7連勤、避けがたし? [山本直の修行日誌]
2017.09/13 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。深夜1時までのフォワ賞実況中継、お付き合いいただきありがとうございました。あれから2日の休みをベッドで過ごし、元気に出勤してきました。

さて、今週末は3日間開催です。これから美浦トレセンへ向かいます。本当であれば、火曜日には出発するところだったのですが、週明けの月曜日に控えるセントライト記念への出走馬のほとんどが木曜日追いを計画しているということで、今日(水曜日)出発ということになりました。意図せず連休をゲット。ありがたいことです。

......と思ったら、台風18号の進路が心配です。ちょうど3連休にかけて、本州に接近する予報が出ています。台風で開催が中止になっても、競馬中継が無くなるわけではありませんから、中山競馬場から阪神競馬実況中継、阪神競馬場から中山競馬実況中継、なんて可能性もあります。

今日が水曜日、木曜日に美浦、金曜日には競馬の準備、土・日・月が競馬開催。どこかが順延して、火曜日も競馬開催なんてことになったら......7連勤じゃないか!

やめて、本当にやめて......

どうなったかはまた来週!
高まった。 [山本直の修行日誌]
2017.09/04 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。すすきの、いや、札幌から帰ってきました。
土曜日に札幌2歳ステークスの実況を担当して、ホテルに戻ったらこんなツイートを発見↓



札幌2歳ステークスについては、もう本当に!その通り!なんです。

実況アナウンサーとして重賞に限らず、馬を覚えるだけでなくて、その背景とかいろいろと準備をして臨むものですが、そのあらゆる事象が目前で展開されたレースでした。

勝ったロックディスタウンは新種牡馬のオルフェーヴル産駒であるのはもちろんのこと、超スローペースからの上がり32秒5で勝ち切った新潟外回りの新馬戦から一転して、札幌の小回り、しかも流れが緩みにくい重賞レースに出走してきましたから、そのあたりをどういったレースぶりで対応するかが気になっていました。

結果としては新馬戦より一列後ろの中団やや前くらいの位置から、4コーナーでペースアップ。札幌の約270mの直線でも間に合うような"ギアをひとつずつ上げていく"形で抜け出しました。生き物を相手にして、車を引き合いに出すのは、少し失礼かもしれませんが、ギアを上げた時の反応がドライバー(騎手)の思い通りに動いているのかな、とレースを見ながら感じられました。

2着だったファストアプローチについて、実況中にあまり触れられませんでしたが、勝ち上がった未勝利戦はティータン騎手が長く脚を使わせる形での勝利。今回は好位追走から4着だった新馬戦と足して2で割ったような内容になりました。

実況アナとして「時間があったら後で言おう」と思うことはいくつか準備するものです。例えばダブルシャープとミスマンマミーアには「門別グランシャリオの星」。もちろん、言わなくてもいいことではあります。でも、ここは札幌、北海道です。ここを勝ったら本州が見える、いわば甲子園の県予選決勝のようなレース。札幌最終週は土日を通じて、たくさんの人馬が門別から遠征して、開催を盛り上げているのが通例でもあります。

実際、3コーナー過ぎから"まくり"で上がっていって、ロックディスタウンにあわや、というところまで迫っての3着。恥ずかしながら胸に迫るものを感じまして、2着争いでありながら上述のワードを使ってしまいました。

その後の最終レース・日高特別のゴール後も「考えていたら言っちゃった」パターン。勝ったトリコロールブルーは、スプリングステークス5着、青葉賞7着で、春のクラシックへの出走が叶わず、ここまで4ヶ月の休養をしていました。

本馬場入場の読み上げで馬体重を見て、「506 +32」と書いてあって驚き、全馬紹介後に、JRAのサイトで過去の馬体重を振り返ったところ、トライアルは馬体減が続いて、青葉賞では新馬戦すら下回る過去最低体重の474kg。専門紙のコメントにも「飼葉食いが旺盛で絶好調」とありましたから、"秋に向かって充電してきたのだな"と思って実況に臨みました。

早めにピッチが上がる形で、瞬発力の見せ合いにはなりませんでしたが、じわじわと迫る追い上げには迫力を感じましたし、思わず「増量成功!」と言ってしまいました。ルメール騎手は当日6勝目でしたし、そちらを先に言うつもりで、レース後の振り返りのあたりで触れれば、と思いつつ発してしまいました。皆様を驚かせてすみません。

週末から秋の中山・阪神開催が始まります。私が仕事で競馬場に通いだしたのが2013年のこの開催で、競馬班のアナウンサーとして丸5年を迎えることになります。まだまだ試行錯誤の毎日。これからもよろしくお願いします。
目焼け? [山本直の修行日誌]
2017.08/28 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

まずはお知らせ。今週末の新潟競馬場で『Listen to the Paddock! パドックを聴こう。radikoと。』と題したイベントを開催します。
ぜひ新潟競馬場へお越しください!

そんな新潟のコース側放送席はこの時期、8~9時台くらいは直射日光の下なのですが、太陽が高くなると屋根が隠してくれて、日陰になります。
先週末は風が涼しく感じられて、実況していても快適に過ごせるようになってきました。

ただ、太陽の強さはまだ夏そのもの。

時間帯によってはゲートなどに反射して、目に強い光を浴びることになります。

そんなわけで、目の周りが焼けるのです。パンダのようになるわけではないのですが(笑)

ああ、夏の新潟出張はこれでおしまい。あ、へぎそば食べてない......。

では、また来週!
ぽんしゅ館の魚沼釜蔵へ行く。 [山本直の修行日誌]
2017.08/21 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

まずはお知らせから。あさって23日(水)に川崎競馬場でイベントに出演します。
時間は7レース終了後の18:10頃、9レース終了後の19:15頃の2回を予定しています。お近くの方はぜひ。

さて、先週は新潟競馬場へ行ってきました。日曜の中継終わり、解散して私はひとり新潟駅南口の「ぽんしゅ館」へ。ぽんしゅ館は県内の酒蔵が出している代表的な日本酒の銘柄が一気に楽しめる夢のような場所。この日本酒は来週に回すとして、今週はその中の食事処「魚沼釜蔵」へ。
たこの歯ごたえが抜群に良くて、酢と合います。ぷりっぷり。



もち豚は豚肉としてはさっぱりしているので、味噌カツぐらい味付けを濃くしても重くならずにいただけます。勉強になりました。


糖分、大事。

この「ぽんしゅ館」がある新潟駅南口は、競馬場との往復バスが出ている場所でもありますので、競馬の後にもぜひ!

では、また来週!
夏対策はよく食べて、よく寝ること。 [山本直の修行日誌]
2017.08/16 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。実家暮らしでなければ「山本、盆に帰らず」だったと思います。今はただ寝ていたいのです。

台風が過ぎた今月9日の都心は最高気温が37.1度まで上がりました。涼しい札幌に行くとしても、いくらなんでも長袖のシャツで仕事することはないだろうと思って、半袖のYシャツとまさかの時のウインドブレーカーを持っていきました。

結果。土曜日の最高気温18度。すごく寒かった。
ご○せん風?の赤いウインドブレーカーを着込むことになりました。

暑いはず、と思って帰ってきた東京も25、26度止まり。家のベッドルームも涼しく、仕事疲れをひたすら眠って解消しました。

今日はさらに気温が下がって、この原稿を書いている16時45分現在......

日曜日の札幌と同じ22度!?

ちなみにこの週末、私が行く新潟は28、29度くらいまで上がる予報。
夏にしては涼しい週末、ということになりそうですが、ここまで暑さに触れない生活をしていると、それでも暑く感じそう......。よく食べて、よく寝て、よく呑んで、備えましょう。

では、また来週!
ただ食べ物と飲み物を並べただけのブログ。 [山本直の修行日誌]
2017.08/07 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。新潟に行ってきました。

上越新幹線の車内販売で茶豆の販売が行われていました。(300円)
地元の方曰く「もうちょっと」とのこと。開催後半はもっと粒が大きくなりそうです。
メインは鮭の焼漬弁当。画像左奥の焼き鮭はタレに漬けられたモノ。見た目以上にボリュームを感じます。
一部競馬ツイッタラーの間で話題だった「ルマンドアイス」、競馬場内の売店で売っていました。本当にルマンドが入っててびっくり!(当たり前

実況が終わった後はおなじみ「一〆」のカレーうどん。ひと汗かいて、午後に食べるとより濃厚に感じます。


旅の〆は「鶴齢」。すっきりとした飲み口で美味。

帰京したら暑いのなんのってもう。夏バテですよ、夏バテ。では、また来週!
小倉発 乗鞍岳経由 新潟行。 [山本直の修行日誌]
2017.08/03 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。未踏の地を行くのは楽しいですね。

JRA全10場の中で、私が行っていなかった唯一の場所・小倉競馬場で仕事をしてきました。



シンプルな構造のコースですし、スタンドも高く造られていて、見下ろすような角度で実況できる"仕事のしやすい競馬場"です。強いて言えば、他場、例えば今週行く新潟と比べるとゴールからの距離が遠いので、接戦は判断しにくい、というところでしょうか。
初めて行って、最初のレースが1200mの18頭立て、次が小倉サマージャンプ(重賞)だったので、ちょっと緊張はしましたが、交通の便もいいですし、食べ物も豊富にありますし、関西の人たちが夏の小倉を待ちに待っている理由が分かった気がします(笑)



昨日は長野の乗鞍岳へ。標高3026m(そのうち2700mまではバスで行ったことは内緒!)まで登ってきました。朝早くから出て行きましたが、登山する人の多いこと多いこと。膝を震わせながら下山してきたところで、高校生でしょうか、スポーティーな服装をした何かの部活できたと思われる体格のいい学生が数名、スイスイと登っていきます。28歳、体力不足ですねぇ......(遠い目

今週末は新潟に行ってきます。32、33度の予報で、今日の東京よりだいぶ暑そうです。(遠い目
ミスの裏側。 [山本直の修行日誌]
2017.07/26 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。

先週は函館2歳ステークスの実況を担当してきました。
3コーナー過ぎで言葉が出なくなったところがあったりしまして、
ちょっと恥ずかしい実況になってしまいました。

後学のために(?)振り返っておきます。
公式映像のタイム表示で36秒過ぎ、外から16番のジェッシージェニーが上がっていくことを伝えました。その前に言ったのが7番のアリアですから、次に触れるのはアリアの後ろにいる馬。それが12番のリンガラポップス、その直後に6番のガウラミディがいました。

実は、スタート直後に1番人気のカシアスの位置を確認したところで、内側にガウラミディがいたことを覚えていたのですが、位置の関係で実況で触れてはいませんでした。ただ、ポジションは下げている。その時に「ポジションを下げています」と触れるべきかどうか、で迷ったんですね。その空白です。

正直、実況中に空白を作る経験はあまりないですから、(重賞であるかどうかは別として)焦りました。しかもその瞬間に、外からナンヨープランタンが一気に上がっていきました。頭が真っ白になっているところにそんなことがあり、ナンヨープランタンと同枠のサンダベンポートを取り違えました。失礼しました。

―――――――

ちなみに「カシアスの一撃」は考えて無かったです。
馬名の由来を調べていて、キンシャサノキセキ→カシアスとはうまいことつけたなぁ、とは事前に考えていた程度でした。福島の記者席をザワつかせてすみません(笑)

今週は小倉に行きます。なにやら難しいレースもあるようですが、頑張ってきます。

では、また来週!
ONとOFF。 [山本直の修行日誌]
2017.07/20 山本 直 記事URL
こんにちは、山本直です。先週土曜日の鳥政の話をしようかな、とも思っていたのですが、あるブログで書きたいことが全部書いてあったので(笑)今日は違う話をします。

日曜日に福島で仕事を終えた後、新幹線で東京に帰ってきました。1時間半、ぐっすり眠りました。斜め後ろに中野部長がいましたが、お構いなし、いろんな意味で太い人間かもしれません、わたくし。

私は神奈川県茅ヶ崎市に住んでいるのですが、茅ヶ崎市民にとって海の日は特別な日。浜降祭があるからです。




海辺の小学校に通っていた私にとっては、年に1度の同窓会の日。人に揉まれながら、同級生とばったり出会うを繰り返していました。

ある同級生は山好きが高じて、山のある街へ移住。平日は別の仕事をしながら、休日は山岳会に参加したり、学生向けの山岳ガイドをしているそうです。『休みがないよう...』と泣き言(?)を言っていましたが、きっとその同級生にとって仕事はON、山はOFF。まるで仕事のように、山へ向かっているようですが、その話をする声は弾んでいました。

アナウンサーになって5年目の夏。ややもすると、ONとOFFの境目が無くなってくるのがアナウンサーという仕事だな、と思っています。好きな競馬を仕事にしたので、OFFのつもりで南関東の競馬をやっていても、どこかにアナウンサースイッチが入ってる気がします。AKB見てニヤニヤしているのがOFFのつもりだったのに、「こだわりセットリスト」が始まっちゃったし(笑)

その点において、その同級生の生き方は尊敬します。ちゃんと2人の自分を使い分けていますから。

"やる気スイッチ"の入ってる山本を「いいね!」と思ってもらえるように、ちゃんとOFFを作ろうと思いました。だから、火曜・水曜はほぼtwitterも開かずにベッドでぐっすり。氷枕って気持ちいいですね、今週は函館2歳ステークスを実況しに行ってきます。

では、また来週!(水曜ごろ更新します)
時間調整の難しさ。 [山本直の修行日誌]
2017.07/10 山本 直 記事URL
こんばんは、山本直です。名古屋帰りの日勤業務、若干(作業が)押し気味です。いけませんね。この押し・巻き、という表現、予定より遅れている・早まっていることを指していますが、放送業界用語としては、一般に知られている気がします。

我々アナウンサーはマイクの前でしゃべるのが仕事ですが、番組、特に生放送は押したり巻いたりいろいろあります。ただ、基本的に放送開始と終了、一部のポイントは時間が決まっていて、正しくその時間に辿り着くように番組を進めています。

番組の開始や終了はオープニング・エンディングテーマがあることが多く、比較的融通が利きます。簡単に言えば音楽が流れていれば「おはようございます」や「さようなら」が1、2秒ズレても、放送上、大きな影響はないわけです。

ただ、エンディングテーマがない番組の終わり際はなかなか大変です。CMが流れ出す時間が決まっていればなおさら。進行表にも「○秒前にしゃべり終わらないとダメ!」みたいなことが大きく書いてあったりします。

最近は慣れましたが、今またそのプレッシャーに晒されるようになりました。7月から始まった「こだわりセットリスト」という番組です。

この番組で、私は水曜日にAKB48グループの楽曲を流しているのですが、楽曲を使える時間は30分の番組のうち26分40秒。これより短いと無音になりますし、これより長いと番組では流れてくれません。

で、今日の空いた時間のほとんどを、あさって放送分の「こだわり―」に使ったんです。ひたすら柏木由紀さんの声を聴きながら(ま、声聴いてれば癒されるんですけどね・笑)。後奏をカットしてみたりいろいろ手をつくして、どうにかこうにか26分40秒に入れてみました。

楽曲を歌っている人、作っている人、クリエイターの皆さんには申し訳ないな、と思いながらの26分40秒になりましたが、どうぞAKBファンじゃない皆さんも聴いてください。

放送はあさって水曜日の19時30分からです。では、また来週!(たぶん木曜日くらいに更新します)
 全12ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の10件