やっぱ函館ですよね。 6月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.06/17 小塚 歩 記事URL

今年もあります、 「夏の2歳単勝」 9月3日まで、2歳戦全レースの単勝が5%アップ!


【日曜函館はフリーパスの日。JRA-VANイメージタレント 藤原竜也さん 登場!】
JRAと「けものフレンズ」がコラボ!? 詳細を待て!!


 こう見えても私、函館にはウルサイんですよ。ええ。ガキンチョの頃から何度となく海を渡っていますからねえ。1988年の青函連絡船廃止前に、船で函館に遊びに行ったのが最初だったはず。青森市の小学校の修学旅行はほぼ100パーと言っていいほど函館。大沼国定公園から湯の川へ、謎の熱帯植物園を鑑賞した後に夜はジンギスカン(丸く形成して薄くスライスしたアレ)。翌日はトラピスト修道院とか金森倉庫とか行くんですよ。最後は棒二森屋(函館駅前の超有名デパート)でお土産買って、社員食堂みたいなフロアでカツカレー食べた思い出。
 その後も何度か行きましたよね。前職の頃は夏休みに北海道遠征、レンタカー借りて観光地巡り。外人墓地から見える海がとにかく綺麗だったなあ...


 もう何年になるでしょうね。小林アナが函館開幕週に現地に赴くのは。あれだけ夏競馬大好き、北海道大好きと公言する小林アナ。さぞかし喜び勇んで北の大地に向かったのかと思いきや。



 あっ、ワリとふつー。ま、まあ、小林アナの本番は札幌か。


 我々アナウンサーでもたまーに話になります。「札幌と函館、どっちがいい?」みたいな話。私はもう断然函館ですね。もちろん札幌も大好きですよ。大好きなんですけど、どちらかを選べと言われれば、函館でしょうね。
 早くから開かれた港があることで、観光はもちろん、街を歩いていてもどこか異国情緒を感じるんですよね。そのへんも好き。言葉も青森と近いし、人も温かいし、街のサイズも手頃だし。いいところです函館。みなさんもぜひ。


 ただし。
 「函館と小倉、どっちがいい?」という質問には、答えづらいですね...。だって、どっちも同じぐらいいいところで、同じくらい大好きなんだもん...。やっぱ函館、とは言い切れない。この答えが気になる方は、函館と小倉、両方に自ら行ってみて答えを見つけてみてください。


では、6月 18日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後と函館8レースの後に現地から情報をお伝えします。


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
安中貴史(競馬ブック)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:浜田公人(スポーツニッポン)
14:25頃~「今日のコラム」出演:小田哲也(スポーツニッポン)
16:15頃~「重賞レース回顧・来週の重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:渡辺和昭、木和田篤、山本直
パドック進行:小島友実
函館実況:中野雷太(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

GMあれこれ。 6月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.06/16 小塚 歩 記事URL

今年もあります、 「夏の2歳単勝」 9月3日まで、2歳戦全レースの単勝が5%アップ!


【夏の函館開幕、イベントが豪華。初日は アンガールズ が12年ぶりに登場!】
JRAと「けものフレンズ」がコラボ!? 詳細を待て!!


 GM。じーえむ。ゼネラルマネージャー。「ゼネラル」って言いづらいですよね。ニュース原稿に「GE(ゼネラル・エレクトリック)って出てくると身構えます。「東燃ゼネラル石油」は体が硬直するくらい身構えます。そのくらい苦手。
 馬でもかつて「ゼネラルメデューム」っていう名前の馬がおりましてね(あ、いま調べたら堀厩舎だったんだ)、この名前がとにかく苦手でしたね。当時苦手だったのはこの馬と、関西で短距離を走っていた「コレデイイノダ」。あの頃から比べると多少滑舌は良くなったような...気が...気だけですけど、でもやっぱり「ゼネラル」は苦手。「ジェネラル」だといいのにね(企業名だとソシエテ・ジェネラルとか)。


 紳士たる読売巨人軍がGMを交代させました。鹿取義隆さん。私が子供の頃、毎日のようにリリーフで登板していた当時のクローザーです。王監督が左で投げる仕草を主審に見せると角盈男、右なら鹿取。サイドハンドのタフなリリーフ投手でした。その後は西武に移籍して活躍。潮崎・杉山とのサンフレッチェ。懐かしいですねえ。日本シリーズ屈指の名シーンである杉浦亨の代打満塁サヨナラホームラン、その時マウンドにいたのも鹿取投手でした。


 この鹿取さんが、巨人史上初となる"選手出身の"ゼネラルマネージャーとなったんですね。

 
 これまではどうも読売内部の人事異動の一環のような位置づけで、GMが決まっていたみたいなフシがあります。かつて監督交代も「人事異動」って会見で言っちゃった球団ですからね...。GMの能力はそれぞれで、選手出身のGMを置けばすぐにチームが強化されるなんてことはありません。でも、これまでよりはいくらか良くなるんじゃないでしょうかね。


 海の向こう、アメリカNFLの私の推しチームであるワシントン・レッドスキンズ。弱体化したチームを立て直しつつあったGMスコット・マクルーハンが今年3月に解雇されましてね。エースQBカーク・カズンズとの契約交渉に失敗したとか、もともと抱えていたアルコール依存が再発とか言われ、真相はわかりません。レッドスキンズはGM不在のままFA戦線、そして4月末に行われたドラフトへ臨まなければいけませんでした。(NFLのドラフトでGMがどれだけ大変かは映画「ドラフト・デイ」でも描かれています)


 でも、ドラフトで指名した選手たちは皆、マクルーハンが好むサイズの大きな選手たちだったんですよね。どのポジションでも。ということは、GMが解雇されたあとも彼のフィロソフィー、哲学はチーム内に引き継がれていたのではないかと。GMってやっぱ大事なんですね。そういえば新GM(肩書は違いますが、おそらく実質はほぼGM職)に、かつてチームをスーパーボウル制覇に導いた伝説的QBダグ・ウィリアムスが就任。チームのレジェンドが、どうチーム作りをするのか見ものです。デンバー・ブロンコスのGMを務めるジョン・エルウェイのような能力を見せてくれるといいんだけどなー。


では、6月 17日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後と函館8レースの後に現地から情報をお伝えします。

[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:浜田公人(スポーツニッポン)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:00頃~「トレセンレポート」


東京実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、渡辺和昭、山本直也
パドック進行:木和田篤、石原李夏
函館実況:小林雅巳(1R~6R)中野雷太(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
小牧隆之(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:20頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜メインレースの狙い」
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:00頃~「明日の重賞レースの見どころ」


阪神実況:大関隼(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

遅まきながらの野球観戦。 6月11日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.06/10 小塚 歩 記事URL

米ベルモントSは日本時間11日朝発走。実況は舩山陽司アナ。
馬券発売があります! 詳しくは→ こちらのサイト でご確認を


今年もあります、 「夏の2歳単勝」 9月3日まで、2歳戦全レースの単勝が5%アップ!
JRAと「けものフレンズ」がコラボ!? 詳細を待て!!


 もう先週の金曜日の話になりますが、2日(金)にご厚意にて東京ドームで野球観戦してきました。



 プロ野球ファンを自認しておきながら、6月まで生観戦せずというこのテイタラク...なんだかんだ理由はありますが、行きたくて行けなくてうずうずしておったのでした。ちなみに私の知っている某野球女子は今年早くも2ケタ勝利、じゃなかった2ケタ観戦を達成しているらしく。うらやましい。


 さて試合。交流戦の巨人vsオリックス、1塁側。当然のごとくアウェー感満載のなか、オリックス男子2人(+ヤクルト男子1人)でオリックスを応援しておりました。
 オリックス先発の西投手が試合を作るも援護がわずか1点、村田選手に2ランを打たれ逆転。これは責められません。巨人の何倍ものヒットを打って1点しか取れない打線が悪いのです。まあ、その1点は若月捕手の犠牲フライで、局地的に大盛り上がりしましたが。その後リリーフ陣も点を取られ、1-4で9回も2アウト。


 ここで事件。高嶋政伸的に言えば「姉さん事件です」。
 DHが使えないためにスタメンから外れていたロメロ選手が代打に出てきて、レフト上段の看板に当たるんじゃないかという超特大ソロホームラン。2-4。いやあすごいものを見た。負け試合でもまあ、最後1点返したからいいか。そんな気分だったんですよ。
 そこから回跨ぎのマシソン投手が崩れます。あれよあれよと連打で同点に! 沈痛な表情をする大勢のGファンに囲まれながら、我々3人のボルテージ最高潮! うっしっし! この直後、延長12回を覚悟してチューハイを一度に2杯買ってきたことは言うまでもありません(売店閉まっちゃうからね)。


 延長戦はよく覚えていません。同行者によると「小塚さん、少年野球みたいにピッチャーに『ヘイヘイヘイ!』とか言ってましたよw」。うっわ恥ずかしい。飲み過ぎ厳禁。でも分かるでしょ? これほどお酒がすすむ試合にはなかなか出会えません。
 延長11回表、安達選手のホームランなどで2点を勝ち越し、その裏。長野選手のソロホームランで1点差、なおも粘る巨人は2アウト3塁2塁と一打逆転サヨナラ。亀井選手が左打席から放った打球は糸を引くような弾道でライトへ! ぎゃー!!
 この打球が武田選手のグラブにスポッと収まり、見事な逆転劇が完結したのでありました。ああ素晴らしい。

 
 その後、巨人は連敗の球団記録を更新する泥沼に。オリックスは交流戦トップ(7日終了現在)。
 今年の交流戦はセントラルも頑張っている球団がありますね。例年ほどのパシフィック優勢という感はありません。セントラルの各球団のみなさん、オリックス以外相手には全力でがんばってくださいね!


 あとよく聞かれますが、阪神とオリックスが対戦するカードは、さすがに阪神を応援します。ファンクラブに入っている"歴"が違うもので...。


では、6月 11日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:20頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:牧野博光(スポーツ報知)
16:15頃~「重賞レース回顧・来週の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:山本直、中野雷太
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:15頃~「メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

スタジオの忘れ物=ストップウォッチ。 6月10日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.06/09 小塚 歩 記事URL

エピカリスが出走予定、米ベルモントSは日本時間11日朝発走。実況は舩山陽司アナ。
馬券発売があります! 詳しくは→ こちらのサイト でご確認を


今年もあります、 「夏の2歳単勝」 9月3日まで、2歳戦全レースの単勝が5%アップ!
JRAと「けものフレンズ」がコラボ!? 詳細を待て!!


 先日、情報制作局(我々スポーツ情報部が所属する局です)の局長と、技術部長の連名で、全社的にメールが回りまして、
 「この数ヶ月でスタジオにこんな忘れ物がありましたから、心当たりのあるものは名乗り出るように」
 メールにはいくつか画像が添付されておりましてね、その中に私は見つけてしまったんです。愛用のストップウォッチを。あああああ、スタジオに忘れたままだったのかあ! 道理で自分のデスク周りで見つからないわけだ。

 
 新人アナウンサーの頃に先輩に「ストップウォッチはアナウンサーの7つ道具のひとつ」なんて言われた記憶は...ありませんが、2002年に買った愛用の品。2~3年に1度は電池が切れるので、交換しながら15年近く愛用していたストップウォッチが、この春から何処かに行ってしまっていたのです。
 そんなに大事ならもっと丁寧に扱えよと言われたら、返す言葉がございません。これからはちゃんと名前書いとこう。失くしたときに同じ型のを買い直そうかと思っても、もう同じの売ってないんですよ。セイコーの。


 モノはよく失くすほうかもしれません。先日も同じようなケースがあって、自分のデスクに置いてある、小さな置型の目覚まし時計が消えたんです。電波時計になっているのでスタジオに持っていけばニュースの生放送中に時間を手軽に確認できるというわけ。その時計がある日忽然と姿をくらましましてね。
 その時計もですね、どうやらニュースを読むスタジオに忘れていたらしくですね、技術部のやさしー先輩が確保していてくれたわけですね。そりゃそうです、人の机からわざわざ時計を持っていく人なんかいませんからね。


 最近どうもぼんやりしてるなあ...。これではいかん。脳を鍛えるために数独のアプリ始めました。脳トレです脳トレ。脳を鍛えて馬券も当たるようになればいいんだけどなー。
 ちなみに冒頭のメールに掲載されていた忘れ物には、大容量のモバイルバッテリーやメガネもありました。メガネ...失くした人は困ってるはずなのに誰も名乗り出ないのは何故だろう...不便でしょうに...


では、6月 10日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」


東京実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、大関隼
パドック進行:山本直也、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜メインレースの狙い」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:00頃~「明日の重賞レースの見どころ」


阪神実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

いつから当たってない? 6月4日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.06/03 小塚 歩 記事URL

今年もあります、 「夏の2歳単勝」 9月3日まで、2歳戦全レースの単勝が5%アップ!
宝塚記念 ファン投票 6月4日(日)まで! 今回は「選べる海外競馬観戦ツアー」当たります


【今週もあのジョッキーが来るのかな!? 最終レース終了後にパドックで レース回顧
JRAと「けものフレンズ」がコラボ!? 詳細を待て!!


 きょうは更新がちょっと遅くなりました。土曜の夜長、どうぞお付き合いください。

 土曜の競馬中継の合間に、都内某スタジオでスタッフとこんな話になりましてね。
 「安田記念、最後に取った(馬券当たった)のっていつだろう??」


 実はですね、アタシ先週のダービー、馬券当たったんス。ひっさしぶりに日本ダービーの馬券当たったんスよ。◎スワーヴリチャード。四位Jの4コーナーの捌きに夢を見ました。がっつり単勝を仕込んでおりましたんでね。的中は馬連だけでしたが、久々にダービー的中と相成ったのでございました。
 前回は2010年、エイシンフラッシュ→ローズキングダムの馬連。あのときは本命馬は別の馬だったはずですが(どの馬だったかも覚えてない←)、押さえで勝っていた馬連が引っかかって的中。そうか、7年ぶりのダービー的中か。しかも今調べたら万馬券じゃないか。しかも今調べても、本命馬が思い出せない...。
 今年の日本ダービーも、2010年も、勝ちタイムは全く同じ2分26秒9。アタシが次に日本ダービーを当てるときは、どんな勝ちタイムになるだろうか。


 そこへ来ての安田記念なんですよ。数あるGIの中でも上位ですね、これほどまでに的中の記憶が無いレースは。
 去年は「前走でモーリスの2着」という理由だけでコンテントメント本命。まあ無理があるというのは自分でも分かってました。シンガリ12着。それより前は自分で実況していたので馬券は買わず。ロードカナロアは、馬券買う立場ならかなり自信ありましたけどね。
 

 さて。
 それ以前の安田記念の成績を1年ずつ見返しているんですが、「これ取った」という記憶のあるレースがない。ほんとにない。なんなんだこれは。ブリッシュラックから買ってアサクサデンエンがヌケたのは覚えてる。それ以外にかすった記憶すらないとは...。

 
 あ、あった。タイキシャトル→オリエンタルエクスプレス。この時まだ馬券買っちゃいけない年齢。予想はばしっと当たった。って19年も前じゃないか!


 なんとか今年、記憶と記録(あくまで自分の中での)を塗り替えたいと思います。思い返せば割と香港馬とご縁があるなあ。去年2回も香港に行かせてもらったし。てなわけで、アタシの本命はあの香港馬の予定です。頼みますよ!


では、6月 4日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
桧原正行(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:55頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:45頃~「今日のコラム」出演:野村英俊(東京中日スポーツ)
16:15頃~「安田記念回顧・来週の重賞展望」


東京実況:山本直(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:木和田篤、中野雷太、渡辺和昭
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースからの狙い」
10:10頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:30頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:05頃~「メインレース展望」
16:05頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

2歳新種牡馬、今年も凄そう? 6月3日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.06/02 小塚 歩 記事URL

今年もあります、 「夏の2歳単勝」 9月3日まで、2歳戦全レースの単勝が5%アップ!
宝塚記念 ファン投票 6月4日(日)まで! 今回は「選べる海外競馬観戦ツアー」当たります


【今週もあのジョッキーが来るのかな!? 最終レース終了後にパドックで レース回顧
JRAと「けものフレンズ」がコラボ!? 詳細を待て!!


 ダービーからダービーへ。毎年言うとりますが、皆様あけましておめでとうございます。今週は競馬ファンにとっての新年のようなもの。来年のダービーに向けた戦いが始まります。そして今年産駒がデビューする「2歳新種牡馬」、これも毎年言ってますけど、今年も要注目ですぞ。


 何しろ今年の2歳新種牡馬は、例年に増して豪華メンバーなんです。
 オルフェーヴルにロードカナロア、それぞれのカテゴリで世界的活躍を見せた2頭が東西横綱でデンと構え、日本ダービー馬エイシンフラッシュ・ロジユニヴァースに異系の「キングジョージ」馬ノヴェリスト、さらにローズキングダム、ストロングリターン、エスポワールシチーとGI馬がずらり。


 一足先に2歳戦が始まっている地方競馬では、エスポワールシチー産駒が既に3勝しています。2歳新種牡馬の産駒初勝利はストロングリターン、エイシンフラッシュ産駒は盛岡芝で勝利。既に日本で結果を残しているヘニーヒューズも、日本で種付けした産駒が2勝を挙げています。
 そして産駒数が少ない種牡馬の子では、初年度産駒16頭のシルポートが佐賀で勝ち馬を出し、今年の産駒登録がわずか1頭のサウンドボルケーノ、その一粒種が笠松で新馬勝ちしました。


 どうです、ポテンシャル高そうでしょ?
 これにオルフェーヴルやロードカナロアが絡むんですから。
 この土日では、土曜東京にエイシンフラッシュ・モンテロッソ・トーセンロレンス産駒が出走予定。日曜は東西でロードカナロア・エイシンフラッシュ・ヘニーヒューズ・ノヴェリスト・ローズキングダム・ストロングリターンの産駒がデビュー予定です。ぜひご注目を。


では、6月 3日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:30頃~「ミスピーチ登場!7月の福島競馬をPR」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」


東京実況:舩山陽司(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「3回阪神競馬 馬場情報(インタビュー)」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜メインレースの狙い」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:00頃~「明日のGIレースの見どころ」


阪神実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ダービーデーは菅原泰夫さんがゲスト! 5月28日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.05/27 小塚 歩 記事URL

今週は 「ダービーウィーク馬連」 土日のJRA全48レースで、馬連5%アップ!
日本ダービーは 東京10レース ですのでお間違えなく!


宝塚記念 ファン投票 6月4日(日)まで! 今回は「選べる海外競馬観戦ツアー」当たります


【東京競馬場場内が ダービー仕様の装飾に ! 存分に雰囲気を味わってください】
【日本ダービー表彰式には、 JRA年間プロモーションに出演中の4人が登場 !】
【昼休みには 騎乗ジョッキー紹介 、発走前の国歌独唱は 岡本知高さん が行います】


28日日曜日はラジオNIKKEI第1・第2ともに放送時間を延長! 目黒記念まで完全実況生中継!


このブログを書いているのは土曜の真っ昼間です。さすがにまだノンアル。我慢。
久しぶりだー土曜に休みになるのー(涙)スケジュール見直したら去年の4月以来。
中央競馬実況中継とグリーンチャンネルとBSイレブンと、ひとり3元中継です。
日経電子版「競馬実況アナ日記」の出稿も終わって、無事掲載! はーすっきりした。
ちなみに、ダービーデーでお馴染みの、あのレースについての歴史を書いてみました。
ご興味有る方は こちら をご覧になってみてください。


さすがに明日はね、競馬場に行きますよね。なんたって日本ダービーですから。
ソルティー・シュガーも歌っています。「今日はダービー目出度いな」と。
日本ダービー当日の競馬場は2年ぶり。楽しみでございます。


楽しみといえば、ラジオNIKKEI第1の競馬中継にはゲストがいらっしゃいます!
この2月をもって調教師を引退された、菅原泰夫さんです。
1964年に騎手デビューしてから53年の競馬人生に区切りをつけられました。
その直後に「鈴木淑子の地球は競馬でまわってる」にゲスト出演いただきまして、
いやー面白く興味深いお話のオンパレードでございました。
1975年のテスコガビー・カブラヤオーでの春4冠は、今でも史上唯一の快挙です。
自身が騎手になる頃から、一度干されて、再浮上して名馬に出会うストーリー。
聴き応えがあります。ぜひ、オンデマンドでお聴きになってみてください!
3月31日放送回(前編)は→ こちらから
4月7日放送回(後編)は→ こちらから


明日のダービーデーは、東京9Rむらさき賞の直前からご出演いただきます。
ダービーデーの雰囲気の中で、さあどんなお話が聞けるのでしょうか?
どうぞお楽しみに!


さあ、みなさん、いよいよです。ちょっと早いですが、ダービーへようこそ。
我々と一緒に、第84代の日本ダービー馬が決まる瞬間を楽しみましょう!


では、5月 28日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
菅原泰夫(元調教師)


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~9R
松本憲二(競馬ブック)10R・12R
京増真臣(研究ニュース)11R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:55頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:00頃~「今日のコラム」出演:梅崎晴光(スポーツニッポン)
14:40頃~、15:30頃~「ゲストコーナー・菅原泰夫さんを迎えて」
16:50頃~「日本ダービーを振り返って(勝利騎手インタビュー)」
17:10頃~「春のクラシック回顧・来週の重賞展望」


東京実況:山本直(1R~3R)大関隼(4R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:渡辺和昭、小塚歩、山本直、舩山陽司
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:45頃~「一般レースからの狙い」
10:10頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:40頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:45頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「メインレース展望」
16:30頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

専門紙で一番最初に読むところ。 5月27日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.05/26 山本 直 記事URL

今週は 「ダービーウィーク馬連」 土日のJRA全48レースで、馬連5%アップ!
日本ダービーは 東京10レース ですのでお間違えなく!


宝塚記念 ファン投票 6月4日(日)まで! 今回は「選べる海外競馬観戦ツアー」当たります


【日本ダービー前日の27日(土)は、東京競馬場 フリーパスの日 、入場無料に】
【東京競馬場場内が ダービー仕様の装飾に ! 存分に雰囲気を味わってください】
【日本ダービー表彰式には、 JRA年間プロモーションに出演中の4人が登場 !】
【昼休みには 騎乗ジョッキー紹介 、発走前の国歌独唱は 岡本知高さん が行います】


28日日曜日はラジオNIKKEI第1・第2ともに放送時間を延長! 目黒記念まで完全実況生中継!


今週の"放送予定"は土曜分が山本直、日曜分が小塚アナの担当です。
とは言ったものの、小塚先輩も私、山本も土曜日は休みなんです。私は翌日実況する3レース分の塗り絵がありますから、どこかで仕事モードになるんですけどね(笑)


なので、土曜も皆さんと同じく競馬を楽しもうかな、と思って、後輩くんに専門紙を買ってきてほしいと頼みました。(ちゃんとお金は払いました)


収録の合間に明日の専門紙を眺めています。


競馬ブックさんの能力表(出馬表)の右上に推定タイムという欄がありまして、良馬場と重・不良馬場の時の勝ちタイムの推定値が書いてあります。競馬ブックさんのサイトにあるPDFファイルに詳しい説明が書かれています。


私はこういう基準を条件ごとに覚えるのがとーっても苦手でして、いつもこの欄でタイムはこれくらいが目安なんだな、と確認しています。


レースがひとつ、ふたつと終わるたびに、今日は時計が出る馬場コンディションだな、とか、今のレースは優秀なタイムだったな、と思いながら実況しています。


競馬は時計が全てを表す競技ではありませんが、今年の皐月賞はレースレコードの1分57秒8で決着。青葉賞(2分23秒6)、プリンシパルS(1分58秒3)もレースレコード。NHKマイルカップは1分32秒3と、優秀に見えるタイムが出揃いました。


史上最も"速い"世代が迎える84回目の日本ダービー。日曜の東京競馬"10レース"です。お間違えのありませんように。


では、5月 27日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<ゲスト>
加藤みどり


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:00頃~「ゲスト・加藤みどりさんを迎えて」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」


東京実況:中野雷太(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、渡辺和昭
パドック進行:大関隼、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
小牧隆之(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
竹中昇(研究ニュース)5R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜メインレースの狙い」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:00頃~「日本ダービー展望」


京都実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

3歳牝馬、春の2400m。 5月21日(日)の放送予定 [番組情報]
2017.05/20 小塚 歩 記事URL

春の3歳重賞は「馬連」がおトク! 今週のオークスまで 「春の3歳重賞馬連」
宝塚記念 ファン投票 いよいよスタート! 今回は「選べる海外競馬観戦ツアー」当たります


【春の東京開催は7週連続で メガグルメフェスティバル 。ラーメン優駿行きたい!】
【オークス当日は 女性限定UMAJOオークス抽選会 、そして記念入場券 発売】
【日曜新潟は開催最終日。お笑いコンビ・カミナリの の「レース予想&爆笑稲妻ライブ」


3歳牝馬が春に2400mを走る、優駿牝馬。オークスです。
エリザベス女王杯が2200mになって以降、最も長い距離で行われる牝馬限定戦です。
過酷な条件ですよね。ほぼどの馬も一気の距離延長、初めて走る距離なのですから。
(今年の出走メンバーでは、マナローラ以外は初の2400m戦出走です)


1986年から今年まで、3歳4月までに芝2400mを勝った牝馬はわずか11頭しかいません。
オープン勝ちは92年若草Sを勝ったトーワナゴンだけ。
オークス前に芝2400mの500万条件の競走を勝ったのも3頭だけです。
ナリタミリオーレ、ピノキオビューティとハシッテホシーノ、いずれも平場。
30数年でこの頭数しかいないわけです。(牡馬と一緒に走る難しさはありますが)
3歳春の牝馬がこの距離を勝つことが如何に大変かということがわかる気がします。


古馬になってからも、長距離で牡馬と混ざって重賞を勝つことは相当難しいこと。
芝3000mの阪神大賞典は、第1回の勝馬コウランから今年のサトノダイヤモンドまで、
65回の歴史でただの1頭も牝馬の優勝がありません。
(他の3000m級の重賞では牝馬が勝ったこともあるのですけどね...)


ですから、いつも思うんです。
オークスは、最後の数百メートルは「我慢比べ」なんだろうな、と。
スピードとスタミナが問われるのは当然、最後は気持ちの勝負になるのかな、と。
今年は牝馬のレベルが高いと言われています。
能力拮抗、ハイレベルのメンバーなら、最後にものを言うのは精神力なのでは。
そんなことを考えながら、明日はオークスを実況したいと思います。
もちろん、喋るこちらの精神力も、乙女達の頑張りに負けないように!


では、5月 21日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
今野光成(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:20頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:15頃~「今日のコラム」出演:正見真一郎(東京中日スポーツ)


東京実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:中野雷太、渡辺和昭
パドック進行:小島友実
新潟実況:大関隼(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
11:10頃~「メインレース展望」
11:30頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:30頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:05頃~「メインレース展望」
16:00頃~「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

その瞬間、どんな気持ちだろう。 5月20日(土)の放送予定 [番組情報]
2017.05/19 小塚 歩 記事URL

春の3歳重賞は「馬連」がおトク! 今週のオークスまで 「春の3歳重賞馬連」
宝塚記念 ファン投票 いよいよスタート! 今回は「選べる海外競馬観戦ツアー」当たります


【春の東京開催は7週連続で メガグルメフェスティバル 。ラーメン優駿行きたい!】
【オークス当日は 女性限定UMAJOオークス抽選会 、そして記念入場券 発売】
【日曜新潟は開催最終日。お笑いコンビ・カミナリの の「レース予想&爆笑稲妻ライブ」


7000勝ですよ、7000勝。
的場文男騎手が17日の川崎マイラーズで達成しました。おめでとうございます!
残念ながら私は川崎競馬場に行っておらず、歴史的瞬間には立ち会えませんでした。
今思えば、万難を排して行くべきだったか...でもいつ達成するかわからないし...。


多くのスポーツには、二度と破られない「アンタッチャブル」な記録があると思うんです。
例えばプロ野球ですと、金田正一さんの通算400勝とか、福本豊さんの1065盗塁とか。
大相撲なら、双葉山の69連勝でしょうかね。


そして競馬は、佐々木竹見さんの7151勝。二度と破られない、そう思っていました。
騎手を引退されたのは2001年、その当時の的場文男騎手は4000勝手前でした。
そこから16年、40歳代半ばから現在の60歳までで3000勝を積み上げたわけですよね。


御本人の言葉を借りれば、7000勝は宿題。7151という数字は目標であると。
ぜひ並び、そして越えて欲しいと思います。そのためにも、どうぞ怪我なく無事に。


ツイートを拝見すると、キャリアを積まれた先輩アナ達も緊張されていたようです。
このあと訪れるであろう「的場文男騎手、記録更新! 7152勝目」の実況、
その瞬間を喋る気持ちはどんなものなのか? 想像がつきません。
ハナを切ったときは? 向正面でマクったら? 大外から追い込んできたら??
でもきっと、その瞬間は、実況アナ冥利に尽きる瞬間なのだと想像しています。


もし今後、自分にもそういう瞬間が訪れることがあれば、ぜひ喋ってみたいですが...。


では、5月 19日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:25頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」


東京実況:小塚歩(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、石原李夏
新潟実況:小林雅巳(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
松浪大樹(大阪スポーツ)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースからの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:20頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜メインレースの狙い」
12:40頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:00頃~「明日のメインレースのみどころ」


京都実況:山本直(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

 全23ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 次の10件