回中京競馬応援サポーターの北乃きいさんが来場!】
【中山競馬場はこの季節恒例のクリスマスイルミネーション 点灯中!有馬記念当日まで】


 いやはや、我が目を疑いました。びっくりして冷静さを失いました。取り乱しました(←(c)ダチョウ倶楽部)
 だって、2分20秒6ですよ!?


 我々2分22秒2が「衝撃のレコードタイム」であると教わって育ったクチですからね。アルカセットが2分22秒1に塗り替えたときも時代が動いた! と思ったものですが、それが1秒5も更新されるとは。


 ジャパンカップはこうしたレコードタイム塗り替えの歴史であるようで、第1回のメアジードーツが2分25秒3というレコードで勝ったときは皆驚いたと聞きます。一流とは言えない成績の5歳牝馬が、それまでのどの日本馬よりも速いタイムで2400mを走ったわけですから。
 その後ジュピターアイランドが2分25秒0、ルグロリューが2分24秒9とコースレコードを更新。ホーリックスはこのタイムを1秒7も上回る2分22秒2で、オグリキャップとの死闘に勝ったわけです。1秒7か...今回より更新の幅がでかい。ホーリックスさんもやっぱすげえや。
 

 ジュピターアイランドとアーモンドアイで比較すると、4秒4の差があります。簡単に調べられる1986年以降に記録されたレコードタイムの比較で、4秒4もレコードが速くなったコースはそう多くありません(基準タイム除く。アラブ・障害除く)。
 福島芝1800m(2歳) 1分51秒5(フライングキッド)→1分46秒2(マイネルサーパス) 5秒3
 東京ダート2400m 2分34秒5(ラスニアック)→2分28秒6(グルーヴィンハイ) 5秒9
 中山芝3600m 3分46秒3(スルーオダイナ)→3分41秒6(エアダブリン) 4秒7
 京都芝外3200m 3分18秒8(イナリワン)→3分12秒5(キタサンブラック) 6秒3
 

 このほか阪神の2000m、2200m、2500m、3000mでレコードの幅が大きく出てきますが、これは90年代前半のコース改修直後は時計がえらいかかっていたということで参考記録といったところでしょうか。
 阪神芝内2000m 2分03秒5(バンブージャンボ)→1分57秒2(ストロングタイタン) 6秒3
 阪神芝内2200m 2分15秒4(マミーグレイス)→2分10秒1(アーネストリー) 5秒3
 阪神芝2500m 2分36秒2(ヤマニンドリーマー)→2分30秒4(カミノマジック) 5秒8
 阪神芝内3000m 3分09秒2(メジロパーマー)→3分02秒5(ナリタトップロード) 6秒7

 
 ざっとこんなところです。だからなんだというデータですが。
 イナリワン、メジロパーマーからキタサンブラック、ナリタトップロードへ。ステイヤーの進化も感じますなあ。


 アーモンドアイはこのあとドバイに向かうとのこと。ドバイターフかな、それともシーマクラシックかな。メイダン芝1800mのトラックレコードは日本のジャスタウェイが持っています。競馬はタイムを競う競技ではないことは重々承知のうえで...ジャスタウェイのレコードをアーモンドアイが破るとなれば、胸熱ですよねえ!


 では、12月 1日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:10頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:25頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:30頃~「土曜メインレース展望」
14:05頃~「今週の注目数字」
14:40頃~、16:10頃~「トレセンレポート」
16:25頃~「明日の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


中山実況:山本直(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:石原李夏、小屋敷彰吾、小島友実
パドック進行:小島友実、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「第5回阪神競馬 馬場情報」(インタビュー)
9:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「土曜メインレース展望」
11:30頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「第5回阪神競馬 イベント情報」(インタビュー)
12:50頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:55頃~「解説者 今日の狙い目」
14:30頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:大関隼(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:竹之上次男、佐藤泉
パドック進行:髙田洋子
中京実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

3歳牝馬の挑戦。 11月25日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/11/24(土) 18:00

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【ジャパンCの表彰式プレゼンターは、ロンジンのエレガンスアンバサダー 内村航平選手!】
【東京競馬場にジャパンカップガーデンが登場! ワインフェスやオリジナルワイン販売も】
【競馬博物館「メジロ牧場の歴史」は25日日曜がラスト。横山典弘騎手との写真撮影会 !】

 
 ジャパンカップの単勝1番人気は、アーモンドアイで間違いないところでしょうかね。ここを勝てば先輩三冠牝馬、2012年のジェンティルドンナ以来となる「3歳牝馬のジャパンカップ制覇」となります。ジェンティルドンナはオルフェーヴルとの熾烈な追い比べを制したものでありました。
 ですからもしアーモンドアイがそれなりの着差をつけて勝つようなら、えらいことになります。メンバーレベルとかあるでしょうけどね。オルフェーヴルに競り勝つんだから、ジェンティルドンナはモノ凄かった。


 牡馬混合の中長距離GIで、3歳牝馬はこれまでどんな成績を残しているか。データは1986年以降です。
・宝塚記念(0.0.0.2)
 ダービー馬ウオッカの出走は大いに盛り上がりました。8着。ヒシナタリーが4着と大健闘。
・天皇賞(秋)(0.1.0.3) 
 ダンスインザムードが秋華賞から中1週で挑んで2着。スティンガーとオウケンサクラが4着、ソウルスターリングが6着ですからかなりの好成績と言っていいのでは。
・ジャパンC(1.3.1.22)
 ジェンティルドンナが勝ち、マジックナイトにファビラスラフイン、そしてデニムアンドルビーが2着。レッドディザイアが3着。85年以前だとオールアロングが2着。
・有馬記念(0.3.0.15)
 ヒシアマゾン、ダイワスカーレット、ブエナビスタが2着。1960年まで遡ればスターロッチが1着、73年にはニットウチドリが2着。


 こうしてみるとジャパンCが、外国馬も含めてですけど3歳牝馬の3着内率が最も高いという結果に。
 ただし、これらのGIで3歳牝馬が1番人気になったときは(1986年以降)1着がなく、ブエナビスタの2着が最高。アーモンドアイはこの壁を破らなくてはいけません。ジェンティルドンナは3番人気でした。果たして我々は、新たな歴史が創られる瞬間を目の当たりにすることになるのでしょうか。


 では、11月 25日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
京増真臣(研究ニュース)11R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:45頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:15頃~「メインレース展望」
12:35頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:05頃~、13:40頃~「日曜メインレース展望」
14:15頃~「今日のコラム」出演:立川敬太(東京スポーツ)
14:50頃~「ゲストコーナー」
16:20頃~「来週の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


東京実況:中野雷太(1R~6R)小塚歩(7R~11R)
進行:小屋敷彰吾、山本直、山本直也
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
11:00頃~「パドック解説者 狙いのレース
11:20頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
11:50頃~「メインレース展望」
12:20頃~「重賞レース展望」
13:20頃~「解説者 今日の狙い目」
14:30頃~「メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:佐藤泉、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

日本でも人気が出るか!? 11月24日(土)の放送予定 [番組情報]
2018/11/23(金) 21:00

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【ジャパンCの表彰式プレゼンターは、ロンジンのエレガンスアンバサダー 内村航平選手!】
【東京競馬場にジャパンカップガーデンが登場! ワインフェスやオリジナルワイン販売も】
【競馬博物館「メジロ牧場の歴史」は25日日曜がラスト。横山典弘騎手との写真撮影会 !】


 先に告知。
 「ジャパンカップ大展望!」あす24日(土)ラジオNIKKEI第1で午後4時45分から!


 今年もこの季節がやって参りました。



 今年の外国馬はアイルランドのカプリと、イギリスのサンダリングブルーの2頭。2頭だけ、ってのは2006年以来の少なさ。最少タイということですね。
 実はこの2頭、どちらも芦毛。しかもサンダリングブルーはかなり白くなっている芦毛です。JC外国馬で芦毛って見た記憶あまりないなあ、と思って調べてみたら、2010年のヴォワライシ(伊)以来のよう。その前は03年アンジュガブリエル(仏)。数は多くないですが、遡ればゴールデンフェザントやホーリックスが芦毛。おお、芦毛外国馬のレジェンドが。


 さてこのサンダリングブルー、、、かなり可愛い。管理するダヴィッド・ムニュイジエ調教師のツイッターを貼ります。



 どうです!? このつぶらな瞳。かわいいでしょ。アタシ普段からそこまで馬の顔に注目したりしないんですけど、これがカワイイというのはわかる。調教後の共同記者会見でムニュイジエ師が言うには、現地でもかなり人気があるそうですよ。
 

 JRAでの芦毛馬の獲得賞金上位を調べると、1位ゴールドシップ。2位メジロマックイーン。3位オグリキャップ。以下ビワハヤヒデ、レッドファルクス、カレンチャン、スマートレイアー、スノードラゴン、ホエールキャプチャ、タマモクロスが上位10頭であります。
 ゴルシとオグリは言うに及ばす、ビワハヤヒデも大きな顔で愛されましたし、スマートレイアー姐さんも根強い人気。芦毛は独特の人気があるタイプが多いように思います。これはもし、もしジャパンCでサンダリングブルーが好走したら、日本でも人気になるだろうなあ。ちょっとだけ期待しちゃうかも。


 では、11月 24日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:10頃~「週間ニューストピックス」
10:40頃~「特別レース展望」
12:00頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:30頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:00頃~「土曜メインレース展望」
14:05頃~「今週の注目数字」
14:40頃~、16:10頃~「トレセンレポート」
15:55頃~「明日の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


東京実況:小塚歩(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:小島友実、中野雷太、小屋敷彰吾
パドック進行:山本直、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「土曜メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「日曜重賞レース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ハンデ戦なのに...という先入観? 11月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/11/17(土) 18:00

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【祝・紅白初出場! マイルCS当日、京都に5人組コーラスグループ純烈がやって来る!】
【東京競馬場にジャパンカップガーデンが登場! ワインフェスやオリジナルワイン販売も】
【福島は100周年イヤーのラスト。アンバサダー則本昂大投手&武田玲奈さんが日曜に来場!】


 福島に来ております。えらい久しぶりだなと思ったら、なんと去年の夏以来の福島でした。いやあ。もっと来たいんだけどなかなか機会がなく。
 

 さて、福島は先週に福島記念が行われました。
 福島記念も七夕賞も函館記念もだいたいそうですが、ローカルの中距離のGIIIはだいたい『荒れるハンデ戦』という枕詞がつきますよね。なんなんでしょうね。ローカル+中距離+ハンデ重賞=高配当、みたいな定式。これに(多頭数+荒れ馬場)が乗るともう、めっちゃ荒れそうに思えますもんね。
 そんななか、先週はスティッフェリオ→マイスタイル→エアアンセム。2→3→1番人気という、荒れるハンデ戦とは似つかわしくない? 決着となったのでありました。


 おかしい。こんなことは許されない。(?)


 まあそんな事言いながら、この人気順で3連単7,540円もついてるんですよ。上位人気3頭の組み合わせでこれだけつくなら美味しいと見るか、どうか。


 調べてみました。これまで行われたハンデ戦の中で、最も3連単の払戻金が小さかったレースは?
 なんと今年、記録が更新されていました。10月2日(火曜日!)に行われた兵庫特別、アフリカンゴールドが勝ったレースですね。ここは1→2→3番人気での決着で、3連単が650円。やっす!やっすーーー!!!!!
 ただ、なんぼハンデ戦とはいえ、頭数が少なく力の差がはっきりしていると、どう転んでも荒れようがなかったりしますわね。この兵庫特別はわずか8頭立て。では、多頭数かつ3連単が安かったレースは?


 14頭立て以上のハンデ戦で最も3連単の払戻金が小さかったのは2012年7月8日の福島、彦星賞。後の重賞ウィナー・イジゲンが勝ちました。15頭立てのハンデ戦であるが人気通りの決着、しかも3連単は1600円。やっす。やっす...。


 では、『荒れるハンデ戦』の条件に該当する(ローカル+中距離+ハンデ重賞)で検索すると、最安3連単は3,170円。どのレースかわかります?
 答えは05年の小倉記念。小倉コースを庭としたメイショウカイドウが小倉三冠を達成したレースですね。ハンデ58.5キロで単勝2.0倍の支持に応えて完勝ですから、見事というほかありません。2着ワンモアチャッター、3着ツルマルヨカニセで、穴党の出番は全くなかったのでした。
 

 このあとのローカルハンデ中距離重賞は、12月8日(土)の中日新聞杯です。中京はタフなコースになりましたが、それでもまだ紛れがありますからね~。果たして荒れるのか荒れないのか。皆様、GIの合間のローカルハンデ重賞にもぜひご注目を!


 では、11月 18日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
京増真臣(研究ニュース)11R~12R


<主なコーナー>
9:40頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:45頃~「パドック解説者 メインレース予想」
11:15頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:45頃~「メインレース展望」
12:40頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:10頃~、14:10頃~「日曜メインレース展望」
14:45頃~「今日のコラム」出演:浜田公人(スポーツニッポン)
16:15頃~「来週の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


東京実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:山本直、小屋敷彰吾
パドック進行:石原李夏
福島実況:佐藤泉(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
城谷豪(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「重賞レース展望」
13:15頃~「解説者 今日の狙い目」
13:45頃~、14:55頃~「メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

会社からダッシュで出張。 11月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2018/11/16(金) 19:30

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【祝・紅白初出場! マイルCS当日の京都に、5人組コーラスグループ純烈がやって来る!】
【東京競馬場にジャパンカップガーデンが登場! ワインフェスやオリジナルワイン販売も】
【福島は100周年イヤーのラスト。アンバサダー則本昂大投手&武田玲奈さんが日曜に来場!】


 福島に向かっております(ゼエゼエゼエ


 いやー会社をギリギリに出たもんですから、新幹線の時間に間に合うかどうかヒヤヒヤで。1週間遅れのメルボルン疲れの体にムチ打って、ひたすら走りましたよ。おかげで冷え込んだ11月半ばだってのに汗だっくだく。冷えて風邪引かないか心配...あれクシャミがでるぞ( >д<)、;'.・ ィクシッ
 滑り込んだ新幹線の車内でブログを更新している次第であります。


 弊社は東京は港区の虎ノ門というところにございます。それなりに交通の便は良うございます。東京メトロ銀座線の虎ノ門駅から徒歩数分という至近。そこから新幹線出張の場合は東京駅に向かうわけですが、虎ノ門→新橋→JRに乗り換えて東京まで2駅という算段ですな。
 駅で言えば3駅なので、正味の乗車時間は6~7分(+乗り換えの時間)で東京駅に着くわけですよ。ドアツードアで申しますとおよそ20分。まあ便利なんですが、きょうはその発車20分前に出発したもんだから大変だった。
 乗り遅れても1本遅いので行けばいいとお思いでしょ? 仰る通り。でも、現地に着いたあとにいろいろとやりたいわけですよ。その時間が読めなくなるのは誠に勿体無い。


 飛行機出張ですとほとんど羽田、極稀に成田(ドバイとか)となりますな。羽田も微妙な距離がありましてね。ルートもいくつか。アタシは品川経由で京急線使うのが好みなんですが、浜松町からのモノレールが速いんですよね。
 それだと浜松町まで10分ちょい、モノレールに乗り換えて羽田まで最短30分ほどか。となると出発の1時間前に会社を出れば間に合うっていう計算になるのかな。


 出張といえば。来週行われるジャパンカップに、今年はアイルランドのカプリとイギリスのサンダリングブルーの2頭が参戦します。
 2頭は昨日来日しました。記事によると、カプリは自国から24時間程度、サンダリングブルーは28時間程度の輸送だったとのこと。うへえー! 丸一日以上やないですか。ようこそ遠くまでお越しくださった! メルボルンの10時間程度でへこたれていてはおられません。
 ジャパンCの外国馬が2頭というのは、ウィジャボードとフリードニアの2頭だけだった2006年以来12年ぶり。彼らの来日に敬意を表しつつ、好走すれば来年以降は外国馬が増えるかも! 心の中でちょっぴりだけ応援しながら実況しようと思います。


 では、11月 17日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:45頃~「週間ニューストピックス」
11:15頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
11:30頃~「特別レース展望」
12:10頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:35頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:15頃~「土曜メインレース展望」
14:15頃~「今週の注目数字」
15:25頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:25頃~「明日の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


東京実況:山本直也(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾、小林雅巳
パドック進行:山本直、稲葉弥生
福島実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:50頃~「土曜メインレース展望」
11:20頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜重賞レース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:25頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:大関隼(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全10件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]