イトコ同士。 4月8日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.04/07 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【いよいよクラシック。桜花賞の表彰式プレゼンターは 柳楽優弥 さん! レース回顧にも登場】
【8日日曜の中山は 女性限定フリーパスの日 。先着4000名にプレゼントあり】
【日曜福島は 南キャンしずちゃん&はんにゃ 来場! トークショー&米沢特別プレゼンター】


 明日の桜花賞。オルフェーヴル産駒ラッキーライラックと、オルフェーヴルの全妹デルニエオールが対戦。有力馬の父とその兄弟が大レースで一緒に走るという珍しいケースとなりました。
 ほかにも「桜花賞出走歴のある母」の産駒が多く、アンコールプリュの母オイスターチケットは01年の桜花賞で6着、アーモンドアイの母フサイチパンドラは06年14着。アンヴァルとツヅミモンは母仔3代での桜花賞出走となります。
 (アンヴァル...母アルーリングボイス06年7着、祖母アルーリングアクト00年17着。ツヅミモン...母カタマチボタン07年3着、祖母タヤスブルーム99年13着)
 またリリーノーブルの祖母バプティスタは20年前、98年の桜花賞に出走して9着。ファレノプシス→ロンドンブリッジのあの桜花賞出走馬の孫がもう走っているんですね。あ、ロンドンブリッジの孫が菊花賞馬(キセキ)になるくらいだからそうなのか。


 という、長くファンをやっている方は感慨深くなるであろう血統の出走馬が多い、今回の桜花賞。実はさらに、出走18頭のうち「イトコ」の関係が2組もあります。
 ツヅミモンの母カタマチボタンとトーセンブレスの母ブルーミンバーは1歳違いの姉妹で、祖母が同じタヤスブルーム。親同士が兄弟ですから「従姉妹」ですね。またレッドレグナントの母エンプレスティアラとフィニフティの母ココシュニックも1歳違いの姉妹(祖母ゴールドティアラ)、従姉妹同士となります。


 同い年のイトコがいたら...。やっぱり仲良くなるのかな。ライバルなのかな?
 アタシは父方のイトコの中ではほぼ最年少、母方のイトコでは最年長で、同い年のイトコがいなかったんです。一番近くて3歳違いかな? 特に父方のイトコは繋がりが深い。小さい頃から世話になったし、今でも帰省したら顔合わせます。
 先日、そのイトコのひとりから「ドバイの実況聴いたよ!」とLINEが。ありがたいじゃないですか、ねえ。励みになります。


 血統的な見どころたくさんの桜花賞。ツヅミモンとトーセンブレス、レッドレグナントとフィニフティのイトコ同士はどんな走りを見せるのか。勝負とは直接関係ありませんが、少しだけ注目しています。


 では、4月 8日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
今野光成(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:20頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:20頃~「メインレース展望」
12:40頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:40頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:10頃~「今日のコラム」出演:坂本達洋(スポーツ報知)
16:20頃~「来週の重賞展望」


中山実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:木和田篤、小屋敷彰吾、山本直
パドック進行:石原李夏
福島実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
荒木敏宏(競馬ニホン)1R~5R
石井大輔(競馬ニホン)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「GIレース展望」
11:45頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:45頃~「中山メインレース展望」
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

思てたんと違うー! 4月7日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.04/06 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【いよいよクラシック。桜花賞の表彰式プレゼンターは 柳楽優弥 さん! レース回顧にも登場】
【春の福島初日の7日は フリーパスの日 ! 100周年アンバサダー・ 武田玲奈さん 来場!】


 恥ずかしながら帰ってまいりました。小塚です。皆様ドバイはいかがでしたでしょうか?
 先週のこのブログで生意気にもレース展望っぽいことを書き、その見立てがまーったくトンチンカンでございまして。お恥ずかしい限り。


 <ゴールデンシャヒーンはアメリカ馬が強そう>
 まあ確かにアメリカ調教馬のワンツースリーでした。が、あの日の前残り(だと思っていた)馬場でマインドユアビスケッツが追い込み決めますか。そうですか。ロイエイチはスタート後手でリズムに乗れなかった印象。残念。


 <ドバイターフの穴は海外勢>
 そう思ってトレスフリュオースから高配当を狙いましたよ。これがトンだ見当はずれ。13着ですか...。勝ったのはベンバトル、2着ヴィブロス。3着はリアルスティールとディアドラの同着でした。


 思てたんと違うー! 事前の見立てが全くもって的外れ。ここで小塚、ある仮説を思いつきます。
 『メイダン競馬場のコース経験がある馬のほうが、きょうの馬場では有利なのではないか』。


 例えば、芝3200mのゴールドカップはフランスのヴァジラバドが3連覇。2着だった英国調教馬シェイクザイードロードは実に5回目のワールドカップデー参戦でした。
 ゴールデンシャヒーンはマインドユアビスケッツが連覇、2着は2年前の2着馬エックスワイジェット。ドバイターフを勝ったベンバトルは今季メイダンで重賞2勝しG1ジェベルハッタ2着。2着ヴィブロスと3着(の片方)リアルスティールはこのレースの優勝経験馬。
 ことごとく、コース経験のある馬が上位に来ているのです。じゃあ、このあとのシーマクラシックワールドカップも、コース経験ある馬から狙ってみようか。


 ドバイシーマクラシックは10頭立て、メイダンのコースを経験しているのは地元のホークビルとベストソリューションの2頭しかいません。ということでホークビル。そしたら、あれよあれよの逃げ切り。おお、もしかしたら仮説は正しかったのか? まあしかし、単勝5番人気で920円。日本のファンもよく知っている。そこまで伏兵というわけでもないし。


 続くワールドカップも10頭立て、コース経験は地元勢+アウォーディー+アメリカに移籍したムブタヒージ。ここは地元馬、そしてこの日絶好調のゴドルフィン所有のサンダースノーから。前に行けるから馬場も合うだろう。スミヨンJに手が戻ったし。結果はサンダースノー1着、ムブタヒージ3着。


 アタシ事前に、こんなこと書いてました。
 <シーマクラシックは日本馬3頭vsクロスオブスターズ>
 <ドバイワールドカップはウエストコーストが新王者に君臨>
 うーむ。


 思てたんと違う、ってのは実況もそうでして、あらかたこんなレースになるかな、というイメージとは全く違うレースになりましたのでね。特に中盤のあたりでアジャストが必要でした。ま、競馬は思ってた通りにならないことの方が多いのですけどね...。もっともっと対応力を磨きたいと改めて思ったドバイの夜でした。


 では、4月 7日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


中山実況:大関隼(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:小屋敷彰吾、稲葉弥生
福島実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「重賞レース展望」
11:20頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜GIレース展望」
12:10頃~「中山メインレース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:小塚歩(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

いよいよです。 4月1日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.03/31 小塚 歩 記事URL

「ドバイワールドカップデー実況中継」 ラジオNIKKEI第1で31日(土)24時~ 生中継!
ドバイ国際競走の馬券発売は31日(土)午前7時から。詳細は こちらのサイト でご確認を


【大阪杯スペシャルプレゼンターは 間寛平さんとお笑いコンビ・和牛 !】
【大阪杯 記念入場券 発売、生ファンファーレは 大阪音楽大学 の皆さん】


 このブログを書いているのはドバイ時間の午前7時半すぎ。ちょうど小屋敷彰吾アナウンサーが番組進行デビューしているタイミングです。皆さんお聴きいただきましたでしょうか? 暖かい目で見守っていただければ幸いです。
 

 さてこちらドバイ。



 こりゃ今日も暑そうだ。

 
 実況の準備もあらかた終わってはおりますが、どこまでやればゴールってのがないものでして...。直前まであれやこれやと準備しながら、レースを迎えることになると思います。
 ドバイゴールデンシャヒーンはアメリカ馬が強そう。ロイエイチは普通にやれば好勝負だと思います。マテラスカイはすんなり先行できる流れになれば、わずかに可能性はあるかなという印象です。


 ドバイターフは日本馬以外のG1馬がブレアハウスだけというメンバー構成。3年連続の日本勢勝利も大いに期待できます。馬券妙味は実績乏しいと思われている外国馬。特にトレスフリュオースはシャンティイの一般戦を使って遠征する黄金ローテの1頭ですから、去年7番人気2着のエシェムのような激走も。
 

 ドバイシーマクラシックは、日本馬3頭vsクロスオブスターズという構図か。この馬を含めゴドルフィンは3頭出しなので、チーム戦を仕掛けてくるかもしれません。ただ前を引っ張る馬がいるのは日本勢にも好都合でしょう。ポエッツワードの追い込みも要警戒。


 ドバイワールドカップはウエストコーストが中心でしょうね。去年のアロゲートほどの実績がありませんが、ガンランナー相手では仕方なし。新王者として君臨する、そのきっかけとしたいレースでしょう。
 相手は初ダートのタリスマニックや牝馬フォーエバーアンブライドルドよりも、ガンナヴェラを上位に取りたいですね。ペガサスWC3着からの臨戦は去年のネオリシック(12番人気3着)と同じ。いま力をつけている最中の4歳馬を先物買いといきましょう。もちろんアウォーディーの好走にも期待します。


 とにかく、今年は天気が良いのがなにより。芝とダートのコンディションは馬券発売より前のレースでしっかり確認したいですね。特に前哨戦「スーパーサタデー」は芝もダートも好時計連発でしたから、それとの比較を気にしておきたいと思います。


 では、4月 1日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:10頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:40頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:10頃~「メインレース展望」
12:30頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:30頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:05頃~「今日のコラム」出演:若原隆宏(東京中日スポーツ)
16:05頃~「来週の重賞展望」


中山実況:佐藤泉(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:山本直也、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「GIレース展望」
11:45頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:45頃~「中山メインレース展望」
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:小林雅巳(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

初めて晴れました。 3月31日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.03/30 小塚 歩 記事URL

「ドバイワールドカップデー実況中継」 ラジオNIKKEI第1で31日(土)24時~ 生中継!
ドバイ国際競走の馬券発売は31日(土)午前7時から。詳細は こちらのサイト でご確認を


【大阪杯スペシャルプレゼンターは 間寛平さんとお笑いコンビ・和牛 !】
【大阪杯 記念入場券 発売、生ファンファーレは 大阪音楽大学 の皆さん】


 日本の皆さんこんばんは。ドバイからお伝えします。
 ドバイは時差5時間。このブログが公開されるころはお昼すぎ、気温が一日で一番高い時間帯です。いやあ暑い。摂氏30度は優に超えます。日本なら高温注意情報が出てもいいくらい? 熱中症に気をつけなくてはいけません。


 暑い? そうなんです。暑いんです。


 そして!



 【朗報】雨男返上


 ドバイには現地時間の木曜早朝に到着。出国前から天気予報を見て、おそらく天気は良いであろうと想像はしていましたが、これは想像以上。雲ひとつない快晴とはまさにこのことであります。
 砂漠の国なので高層ビル以外は遠くの視界を遮りません。なので、水色の絵の具をサーッと伸ばしたようなぼんやり美しい空が、まるでどこまでも果てしなく続くような感覚さえあります。


 思えば去年のレース前日の午前中はサンダーストームでした。レース当日も昼過ぎまで雨。2009年に初めてドバイ出張した時も雨でした。
 レース前に、ドバイの青空をこれだけ見たのは初めて。いやあ、やっぱり天気がいいと心も晴れ晴れとしますな!


 ...実は今朝、ホテルを朝4時に出発したのですが、ホテル周りの路面がしっかりと濡れておりましてね。水を撒いたのか? それにしてはムワッと、不快指数が高め。これはもしや、スコール!?
 などと心配したのですが、競馬場に向かい始めると路面はカラカラ、雨が降った形跡はなし。よかった局地的な雨で。ホテル周辺に雨が降ったのだから、誰か雨男雨女が泊まっていたのでしょうね←


 では、3月 31日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
加藤剛史(デイリースポーツ馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:00頃~「ゲスト・加藤みどりさんを迎えて」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


中山実況:山本直(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:山本直也、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:345頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「中山メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜GIレース展望」
12:05頃~「阪神メインレース展望」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

苦手なコースはどこですか? 3月25日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.03/24 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【中山競馬場開設90周年記念 「中山を駆けた思い出の名馬BEST10」 人気投票を実施!】
【高松宮記念当日、中京競馬場に 山崎育三郎 さん来場! 表彰式&トークショー】
【中京競馬場で開催中 「中京ラーメン博2018」 今週まで! どのお店も美味しそう♪】


 以前このブログで書いたことあったかな? いや、実況アナウンサーにもコースの得意不得意ってあるもんだよな...っていう話です。
 競馬関係の方と、あるいは競馬がお好きな方とお酒をご一緒するときに、たまーに訊かれるのです。「どこが実況しやすいですか?」。うーん。実況しづらいというか、苦手な、不得手なコースならいくらでもあるんだけどなあ。

 まずは新潟の直線1000m。これはアナウンサー皆きっと悩まされているはずです。そりゃそうです、単純。スタートが実況席からおよそ1キロも離れているんですから。双眼鏡でも見えません。
 しかも新潟競馬場のスタンドの形状と相まって、スタートしてしばらくは馬群を正面から見るような形になるんです。ですので、どの馬が前に出ているのか双眼鏡では追いづらい。(レース序盤はわりとモニター見ます)
 そしてまた、新潟はゴール前でガラッと入れ替わることが多い! これは直線競馬に限りません。内回りでも、先行馬がギリギリまで残りつつ追い込み馬が届いたりするので厄介です。新潟でGIなんかやった日には、そらもう大変で大変で...(涙)←何かを思い出した
 個人的には他にも、東京の芝1400mとか苦手ですねえ。京都の外回りのマイルもちょっとばかり苦手。


 かつては中京競馬場も、苦手なコースのひとつでした。小回り平坦で、いまの新潟以上に大変だった。逃げ馬も残るし差し馬もドッと来るし。多頭数だし。若かりし頃は何度も泣かされたものです。 
 それがコース改修で、広く、直線も長く、坂もできて、と。これでずいぶん変わりました。
 私は一昨年まで短距離路線のGIを担当していましたが、高松宮記念は中山のスプリンターズSよりも実況はしやすかったです(個人の感想です)。もちろんGIですから気を遣うのですけど。
 コース改修後はスピード一辺倒ではこなしきれず、力がないと乗り切れないコースになりました。加えて、この時期の中京は馬場が荒れる事が多いので、スピード一発勝負にはならないのです。
 さあ、ここから始まる春のGIシリーズ。今年の高松宮記念はどんなレースになるのか、じっくり楽しみたいと思います。


 では、3月 25日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:50頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:15頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:45頃~「メインレース展望」
12:35頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:35頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:45頃~「今日のコラム」出演:野村英俊(東京中日スポーツ)
16:15頃~「来週の重賞展望」


中山実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:木和田篤、山本直
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
10:40頃~「一般レースの狙い」
11:10頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:20頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:00頃~「GIレース展望」
12:30頃~「中山メインレース展望」
13:30頃~「解説者 今日の狙い目」
14:00頃~「メインレース展望」
15:10すぎ「高松宮記念 パドックレポート」解説:大野英樹(中日スポーツ)
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、中野雷太
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

定休日がカブると悩ましい。 3月24日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.03/23 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【中山競馬場開設90周年記念 「中山を駆けた思い出の名馬BEST10」 人気投票を実施!】
【土曜中山・日経賞の表彰式プレゼンターは「うまびPEOPLE」、女優 小宮有紗 さん!】
【中京競馬場で開催中 「中京ラーメン博2018」 今週まで! どのお店も美味しそう♪】


 私は土日の競馬の仕事のほかに、火曜朝の「聴く日経」をレギュラーで担当しています。そのほか月曜も聴く日経を担当する週もあったり、水曜にトレセンに行ったりします。
 1週間の中で木曜だけは、基本的に休み。ですから水曜夜に飲み会なんかがありますと、ピッチも早くなるわけですな。それで飲みすぎて翌日を寝て過ごすハメになることもたま~にあります。何のための休みなんだか。


 で、生活のあれこれを木曜日にこなすことも多いわけです。なのですが、ウチの近所、木曜定休のところが結構あるんですよね。
 何より木曜定休で不便なのがクリーニング。週の前半にスーツやシャツをクリーニングに出して、木曜の休みに受け取るってことができない。金曜は競馬の前日、いろんな準備がありますからどうしてもクリーニング店の営業中には帰れませんで。うーん、木曜日に受け取れたらどれだけ便利か...。
 近くの診療所も木曜休みだったり、院長先生がいなかったりするんですよね。まあ他の曜日に行きゃいいんですけど、時間ある時に行きたいじゃないですか。ねえ。


 我々は仕事柄、平日に休むことが多うございます。週末の街の混雑に巻き込まれることがないので有り難いんですが、サービス業は我々同様、平日お休みなんですよね。そこで休みが被ってしまうという。友人には「平日休み、羨ましいねえ」なんて言われたりするんですけど、たまーに悩ましいこともあるのです。


 では、3月 24日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:25頃~「特別レース展望」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:45頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:50頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


中山実況:山本直(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:小塚歩、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
西谷哲生(大阪スポーツ)1R~5R
森本昭夫(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「第2回阪神競馬 馬場情報」(インタビュー)
10:20頃~「一般レースの狙い」
10:50頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:20頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「メインレース展望」
11:40頃~「第2回阪神競馬 イベント情報」(インタビュー)
12:10頃~「中山メインレース展望」
12:40頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ
中京実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

カク地で思い出すレース。 3月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.03/17 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【中山競馬場開設90周年記念 「中山を駆けた思い出の名馬BEST10」 人気投票を実施!】
【阪神競馬場はフリーパスの日。メジロの名馬がデザインされた クリアファイル プレゼント】
【高松宮記念当日、一部エリアを「高松宮記念エンジョイシート」として事前に応募受付します。応募は→ こちらから どうぞ】


 18日(日)の重賞レースには、東西ともに地方所属馬が出走します。スプリングSにはホッカイドウ競馬のハッピーグリンが、阪神大賞典には佐賀のスーパーマックスが出走予定です。
 ハッピーグリンは前走のセントポーリア賞を上がり33秒台の末脚で差し切り、前日最終オッズでは5番人気に推されています。一方のスーパーマックスは去年12月のチャレンジCで5着と健闘。3歳以上の芝の重賞レースで地方馬が掲示板に載ったのは、あのコスモバルク(08年日経賞)以来だったとか。


 それぞれが出走するスプリングSも、阪神大賞典も、カク地(=地方所属馬)の馬がが思い出されるレースであります。
 中央地方の交流が始まってから、スプリングSには11頭の地方所属馬が出走。04年ドラゴンキャプテン(高崎)の7着が最高着順です。個人的に思い出すのは99年に金沢から参戦したゴルデンコーク。5戦5勝でスプリングSに挑戦してきました。
 当時はまだネットの情報もここまで発達してませんから、地方の連勝馬の中央挑戦は「未だ見ぬ強豪の来襲」だったのです。しかも無敗という響きには、やはりワクワクさせられました。実際、6番人気で単勝は12倍ちょっと。残念ながら16着で皐月賞の出走権は獲れませんでしたが、ワクワク感をよーく覚えています。


 阪神大賞典にはこれまで地方所属馬が3頭(5回)出走。最高着順は96年ルイボスゴールド(笠松)の3着。思い出しますですねえ。
 ご記憶の方も多いでしょう。この年はナリタブライアンとマヤノトップガン、伝説の一騎打ちの年。多くのファンの注目はこの2頭に集まったはずですが、9馬身離れた3着に、ルイボスゴールドが頑張っていたのです。前年の菊花賞2着馬トウカイパレスなどを抑えての馬券圏内でした。
 当時は中京競馬場で地方競馬が開催されていて、ルイボスゴールドも中京の芝レースの経験がありました。ホリスキー産駒、芝の長いところにも適性があったということでしょうか。


 ライデンリーダーに始まり、フジノテンビー、ネイティヴハート、コスモバルク。ダートならメイセイオペラ、トーシンブリザード、フリオーソ。地方馬の好走がレースを、競馬を盛り上げました。地方競馬の売り上げが上向きな今、また中央馬に伍する地方のスターが誕生するといいなあ、などと思ったりもするのです。


 では、3月 18日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:20頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:板津雄志(サンケイスポーツ)
16:15頃~「来週の重賞展望」


中山実況:佐藤泉(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:山本直也、木和田篤
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「メインレース展望」
11:25頃~「メインレース展望(中山)」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:15頃~「特別レース展望」
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:山本直(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ひとつ押せなくなるだけで大変。 3月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.03/16 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【中山競馬場開設90周年記念 「中山を駆けた思い出の名馬BEST10」 人気投票を実施!】
【土曜中京はファルコンステークス、TVやCMで活躍中の 都丸紗也華さん 来場です!】


 普段はそこにあることが普通で、気に留めることはないんだけど、いざ無くなるととっても困るという話。


 先週の阪神競馬場。日曜の実況を終えて、夕方5時のニュースの準備をしていたときのことです。
 ニュースには知らない単語や読み方があやふやな地名などがたっくさん出てきますのでね、逐一調べながら下読みをしていきます。もちろん放送席備え付けのパソコンを駆使しながら。ネットに頼りながら原稿読んでいまして。その日も何気なく検索ワードをタイプしていたのですが


 ぽん、と変換キーを押して検索をかけると、あれれ。タイプミスしちゃったからうまく検索できてなかった。もう一度丁寧にタイピング。あれれ。またミスしちゃった。おかしいなあ...あっ!
 

 ノートパソコンのキーがひとつ、反応しなくなってしまっていたのです。たかがひとつ、と思うなかれ。そのひとつのキーが押せないだけでとーーーーってもストレスなんです。
 押せなくなったのは、アルファベットの"B"のキー。ローマ字入力だとばびぶべぼに関わるキーですわ。母音じゃないから影響少ないとか、そんなことはないんですな。ああ、この言葉を調べたいのに! うまく調べられない! ストレス。
 "B"のとなりに"V"のキーがありますので、これで代用できないかと試してみました。最近の検索サイトは頭がいい。「こうヴぇせいこう」と入力すると「もしかして:神戸製鋼」みたいな感じになって何とか検索できる。でもうまく検索できないワードもあったりして困るの。


 隣りにいた米田アナが助け舟。「ローマ字入力じゃなく、そこだけかな入力で打てばいいんですよ」。ああーなるほど! かな入力なんて20年ぶりくらいか。えーっと、"は"はどこにあるんだっけ...濁点はどのキーだったっけ...
 しっかし不思議ですよね。パソコンのキーボードにはあんなにたくさんのキーがあって、ひとつぐらい使えなくても問題なさそうなものですけど、ひとつ押せないだけでこんなに困るとは。どうにも直らないようで、しばらくは不便を我慢しながらの夕方ニュースになりそうです。


 では、3月 17日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


中山実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:小屋敷彰吾、山本直也、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜重賞レース展望」
12:15頃~「中山メインレース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:50頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、小林雅巳
パドック進行:宮脇さなえ
中京実況:大関隼(1R~6R)山本直(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

3月11日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.03/10 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【中山競馬場開設90周年記念 「中山を駆けた思い出の名馬BEST10」 人気投票を実施!】
【日曜阪神は桜花賞トライアル・フィリーズレビュー。 予想トークショー&勝ち「枠」投票
【日曜中京の金鯱賞は豪華メンバー集結。 モロ師岡さん 来場! トークショー&予想会実施】


 明日は3月11日です。東日本大震災から丸7年です。毎年思いますが、「もう7年」と「まだ7年」が心のなかで交錯しています。被災していない私ですらこうなのですから、被災者の方の心中はいかばかりか。
 発災直後の土日はJRA3競馬場すべて中止となりましたが、翌週から阪神と小倉(中京改修中のため代替)がすぐ再開されました。あのとき私は大阪支社の勤務でしたから、ありがたいことにほぼ毎週競馬に携わることが出来ました。
 

 開催日、最終レース終了後にジョッキーの皆さんが募金活動。競馬サークルからも多くの義援金が送られました。本馬場入場曲はなくても、ファンファーレに歓声が湧くいつもの光景。日本全体を不安が包んでいたあの時期に、中央地方問わず競馬という娯楽を提供できたのは良かったと思うのです。
 もちろん、直後のドバイワールドカップのヴィクトワールピサ&トランセンドの激走も。競馬を見てあれだけ心揺さぶられたのはいつ以来だったでしょうか。


 あの頃、西日本とはいえ競馬が行われていたことに、そしてその後、競馬が毎週行われていることに、改めて感謝です。


 私達アナウンサーができることはそう多くありません。エキサイティングな競馬中継をお届けして楽しんでいただくこと。そして福島で旨いもの食べて旨い酒を飲むこと! 今年もたくさん堪能したいと思います。いまから福島の出張が楽しみです! 


 では、3月 11日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:55頃~「メインレース展望」
12:20頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「今日のコラム」出演:館林勲(東京スポーツ)
16:15頃~「来週の重賞展望」


中山実況:小林雅巳(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:木和田篤、山本直也
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「メインレース展望」
11:25頃~「メインレース展望(中京)」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:15頃~「特別レース展望」
13:50頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


阪神実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:竹之上次男、大関隼
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

電子決済で、どうなる"せんべろ"? 3月10日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.03/09 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【中山競馬場開設90周年記念 「中山を駆けた思い出の名馬BEST10」 人気投票を実施!】
【阪神スプリングジャンプ記念 障害騎手と行くバックヤードツアー ご参加ください!】
【日曜中京の金鯱賞は豪華メンバー集結。 モロ師岡さん 来場! トークショー&予想会実施】


 競馬の世界もIT化が進んでおります。今年秋からキャッシュレス投票が始まるほか、今週はスマートフォンでQRコードを生成して発売機にかざして馬券購入する「スマッピー投票」というサービスも発表されました。
 そういえばJRA賞の投票も、昨年末からは電子投票に変わりましたしね。確実に時代は変わってきています。


 世界の趨勢はキャッシュレスだそうですね。中国の電子決済が続々と日本に乗り込んできたり、スウェーデンでは現金のやり取りがほとんどなくなるほど電子マネーが進んだとか?
 アタシ個人的には電子マネー大賛成派なんですよ。早く日本もこうなって欲しいと思うくらい。



 現在の日本で電子マネーだと、交通系ICカードか、ポンタかナナコか。私は交通系です。電車乗るだけでなく、買い物や飲食店のちょっとした支払いなんかも。小銭をじゃらじゃらさせないから財布が膨らまないし、レジでもたもたしない。
 たまにいるじゃないですか。レジで一枚一枚小銭出すひと。勝手ながら「電子マネー使えばスッと会計終わるのにー!」って、いつも思ってます。


 ですが、電子マネーがそぐわないシーンというのもあるとは思うのです。 特に、私が大好きな"せんべろ"において。
 リーズナブルな立ち飲み屋さんの中には、テーブルに予め小銭や千円札を置いておいて、注文の品がサーブされると同時に品代を店員さんが持っていくという「キャッシュオンデリバリー」というシステム? があります。
 きっとこんな横文字で表現するずっと前からある、日本の立ち飲みの伝統なんだと思ってるんですけど。これ...電子マネーでやろうとしたらどうなりますかね?


 「瓶ビール410円」「煮込み160円」というメニュー毎のQRコードを、予め店員さんが持っておく。必要に応じて客に提示し、それを客のスマホで読み取って決済。いやまてよ、いっぺんに二品も三品も頼むことがあるから、メニュー毎じゃなくて金額毎か。
 タブレットか何かで、注文したものを入力すれば支払金額のQRコードを生成するようにすればいいのか。でもそうすると、瓶ビールとコップと煮込みの皿とタブレットを同時に持つことになるのか。けっこう大変だな。客でぎゅうぎゅうの立ち飲み屋だと、そんなに持っていたら動きづらいな。...
 現金のやり取りが文化となっているところもあるってわけですな。こういうところは、そのままでもいいかなあ。競馬場でも、僅かに残る有人窓口は手と手の現金のやりとり。あれはあれで味があるから、ちょっとは残してほしいなあ、とも思うのです。
 


 では、3月 10日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
沢田美紀(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:25頃~「特別レース展望」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:45頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:50頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


中山実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:石原李夏、佐藤泉、木和田篤
パドック進行:小林雅巳、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
森本昭夫(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
10:20頃~「一般レースの狙い」
10:50頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:20頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜重賞レース展望」
12:10頃~「中山メインレース展望」
12:40頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:小塚歩(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ
中京実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

 全44ページ中13 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 [13] 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 次の10件