虹が見えたのです。 [山本直の修行日誌]
2016.04/19 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

金曜の夜から明け方まで、福島のホテルで呆然としながら、
テレビのニュースに釘付けになっていました。

雨が降り、風が吹き、日差しが照らした日曜日のメインレースの後、
福島競馬場の検量室に下りると、2コーナーの奥に虹がかかっていました。
5年前、この福島も大きな揺れに襲われ、競馬開催ができなくなったのでした。

私はあの地震で東北にいたわけでもなく、
今回の地震で九州にいたわけでもないのですが、
この虹を見て、ちゃんとやっていかなきゃいけないな、と思ったのでした。

今週も、この先も、
競馬場で、ウインズで、スピーカーの奥で、お待ちしています。

では、また。
インターバルの使い方。 [山本直の修行日誌]
2016.04/04 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。今日、出来ることならアメリカに行きたかった。。。

アメリカのプロレス団体・WWEによる年間最大の大会「レッスルマニア」が、
日本時間の今日(4日)、テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで行われました。
日本に英語実況・日本語字幕版の映像が供給されるのはもう少し後なので、楽しみに待っております。
個人的にはネタバレを見てしまってもあまり気にならないのですが、
日本公開までは胸に秘めておくのが日本のWWEユニバース(ファンのことをこう呼びます)のお約束。。。
(´-`).。oO(まあ、明日の新聞には結果が載るんでしょうけどね......)

そのWWEには日本から新日本プロレスで活躍していた中邑真輔選手が移籍したばかり。
近年の日本人選手はWWEに移籍すると名前を変えるのが通例で、一瞬「誰?」となることが多々あったのですが、
日本での(世界での?)知名度の高さからか、中邑選手は実名登録された模様。
ただ、必殺技の「ボマイェ」は「キンシャサ」という呼び方に変わったようです。
世界のファンが飛びつける名前を考えて広める団体ですから、このあたりは仕方のないところでしょうか。
この情報をキャッチした私は、昨日、一昨日とキンシャサノキセキ産駒に注目したものの、結果にはつながらず。無念。

今週から春の福島開催が開幕。中央競馬は3場同時の開催に戻ります。
競馬開催は前半が30分間隔、後半は35~45分間隔でレースが進んでいきます。
お互いの発走時刻を重ならないようにすることで、2場でも3場でもうまくリズムを取って競馬を見ていけるようなタイムスケジュールになっています。

3場の場合、午前中はほぼ10分間隔でレースが進んでいきます。
個人差はあると思いますが、実況アナウンサーにとってこのリズムはとても助かります。

枠入り状況や距離によりますが、実況時間は1レースあたり最大5分ほど。
B競馬場の次のレースは10分後にスタート、遅くとも15分後には終わっています。
その結果を確認すると、パドックから馬が本馬場へと向かう頃。
本馬場入場~実況の予習に集中しつつ、C競馬場の結果をちらっと確認。
自分がいるA競馬場のレースへ、、、という流れが淡々と進んでいきます。

土曜の場合は翌日の実況準備(塗り絵)がありますから、
他の競馬場の動きで塗り絵の切り上げ時がわかるのも助かります。

しかし仕事しながら、財布の中身が無くなっていくのはなんとも。。。

では、また来週!......と思ったのですが、
来週は月~木曜まで勤務がありませんので、このブログもお休みします。
海外馬券前夜祭、結果編。 [山本直の修行日誌]
2016.03/28 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

ドバイワールドカップデー実況中継、お聴きいただけましたか?
本当に強かったラニ......。
さて、先週のこのブログ(リンク)で紹介した「海外馬券」の視点から振り返りましょう。
(今週のブログでは、外国馬の馬名をJRA発表のもので統一します)
先週のブログで私がつけた想定オッズから、想定される払戻金と馬券のヒント(?)をご紹介します。
(しかし前夜祭の結果編って。。。)

ネオブラックダイヤが出走したドバイゴールドカップは、
人気の中心だったヴァジラハドが接戦を制し、2着は3番人気のビッグオレンジ、4番人気のハーファギニーが3着。
2番人気のマナティーは6着、日本のネオブラックダイヤは8着でした。
配当想定は単勝210円、馬連610円、馬単1020円、3連複1670円、3連単6730円とします。
ヴァジラハド騎乗のスミヨン騎手は、1kgのオーバーウェイト(負担重量超過)があったとのこと。
日本の競馬ではなかなか見ない事例ではありますが、これで着順が違ったとしても泣くに泣けないところ。肝に銘じておきましょう。

日本から3頭が出走したUAEダービーは、5番人気としていたラニが勝ってくれました!
3/4馬身差の2着にポーラーリバー。こちらも1kgのオーバーウェイト(またか......)。
3着に日本のユウチェンジで、単勝1110円、馬連650円、馬単1860円、3連複1410円、3連単9410円としました。
日本の馬たちに特定票が入りそうだということを考えると、もうちょっと安くなるんでしょうか。。。
せっかく単・複の発売があるわけですから、応援馬券をがっつり買うほうが(心情的にも)いいような気がします。

ベルカントが登場したアルクオーツスプリントは、5番人気のバッファリングが勝ちました。
1番人気のエルティジャールが2着、3着に3番人気のペニアフォビア。2番人気のソールパワーは10着、ベルカントは12着。
5番人気→1番人気→3番人気で、単勝890円、馬連1850円、馬単3840円、3連複4480円、3連単26390円と想定したのですが、実際はもっと安くなる気がします。
というのは、各馬の人気を考える段階で、海外のブックメーカーのオッズをいくつか見て回ったのですが、
人気薄の馬たちは26、34、51、100倍くらいで横並びになっているのです。
これらは(各馬と比較して)評価するポイントがないことが理由だと思うのですが、
実際の能力と比べて、可能性を高く(オッズを低く)見積もっているように見えます。
日本の競馬ファンは人気薄の馬たちも冷静にジャッジして、オッズを判断する傾向がありますから、
ブックメーカーで26倍以上の馬たちは、極端にオッズが上がるかもしれません。
仮にブックメーカー程度のオッズになるとしたら、思い切って全部消してしまったほうが馬券としてもすっきりする気がします。

日本のリアルスティール(3番人気)が1年ぶりの勝利を飾ったドバイターフ。
2着のユーロシャーリーンが6番人気、3着のトリスターが1番人気。
ちなみに4着にはエルティジャール。アルクオーツスプリントで2着だった馬とは違うエルティジャール。
同名の別馬なんですね。同日出走のこういう例は、まず日本では見られませんが、海外だと有り得る話。
今年、馬券が売られていれば、エルティジャールからエルティジャールへ複勝でころがすとか出来たのか。。。
(結果はコロガシ失敗、ですけどね)
単勝920円、馬連7950円、馬単15120円、3連複6510円、3連単48290円。3連単としては今回の諸競走で最も配当が上がりました。
でも、人気順は3→6→1番人気。「ちょっとズレた」順番で決まっただけ、なんですよね。
資金に余裕のある方は1頭軸マルチで攻められると、思わぬ配当につながるのかもしれません。
しかも、アルクオーツスプリントのところで書いたように、人気薄は思い切って評価を下げる手がありますから、
1番人気を軸にして、2~6番人気の5頭で60点で攻められれば、そこまでいかなくても3連複にして10点で攻められれば、
これだけの配当につながる可能性が。。。財布が細い私でも3連複で10点だったら。。。よし!(当たったつもり)

ドバイシーマクラシックはポストポンド、ドゥラメンテの順番で決まって(人気から見ると)順当な決着。
ドゥラメンテは落鉄のアクシデントがなければ、と思ってしまいますが、本当にがんばってくれました。
単勝230円、馬連440円、馬単780円。高い評価を持った2頭への投票は過熱するでしょうから、実際はもっと安くなるのかな、と思います。
5番人気としていたラストインパクトが3着に入って、3連複1390円、3連単5600円。こちらも配当は下がるかなー。
上でも書いていますが、日本勢にどこまで票数が入るのか、我々が肌で感じられない諸外国の馬を1番人気にしてどこまで信じられるのか、
こういったところは、海外馬券を買う側の命題になりそうです。

最後にドバイワールドカップ。カリフォルニアクロームが貫禄の勝利。本当に強かった。
単勝250円としましたが、150円レベルの強さでしたね(個人の感想です)
このレースは2、3着が「跳ねた」パターン。それでもムブタヒージが6番人気、ホッパーチュニティが5番人気。
馬連2010円、馬単3350円、3連複8610円、3連単37360円。2番人気のフロステッドが着順を落としたにしても、本当にここまで配当がついてくれるのでしょうか。

それにしても5・6番人気が馬券の肝になった(と推察される)ドバイワールドカップデー。馬券販売が予想されている来年はどうなるのでしょうか。
とても長文になってしまいすみませんでした。では、また来週!
ドバイワールドカップデーは、海外馬券前夜祭? [山本直の修行日誌]
2016.03/22 山本 直 記事URL
こんばんは、山本直です。もう帰りたいです。もう帰ります。(帰ろうと思ったらアルクオーツスプリントで取り消し馬が出ていたので修正。。。)

JRAは14日、この秋からの発売を目指す「海外でのレースを対象に行う馬券の販売」についての概略を記者会見で発表しました。式別は単勝、複勝、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単の7種類で、農林水産大臣から指定された年間24レースのうち、日本馬の出走が見込まれるレースが発売されるというものです。(発売に際して、個別に認可申請の手続きがあるそうです)

ということは(気の早い話ですが)来年のドバイワールドカップデーは、馬券を買って(いろんな私情も込めつつ)日本馬を応援できる!ということです。
(今年のドバイワールドカップデーはラジオNIKKEIで!)

今回のブログでは日本馬が出走するレースの独断と偏見(と海外ブックメーカーの人気)で、わたくし山本が考えたオッズをご紹介します。あくまでも個人の独断と偏見にあふれております。
なお、現時点の発表ではG1競走のみが対象で、UAEダービー、ドバイゴールドカップ(ともにG2)は日本馬が出走しても発売される予定は無いそうです。
でも今回は(せっかく調べたんだから)書いちゃいます!
また、JRAなど各メディアが発表する「カタカナの馬名」と、今回紹介する馬名が一部違っている場合があります。あらかじめご了承ください。

まず、出走馬7頭のうち3頭が日本馬というUAEダービーです。

(日本の競馬と同じルールで、複勝は2着払いということになるのでしょうかねぇ)
3月3日のUAEオークス(G3)を制して4戦無敗の地元馬・ポーラーリバーを1.5倍の1番人気としました。複勝が2着払いとはいえ1.2倍もつくのか?という気はしますが、どうなのでしょう。そういえば、人気が集中した時に実施されるJRAプラス10(売り上げの総額を超えない範囲で、本来100円の配当であるところに10円を上乗せする)は適用されるんでしょうか。。。

ポーラーリバーからヴェイルドリへの馬連は2.9倍、馬単は4.4倍(ウラは7.7倍)と想定しました。相手をフランクカンバセーションとすると馬連3.7倍、馬単5.6倍(ウラ10.2倍)。ちなみにタテ目の馬連は17倍に跳ね上がります。
上位人気3頭の3連複は3.3倍。3連単の1番人気はポーラーリバー→ヴェイルドリ→フランクカンバセーションで11.2倍、フランクカンバセーションを2着にすると12.4倍。ポーラーリバーを2着にすると19.7倍、3着にすると43.7倍が最小値。

日本馬ではユウチェンジを人気筆頭にしましたが、ポーラーリバーとの馬連は6.0倍。馬単はユウチェンジ1着だと16.9倍(ウラは8.8倍)。
ちなみにちなみに夢を見て日本馬上位独占!となると、3連複722倍!3連単では最大(オンザロックス→ラニ→ユウチェンジ)で4441倍!以上、3連単狙い撃ちのコーナーでした(違)

続いて、ネオブラックダイヤが出走を予定しているドバイゴールドカップ。

ヴァジラハド(フランス)は初勝利が3000m戦、3100mのロイヤルオーク賞(G1)を5連勝で制した生粋のステイヤー。この人気に応えられるでしょうか。

マナティーとの馬連は4.6倍、馬単は7.9倍(ウラは10.4倍)としました。ビッグオレンジを2着にすると馬連6.1倍、馬単10.2倍(ウラは14.1倍)。(単勝の数字ほど開いていないのは私の作り間違いなんでしょうか......)

3連複の1番人気は6.6倍、3連単では人気順に決まって28倍、ヴァジラハド2着では37倍、3着では56倍になります。

ネオブラックダイヤから見ていくと、ヴァジラハドとの馬連20倍、馬単はネオブラックダイヤが勝つと50倍(ウラは33倍)。3連単はネオブラックダイヤが1着で175倍、2着で115倍、3着で91倍がそれぞれの最小値です。

アルクオーツスプリントにはベルカントが出走を予定しています。ここから先の枠順はまだ決まっていないので、想定メンバーを元にしたものです。
(モンゴリアンサタデーは出走を取りやめたようです)
勢いがある地元のアーティジャールが1番人気。やや割れていて混戦模様に見えます。6年連続参戦(!)のソールパワー(アイルランド)などが相手になるのでしょうが、馬連13倍以上、馬単24倍以上という難しさ。3連単だと1番人気でも159倍。。。個人的には香港スプリントの逃げ切りが鮮やかだったペニアフォビア(香港)から手広く流して高配当待ち、としたいところ。
我らがベルカントからは馬連35倍、3連複だと70倍以上。思い切って振り回してみる手もありそう。。。

どんどん行きましょう。リアルスティールが出走予定のドバイターフです。

人気を集めている2頭、地元のトライスターは前哨戦のジェベルハッタ(前哨戦でもG1!)を勝った馬。武器は最後方からの追い込みだそうです。インティラーク(イギリス)は8ヶ月の休み明け。2頭の馬連は5倍(馬単はともに10倍を切るかどうか)。リアルスティールを含めた3連複は12倍の想定。3連単は54倍くらいが最低ラインです。

リアルスティールから人気2頭への馬連は13倍、16倍くらい。リアルスティールが勝った時の馬単は30倍以上、2着でも24倍あります。3連単ではリアルスティールが勝つと85倍以上。現実感があるようなないような(笑)

ドバイシーマクラシックは日本馬2頭が参戦。

昨年のキングジョージを勝ったポストポーンド(イギリス)を1番人気としました。中山記念でファンを沸かせたドゥラメンテは2番人気、ハイランドリール(アイルランド)までの構図はUAEダービーに近い気がします。ポストポーンドからドゥラメンテへの馬連で4.4倍、馬単は7.8倍(ウラは9.6倍)。"タテ目"となるドゥラメンテとハイランドリールの馬連は10倍くらいです。

ドゥラメンテとラストインパクトの日本馬ワンツーは馬連27倍。馬単は50倍、ウラは57倍。うーん、ウラはもっとつくような気がするのですが。。。日本馬2頭からの3連複は13倍以上。ドゥラメンテ→ラストインパクト→ポストポーンドの3連単は107倍、ラストインパクトが勝つと124倍。当ててみたい。。。

最後にドバイワールドカップ。今年もホッコータルマエが遠征しています。

いざとなったらカリフォルニアクローム(アメリカ)が2倍を切りそうな気もしますが、ひとまずこのオッズとしました。フロステッド(アメリカ)とのアメリカワンツーの馬連は3.4倍、馬単は6.4倍と6.9倍です。3連複はムシャウィッシュを絡めて8倍、3連単はカリフォルニアクロームが勝って35倍、フロステッドが勝って38倍。

ホッコータルマエからは馬連24倍、馬単は1着で58倍、2着で41倍が最低ライン。2強以外に流すと馬連はすべて万馬券になります。2強との3連複は17倍、ホッコータルマエが突き抜けて1着になると3連単は142倍、155倍。
電話投票会員向けのインターネットサービス「Club A-PAT」では、万馬券的中証明書なるものが見られるのですが、海外馬券でも出てくれませんでしょうか。「俺、ホッコータルマエで獲ったよ、あの万馬券」でお酒が進みそうじゃないですか(個人の感想です)

実際の結果を踏まえた答え合わせは来週のこのブログでお届けします。では、また来週!
ホームグラウンドを飛び出そう [山本直の修行日誌]
2016.03/14 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

今週末の競馬開催は土・日・月の3日間。3場がそれぞれ2日ずつの開催ですから、3場とも「休み」があります。

土曜は阪神・中京で開催、中山が休み。
日曜は中山・阪神で開催、中京が休み。
月曜は中山・中京で開催、阪神が休み。
(ちなみにわたくし山本は阪神に出張で、土曜後半の進行と日曜前半の実況を担当する予定です)

この日程を見てどの日が休みになると(働く人間として)都合がいいか、と考えてみました。

・中山
 土曜は休み(だけど新聞を手に入れたい)、日・月は仕事。
・中京
 土曜は仕事、日曜は休み(だけど新聞は略)、月曜は仕事。
・阪神
 土・日は仕事、月曜は休み(何をしてもいい......わけではないけど休みは休み!)

競馬がある日に休みがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
月曜日なにしようかな、競馬しようかな、別のことしようかな、はっはっは。

というわけで、もうテンションが上がっております。
まだ月曜日なのに、月曜日のことでわくわくが止まりません。



さて、皆さんは競馬の"ホームグラウンド"ってありますか?

3場の36レースを全部やる人や、3場の中から勝負レースを選ぶ人が多い(とされているような気がする)一方、東日本の競馬に専念する人、西日本の競馬に専念する人、ローカル一本!の男気あふれる(?)方も多いと思います。

今週は2場ですから全レースやっても24レース。発走間隔が緩やかになる時間帯もあり、考えをめぐらせやすく、せっかくだから、普段はやらない場に手を伸ばすチャンスです。

このブログをご覧の方ならお分かりだと思いますが、ラジオNIKKEIでは東西2場から競馬中継を同時に放送しています。第1で東日本の中継をずっと聞いている方、第2で西日本の中継をずっと聞いている方、発走のタイミングに合わせて第1と第2を行き来している方といらっしゃると思います。

もし、東日本の競馬ファンの方で「土曜日は休もうかなー」と思っておられる方、「月曜日は休もうかなー」と思っている西日本の方がいらっしゃったら、ぜひ「普段は聞かない方」の放送もお楽しみいただきたいと思います。

私は東京本社、東日本の競馬を中心に見ている人間ですが、関西出張で京都・阪神の競馬を実況すると、勝負服を見ながら「関西の馬主さん」っていらっしゃるんだな、と思います。連続出張が終わって東京に帰ってくると、「関東の馬主さん」もいるんだなーと思うわけです。

たとえば、昨日(13日)の中山競馬8レースを勝ったツウローゼズをお持ちの鈴木芳夫さん(茶色,黄袖の勝負服)は、JRAの平地競走では、ほとんどのレースで木幡初広騎手を起用しています。平地競走の勝利をさかのぼると、2013年11月2日にプレシャスムーンが東京の未勝利戦を蛯名騎手で勝っているのですが、その日は福島で騎乗していた木幡騎手がエターナルムーンを秋元湖特別(500万円以下)で勝利に導いています。関東のファンには「木幡初広騎手といえば、この服色!」と思っている方も多いと思います。もちろん、現役のJRA所属馬は全て関東馬です。

せっかくの変則3日間ですから、東のみなさんには西の競馬を、西のみなさんには東の競馬を感じていただく3日間にしてはいかがでしょうか。

では、また来週!
"極私的"菜七子フィーバー回顧 [山本直の修行日誌]
2016.03/07 山本 直 記事URL

こんにちは、山本直です。


競馬界にとって大きな1週間が終わったような、そんな気がしているのは私だけでしょうか。


5日の放送予定で小塚アナが触れたように、藤田菜七子騎手が3月3日の川崎競馬でデビューしました。
先週のこのブログを書く少し前に、共同会見の司会進行を担当することになりました。
振り返ってみると、中央・地方をとってみてもおそらく史上初であろうことばかりでした。
最終的に63社、137名の報道陣が川崎競馬場に詰めかけました。
これだけの報道陣が集まることがどれほど珍しいことなのか、皆さんも「130名の報道陣」で検索いただくといろいろとお分かりになると思います。


最終レース終了後の共同記者会見。舩山アナがtwitterで写真を投稿していましたのでご紹介しましょう。




私自身が記者会見の進行をするのは初めてでしたから、よくある共同記者会見との比較をすることはできません。
しかし、参加していたメディアの皆さん全体に温かな空気があったことは事実だと思います。
ただ、その温かな空気を作ったのは当日の藤田菜七子騎手のプレーによるものだったこともまた事実だと思います。
会見中、時に答えを迷うところも見受けられましたが、それでも頭の中で言葉をまとめ、目の前のカメラを見据えながらはっきりと答える姿は堂々としたものでした。
(緊張していたワタクシが恥ずかしいばかり。。。)
会見の前に代表質問を全て決め、用意した答えを述べる会見もあるようですが、
今回の会見では、私からの代表質問も、個別で受けた質問も全て"アドリブ"でした。
多数のフラッシュで頭が真っ白になりそうなものですが、さすが大物です!
(そう比べると私は真っ白だったよう気も。。。ああっ)


ちょっと長くなってしまいましたので、3日のプレーについては13日(日)放送の新・アナライズドで振り返ります!


そして、5日の中山競馬2レースでJRA初騎乗。ここでは、実況アナウンサーとしての回顧をします。


まず、コンビを組んだネイチャーポイントのこれまでをおさらいしておきます。
・初戦(東京)...出遅れて9着
・2戦目(福島)...出遅れるもメンバー最速の上がりタイムを記録して5着
・3戦目(中山)...先行はできたものの一杯になり10着
調教で動いていたようで、休養の間に大きく成長している可能性は考えられましたが、
先行すると伸びない、出遅れると伸びるという印象でした。


本馬場入場の後、発走地点へ向かうところで、我々は騎手の帽子・勝負服を見て馬の名前が出てくるように覚えます。
その時、芝・ダートの切れ目をまたぐネイチャーポイントの背中で、菜七子騎手が騎乗姿勢のトレーニングをする姿が見受けられました。
他の騎手のそれと比べて、極端に低い、馬の近くに身体を寄せる姿勢のように見えたのが気になりました。


川崎の6戦で出遅れはなく、根本調教師からも「スタートはうまいんだ」という話を聞いていました。
中山のダート1200mは芝からダートへ向かって斜めにスタートする関係で、実況席から正確にどの馬のスタートが速かったかを見切るのは困難です。
それでも、ネイチャーポイントが1~9番の間で最も速いスタートを切ったことは、実況席からも確認できました。
しかし、外枠の馬たちのほうが速いスタートを決めていて、逃げ、先行の位置を占めていきました。
3番手までの位置が決まった、そのインに入るかな、というところで最内のフジシャイアンがそこへ入り、一瞬手綱を引きました。
その時の引く挙動で前とは差ができましたが、ちょっと窮屈なシーンでも流れはスムーズだったように思いました。


4コーナーから直線に入って250mほどのところで、私が触れたのは前の4頭。
ネイチャーポイントの姿も目には入りましたが、向こう正面の位置関係からだいぶ差が開いていたことで"これは厳しいか"と思い、名前は挙げませんでした。
逃げたセイユウボーイの粘りが目立ち、圧倒的人気のペニーウェディングが詰め寄るものの、一気に突き抜ける、大差をつけるような動きではなく、
3番手争いに目をやると、内にいたはずのネイチャーポイントと同枠(同じ帽子)のアラマサバドが伸びてきていました。
脚色は明らかにネイチャーポイントの方が上。"菜七子人気"で集めた3番人気以上の着順が見えてきました。
このタイミングでペニーウェディングが抜け出して、ネイチャーポイントが猛追。その勢いがすごかった。
本当であれば「ペニーウェディングが抜け出した!ネイチャーポイント、藤田菜七子が迫ってくるが、ペニーウェディングだ!ゴールイン!」で終わらせられればよかったのですが、
すいません、ネイチャーポイントのあまりの勢いで、ゴールまでの残り時間を2秒ほど見誤りました。。。
某局の朝の番組で、私の実況をテロップ(字幕)に起こして放映されていたのですが、恥ずかしくてちょっと目を背けてしまいました。おおう。


場内ではゴールまでの数秒、高いトーンの歓声とは違う、低く突き上げるようなどよめきが起きていました。
放送でお聞きいただけたかもしれませんが、ゴールを過ぎてそのどよめきが拍手に変わりました。本当に驚きました。
その後は、ターフビジョンのスロー映像を見ながら言葉を並べるのですが、
「追う姿勢が低く、馬体に対して極端に前へと出している」ということに、そこで初めて気づきました。
返し馬でトレーニングしていた姿勢が、そのゴール前の挙動を指しているのか、素人の私にはわからないのですが。。。


木曜日の記者会見、土曜日の実況と続いたことでありがたいことに、被写体ではない私のほうまでいろいろな声をいただきました。本当にありがとうございます。
賛否を問わず、反応があって、初めて考えることもあります。そういった面で、今回のことは、本来関係のないはずの私にとっても大きな意味がありました。


JRAに16年ぶりの女性騎手が誕生したことで、もっと増えてほしい、といった声を挙げる人が活字でもネットでも多く見られました。私もそう思います。
ただ、それ以上に、アスリートである騎手の能力、良さを測る尺度が増えることを願ってやみません。
藤田菜七子騎手には高いスタートセンス、「当たりが柔らかい」と評されるしなやかなストローク。
他の騎手では動かなかった馬が動く可能性がそこにあるという声があります。
リーディングの3要素(勝ち数、勝率、賞金額)に現れない部分で、いろんな尺度が増えるといいですねぇ。
何か馬券に結びつかないかな(ふっふっふっ)


では、また来週!

いよいよデビュー!なので塗り絵をしてみた [山本直の修行日誌]
2016.03/01 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。幸せな肉の日イブを過ごしたことはここだけの秘密なんですが、インターネッツは怖いですね(棒)

twitterなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「中央競馬実況中継」の60周年記念サイトがオープンしました!
競馬中継の歴史を貴重な音源とともに振り返ります。どうぞご覧ください。
競馬実況アナウンサーの初体験(意味深)を振り返るコーナーもあるそうです。ああ、怖い怖い。

さて、JRAでは3名の調教師・6名の騎手が新たに免許を交付されました。
週末の中央競馬を前に、JRAとしては16年ぶり、7人目の女性騎手・藤田菜七子さんが3日の川崎競馬でデビューを迎えます。

先ほど、3日の出走馬・枠順が発表され、藤田菜七子騎手は11時20分発走の1レースから、17時10分発走の12レースまでのうち6鞍に騎乗を予定しています。

記念すべき初戦の第1レース、勝負服の塗り絵を作ってみました↓


第1レースでは7枠8番のコンバットダイヤに騎乗します。
川崎競馬によりますと、JRA交流の10レース以外は川崎競馬指定の枠服(貸し服)を着用して騎乗するそうです。
1月26日にエクストラ騎乗していた丹内騎手の例を見ますと、「胴枠色,白十字襷,枠色袖」になるようですね。

おそらくは盛り上がっているであろう美浦トレーニングセンターに、そして、木曜日の川崎競馬場にも取材に行ってきます。

今週は取り急ぎこんなところで。

詳しくはまた来週のこのブログで!
歌舞伎は見に行ったことがないのです [山本直の修行日誌]
2016.02/22 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

なんだか先週のブログのタイトルが、いま見てみるととてもアレな感じですが、単なる偶然です。偶然ですってば!

さて、京都競馬場に行ってきました。

金曜の18時30分まで会社で仕事をしていましたので、ホテルに着いたのが22時過ぎ。なんだか京都らしさを感じられないまま夜になってしまったなー、と思った金曜の夜でした。

で、土曜の出勤経路を調べてみようとG○○gle先生(隠す意味なし)に聞いてみたところ、祇園四条駅から京阪電車に乗れ、とのこと。競馬場が京都駅の南側にあるのに、北側のホテルに泊まってしまった割には、特急に乗ることができればそう遠くないんですねぇ。

祇園四条駅へ着いてみると、テレビや雑誌で見た京都がそこに。

はい、鴨川です。そう時間がなかったので、この写真を撮るのが精一杯でしたが、せっかくなら歩いてみたかったな......。

地下へ降りる入口を見つけると、斜め前方になんだか大きな建物が。
(斜めになってすみません。。。)
日本最古の劇場、京都四條南座。江戸時代から続き、今年で築87年を迎えるそうです。大きい!(小学生並みの感想)
安全性向上を図る工事中ということでしばらくはお休みのようです。秋の競馬開催の頃には、昼は競馬→夜は歌舞伎のリレーができるかもしれませんね。京都競馬場の最寄り駅を17時頃に出ると各駅停車でも30分ほどで、祇園四条駅まで来られます。

「これは夜の祇園も楽しみだぞー!」と思っていたのですが、午後から生憎の雨。しかも結構な降り方でして、あえなく祇園でお遊び(意味深)は断念。そのかわり、ラーメンを食べにいってきました。

ラーメンチェーン「天下一品」が、南座のちょうど正面にあるのです。天下一品では「こってり」と「あっさり」の2種類のスープがありますが、今回は考えることもなくこってりをチョイス。ポタージュのようなスープ、満足した私はもう寝るだけでいいや......となりました。

今週末は中山へ。阪神もスタート、開催替わりもがんばりましょう!
文鎮さんいらっしゃい [山本直の修行日誌]
2016.02/15 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。
私が昼食を出たときには小止みだった雨が、中野部長のお帰りとともに強くなり(以下自粛

さて、昨日(14日・日曜日)の東京競馬場もなんというか"不思議な"天気でした。
私が競馬場に着いた8時ごろは暴風で、各局の放送ブースを仕切るアクリル板も音を立てて揺れてました。
2コーナーから4コーナーの方角へ、南西風が強く吹く中での仕事。
その風が雲を押し流し、3レースからは青空。なぜ。(勢いで書いています)

実況席は競馬場の上層階にあり、より強い風が吹きます。
(ちなみに東京競馬場の放送ブースは8階です。高い。。。)

競馬中継は「紙」をたくさん使います。
競馬新聞、番組の流れを示した進行表、専用端末から印刷したオッズや成績表もすべて「紙」。
ちょっと気を抜くと、すぐに飛ばされてしまいます。

なので、紙を飛ばされない工夫をしなくちゃいけないわけです。
実況用の塗り絵をはさむクリップボードはテープで留め、紙がパタパタとしないようにクリップで固定。
即座に目を落とす必要がない資料は、2段テーブルの2段目、風が届かない場所にとっておいたりします。

あとは、文鎮。皆さん書道で使った方も多いであろうアレです。
皆さんがイメージする横長の金属製のものを使っている競馬場もあるのですが、
昨日ササッとディレクターが作った文鎮が↓

使い終わった電池と、これまた使い終わったスティックのりをテープで留めて出来上がり。
制作時間30秒ほど。これがなかなかスグレモノなのです。
場所は取らないし、それなりの重さがあるので紙は暴れないし、捨てずに取っておくといいことあります。

それにしても今週こそは穏やかな天気で、と願うばかり。
私は京都出張なので3週前に行けなかったラーメン屋へ行こうと思っていたのですが、
金曜日は18時から東京本社で収録があるそうな。虎ノ門で夕食ですね、これは。

ではでは!
ビキニ着たりなば、春遠からじ。 [山本直の修行日誌]
2016.02/08 山本 直 記事URL
こんばんは、山本直です。いろいろ仕事をしていたらあっという間にこんな時間です。

東京は冷え込みましたが、春はそう遠くないかもしれません。
このブログを書いている月曜19時前の時点で、今週末の都心の最高気温は15、16度。最低気温でも7、8度(今日の最高気温と変わらんぞ!)くらいになるのでは、という予報が一部では出ています。
気象条件次第では、春一番になるかもしれませんね。ちなみに春一番とは「立春(2月4日)を過ぎて最初に吹く、昇温を伴った強い南風」を指すそうです。

で、競馬場の放送席にいる我々は困ってしまうわけです。服装をどうするべきか、ということに。

某氏「こんなに寒いのに、来週は15度超えるらしいよ。もうさ、水着でやらなきゃダメだよな(笑)」

「安心してください、寒いですよ」と、ちょっとスベりそうなツッコミをしそうなところへすかさず......

某女性キャスター「私が水着になったら桜が咲きますよ!( ´▽`)ノ」

.........今週末2月13日(土)のラジオNIKKEI第1では、水着のパドック中継が......ないです!

では、また来週!
 全13ページ中9 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 [9] 10 11 12 13 次の10件