第85回日本ダービー [小屋敷彰吾の研修レポート]
2018/05/28(月) 17:52

みなさんこんばんは、小屋敷彰吾です。

第85回日本ダービーが終わってしまいました。

去年初めて放送席からダービーをみて、今年は放送席でみる2回目のダービーでした。

(お昼休みの日本ダービーに騎乗するジョッキー紹介と、発走直前の入場人員発表の瞬間)

 

去年のダービーをみたとき「関係者がこのレースを目指す理由がわかった」と、番組などで話してきましたが、それは序の口にすぎませんでした。

1年経ってまた一段とダービーの重みに気づかされました。

 

今年は初めてダービー後の検量取材を行い、もみくちゃにされながら陣営の声をひろいました。

そしてその中でいくつか印象的だったことがあります。

それは歴代のダービージョッキー方が福永騎手に声をかけていることでした。

C.ルメール騎手や内田騎手らが一番最後に戻ってくる福永騎手を出迎え、抱擁を交わして「ダービージョッキー、おめでとう」、「ダービーを勝つことは気持ち良いでしょ」とお祝いの言葉をかけていました。
ダービージョッキーだけがわかるその景色、その感覚をルメール騎手、内田騎手も思い出したようでした。

 

先週のうまきんIIIで馬券は現実派ですと話した通り、私はいち競馬ファンとしては、競馬をギャンブルの側面から強くみています。

しかしそんな私でも、昨日の検量室をみて心が動かされました。

 

「全員が勝利を目指し、その勝負に勝った者をたたえる」

スポーツとしての競馬の側面をみた瞬間でした。

 

さらに、もうひとつ印象的だったことがあります。

それは、普段は冷静な戸崎騎手から「悔しい」という声を聞いた瞬間でした。

戸崎騎手は普段落ち着いていて、大きな声で話される方ではありません。

しかし昨日のダービーでは「皐月賞馬として力のあるところはみせられました。ただ、悔しいです」といつもより少し大きめの声でコメントされていました。

ダービーはやっぱり誰もが勝ちたい特別なレースなんだなということがコメントからも表情からもよく伝わってきました。

 

 

ダービーの重みというのは、恐らく競馬を深く学べば学ぶほどわかってくるのでしょう。

2年目の私には正直まだまだその重みはわかりきれていません。

来週からはいよいよ新馬戦が始まります。

私も2歳馬のつもりで1年間また競馬を勉強して、来年のダービーではその重みを感じ、中継などで皆さんに発信していきます。

モニター観戦、それもまた「現場」。 5月27日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/05/26(土) 18:00

「ダービーデー馬連」5月27日の東京・京都全24レースを対象に、馬連が5%アップ!


【日本ダービーの表彰式には年間プロモーションキャラクターの4人が勢揃い!】
【国家独唱、今年はさだまさしさん。お昼休みに恒例のダービー騎乗ジョッキー紹介
【京都競馬場に上川隆也さん来場。最終レース終了後に芝コースの開放があります】
第59回宝塚記念 ファン投票6月3日(日)まで。A賞は凱旋門賞観戦ツアー!】


 いよいよでございます。日本ダービーです。
 明日の今頃は「いやーいいダービーだったなー」なんて、全国のそこかしこで盃が酌み交わされていることでしょう。その話題の中心となる第85代日本ダービー馬は、果たしてどの馬になるでしょうか?


 皆さんはどちらで、ダービー馬の誕生をご覧になるでしょうかね。競馬場、ウインズ、テレビ。ラジオで「中央競馬実況中継」という方がいらっしゃれば、ありがとうございます。
 昨日のブログにも書きましたとおり、ワタシは都内某スタジオでの観戦です。現場=競馬場の勤務ではありません。では競馬場にいれば生観戦ができるかというと、これが必ずしもそうではないのです。
 弊社でいいますと、山本直アナはここ何年も日本ダービー当日は東京競馬場勤務ですが、ここ何年も日本ダービーを生観戦しておりません。


 なぜか。
 ダービー直後は、マスコミフロアも検量室前も、普段とは違う混雑に。特に検量前はちょっとした戦場といってもいいかもしれません。普段より関係者の数もマスコミも多く、カメラの数も多いと。そんななかで、勝利騎手の第一声を拾うには、放送席でダービーを観たあとに移動していては間に合わないのです。(←人垣に揉まれ込んでインタビュースペースまで辿り着かない)


 なので、直アナは毎年、日本ダービーのファンファーレより前に検量フロアに下りています。検量室脇のスペースにテレビが置いてあり、そこでレースの模様を観ているという。ここでレースを観て、すぐにレース後の取材に取り掛かるというわけです。
 それが仕事であり、検量室も大事な"現場"であるのです。本人は早く後輩に譲りたいと思っているかもしれませんが...。昨日は週の半ばのピリピリ感を、きょうはレース後のヒリヒリした感じをご紹介しました。競馬中継の合間に、そういった空気感を味わってもらえるとありがたい。さあ今年も、日本ダービーを楽しみましょう!


 では、5月 27日(日) の放送予定です。
 放送時間がいつもと変わります。
 第1は午前9時30分から午後5時30分まで、第2は午前9時30分から午後5時まで。
 通常より放送時間を延長します。

【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
徳武英介(社台スタリオンステーション)
栗山求(血統評論家)


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
丸山一樹(日刊競馬)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~9R
松本憲二(競馬ブック)10R・12R
京増真臣(研究ニュース)11R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:55頃~「メインレース展望」
11:55頃~「ゲストコーナー 徳武英介さん(社台スタリオンステーション)」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:00頃~「今日のコラム」出演:立川敬太(東京スポーツ)
14:40頃~、15:30頃~「ゲストコーナー 栗山求さん(血統評論家)」
16:55頃~「日本ダービー 勝利騎手インタビュー・レースレポート」
17:15頃~「来週の重賞展望」


東京実況:山本直(1R~3R)小林雅巳(4R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:佐藤泉、小屋敷彰吾、山本直、小林雅巳
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:10頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:35頃~「特別レース展望」
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「メインレース展望」
16:30頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

こんなところも世代交代? 5月26日(土)の放送予定 [番組情報]
2018/05/25(金) 20:00

「春の3歳重賞馬連」5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
「ダービーデー馬連」5月27日の東京・京都全24レースを対象に、馬連が5%アップ!


【日本ダービーの表彰式には年間プロモーションキャラクターの4人が勢揃い!】
【国家独唱、今年はさだまさしさん。お昼休みに恒例のダービー騎乗ジョッキー紹介
第59回宝塚記念 ファン投票6月3日(日)まで。A賞は凱旋門賞観戦ツアー!】


 今週はいよいよ、競馬の祭典・日本ダービー。今夜はその前々日、いわゆるイブイブってやつです。
 ワタシ、今年は久しぶりに東京競馬場におりません。わりと例年ダービーデーは休みだったりするので(春の新潟が終わって2場開催ですしね)、休みを利用して放送席でダービー観戦ってな年が多かったんですが、今年は都内某所にてテレビ観戦となりました。
 そしてもうひとつ、例年のことが今年はありませんで。



 大阪に異動する前も、本社に戻ってきてからも、日本ダービーの追い切り取材は決まってワタシでした。そういえば大阪時代も栗東で何度か日本ダービーの共同会見インタビュアーやりました。
 このね、ダービーウィークのトレセンはですね、なんとも言えない張り詰めた空気がですね、いつもと違うんですよね。ダービー当日になると場内も賑やかで、心が浮き立つんですが、週の半ばのトレセンはピリリ。もちろん報道陣も多いですし、陣営もベストの状態でダービー出走をと渾身の仕上げ。その追い切りが終わったあとの共同会見ですから、インタビュアーも緊張します。
 2013年は藤沢和雄厩舎が3頭出しで、木曜日に東京競馬場に輸送して、競馬場で追い切りを敢行したことも。このときも東京競馬場まで行って、インタビューしましたね。懐かしい。
 インタビューの最後には、騎手にも調教師にも、日本ダービーにかける思いを聞くようにしていました。皆さんそれぞれの言葉で語ってくださいました。そんななかで印象深いのは、泰然自若とした安藤勝己さん。他のレースと変わらない、どこか達観したような落ち着いたインタビューを今でも覚えています。
 

 今年、美浦トレセンの共同会見インタビュアーは大関アナが担当しました。世代交代かな...と一抹の寂しさも感じつつ。今週末の中央競馬実況中継でもたっぷり流れる予定ですので、各陣営の日本ダービーに向けた言葉をぜひ聴いてくださいね!


 では、5月 26日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:00頃~「ゲストコーナー 加藤みどりさんを迎えてダービー展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:石原李夏、小屋敷彰吾、小林雅巳
パドック進行:山本直、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
荒木敏宏(競馬評論家)5R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「土曜重賞レース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜メインレース展望」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

想像できないプレッシャー [小屋敷彰吾の研修レポート]
2018/05/21(月) 18:22

こんばんは、小屋敷彰吾です。

久々の更新となりましたが、皆さんいかがお過ごしでいたでしょうか?

東京競馬場は5週連続のGI開催。

昨日のオークスは6万5000人のお客さんが来場されたということで、その歓声が放送席まで響いていました。

 

それにしても強かったですね、アーモンドアイ。

レース前はロードカナロア産駒ということもあって2400メートルは大丈夫かと言われていましたが、終わってみれば2分23秒8のタイムでの圧勝。

上がり3ハロンが33.2秒というのは、桜花賞の上がり3ハロンと同じタイム。

しかも今回は6番手からの競馬ですから、このポジションであの脚を使われてはどうしようもないというところではないでしょうか。

(レース直後のアーモンドアイとねぎらうC.ルメール騎手)
 

先週私は美浦トレーニングセンターへ取材に行き、C.ルメール騎手と国枝栄調教師の会見をみてきました。
ルメール騎手はとても明るい表情で、言葉からもとにかく自信が伝わってくるインタビューでした。
そして国枝調教師も、不安という不安はないということを話されていました。

ただ、お二人とももちろん自信はあったと思いますが、それ以上にプレッシャーを感じていたのではないでしょうか。

 

それを強く感じたのが、表彰式から検量室へ戻ってきたときの国枝調教師の表情を見たときでした。色々な方から「おめでとうございます」と声をかけられ笑顔でしたが、それ以上に「ホッとした」という、安堵した表情をされていました。

私は騎手でも調教師でもないので圧倒的な1番人気でレースに臨むプレッシャーを体験することはできませんが、国枝調教師の表情をみたときにその重圧をなんとなく感じることができました。
改めてアーモンドアイの関係者の皆様おめでとうございました。
夏を越えてさらに成長したアーモンドアイを秋に見られることを楽しみにしています。

 

さあ、今週はいよいよ日本ダービー。

二冠か、2歳王者復活か、それとも新興勢力か・・・

早く週末が来て欲しいような、でも来て欲しくないような今はフワフワした気分です。

1勝馬の挑戦。 5月20日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/05/19(土) 21:30

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【オークスデーのゲストは土屋太鳳さん! 表彰式+最終R後にレース回顧トークショー】
【新潟は開催最終日、アルビフェス 野球、バスケ、スノボ選手がトークショーを行います】


 19日のラジオNIKKEI第1「中央競馬実況中継」、きょうの注目数字のコーナーで取り上げたのは「2000万円」。
 今年の日本ダービーの出走可能な賞金額のボーダーラインが、本賞金2000万円なんですね。京都新聞杯2着のアドマイヤアルバがこの本賞金額で、現在のところ出走決定順18番目なのです。次位はアイトーンとリョーノテソーロの1900万円で、オープン特別勝ちのある3勝馬でも現状では今年のダービー出走は難しいわけです。


 一方、明日のオークスは本賞金400万円の1勝馬4頭が抽選で3頭出走可能に。また、今年の皐月賞はレース2週前の登録の段階で17頭とフルゲート割れ。1勝馬でも出走意思を表明すれば出られる状況であったのでした。やはり"ダービー"の重みといいますか、出走できるものであればぜひ出走させたいという陣営の思いを感じることが出来ます。
 

 ではみなさん、過去78回のオークスの歴史の中で、1勝馬が優勝したのは過去に何回あるかご存知ですか? 私は知りませんでした。
 週の半ばにJRAからいただいたミニデータによれば、過去に2頭。1939年(!)のホシホマレと、1995年のダンスパートナーです。ホシホマレは第2回のオークス勝ち馬。レース創設当時はまだオークスという副称はなく「阪神優駿牝馬」というレース名で秋に行われていました。1939年は昭和14年。我らが大先輩長岡一也さんが確か昭和14年だった気が...。
 さすがにホシホマレの戦歴を簡単に調べることはできませんが、ダンスパートナーも1勝馬でしたか。年明け1月の小倉でデビュー勝ち、エルフィンS・チューリップ賞・桜花賞と連続2着のあと、デビュー5戦目でオークス制覇。当時は「56年ぶりの1勝馬のオークス制覇」とか騒がれたんでしょうか。私は競馬を見始めたころなのでそこまではわからなかったですねえ。


 今年は1勝馬が5頭も出走(ウインラナキラ、ウスベニノキミ、サヤカチャン、シスターフラッグ、パイオニアバイオ)。残念ながら出走取消となりましたがトーセンブレスも1勝馬でした。これらの伏兵が、ダンスパートナー以来23年ぶりの快挙を成し遂げることができるでしょうか?
 ...実はトーセンブレスがもし勝てば、柴田善臣騎手もいろいろな記録が達成されるところでした。た~くさん調べたんですけどね、こちらも残念ながらお蔵入りに。まあ細かく資料を作っても、アウトプットできるのは10分の1あるかないか、ぐらいのもの。なのでここでちょっとしたデータをご紹介させていただいた次第です。


 では、5月 20日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
志村竜一(日刊競馬)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~4R
宮崎秀一(日刊競馬)5R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
今野光成(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:20頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:15頃~「今日のコラム」出演:川上大志(スポーツ報知)
16:20頃~「来週の重賞展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:小島友実、小屋敷彰吾、山本直也
パドック進行:稲葉弥生
新潟実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
城谷豪(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:10頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:30頃~「特別レース展望」
13:30頃~「解説者 今日の狙い目」
14:05頃~、14:40頃~「メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

全11件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 次の5件 ]