プロレス×競馬=?? 11月5日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.11/04 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【5日(日)はアルゼンチン共和国杯。東京競馬場で アルゼンチンフェスティバル 開催】
【京都競馬場ではお昼休みに 京都府立西乙訓高等学校吹奏楽部の演奏会 を行います】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 先日、大仁田厚さんが7年ぶり7回目の引退試合を行いました。「何回引退すんねん」っていう話ですが、引退と復帰はプロレスの醍醐味のひとつでもありますからね。
 で、このニュースを見て、学生時代に仲間内で熱く盛り上がった"大仁田劇場"のことを思い出したわけです。真鍋アナウンサーとの一連のやりとり。大仁田さんが買ったスーツで長州力戦を実況し、最後にそのことを報告すると電流爆破で手負いの大仁田さんが「真鍋、ありがとよ(ガクッ)」と力尽きるというドラマ。
 まあ、今見たら...ですけど、当時は大盛り上がりしたものです。このころは私も「プロレス実況してみたい」って思ったりもしました。プロレス、一回実況やってみたいんですよ。


 子供の頃からプロレスに親しんでいたわけではないんです。大学に入ってからですよね。周りがプロレス好きで。キャンパスから徒歩10分、私のアパートに夜な夜な仲間が集まる。土曜の夜は『ワールドプロレスリング』。夕刊紙で速報されたタイトルマッチの結果をチェックして「早く試合が観たい!」と、競馬とは別の意味で週末が待ち遠しかったのです。


 現在公開中のサイトで、その夢が半分ほど叶いました。



 不肖小塚、このサイトで実況を担当しております。実況といっても競馬のレース風味のやつですが、走るのは新日本プロレスのレスラーたち。実況中にそれぞれの決め台詞なんかも出ちゃったりして。しかもレスラーじゃなくて私が絶叫してるという(笑)。愛してま~す!!


 いやね、アナウンサーの悪い癖というか、ほろ酔いでプロレスや格闘技を観ると"技の名前を大声で発してしまう"癖があるのですよ。きっとアナウンサーあるあるだと思うんですけど。
 園田競馬場では毎年大日本プロレスが試合してますし、亡くなった三沢光晴さんのデビュー戦会場は浦和競馬場の駐車場だったとか。そもそもプロレスファンは競馬ファンを兼ねるケースも多い(と個人的に思う)ですし、最近はプロレス女子も増えているとか。うまく結びつけて、お互いのジャンルが盛り上がってくれるといいなあ、なんて思ったりするのです。


では、11月 5日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
今野光成(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:50頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:15頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:45頃~「メインレース展望」
12:35頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:05頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:15頃~「今日のコラム」出演:立川敬太(東京スポーツ)
16:25頃~「来週の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


東京実況:中野雷太(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:大関隼、中野雷太
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「メインレース展望」
11:50頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:50頃~「特別レース展望」
13:20頃~「解説者 今日の狙い目」
13:50頃~、14:30頃~「メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

日本シリーズ、面白くなってきました! 11月4日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.11/03 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【4日土曜、東京競馬場ではお昼休みに 競馬学校騎手課程34期生の騎乗供覧
【秋の福島開幕。来年は福島競馬場100周年! 思い出のベストホース を募集!】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 19年ぶりにベイスターズが日本シリーズに出場しています。3連敗からの2連勝。シリーズ序盤はソツのないホークスに比べ、経験の浅さがモロに出てしまっていた印象でした。が、4戦5戦とホームの大声援を味方に連勝。第4戦は浜口投手のナイスピッチング、第5戦は主砲・筒香選手がようやくお目覚め。相手のミスで逆転し、1点差を守りきりました。勢いに乗って再び敵地へ。選手たちが大舞台に慣れてきたようで、面白くなってきました!


 度々このブログにも記していますが、私は19年前の日本シリーズは現場におりました。ハマスタです。当時大学1年生。第1戦が雨で流れましてね、待ち遠しかったですねー。外野自由席、しかもライトは早々に売り切れてレフトの自由席。少しでもいい席を確保しようと徹夜組の列に並んで、雨天中止の間も球場外周の庇で雨をしのぎ、大富豪で時間をつぶす。合間に某局のカメラが回ってきて、どうやら我々、日曜朝の情報番組でワンカット流れたらしいです。「雨の中並ぶ徹夜組」みたいな。


 そうして迎えた第1戦、初回から横浜ペースで試合が進み、結果は完勝。9回表に大魔神こと佐々木主浩投手が登板したときの光景は未だに目に焼き付いています。観客席はほぼ360度横浜ファン、みな使い捨てカメラを構えて写真に残さんとシャッターを切る(当時は携帯電話で写真なんてなかったですから)。無数のフラッシュがまるでコンサートのサイリウムのよう。球場のカクテル光線がさらに一段明るくなったような、異様な光に包まれていました。


 そういえば推しチームの日本シリーズって行ったことないなあ。2003年の阪神優勝時はまだ仙台にいたし、05年は千葉での開催が週末で行けなかったし、そもそも4戦で終わっちゃったし、33対4だし。オリックスは(以下略)
 なんて考えると、この日本シリーズを生観戦している横浜ファンの皆さんは、なんと幸せなのだろうと。ちょっと前までは暗黒時代、球場も寂しい雰囲気でした。そこから1年1年着実に進化を見せ、ついに今年日本シリーズに。この進化の歩みをつぶさに見ていたら、感慨深いでしょうねえ。果たしてオリックスにこのような日が来るのだろうか...


では、11月 4日(土曜日) の放送予定です。
ラジオNIKKEI第1のみの放送です。第2での競馬中継はありません。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:55頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:25頃~「週間ニューストピックス」
10:55頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:20頃~「今週の注目数字」
15:30頃~、16:05頃~「トレセンレポート」
16:30~「競馬延長戦」


東京実況:舩山陽司(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、中野雷太、舩山陽司
パドック進行:中野雷太、大関隼、小島友実
福島実況:山本直(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

仕事→(休み?)→仕事、の出張。11月3日(祝・金)の放送予定 [番組情報]
2017.11/02 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【秋の福島開幕。来年は福島競馬場100周年! 思い出のベストホース を募集します】
【福島は3日(祝・金)に バックヤードツアー を実施。ジョッキーに会えるかも!?】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 今週末の中央競馬は3日(金・文化の日)、4日(土)、5日(日)の3日間開催です。3日は大井競馬場で地方競馬の祭典・JBCが行われ、京都・福島が開催。4日は東京と福島、5日は東京と京都の変則3日間開催なのです。
 ラジオNIKKEIではJBCのレースは放送しませんが、「中央競馬実況中継」の放送内で結果と払い戻しは速報する予定です。土曜夕方の「競馬インパクト」で実況録音をお送りしますのでお楽しみに。


 さて、何年かに1回あるこの"変則3日間開催"。来年は2月に組まれていて(2月10日~12日)、京都小倉→東京京都→東京小倉、という開催順となっております。


 なにこれ、この週に小倉めっちゃ行きたい!!!! 


 だって、小倉で中1日(ほぼ)フリーの日があるってことでしょ! 天国やん!!


 このような変則3日間開催では、開催3競馬場のうちどこかが『金・日』あるいは『土・月」という飛び石の開催になります。今週であれば京都がそうですし、今年3月の変則開催では中京がこの形でした。
 飛び石開催の真ん中は何をするかというと、もちろん翌日の実況や放送の準備はしますけど、それ以外は基本フリーなのです。ローカル開催で飛び石開催だと、うふふ(*´艸`) あとはお察しください。


 私は過去にこの出張を2度経験したことがあります。どちらも2008年。
 1回目は当時9月に行われていた2回札幌開催。9月の敬老の日を含んだ3連休で、札幌で(!)土・月開催というパラダイスのような出張があったのです。あれから9年も経つのか...。
 このときは午前中に翌日の塗り絵を済ませ、午後からはそそくさと地下鉄で福住駅へ。そうです札幌ドームです。地域に根ざした日本ハムの試合を本拠地で初観戦(だったはず)。いやあ楽しいこと! もちろん試合後はススキノに繰り出すこともなく、さっさと帰ってレースをチェックしましたけどね。
 

 2回目は2008年の11月、勤労感謝の日を含めた3連休で、福島が土・月開催でした。
 このときはですね、日曜日に福島競馬場で翌日の準備をしたあと、暇を持て余して前職の同期に連絡。仙台に出て飲もうかと思ったんです。そうしたら「バカヤロー、Yちゃん(他局の同期)の結婚パーティーだろ!」ああそうだった! 出張だからと欠席の連絡をしていたんだった。福島から東京まで新幹線で1時間半...いけるやん!
 急いで新幹線に飛び乗り、丸の内のオサレレストランでパーティーに急遽出席。出張はスーツで行っていたので助かりました。ひとしきり飲んで楽しんで、最終の新幹線で再び福島に戻るひとり弾丸ツアーを敢行したのでした。


 3日間開催は出走馬関係者の方々も、主催者の皆さんもなにかと大変そう。我々もイレギュラーに対応するため、作業が増えたりします。ただ、まれにこういう出張があると、3日間開催もいいかな、なんて思ったり。来年2月の変則開催、小倉行かせてくれないかなあ...?


では、11月 3日(金曜日・文化の日) の放送予定です。
ラジオNIKKEI第2のみの放送です。第1での競馬中継はありません。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「メインレース展望」
11:30頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「日曜重賞レース展望」
12:50頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ
福島実況:小林雅巳(1R~6R)山本直(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

雨のGIはドラマチック? 10月29日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.10/28 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【天皇賞(秋)の生ファンファーレは 海上自衛隊東京音楽隊 。池江泰郎氏の トークショー も】
【29日は秋の新潟最終日。 バイきんぐ のお笑いライブに、みんな大好き 芝コース開放 !】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 先週の菊花賞も、先々週の秋華賞も、道悪での競馬。天候の発表は「雨」でした。そして天皇賞(秋)が行われる明日も、ぐずついたお天気が予想されております。
 1986年以降のGIレースで、天候「雨」で行われたのは今年の秋華賞と菊花賞を含めて37クラ(障害GI含む)。GIレースが3週連続で「雨」で行われたことはありません。もし今年の天皇賞(秋)が雨発表だと、ここ30年で初めてということになりますが、さて...。


 さて、この「雨」のGIを一つ一つみていくと、それぞれになかなかのドラマがありました。


 1986年朝日杯3歳S。根本康広騎手がヨーロピアンスタイルでメリーナイスを勝利に導く。
 1988年オークス。コスモドリーム。デビュー3年目の熊沢重文騎手、東京初騎乗だった。
 1993年宝塚記念。最内を回ったオースミロッチ&松本達也騎手があわやのシーン。
 1995年桜花賞。笠松のライデンリーダーが1番人気も、徹底マークで4着。
 1998年安田記念。タイキシャトル「夢は世界へ飛び立つか!」。
 1999年中山グランドジャンプ。記念すべき最初の障害GIも雨だった。
 2001年天皇賞(秋)。稀代のオールラウンダー・アグネスデジタルが伝統の一戦に勝利。
 2002年菊花賞。ノーリーズン落馬、ヒシミラクル−ファストタテヤマで大波乱。
 2002年中山大障害。ロシェル・ロケット騎手がJRAで唯一の女性騎手重賞勝利。
 2003年ジャパンカップダート。アドマイヤドンとフリートストリートダンサーの死闘。
 2007年NHKマイルC。17番人気ピンクカメオが制し、3連単900万円台の超高配当。
 2010年オークス。アパパネ&サンテミリオンがGI史上初の1着同着。
 2012年エリザベス女王杯。雨中に咲いたレインボーダリア。


 どうですか。雨だから、というわけではないとは思うのですが、後に語り継がれるレースが多いと思いません? もちろん先々週の秋華賞もそうだし、先週の菊花賞もきっと後々ドラマチックに語られるレースになる、のではないでしょうか(既に勝ちタイムは語られるかも?)。
 そして今週の天皇賞(秋)。豪華メンバーです。現在の古馬中長距離路線のトップどころが、サトノダイヤモンド以外は皆出てきたという構成。どの馬からでも入れそうだし、どの馬にも勝つ理由が見出だせそう。天気がどうにも悩ましいですが、後世に残る名勝負を期待したいものです。


 余談ですが、先週の菊花賞を勝ったキセキ。祖母が私の大好きなロンドンブリッジだったのですね。母ブリッツフィナーレが未出走馬だったので油断して(?)見落としていました。くうぅ、レース前に気付いていれば全力応援だったのに! うーむ。今週こそロンドンブリッジの仔に期待しますか、って金曜日発売で一時1番人気に? これまた悩ましい...。


では、10月 29日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:20頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:40頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:15頃~「今日のコラム」出演:有吉正徳(朝日新聞)
16:30頃~「来週の重賞展望」


東京実況:山本直(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:木和田篤、小塚歩
パドック進行:石原李夏
新潟実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:10頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:30頃~「特別レース展望」
13:30頃~「解説者 今日の狙い目」
14:05頃~「GIレース展望」
14:40頃~「京都メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

過酷なレースのその後が心配。 10月28日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.10/27 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【天皇賞(秋)の生ファンファーレは 海上自衛隊東京音楽隊 。池江泰郎氏の トークショー も】
【29日は秋の新潟最終日。 バイきんぐ のお笑いライブに、みんな大好き 芝コース開放 !】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 先週の菊花賞は大変なレースになりました。勝ちタイムが3分18秒9という、想像を遥かに超える過酷さ。
 菊花賞レコード(=芝3000mの日本レコード)がトーホウジャッカルの3分01秒0、今年の春の天皇賞でキタサンブラックが叩き出したレコードタイムが3分12秒5。そのレースでシンガリ入線だったラブラドライトの走破タイムでも3分16秒2なのですから。


 70年以上前、終戦前後の菊花賞のタイムに近いんですから。今年2017年ですよ。勝ったキセキはもちろん、完走した全18頭、よく頑張ったと思います。
 このあと心配なのは反動。2000年以降の芝の全重賞レースの勝ち馬1922頭のうち、前走で芝の不良馬場のレースを勝って連勝したのは14頭。うち芝:不良の重賞勝ち→次走で重賞連勝は7頭だけです。このなかにはアグネスタキオンやオルフェーヴルなど、世代限定戦では力が抜けていた馬も含まれます。不良馬場の重賞を頑張って走って勝ちきって、さらにその次もっていうのは相当難しいと思うのですよ。


 もちろん勝ち馬だけではなく、過酷な菊花賞を走り抜けた18頭すべて、きっとダメージがあると思うんです。できるだけ反動少なく、またレースで活躍する姿が見られますように。


 そして今週もまた、週末は雨予報...もう勘弁してください(涙)


では、10月 28日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」


東京実況:小林雅巳(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:小島友実、山本直
パドック進行:木和田篤、小島友実
新潟実況:中野雷太(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
高岡功(中京スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「日曜重賞レース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

1番人気と18番人気、さて何倍? 10月22日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.10/21 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【菊花賞当日、京都のゲストは GACKT さん! お昼休みに予想会&最終R終了後レース回顧】
【日曜東京は 名実況アナ レジェントトークショー 我らが白川次郎アナウンサーも登場します】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 クラシック最終戦、菊花賞。枠順は19日木曜の午後に決まり、翌20日にはこの秋最初の金曜日発売が行われました。そのオッズに皆驚かされました。


 最低18番人気で、単勝20倍台...ッ!!


 金曜日発売 (リンク先はJRAホームページの用語説明)は午後7時に締め切られます。この金曜日発売終了時点で、1番人気アルアインの単勝オッズは7.1倍。最低18番人気のアダムバローズは29.7倍でした。18番人気ですよ。一番人気のない馬が勝ったとして、30倍弱しか"つかない"わけです。


 まあ金曜日発売は、発売額もさほど大きくありませんし、限られたWINSでの発売ですからね。夜間発売が始まると、多少オッズは動きました。それでも...


 最低人気がプラチナヴォイスとなり、この時点では41.3倍。実はこれでもまだ珍しいケースなのです。


 1986年以降、「18番人気」の馬が単勝オッズ50倍以下だったのはわずか4回。うち3回は19頭立て以上で、18番人気馬よりも人気薄の馬が存在しました。
 18頭立ての最低18番人気馬が単勝オッズ50倍を割っていたのはただの1回だけ。2008年の菊花賞、18番人気ホワイトピルグリムの単勝オッズが43.5倍でした(7着)。もし金曜23時時点のままなら、過去30年で最も"人気のある"18頭立て18番人気と言えるでしょうか。
 

 一方、86年以降のGIレースで、1番人気馬が単勝5.0倍以上だったケースは13回。直近では今年のNHKマイルCのカラクレナイが単勝5.0倍で1番人気、17着でした。同期間で最も単勝オッズの数字が大きかったのは2012年安田記念のサダムパテックで6.6倍(9着)。1番人気で6倍台だったのはほかにロングシンホニー(1989年日本ダービー・5着)の6.0倍だけですから、12年安田記念もまた、とても人気の割れたレースだったのですね。ちなみにこのレースの18番人気はスマイルジャックで単勝91.0倍、サダムパテックにクビ差先着して8着だったのいうのが、これまた何とも。


 もちろんレースの結果は人気で決まるわけではありません。人気は人の気ですから。ただ、今年はダービー上位1〜3着が揃って不在というメンバー構成。さらに春の実績馬、トライアル好走馬が揃いも揃って外枠を引くという。近年の内枠有利の傾向も、この金曜日発売の人気に現れているのかもしれませんね。さらに今週末は先週以上に、天気に敏感にならざるを得ません(台風が接近しています)。「投票行って外食」のあとの投票は、直前まで悩ましそうです。


では、10月 22日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
今野光成(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:20頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:20頃~「メインレース展望」
12:40頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
14:10頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:45頃~「今日のコラム」出演:小林正明(デイリースポーツ)
16:30頃~「来週の重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:舩山陽司、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生
新潟実況:山本直(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:45頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:45頃~「特別レース展望」
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:55頃~「東京メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:佐藤泉(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

じゅ、14レントウ...! 10月21日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.10/20 小塚 歩 記事URL

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【菊花賞当日、京都のゲストは GACKT さん! お昼休みに予想会&最終R終了後レース回顧】
【日曜東京は 名実況アナ レジェントトークショー 我らが白川次郎アナウンサーも登場します】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】
【新日本プロレスとJRAがコラボ! 「新日本プロレスケイバ」


 日経平均株価が連日上がっています。今日20日の終値は2万1457円64銭、昨日19日から9円12銭上げて終えました。これで14日続伸で、1960年12月21日から61年1月11日にかけて以来、およそ56年9ヵ月ぶりに歴代最長記録に並んだそうです。
 (参考→ 日本経済新聞
 これで株価は14レントウです。昨日一昨日あたりからニュースで「12レントウ」「13レントウ」という言葉を耳にしました。私などはこのニュースで思ったものです。


 「13レントウ!?」


 「ラガービッグワンを超えたか...」


 そりゃー競馬やってたらレントウ=連闘ですよ、ね? (先のニュースのレントウは"連騰")
 JRAの最多連闘記録が、ラガービッグワンの12連闘なのです。1995年6月10日の札幌4レースから、8月27日の函館3レースまで、実に12週間連続で出走したのです(当時の北海道シリーズは札幌8週間→函館8週間で行われていました)。
 この頃に競馬を覚え始めて、本か雑誌かでこの記録に触れた記憶にあります。だからよく覚えてる。輸送がなく競馬場に滞在する、夏の北海道でのレースだからできたこと。現在は前回着順とか、出走間隔などでレースに出走できる順番が決まりますが、当時はどうたったのでしょうね?


 この間のラガービッグワンの成績はというと。
 8着→7着→3着→3着→9着→4着→5着→11着→8着→4着→6着→3着。着順は連騰とはならずも(それは仕方ない)、一旦着順を下げながら、また上げてきているところが素晴らしい。馬体重も微増と微減を繰り返しながら、550キロ~564キロの間で安定。大きく減らなかったことも、連闘できた要因なのでしょうか。
 

 1994年11月5日、京都の新馬戦でデビューしたラガービッグワンは、3歳(現2歳)時に4戦。デビュー戦8着のあと、翌週出走して9着。連闘でした。明けて4歳(現3歳)になった1994年は、2月以降はほぼ月3走のペースで走り、5月28日の時点でキャリア16戦を消化しました。ということは...12連闘終了時点、3歳8月で28戦走っていたことになります。
 12連闘のあとは中1週・中1週で函館の未勝利戦に出走したあと、秋の新潟でも4戦。3歳11月まで、デビューからおよそ12カ月半で34レースに出走しました。
 残念ながらJRAで勝利することができなかったラガービッグワンは、その後南関東に移籍。中央での最後のレースからおよそ5ヵ月の休み明けで出走した移籍初戦で2着、そしてついに次走、デビューから通算36戦目で初勝利を挙げるのです。1996年5月3日のことでした。
 無事是名馬、タフにレースをこなし、長く続けていればかならず報われる時が来る。ラガービッグワンの成績を改めて調べていて、月並みですがそんなことを思いました。


 さて、株価のほうははいつまでレントウするんでしょう...? 週明け月曜日に注目ですね。


では、10月 21日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


東京実況:小塚歩(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、小塚歩
パドック進行:木和田篤、石原李夏
新潟実況:大関隼(1R~6R)山本直(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
小宮邦裕(研究ニュース)5R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「日曜重賞レース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:中野雷太(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

晴・良の特異GIとは!? 10月15日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.10/14 小塚 歩 記事URL

秋競馬もやります 「秋の2歳単勝」 12月17日まで、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【今年も京都競馬場で 関西ラーメンダービー きたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!! 絶対行く】
【日曜京都はお昼の予想会に トレンディエンジェル 、最終レース後は 尼神インター 登場】
【秋の新潟開催開幕、日曜は ゲスト続々 ! 土曜は バックヤードツアー あります】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】


 (このブログは金曜日に書いています)
 いやあ、昨日あんな爽やかな(?)中身のブログを書いておいて、皆さん競馬場へ! なんて言っておいて、今週末のこの天気。なんですかこれ。
 プロ野球のクライマックスシリーズ、甲子園の試合が全部雨で流れたら、DeNAは1敗もすることなく1stシリーズ敗退となってしまう、みたいな記事も見かけました(予備日がないそうです)。まあさすがにそこまで、とは思いますが...お天道様のすることはどうにも読めませんからね。


 「晴れの特異日」ってありますよね。なぜかはわからないけど、毎年この日は必ず晴れるという。有名なのは昭和39年の東京オリンピックの開幕日、10月10日。かつての体育の日ですよね。
 このようなデータ もあるようですし(日本気象協会のサイトより)、データからも10月10日は晴れの特異日と言えるようです。


 GIにも「晴・良の特異GI」があるような気がします。そう、明日行われる秋華賞です。

 
 去年までの21回で、天候「晴」が18回、「曇」が3回。「小雨」や「雨」の発表で行われたことがありません。馬場状態も、2011年(勝ち馬アヴェンチュラ)が1度だけ「稍重」で行われただけで、他の20回は全て「良」で行われているのです。
 例えば2005年は、秋華賞の前日が終日雨の発表で行われ、芝ダートとも良で始まったのが芝:稍重、ダート:重に。しかし翌日、秋華賞当日は天気が回復して一日中晴れ、芝も良に回復して秋華賞が行われたのでした。
 とにかく晴、良馬場で行われる回数が圧倒的に多いというわけです。秋華賞。

 
 同時期、1週遅れで行われる菊花賞はというと、過去21年間で20回「良」ですが一度だけ「不良」馬場で行われたことが。4年前の2013年、エピファネイアが勝った年です。
 天候はというと、晴:14回、曇:4回、小雨:2回、雨:1回(ヒシミラクルが勝った2002年)。確率的にはむしろこのくらいの割合で雨があってもよさそうなもの、秋華賞はやはり「晴」の特異レースなのではないでしょうか?


 ...という仮説が、この週末の雨で崩されてしまいそうなんですよね。でも予報はあくまで予報。1ヶ月前を思い出してください。阪神の3日間開催は台風で開催が危ぶまれましたが、ほとんど雨が降らずにレースできたのですから。
 天候や馬場状態によって、各陣営の思惑もいろいろあるでしょうし、馬券を買う側もいろんなことを考えてしまいそう。果たして明日の午後3時40分、どんな天気になっているか。3歳牝馬の三冠最終戦、願わくは「晴・良」であらんことを...。


(土曜夜8時に追記...天気予報が変わっているのか、さほどの雨量ではなさそう?? いやまだわかりません。今後の推移を見守りましょう。明日朝イチの概況に注目しています)


では、10月 15日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:45頃~「パドック解説者 メインレース予想」
11:15頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:35頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
14:10頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:45頃~「今日のコラム」出演:小田哲也(スポーツニッポン)
16:30頃~「来週の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:中野雷太、木和田篤
パドック進行:小島友実
新潟実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<ゲスト>
玉田玉秀斎(講談師)


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:40頃~「特別レース展望」
13:40頃~「メイン解説・森本昭夫さん 今日の注目馬」
14:55頃~、15:35頃~「ゲスト・玉田玉秀斎さんを迎えて」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

久しぶりの「競馬場」。 10月14日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.10/13 小塚 歩 記事URL

秋競馬もやります 「秋の2歳単勝」 12月17日まで、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【今年も京都競馬場で 関西ラーメンダービー きたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!! 絶対行く】
【日曜京都はお昼の予想会に トレンディエンジェル 、最終レース後は 尼神インター 登場】
【秋の新潟開催開幕、日曜は ゲスト続々 ! 土曜は バックヤードツアー あります】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】


 先週の3日間開催、お疲れ様でした。重賞3つに南部杯にジョッキーベイビーズと、盛りだくさんの3日間でしたね。毎日王冠当日は、東京競馬場の入場人員が前年比130%を超えたそうで。テレビのスタジオでモニター観戦でしたけど、明らかにいつもと歓声の厚みが違いましたもの。
 やはり毎日王冠が来ると「ああ、秋競馬本番だ」「秋の東京開幕だ」「秋のGIもいよいよ本番だ」と、ファンの皆さんもテンションが上がるんでしょうね。カレンダーでは3連休の中日、お天気に恵まれたのもプラスに作用したようです。


 さて、タイトルの"久しぶりの競馬場"。いやアンタ普段から競馬場で仕事してるんちゃうかと。そうではなくてですね。

旅に出ます。探さないでください。

Ayumu Kozukaさん(@ayumu.kozuka)がシェアした投稿 -


 3日間開催の3日目、月曜日はひさーしぶりに中央競馬開催日に勤務なし(遅い夏休み??)でございましてね。東京競馬場は我が家からアクセスもよいので、久しぶりにプライベートで参戦した次第であります。

ひとりラーメンダービー@東京競馬場

Ayumu Kozukaさん(@ayumu.kozuka)がシェアした投稿 -


 京都競馬場のラーメンダービーではなく、東京競馬場のフードコートでひとりラーメンダービー。うまし。


 昼過ぎに競馬場に着いて6レースから参戦。パドックをモニターでじっと見ながら、京都のレースも片手間に買いながら。最後の南部杯まで電話投票で購入して、その日の飲み代くらいは出ました。よくがんばった俺。
 やはり競馬場はいいですね。心地よい陽気、緑の絨毯が目に鮮やか。サラブレッドの美しさ、直線の追い比べ、目の前を通り過ぎていく馬群の迫力。普段放送で「どうぞ皆さんも競馬場にお越しください」とは言っておきながら、その競馬場の良さ、現場の良さ、ライブ感。放送席ではなく、ファンエリアでないと味わえないものもあるのだと改めて実感した次第です。
 もちろん馬券をじっくり買えることもいいですしね。そして競馬場の中で我々ラジオNIKKEIの競馬実況がどんなふうに聞こえているのかっていうのも、改めて確認するいい機会になりました。


 先週の月曜日があったからこそ、これまで以上に胸を張って皆さんにオススメできます。
 「秋競馬サイコー! 馬券当たればもっとサイコー!! 馬券当たらなくても楽しく過ごせますよ。みなさんもぜひ競馬場へ!」
 (この週末は天気が心配ですけどね...その話は明日の当ブログにて)


では、10月 14日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


東京実況:山本直(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:稲葉弥生、山本直
パドック進行:木和田篤、稲葉弥生
新潟実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
松浪大樹(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「日曜重賞レース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

私を競馬につれてって! 10月9日(祝・月)の放送予定 [番組情報]
2017.10/08 小塚 歩 記事URL

秋競馬もやります 「秋の2歳単勝」 12月17日まで、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【今年も京都競馬場で 関西ラーメンダービー きたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!! 絶対行く】
【9日月曜の京都競馬場は フリーパスの日 。マイクロファイバータオルをプレゼント】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】


 10月は放送局にとっていわゆる"改編期"です。弊社ラジオNIKKEIでも、多くの新番組がこの10月にスタートしました。お楽しみいただいておりますでしょうか。
 中でも競馬班にとっては、この番組が目玉となるでしょうね。


 藤江れいなさんがメインパーソナリティを務める「私を競馬につれてって」


 初回放送が無事終わりました!



 藤江れいなさんも担当の大関アナ・山本直アナも、制作スタッフ陣も、初回ということもあってか大変テンションの高い収録だったそうで。
 初回放送は12日(木)まで、ラジコのタイムフリーでお聴きいただけますので、 こちらのリンク からぜひどうぞ! 「友だちに教える」機能を使ってどしどし拡散してください。Twitterをお持ちの方は「#私を競馬につれてって」でツイートお願いします!


 特に山本直アナは48グループのファンということもあり、大変楽しそうに仕事しています。これってとっても大事だと思うんですよね。やっているこちらが楽しくないと、番組を聴いているリスナーの皆さんに楽しさが伝わらないんです。スポーツ中継でも、バラエティでも同じ。ニュースだって、こちらが興味を持って読まないと、中身って伝わらないんですよね。
 先日このブログにも記しましたが、「地球は競馬でまわってる」で三浦大輔さんがゲスト出演されたとき、ワタシとっても楽しかったですもん。


 番組はまだ始まったばかり。これからどう展開していくのか乞うご期待!
 初回放送記念ということで、番組ではプレゼントをご用意しました! 詳しくは→ 番組公式サイト にて。 何の変哲もない塗り絵にも、サインが入るとこれだけ豪華になるとは...。たくさんのご応募お待ちしています!
 


では、 10月 9日(月曜日・体育の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「日曜重賞レース回顧(毎日王冠)」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
16:15頃~「来週の重賞展望」


東京実況:中野雷太(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、山本直、小林雅巳
パドック進行:木和田篤、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「京都大賞典プレイバック」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「メイン解説・森本昭夫さん 今日の注目馬」
14:15頃~「メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

 全47ページ中21 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 [21] 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 次の10件