1年前の悪夢...? 7月1日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/06/30(土) 18:00

「夏の2歳単勝」6月2日(土)~9月2日(日)の2歳戦は、単勝の払い戻しが5%アップ!


【ラジオNIKKEI賞当日、福島競馬場はフリーパスの日。プレゼンターは吉田鋼太郎さん
【日曜函館は女性フリーパスの日。可愛いトートバッグが当たる!抽選会実施】
【さらば「函館の申し子」エリモハリアー、誘導馬引退。お別れイベント実施】


 ※公開設定を間違えておりました。失礼しました。


 まずは、去年7月のブログをご覧頂きます。→モヤ実況の真相に迫る!
 去年7月1日土曜日、函館でのレース中にモヤが出て、3コーナーが全く見えなくなってしまったのです。


 あれからちょうど1年。金曜に空港や食事でお会いした方々が、口々に言うんです。
 「去年は凄かったですねえ」「今でも覚えてますよー」「今年はモヤ出さないでくださいねw」
 そんなわけないでしょアハハ、と笑っていたんです。そして土曜朝に起きたら、窓の外はいいお天気。これは大丈夫でしょ。そう思っていました。ところが...



 晴れていた競馬場にだんだんと海の方からモヤが押し寄せ、あっという間に白く霞んでしまいまして。前日一緒に食事していた方々や、顔なじみのトラックマンさん達が次々に放送席へとやってきて


 m9(^Д^)プギャー
 「何やってるんですかw」「やっぱりwww」「力ありますねーw」などなど言われたい放題。


 そのうちにモヤはどんどん濃くなり、一瞬は芝1200mのスタート地点が見えないぐらいに。まずいぞ。1年前の再現か。戦々恐々としながらレースの時間を迎えました。
 その後はご覧のとおり。なんとかモヤは薄くなり、実況に影響することはありませんでした。はーよかった。
 現地滞在のトラックマンさんによると、この夏の滞在でこれだけのモヤは今年初めてだったとか。ふえー。やはり私のせい? このままだと函館に出張行かせてもらえなくなっちゃいそう...心を入れ替えてがんばります(←何を)


 では、7月 1日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
小木曽大祐(日刊競馬)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:松田直樹(日刊スポーツ)
14:30頃~「今日のコラム」出演:高橋利明(福島民報)
16:20頃~「来週の重賞展望」


福島実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:石原李夏、小屋敷彰吾
パドック進行:稲葉弥生
函館実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃~「特別レース展望」
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~、14:50頃~「メインレース展望」
16:10頃~「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:佐藤泉(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

マイナス27キロの先入観。 6月30日(土)の放送予定 [番組情報]
2018/06/29(金) 18:00

「夏の2歳単勝」6月2日(土)~9月2日(日)の2歳戦は、単勝の払い戻しが5%アップ!


【れいにゃんが土曜福島に登場!「私を競馬につれてって」藤江れいなさんトークショー!】
【ラジオNIKKEI賞当日、福島競馬場はフリーパスの日。プレゼンターは吉田鋼太郎さん
【さらば「函館の申し子」エリモハリアー、誘導馬引退。お別れイベント実施】


 全国の競馬ファン5000人くらいは言ったであろうダジャレ「ワーザーが香港からわーざーわーざー来てくれた」。私も某番組で言いましたけどね。
 強い馬だし、馬場渋ったらさらに走りそうだし、今年の宝塚記念は(今年も?)メンバーが手薄そうで、前走の地元G3は距離不足に重いハンデで明らかな叩き台。とまあ、買う材料はたっくさんあったわけです。
 アタシ実際に、シャティンでこの馬の強さを目の当たりにしましたし。一昨年のQE2(当時の日本語読みは『ウェルテル』でした)で、雨の中他馬を問題にせずブチ抜いた強さを。ですから、宝塚記念に出走してくるのはとても楽しみだったんです。


 ところが。
 地元では馬体重470キロ前後で走っていた馬が、レース当該週の「調教後の馬体重」では454キロ。ワーザーが香港に移籍して以降は460キロを切る馬体重で出走したことはありません。まあでも、香港→三木→阪神の移動で減っていてもレースまでには戻してくるだろう、と思っていたのです。


 ところがところが。
 レース当日の馬体重発表。ワーザー、446キロ。マイナス27キロ。


 !?


 さらに減っているではないか...


 これはまずい。これはまずいぞ。レース前の自信や強気はどこかに吹き飛んでしまいました。楽しみにしていたのに、この馬体重では...。
 パドックの映像に、いつも以上に目を凝らしました。うーん。言われてみればやはり、細いのではないかなあ...。そう思って、3連複をいっぱい買う計画をヤメ、少額の単勝複勝でお茶を濁すことに。
 結果はご存知の通りです。馬の力を信じきれなかった自分がぐやじい。もしかしたら走れる体だったのかもしれませんが、素人目には細く見えてしまったんです。マイナス27キロという数字の先入観なのでしょうか。


 1986年以降のGIレースで、馬体重前走比マイナス20キロ以上で出走したのはこのワーザーで19頭目でした。馬券に絡んだのはわずかにワーザーが3頭目。ほかに00年の秋華賞を勝ったティコティコタック(-20キロ)と、02年桜花賞3着馬シャイニンルビー(-22キロ)しかいません。ワーザーはここ30年では「前走からもっとも馬体減で出走したGI連対馬」ということになるわけですね。
 馬を見る目も養いたいし、レース前の情報にも動じない心を養いたいですね。惑わされずにドカンと買っていれば、今頃は豪遊できたはずなのですから(涙)


 では、6月 30日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
郡和之(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:松田直樹(日刊スポーツ)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」
16:25頃~「明日の重賞展望」


福島実況:中野雷太(1R~7R)山本直(8R~12R)
進行:石原李夏、稲葉弥生
パドック進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾、石原李夏
函館実況:小塚歩(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「第3回中京競馬 馬場情報」(インタビュー)
10:25頃~「週の中間の話題から」
10:55頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:25頃~「土曜メインレース展望」
11:45頃~「第3回中京競馬 イベント情報」(インタビュー)
12:15頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:米田元気(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:佐藤泉、岡田麻紗巳、竹之上次男
パドック進行:竹之上次男、岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

この春を振り返って [小屋敷彰吾の研修レポート]
2018/06/25(月) 15:36

皆さん、こんにちは。
今日は恐ろしいほどの暑さですね・・・

上半期の総決算、宝塚記念が終わりましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?

早いもので10週に渡る東京のロング開催も昨日で終わってしまいましたね。
最終レース終了後にはコースの開放も行われていました。

大学時代には社会人になった先輩から「社会人になると1年があっという間だから」という話をたくさんされてきました。
社会人になって私も本当にそれを強く実感しました。

毎週、毎週必死になっていたら、瞬く間に時が流れていたという感じです。

 

この10週間、多くのことを学びました。

去年の秋に実況練習を始めたころは、最初は全く3コーナーで追えませんでした。
それが練習をしていくうちに段々とダートの1600m16頭が追えるようになり、ダート1400mで16頭が追えるようになり、ついに今では芝の1400mの18頭も、頑張れば追えるようになってきました。
まだまだ先は長いですが、確実に成長を感じました。

 

そして、ついにこの春は長丁場の進行も任せてもらうようになりました。

正直こちらはまだまだ余裕がなくて、いつも一杯一杯になっています。

毎回終わるたびに反省点だらけで落ち込んでばかりです。

ただ、長丁場を経験していくうちに「こういう時に自分は慌てやすい」といったことが少しずつわかってもきました。

何事も場数を踏むことが一番大切なのだなと強く感じました。

 

いよいよ来週から夏のローカル開催へと移ります。

去年は1度だけの出張でしたが、今年はフル参加することになりました。

正直、毎週の出張で体力が持つのかという心配もあります。

でも、必ずやこの10週で進行をマスターして、「あとは、実況デビューを目指すだけ‼︎」という状況にできるよう頑張ります!

 

そしてそして、最後に、大事なお知らせです。

先週の大関アナウンサーが担当しているCharge for eekend の中でも発表されましたが、大関アナウンサーに代わって来月からこの時間を私が担当することになりました。

30分もの時間を自分に任せてもらえるということで、色々と頭をひねらせているところです。

一人でも多くの方に楽しいと思ってもらえるよう頑張りますので、今後とも温かく見守っていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

 

小屋敷彰吾

歴史は繰り返す、のか...? 6月24日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/06/23(土) 18:00

「夏の2歳単勝」6月2日(土)~9月2日(日)の2歳戦は、単勝の払い戻しが5%アップ!


【宝塚記念スペシャルゲストは横山裕さん、村上信五さん、錦戸亮さん。国歌斉唱も!】
【日曜の函館に俳優・平岡祐太さん来場! トークショー&表彰式プレゼンター】
【東京と阪神は開催最終日。東京でも阪神でも芝コース開放がありますよ】
【さらば「函館の申し子」エリモハリアー、誘導馬引退。お別れイベント実施】


 去年の宝塚記念当日、こんなツイートをしていました。



 檜川彰人アナウンサーが担当した2006年の宝塚記念は、1着ディープインパクト・2着ナリタセンチュリー・3着バランスオブゲーム。ツイートにある「前走のGIで負けていた京都記念勝ち馬」がナリタセンチュリー、「前走マイルGIからの距離延長馬」がバランスオブゲームでした。
 そして、檜川アナは去年、11年ぶりに宝塚記念を担当しました。結果はというと...


1着 サトノクラウン(前走、GI大阪杯で6着。2走前に京都記念勝ち)
2着 ゴールドアクター
3着 ミッキークイーン(前走ヴィクトリアマイル7着。距離延長)


 どうですか!


 歴史は繰り返したのであります。着順はちょっとだけずれましたが。
 サトノクラウン3番人気、ミッキークイーン4番人気ですから驚くほどの穴馬を発見したわけではないのですけどね。この2頭を軸にすれば、キタサンブラックが9着に敗れたこともあり3連複万馬券、3連単は7万円台の配当が簡単に取れたわけですから。え、アタシ?買ってるわけないじゃないですか←


 ま、アタシの馬券には繋がりませんでしたけど(涙)、競馬の世界では「歴史は繰り返す」っていうことがたまにあると思ってます。宝塚記念だと「多頭数になれば荒れる」法則。毎年、頭数が揃わない(フルゲートを超える出馬投票が過去にない)宝塚記念、17頭立てになると伏兵が勝利するんです。
 2010年は8番人気ナカヤマフェスタ、2016年も8番人気マリアライト。頭数の多い少ないがはっきりするGIレースですから、傾向は出やすいように思いますが、それにしてもです。


 今年は16頭立て。ここ10年で16頭立ての宝塚記念は3回ありますが、ラブリーデイが勝った2015年は2着3着が2桁人気で大波乱、一方で2012年はオルフェーヴル→ルーラーシップと堅い決着。今年はどちらに転ぶでしょうか。
 そういえば、サッカーW杯開催年の宝塚記念は、1番人気が7連続連対中なんだそうです。過去3回でいうと4年前はゴールドシップ、8年前はブエナビスタ、12年前はディープインパクト。そしてそれぞれが8番人気以下の伏兵を連れてくる(カレンミロティック、ナカヤマフェスタ、ナリタセンチュリー)そうなんです。
 さて今年も?



 あくまで自己責任でどうぞ。


 では、6月 24日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
郡和之(日刊競馬)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:20頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:20頃~「メインレース展望」
12:05頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:40頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:35頃~「函館コーナー(2)」出演:荒井敏彦(東京スポーツ)
14:10頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:45頃~「今日のコラム」出演:片岡良典(サンケイスポーツ)
16:20頃~「来週の重賞展望」


東京実況:小林雅巳(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、山本直也
パドック進行:稲葉弥生
函館実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<ゲスト>
岡田敬二(演出家)


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:45頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:05頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃~「特別レース展望」
13:15頃~「解説者 今日の狙い目」
13:45頃~「メインレース展望」
14:50頃~「ゲスト登場 宝塚歌劇団の演出家・岡田敬二さん」
16:10頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:中野雷太(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

タバコはお互い、気を遣いましょう...。 6月23日(土)の放送予定 [番組情報]
2018/06/22(金) 18:00

「夏の2歳単勝」6月2日(土)~9月2日(日)の2歳戦は、単勝の払い戻しが5%アップ!


【宝塚記念スペシャルゲストは横山裕さん、村上信五さん、錦戸亮さん。国歌斉唱も!】
【阪神土曜は蝶野正洋さんの「ガッデムトークショー」! 宝塚記念の予想もあります】
【さらば「函館の申し子」エリモハリアー、誘導馬引退。お別れイベント実施】


 なんか昨日、ニュースになってましたね。議員さんが配慮のないヤジを飛ばしたとかなんとか。
 かつてタバコを吸っていた愛煙家としては残念。吸う方も吸わない方もお互い気持ちよく、お互いに気遣いがあるべきだと思うんですよね。タバコは害があるとはいえ、別に吸っちゃいけないわけではないし。吸っちゃいけないところでは吸わない、マナーは守る、それだけのことだと思うんですけどね。


 アタシは20歳のときから数年前までタバコ吸ってました。ええハタチからです(←当然)。学生時代、男友達はほぼ喫煙率100%でしたねえ。溜まり場にしていた講義棟のロビーが白く煙っていましたもの。家の中でも当然吸う。みんなで集まればみんな吸う。あっという間に灰皿が山盛りになり、アパートの壁紙はヤニでうっすら色が変わっていました。
 当時はタバコの値段も今の半分くらいだった記憶。1箱220円だったかな。貧乏な学生生活でも、なぜかタバコ代だけはどこからか捻り出せるというね。不思議なものです。


 競馬の実況を始めてからも、レースが一つ終わると喫煙所で一服してリセット、次のレースに臨むというルーティーンが10年近く続きました。
 あるとき喉を痛めましてね。スパッと止めたんです。タバコやめるのに時間はかかりませんでした。家の中からタバコ関連のものをなくするんです。タバコ、ライター、灰皿、携帯灰皿、ぜんぶ一辺に捨てて、それ以来禁煙が続いています。たまに夢の中でタバコをふかして、『ああ、せっかく禁煙していたのに...』と後悔する夢を見ますけどね。


 てなわけで今はタバコと縁のない生活をしていますが、それまでは喫煙者だったので、タバコを吸う人の気持ちもよーく理解できます。だから頭ごなしに禁煙禁煙!と叫ぶつもりはないんです。ゾーンを明確に分けて、その場所以外では吸わないことを徹底すればいいんじゃないでしょうか。
 ひとむかし前は、JRAの競馬場内はほぼどこでもタバコが吸えたと思いますが、現在はどこも喫煙所が整備されています。マスコミフロアも然り。喫煙者も非喫煙者も、お互いにお互いを配慮しながら、タバコと付き合いたいものです。


 では、6月 23日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:55頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:05頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:45頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:50頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:荒井敏彦(東京スポーツ)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、小林雅巳、小屋敷彰吾
パドック進行:山本直、石原李夏
函館実況:山本直也(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:45頃~「土曜メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜重賞レース展望」
12:05頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、竹之上次男
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全13件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 次の5件 ]