レアなやつ発見? 10月15日(土)の放送予定 [番組情報]
2016.10/14 小塚 歩 記事URL

【日曜京都はGI秋華賞。プレゼンターとして有村架純さん来場!】
【秋の新潟開催がスタート!あらー、これは美味しそうなイベントだ】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は今週10月16日(日)まで】


レアなやつっていっても、ポケモンとかじゃないです。


先日、JRAさんから頂いたちょっとした資料に目を通していたところ
「あっ、これってまだあるの? つーか無くなってなかったの?」
ということがありました。


その資料に「中山芝内回り1400mメートル」という項目があったからです。


この距離設定、ご存知ない方も多いかも。私も実際に見たことはありません。
中山競馬場の1コーナーに芝外回り1600mの引き込み線(ポケット)がありますが、
さらにその向こう、スタンドから遠い地点に芝内回り1400mのポケットがあるのです。
参考→ 中山競馬場コース紹介


もちろんレコードタイムだってちゃんと残っているし、
もし芝1400mが使えなくてダート変更になったら、っていうルールも決まってます。
(このルールに興味ある方はPDF注意ですが→ こちら


調べたところ、中山芝内回り1400mは1992年暮れを最後に、26年行われていません。
フルゲートが10頭という少なさが現代の競馬開催にそぐわないのでしょうか...??


上記の資料をよーく見ると、ほかにも現在お目にかかれない距離設定があります。
京都芝内回り1100mって、レコードタイムが昭和41年のヤマピットですからね!
ずーっと使われてないんでしょうけど、やろうと思えばできるから残してあるのかな。
だったら、年に1回でいいから見てみたい! できることなら実況してみたい。
AコースやBコースならフルゲート18頭とれるみたいですから、使ってくれないかな...


実はあす15日の新潟競馬で、京都1100mほどではありませんがレア距離があります。
6レースの古馬500万下・ダート2500mは2013年秋以来、3年ぶりの施行となります。
もともと設定があっても使われていませんでしたが、11年秋にダートのみの開催を行い
そのときに新潟ダート2500mが初めて行われました。
去年一昨年はこの距離のレースがありませんでしたから、3年ぶりの復活です。


今年の暮れには、コース改修後で初めてとなる「阪神芝外回り2600m」が行われます。
これ以外にも、各競馬場で細かなバリエーションの距離設定があるのですから、
使えるものはもっと使って、いろんなレースが見たいなあと、個人的には思うのです。


では、10月 15日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


東京実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小林雅巳、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、稲葉弥生
新潟実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レース展望」


京都実況:佐藤泉(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ハリウッドターフクラブ。 10月10日(祝・月)の放送予定 [番組情報]
2016.10/09 小塚 歩 記事URL

【月曜京都はフリーパスの日、先着1万3千名にマグネットボードをプレゼント】
【月曜京都は顕彰馬&顕彰者をリスペクト。昼休みにセレモニー、9R10Rは記念レース】
【東京・京都の両競馬場では顕彰馬・顕彰者特別版レーシングプログラムが配布されます】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


さて今週は年に何度かの3日間開催。月曜日にも中央競馬の開催がございます!
出演者や放送予定などは、この記事の後半分でぜひチェックしてくださいね。


京都の月曜メインレースは京都大賞典。
新潟大賞典、小倉大賞典と並ぶJRA3大「大賞典」のひとつであります(←いま決めた
上記3競走をすべて制したヒットザターゲットは"大賞典三冠"と言われて...ないか?


この京都大賞典、かつてはハリウッドターフクラブ賞というレース名でした。
ハリウッド。アメリカの映画産業の中心地。映画の世界=ハリウッド、みたいな。
そうではなく。ハリウッドパーク競馬場を立ち上げたのがハリウッドターフクラブだそう。
JAIRSのサイトによると、ハリウッドパーク競馬場の設立は1938年6月10日。
"ワーナーブラザーズ"のジャック・ワーナーらによって設立されたそうです。
歴史あるハリウッドゴールドカップや、シーザリオが勝ったアメリカンオークスなど
数多くのビッグレースが行われ、第1回のブリーダーズカップが行われたのもこの競馬場。
しかし経営が傾き、2013年12月の開催を最後に閉場されてしまいました。


もしかしたら、日本でハリウッドパーク競馬場の香りを残すレースは、京都大賞典だけ...!
サブタイトルだけでもハリウッドターフクラブ賞が残っていれば、あるいは...!


そう考えると、ここ3年の優勝馬はラブリーデイ、ラストインパクト、ヒットザターゲットと
ハリウッド映画のタイトルになってもよさそうな横文字馬名ばかりではないですか!
この3頭、今年も出走するのですが、今年はもっと映画っぽい名前の馬が出走してます。
その名もアクションスター! えっ、ハリウッドよりは香港映画っぽい?


こんなこと言いながら、3日間開催の3日目をなんとか乗り切りたいと思います。


では、10月 10日 月曜日(体育の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「土曜、日曜の重賞レース回顧」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」


東京実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、大関隼、舩山陽司
パドック進行:舩山陽司、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
12:35頃~、13:05頃~ 顕彰者・顕彰馬を振り返るコーナー
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「来週の重賞レース展望」


京都実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

凱旋門賞の答え合わせ。 10月9日(日)の放送予定 [番組情報]
2016.10/08 小塚 歩 記事URL

【サザエさんも応援!「第8回ジョッキーベイビーズ」日曜東京最終レース終了後です!】
【月曜京都は顕彰者&顕彰馬をリスペクト。昼休みにセレモニー、9R10Rは記念レース】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


さあ! みなさん!
日本で初めて海外のレースが発売された凱旋門賞、馬券の成績はどうでしたか! ねえ!


訊かないほうがいい...??
まー、私は訊かれたくはないかな(´Д⊂グスン


先週土曜更新のブログで、無謀にも凱旋門賞の予想印を公開してしまいました。後悔。
◎ニューベイ
○ポストポンド
▲マカヒキ
△ハーザンド、ファウンド、レフトハンド、シルバーウェーヴ、サヴォワヴィーヴル


馬券はニューベイの3連複1頭軸で、印の馬にオーダーオブセントジョージも加えて、
計28点での勝負でございました。
レース結果は御存知の通りですが、我が本命ニューベイはといいますと、
これまではもっと前からのレースが出来た馬でしたが、どうにも行きっぷりがよくなく
スタート直後から後方追走でした。直線は馬群の外目から伸びたものの7着でした。
<凱旋門賞の結果は こちら


印よりももっと恥ずかしいのは能書きでしてね。
アークトライアルより愛チャンピオンSの方がレベル高いよ! それは合ってた。
だったらそこで2着だったファウンドを本命にしとけばよかったんじゃね? ってこと。
だって、ハイレベルのレースの1着馬と3着馬が回避したら、2着馬買うべきでしょ。
シンプルに考えればよかったんですよー。ねえ。(自分に言い聞かせるように)
オーダーオブセントジョージも買っていたんだから、ファウンド1頭軸なら...。


ただし2着ハイランドリールは難しかった。
これまでのG1勝ちはアメリカ、香港、そしてポストポンド回避の"キングジョージ"と
今回のメンバーに入るとやや格落ち感があったのですが、しかし。
考えてみると、前で競馬できるし堅い馬場もOK。一考の余地は大いにあったのですよ。
この日はとにかく、アンダーカードから時計が速かったようですからねー。


凱旋門賞も平均的に速いペースになり、上位馬の位置取りは「前」か「内」か。
そしてもちろん、ここに照準を合わせたエイダン・オブライエンの厩舎力ですよね。


「オブライエン厩舎3頭ボックス」で38万獲ったひと、いるのかな? いるんでしょーねー。


次回の海外馬券発売は、11月上旬のメルボルンCとBCフィリー&メアターフとなりました。
20頭以上も出走するハンデ戦、荒れないほうが珍しいレース。検討のし甲斐がありますよ。
皆さん、次回こそ頑張りましょう! 当てましょうね!


では、10月 9日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
今野光成(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:50頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:小林正明(デイリースポーツ)


東京実況:山本直(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:大関隼、中野雷太
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
関根慶太郎(日本経済新聞)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~、11:15頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「京都メインレース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:小林雅巳(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:山本直也、米田元気
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ひとつ歳を重ねると... 10月8日(土)の放送予定 [番組情報]
2016.10/07 小塚 歩 記事URL

【サザエさんも応援!「第8回ジョッキーベイビーズ」日曜東京最終レース終了後です!】
【月曜京都は顕彰馬&顕彰者をリスペクト。昼休みにセレモニー、9R10Rは記念レース】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


<ラジオNIKKEI第1では東京2レース終了後、おなじみ加藤みどりさん登場!>


1週間ってあっという間なんです。先週のスプリンターズSから1週間。
GIレースは年間何度か担当してますし、このレースも3年連続の担当でしたが
今回はあれっ? ということが。


レースの翌日、月曜日。
「あれっ、いままでより、疲れてる...?」(うわっ、私の○収、低すぎ...? の顔で)


まあ確かに、GIの実況ってそれなりに神経すり減らしてやってるんですよ。
すり減らし方はレースそれぞれ。
やはりスプリンターズSは短距離戦なので、短時間に必要十分な情報を詰め込んだ上で
ゴール前の混戦に追いついて行かなければならないという...


いやしかし、これまでも混戦はあったはずだ。去年だってゴール前ごちゃっとしたし、
一昨年なんか新潟での代替開催で直線横に広がって、喋りながら頭ン中わーってなったし。
今年も接戦で混戦だったけど、去年までとそう変わってないはず。
変わったことといえば...、私がひとつ歳を重ねたことか。


37歳になって最初のGIレース実況でした。36→37、大きな差はなさそうに思いますが
他に理由が思い浮かばない。なんだこれ、加齢ってやつか。
確かに月曜日はぐったり、火曜日の早朝勤務のあとに仮眠取ったら目覚めが悪く、
そのまま水曜木曜とだらーっと来ている感じ。これか! これが加齢ってやつなのか!!


そういえば最近、酒の量が心なしか減ったような...。翌朝キツイほど飲まなくなった...。


と、ここまで書いてきて気づきました。
「ほかに去年と違うことあったわ!」
そうです、今年は夜までテレビにかじりつき、気が張り詰めていたのでした。
凱旋門賞です。


なんだそうか。加齢じゃない。ただのハードスケジュール! そうとわかればスッキリした。
今週末もシャキッと若さで頑張ります(←カラ元気


凱旋門賞については明日の当ブログにて。


では、10月 8日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:00頃~「ゲストコーナー(加藤みどりさん)」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


東京実況:舩山陽司(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直、中野雷太
パドック進行:中野雷太、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「4回京都 馬場コンディションについて(インタビュー)」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:30すぎ「4回京都 イベント情報(インタビュー)」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レース展望」


京都実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:米田元気、小林雅巳
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

凱旋門賞、どう買いますか。 10月2日(日)の放送予定 [番組情報]
2016.10/01 小塚 歩 記事URL

【日曜中山はスプリンターズS、UMAJOイメージキャラクター清野菜名さん来場!】
【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


【いよいよ凱旋門賞来たる!発売開始は2日(日)午前10時。詳しくはこちらのサイトへ】


<先日は夕方のあの人気番組で代打MC!小堺翔太さんがラジオNIKKEI第1のゲストです>


去年の凱旋門賞、◎フリントシャーで予想ぶち当てた私が通りますよ´_ゝ`)
(ちょうど1年前の記事→ http://blog.radionikkei.jp/keibablog/date/20151003/
まあーエア馬券ですからねえ。予想だけなら当たるっていう競馬あるある。


そうこうしているうちに、ついに日本で海外レース馬券が買えるようになりました。
なってしまいました。なってしまいましたってこたないか。
エアではないので、去年以上にガチで予想をして馬券買うことになりますな。


マカヒキは頑張って欲しい。頑張って欲しいけど、応援と馬券は切り分けて。
有力馬の回避により現地ブックメーカーでも2番人気に推されるなどして、
おそらくですが、他馬のマークがより厳しくなるのではないでしょうか。


というわけで、マカヒキは▲とします。
人気はポストポンドでしょうけど、高配当を狙うために本命は別の馬に。


アークトライアル3競走があまりピンと来ない内容だったのですが、
一方で、その前日に行われた愛チャンピオンSがハイレベルでした。
そこでの1着馬アルマンゾル、3着マインディングは凱旋門賞に出走せず。
では2着ファウンドを狙うのかというと、さにあらず。人気だし旨味に欠けます。


アルマンゾルが後方からぶっこ抜き、2着3着も差し馬が台頭した展開のなかで
ここで先行し4着だった、去年の凱旋門賞3着馬ニューベイはよく頑張りました。
見方によっては強い競馬をしています。去年の仏ダービー馬でコースも問題ありません。
イスパーン賞はシーズン初戦だったし不良馬場、今年まだ4戦目でフレッシュさもある。
何より、アンドレ・ファーブル厩舎が黙っていないでしょう!


というわけで、◎はニューベイ! ヴァンサン・シュミノーの腕にも期待です。
○ポストポンド ▲マカヒキ
△ハーザンド、ファウンド、レフトハンド、シルバーウェーヴ、サヴォワヴィーヴル
相手は多くなりましたが、3連複1頭軸で相手7頭の21点なら十分ペイできるでしょう。
バチッと当てて、何十年も後に「最初に発売された凱旋門当てたよ」と自慢したいです。


※注意
A-PAT、即PATのインターネット投票で発売。
枠連とWIN5以外の式別で、日本独自のオッズです。
馬番を使って発売されます。ゲート番ではないのでご注意ください。
発売は2日(日)午前10時から、発走(日本時間午後11時05分)の4分前までです。


では、10月 2日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
小堺翔太


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:55頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:45頃~「今日のコラム」出演:野村英俊(東京中日スポーツ)
14:50頃~、15:35頃~「ゲストコーナー(小堺翔太さん)」


中山実況:大関隼(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:渡辺和昭、山本直
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:10頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃~、11:10頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:30頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:05頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

キーワードは二刀流?大逆転? 10月1日(土)の放送予定 [番組情報]
2016.09/30 小塚 歩 記事URL

【日曜中山はスプリンターズS、UMAJOイメージキャラクター清野菜名さん来場!】
【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


【いよいよ凱旋門賞来たる!発売開始は2日(日)午前10時です。詳しくはこちらのサイトへ】


なんか毎週スポーツの話題を書いているような気がしますが、気にしない。
北海道日本ハムファイターズが、最大11.5ゲーム差をひっくり返してリーグ優勝しました。
優勝を決めた西武戦の大谷投手、凄いの一言でしたね。圧巻ってこういうことなのかと。
2ケタ勝利、防御率1点台、100安打、ホームラン20本。パ◯プロかなにかの成績ですか?


日本ハムの凄いところは、ソフトバンクがずるずる失速したというよりも
自力(地力)で連勝に連勝を重ねて、上回ったところですよね。チーム力の勝利かと。


こういう大逆転のシーズンといいますと、我々阪神ファンはあの年を思い出すのですよ。


2008年。あの「Vやねん」の年ですね。


優勝が懸かる中でチームは急失速。
最大13ゲームも差をつけて独走していたのに、まさかのV逸。打ちひしがれました。
当時盤石を誇ったリリーフ陣でしたが、シーズン終盤になるにつれて
藤川球児投手にも疲労の色が見え、火の玉ストレートで抑えられなくなってました。


そういうのを経験してますから、ソフトバンクファンの皆さん、お気持ち察します。


さて週末のGIレースで、この日本ハム大逆転優勝がサインとなるのかどうか?
キーワードは大逆転? ミッキーアイルが春の序列を逆転?
それとも二刀流? 芝もダートも走るレッドファルクス? いやスノードラゴン?
大谷翔平投手の背番号は11、11番に入ったのはダンスディレクター??


そうそううまくはいかないでしょうけど、
日本ハムの歴史的逆転優勝に、珍しくサイン馬券を探してみたくなったのでした。


では、10月 1日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


中山実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小島友実、大関隼、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レース展望」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

きょうは28年前の話を。 9月25日(日)の放送予定 [番組情報]
2016.09/24 小塚 歩 記事URL

【日曜中山はフリーパスの日、ファンと騎手との集い「ジョッキーバトルロイヤル 超人」!】
【日曜は阪神でもジョッキーフェスティバルビアコレ@阪神競馬場は開催日毎日オープン】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


Jリーグが華々しく開幕したのは1993年。
広島カープの前回の優勝は、それより更に前のことなんですよね...。1991年。


今これだけ阪神ファンだオリックスファンだと言っている小塚ですけれども、
子供の頃、小学校低学年のころまでは広島ファンだったんですよ。
実家に帰ると赤い「C」のキャップを被った、7歳頃の小塚の写真が飾ってあるのです。


当時の我が家(一家揃って広島を応援してた)のヒーローは、山本浩二→衣笠→小早川。
山本浩二が引退し、衣笠祥雄が引退し、4番に座った小早川毅彦がヒーローでしたね。
高橋慶彦、正田、達川、山崎隆造、西田、長嶋。北別府、大野。我が地元青森出身の長内孝。
ああ懐かしい懐かしい。


生まれて初めて見たプロ野球公式戦は、青森県営球場の広島対ヤクルトでした。
1988年、小学校3年のときに青森でプロの1軍公式戦が行われたんですよ! 今思えば奇跡。
それっきり、平成に入って28年、青森県内で公式戦は行われていません。


某ウィキで調べたら1988年の7月17日。この日、青森市内は大雨でした。
試合決行か中止かヤキモキしながら、昼頃に雨が上がって何とか試合が始まりました。
でも試合開始後にまた雨。両軍のブルペンも開始当初から慌ただしく動いています。
一塁側が広島ベンチ、ベンチ横のブルペンで清川が早めに肩を作っていましたね。
雨は一向に止む気配なく、さりとて主催者としてはノーゲームにするわけにもいかず。
なんとか5回まで終わらせて試合成立、コールドゲームとなったのでした。


わずか5イニングでしたけど、生まれて初めてのプロ野球観戦。しかも憧れの広島。
子供の頃の思い出として強烈に残っています。


ああ懐かしい。


その広島が久しぶりの優勝。赤いキャップを被っていた頃のことをふと思い出しました。
今年は広島のほかにも、DeNAが1998年の日本一以来のポストシーズン進出です。
1998年はワタシ横浜で大学生やってましたんでね、よーく覚えてるんですよ。
その話はまたこんどにしましょうか。


では、9月 25日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「今日のコラム」出演:西島大和(サンケイスポーツ)


中山実況:大関隼(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:山本直也、渡辺和昭
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~、11:15頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

23年前を思い出しました。 9月24日(土)の放送予定 [番組情報]
2016.09/23 小塚 歩 記事URL

【日曜中山はフリーパスの日、ファンと騎手との集い「ジョッキーバトルロイヤル 超人」!】
【日曜は阪神でもジョッキーフェスティバルビアコレ@阪神競馬場は開催日毎日オープン】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


22日に、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」(Bリーグ)が開幕しました。
いやあ、すごい演出でしたね。コートのLED表示がとってもかっこよかったです(小並感
地上波と公共放送(のBS)で同じ試合を同時に中継ってのも、力の入れ具合がわかります。
試合はアルバルク東京が琉球ゴールデンキングスを振り切り、80-75で勝利。いい試合でした。


会場となった代々木第一体育館もいい雰囲気だったようですね。


注目を集めたという意味で、開幕戦は成功でしょう。あとはこれをどう続けるか。
あるスポーツがブームになるたびに、盛り上がりが続いて欲しいと常々思うのであります。


例えばラグビー。去年のW杯で南アフリカに勝ってからちょうど丸一年です。
いまこの時点で、今年の国内ラグビーに目を向けている人はどのくらいいるでしょう?
例えば女子サッカー。W杯優勝から5年、今年のリオには出場できず。
一過性のブームではなく、こういうときにも見つめ続ける目線が大事だと思うのですよ。うん。


そんなことを考えながら中継を眺めていると、なんとなく23年前を思い出しました。
1993年、わたし中学生でした。サッカーJリーグが華々しくスタートしたのを思い出しまして。
野球少年だったので、サッカー何するものぞ。テンションの高さをヒネた目で見てたんですよ。
ところが始まってみれば、面白い。かっこいい。盛り上がる。サッカー見るようになりました。
ああ、あのときの仕掛けもこんな感じだったような...とぼんやり思ってたんですけど、
そういえばこのリーグまとめたの、川淵三郎さんでしたよね。やっぱりカラーがあるのかな。


バスケットボールといえば、
我々30代はシカゴ・ブルズ全盛期、マイケル・ジョーダン全盛期を見てますからね。
スラムダンク人気もあって、中学に上がった頃に多くの男子がバスケ部に入ったものでした。
そのような層をうまく掘り起こせば人気も定着するかも?


程よく落ち着いてきたころに、ぜひ試合を見に行ってみたいですね。
こういうのはまず、1チームを追いかけてみると仕組みが分かりやすくなるもの。
地元のチーム(青森ワッツ)を応援しながら、しばらくお勉強してみたいと思います。


では、9月 24日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:25頃~「特別レース展望」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:45頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:50頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


中山実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、渡辺和昭、小塚歩
パドック進行:小塚歩、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
中西弘行(研究ニュース)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:10頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃~「メインレース展望」
11:10頃~「週の中間の話題から」
12:30頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レース展望」


阪神実況:中野雷太(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

急に払えと言われましても。 9月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2016.09/17 小塚 歩 記事URL

【日曜中山は、ジョッキーと行く!Nakayamaジャンプツアー!】
【日曜阪神は元光GENJIの諸星和己さん来場「パラダイス競馬」】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


iPhone7が発売されました。
我が社でも、新作iPhoneを発売日に買わないといけない病気にかかった編成部長が
ちゃーんと午後には会社に持ってきてましたもんね。触らせてもらいました。
ふむ、ホームボタンの押した感じが変わったし、確かにイヤホンジャックがない。
サイズ感はiPhone6と一緒。やはりFeliCaが搭載されたのは大きいですよね。
私もおサイフケータイを使うためだけにAndroid機も残しているようなもので...。


ま、私は来年発売されるであろう(?)iPhone7Sまで待ちましょうかねw
まだ今の機種で十分かな。という、ムラムラしながらも様子見モードです。


このタイミングでOSもアップデートされ、iOS10になりました。
個人的にはこっちのほうが影響大きいですね。操作感が随分と変わりました。


で、それに合わせたアプリのアップデートもたくさん発生していまして、
そのなかに私が普段使っている某メールアプリも含まれていました。
で、アップデートすると、アプリの名前が変わっている。アイコンのデザインも。
開いてみると驚きの表示が。


「有料になりました!6000円です!14日間お試しできます!」


工エエェェ(´д `)ェェエエ工
しかも、高い...。


デフォルトのメールアプリよりも使いやすく、操作も楽でお気に入りだったのに。
いいアプリにお金払うのは全く構わないんですが、ちょっと高いですよね...。
慌てて別のアプリを探して、設定とカスタマイズがやっと終わったところです。
友人や知り合いとのやりとりはLINEなどを使うことが多くなりました。
それでも、仕事の連絡などはまだまだメールが欠かせませんからね。


こんな話をしていたら、
知り合いが「WIN5当てりゃーいいのよ!」


そりゃそうだw
ガツンと当てて、新作iPhoneの一つや二つ、ポポポーンと買っちゃう!
そのぐらい豪気にいきたいものです。


では、9月 18日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「今日のコラム」出演:梅崎晴光(スポーツニッポン)


中山実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:渡辺和昭、山本直
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:大関隼(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、小林雅巳
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

4頭立ての実況...。 9月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2016.09/16 小塚 歩 記事URL

【日曜中山は、ジョッキーと行く!Nakayamaジャンプツアー!】
【日曜阪神は元光GENJIの諸星和己さん来場「パラダイス競馬」】


【最終レースは馬連がオトク!「秋の最終馬連」は10月16日(日)まで】


日本時間の11日夜、日本ダービー馬マカヒキが凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞を快勝しました。
今年はロンシャン競馬場改修のためにシャンティイ競馬場で行われた前哨戦デーに、
我らがラジオNIKKEIの舩山陽司アナウンサーが出張、グリーンチャンネルで実況しました。


今年は9月11日に行われた一連の前哨戦(アークトライアル)、どれも少頭数で行われました。
マカヒキが出走した3歳限定G2ニエル賞は当初予定より1頭減って5頭立て。
牝馬G1ヴェルメイユ賞は6頭立て。そして古馬のG2フォワ賞は、当初3頭立てのはずでした。



実況の舩山アナ、実は出国直前に戦々恐々としていました。


というわけで、フォワ賞は4頭で行われることに。2400mの4頭立て、これはしんどい。
間延びは避けられません。舩山アナ、各馬の戦歴をうまく混ぜ込んでましたね。


ちなみにJRAでは、出馬投票の際に5頭以上いないとレースが成立しません。
ですから、基本的に4頭立てのレースというものはありません。ただし例外も。
出走取消や競走除外があると5頭立てが1頭減って4頭立てに、てことはあります。


過去30年で、4頭立てで行われたレースはどのくらいあったでしょう?


答えは12レース。少ないようで、3年に1回はある計算ですからまあまあ多い?
直近では2012年8月4日の札幌5レース、芝1500mの2歳新馬戦でありました。
12レースのうちアラブ4レース、障害2レース、サラ2歳戦5レース。
もう1レースは3歳新馬戦、6頭のうち2頭が出走を取り消して4頭になりました。
2004年2月15日の京都3R・芝2000m、実況担当は舩山アナ。
このときの経験が、今回に生きた...なんてことはあったのでしょうか(笑)


では、9月 17日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


中山実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直也、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
小宮邦裕(研究ニュース)5R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レース展望」


阪神実況:大関隼(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

 全44ページ中29 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 [29] 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 次の10件