記念すべき初の・・・ [小屋敷彰吾の研修レポート] [中央競馬実況中継]
2018/01/15(月) 18:00

みなさん、初めまして!!!
山本直アナウンサーからブログを引き継ぎました、入社1年目の小屋敷彰吾(こやしきしょうご)です!
記念すべき、第1回目のブログです!!

入社1年目ということで、生放送のニュース読み、検量室での取材、まわりにたくさんいる先輩などなど、私は毎日怯えながら生活しています。おそらく皆さんも、明日締め切りの仕事や落ち着かない家の中など、日々様々な恐怖と戦って生活されていることと思います。

このブログはそんな皆さまのセラピー・癒しになればと思いこれから更新していきます。

ブログのタイトルは「小屋敷彰吾の研修レポート」になるみたいです。(毎週更新を目標に)がんばっていきますので、よろしくお願いします!

さて私、先週の土曜日ついに「パドック進行デビュー」を果たしました!!!!

初鳴き(はじめてアナウンサーとして話す)や初レポートなど入社してからたくさんの「初めて」を経験してきましたが、先週はラジオNIKKEI第1の中央競馬実況中継のなかで、初めてパドックの進行アナウンサーを担当しました。

あの、、正直なところ「パドックなら話すことが決まっているし、そんなに緊張しないかなぁ」と軽く考えていました。


しかし、本番が近づくにつれて、自分の心臓はどんどん元気になっていきました。

さらに追い討ちをかけるように、本番5分前にパドックブースの扉が開き、、、

中野部長が姿をあらわしました(ざわ、、ざわ、、)

自分の放送を先輩が聴いてくれるのは勉強になるし、とてもうれしいものです。ただ、できたら自分がわからないところで聴いていて欲しいものです笑

 

たくさんの人が聴いてくださっているという緊張と、背後からのプレッシャーを受けて、手は震えるし、頭は真っ白でした。。。

ひとまず無事に?ゴールインできてよかったです。

放送終了後には、友人や家族から「あとから放送を聴いたよ」という声をもらいました。さらには検量室での取材で、「デビューしたみたいですね」と声をかけてくださる記者の方もいらっしゃいました。

ありがとうございました。radikoって本当にすごいですね。radiko、ばんざい!!!

 

 

。。。終わり方がわからない汗

これからこのブログで自分が感じたこと、気づいたことなどを発信してゆきます。
つたない文章ですが、「小屋敷彰吾の研修レポート」をどうぞよろしくお願いします!



----------
(管理者より)
今週からラジオNIKKEIアナウンサー最年少・小屋敷彰吾アナのブログがスタートしました。日々の業務や練習で気づいたことを彼の言葉で綴ります。どうぞお楽しみに!