競馬の世界のイントロ! 8月25日(日)の放送予定 [番組情報]
2019.08/24 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【札幌競馬場に国内外の名手集結! 日曜は 土屋アンナさん 来場、WASJ表彰式にも登場!】
ワールドオールスタージョッキーズキャンペーン エントリーは25日(日)13時まで】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 本日手短にさせていただくことにいたしまして。


 水曜馬スペ!競馬イントロドン!!


 初回放送は英インターナショナルSの展望番組(ラジオNIKKEIの)とカブってたのであまり大々的な告知ができませんでしたが(笑)。9月2日まで再放送があるということですので、お時間のある方は是非。
 いやあ、とにかく石堂響騎手がスゴかった。彼は本物ですわ。こんど好きな実況とか語り合いたい。ちなみに石堂騎手、ヤングジョッキーズシリーズの本戦出場を目指しています。それには理由があるそうなんですが、それはまた機会があれば。
 このクイズ、競馬ファン同士で飲みながら挑戦したらきっと盛り上がるでしょうね。「競馬イントロドン!」第2回があるといいなあ。また司会で呼んでください。解答者では答える自信がまったくないのでw


 では、8月 25日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
安中貴史(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:05頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:40頃 「パドック解説者 レース展望」
11:10頃 「メインレース展望」
12:10頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:30頃 「日曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:板津雄志(サンケイスポーツ)
14:30頃 「今日のコラム」出演:漆山貴禎(サンケイスポーツ)
16:25頃 「来週の重賞レース展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小塚歩、佐藤泉
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:10頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:05頃 「特別レース展望」
13:35頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:40頃 「メインレース展望」
16:00頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

今年も、名手達の腕比べを堪能せよ! 8月24日(土)の放送予定 [番組情報]
2019.08/23 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【札幌競馬場に国内外の名手集結! 日曜は 土屋アンナさん 来場、WASJ表彰式にも登場!】
ワールドオールスタージョッキーズキャンペーン エントリーは25日(日)13時まで】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 いよいよ今年もやってまいりました、ワールドオールスタージョッキーズ!今年はなんだか例年以上に興味深い顔ぶれが揃ったような気がいたします。
 JRA勢ではとにかく藤田菜七子騎手が注目の的に。スウェーデンでウィメンジョッキーズワールドカップに優勝し、先日は英アスコット競馬場でシャーガーカップにも騎乗。JRAの北海道シリーズ(函館or札幌)での騎乗は自身初めてとなりますから、札幌のファンにとっては待ちに待った初お目見えとなるでしょうね。
 三浦皇成騎手もこの手の国際騎手招待には初出場となるよう。浜中俊騎手は今年ダービージョッキーとなって出場権獲得。優勝した2014年のワールドスーパージョッキーズシリーズ以来の出場となりますね。
 地方競馬からは、地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップを勝ち上がった吉村智洋騎手(兵庫)。去年の全国リーディング騎手であります。そして帝王、的場文男騎手(大井)。このシリーズには10年ぶりの参戦。62歳でもし勝てばJRA最年長勝利、でいいんですよね? これ去年のJBCのときにも話題になりましたかね。


 海外勢はこんな顔触れ。


 NZリーディング獲得で堂々の再来日! リサ・オールプレス(ニュージーランド)
 マスターフェンサーがお世話になりました! ジュリアン・ルパルー(アメリカ)
 才能と美貌を併せ持つ若手騎手! ミカエル・ミシェル(フランス)
 去年秋は短期免許取得、重賞制覇も! コルム・オドノヒュー(アイルランド)
 上2人に離されながらも香港リーディング3位! カリス・ティータン(香港)


 今年は女性騎手が2人招待されました。日本ではもうお馴染みのオールプレス騎手と、フランスで伸び盛りの活躍を見せているというミシェル騎手。藤田菜七子騎手と、女性騎手が3人同時に騎乗することになります。これっていつ以来?
 例によって手作業で調べたので漏れがあるかもしれませんが、ざっと眺めたところによるとJRAでの女性騎手3人同時騎乗は過去に7回見つかり、98年9月13日の中山2Rが最後ではないかと。このときは牧原由貴子騎手、田村真来騎手、板倉真由子騎手が同時に騎乗していました。だからたぶん、今年のWASJが21年ぶりになるんじゃないかなあ...たぶん。自信ないけど。
 ミシェル騎手はJRAで騎乗する31人目の女性騎手となります。WASJで女性騎手が勝てば、2015年のヘイリー・ターナー騎手(イギリス)以来となります。


 武豊騎手は言うに及ばず、ルメール騎手、東西のリーディングトップである川田将雅騎手と戸崎圭太騎手も参戦。見どころたっぷりの2日間、名手達の腕比べを堪能いたしましょう。


 そうそう、個人的にはジュリアン・ルパルー騎手(アメリカ)に頑張っていただきたい。2007年のWSJS以来12年ぶりにこのシリーズに来日するんです。前回は「アメリカの天才若手騎手初来日」と一部で騒がれておりましてね。こりゃ先物買いするしかない!と、エクストラ騎乗も含めて全部買ったんですよ。今で言う"ルパルーを全部買う会"ですわね。結果は全く振るわず、シリーズも獲得わずか8ポイントで15人中14位。
 ルパルーさん、私はこのときを待っていました。あのときの鬱憤晴らしを頼みますぞ! 全部買う会は結成しないと思うけど。


 では、8月 24日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
林茂徳(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:30頃 「週間ニューストピックス」
11:00頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:板津雄志(サンケイスポーツ)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「明日の重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、山本直、佐藤泉
パドック進行:小塚歩、稲葉弥生
札幌実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
西谷哲生(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「一般レースの狙い」
10:35頃 「パドック解説者の狙い」
11:05頃 「週の中間の話題から」
11:25頃 「日曜重賞レース展望」
12:00頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:30頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:30頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:00頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:米田元気(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、竹之上次男
パドック進行:竹之上次男、岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

とあるフェスと札幌記念。 8月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2019.08/17 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【札幌記念にGI馬4頭など豪華メンバー集結!そして札幌競馬場に 松坂桃李さん 来場!】
【札幌記念の生ファンファーレは 陸上自衛隊北部方面音楽隊 ミニコンサートも】
【日曜小倉に 間寛平さん 来場!寛平兄やんのギャグが炸裂します。アメマ~~!】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 金曜夜は札幌で、幼馴染K君とメシを食うことになりましてね。というのも、急に暇になったんだそうです。


 石狩湾新港で行われる毎年恒例のフェス。K君は第1回からこのフェスに連続参戦していて、台風の影響で初日の金曜日が中止になり予定が空いたというわけで。


 このフェス、アタシも幼馴染に誘われて第1回に行ったことがあるんです。
 1999年のことです。大学2年生、19歳の夏。札幌に遊びに行こうと当時札幌在住のK君に連絡を取り、その週にこんなフェスがあるから行ってみようよと誘われたはず。もう20年も前なのか。
 ド頭に電気グルーヴが出てきたのをはっきり覚えてる。瀧さんがまた変なカッコしてて。今は2日間開催ですが、当時は1日(一晩)だけの開催。そんなイベントに参加したことのない小塚少年、疲れ果てて夜中は体操座りして寝てた記憶が。これっきりフェスというものに参加したことがなく...この仕事してると難しいけどね。いつかは。


 で、小塚少年が札幌に遊びに行った理由は、そう札幌記念であります。
 土曜夜から日曜朝にかけてのオールナイトのフェス、その後ほぼ寝ずに開門から札幌競馬場へ。20年前はセイウンスカイとファレノプシスという前年のクラシックホース2頭のワンツーでした。この前年までエアグルーヴが連覇していて「札幌記念すげえ!見に行きたい」となったような気がする。


 あれから20年。その札幌記念を実況するようになってるとは思ってなかった。幼馴染K君は「同じフェスに20年通い続けるとは思ってなかった」って笑ってましたけどねw 今年も前年のダービー馬に菊花賞馬、グランプリホースなどGI馬が4頭、去年と一昨年の勝ち馬も顔を揃えた札幌記念。夏競馬唯一のGIIをじっくり味わいながら実況したいと思います。


 では、8月 18日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
桧原正行(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
9:50頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃 「パドック解説者 レース展望」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:20頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:刀根善郎(デイリースポーツ)
14:20頃 「今日のコラム」出演:木南友輔(日刊スポーツ)
16:25頃 「来週の重賞レース展望」


新潟実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:山本直也、小屋敷彰吾
パドック進行:小島友実
札幌実況:山本直(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「一般レースの狙い」
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:45頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃 「特別レース展望」
13:35頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:40頃 「メインレース展望」
16:00頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:米田元気(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、檜川彰人、髙田洋子
パドック進行:髙田洋子、岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

「羽田に引き返す場合があります」。 8月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2019.08/16 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【札幌記念にGI馬4頭など豪華メンバー集結!そして札幌競馬場に 松坂桃李さん 来場!】
【札幌記念の生ファンファーレは 陸上自衛隊北部方面音楽隊 ミニコンサートも】
【日曜小倉に 間寛平さん 来場!寛平兄やんのギャグが炸裂します。アメマ~~!】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 2月の雪とか、9月10月の台風とかではよく見ますけどね。夏競馬でこれを見るのは大変久々なような気がいたします。
 競馬ファンと関係者を悩ます【!】であります。


 台風10号がきのう広島に上陸、日本海に抜けたあと進路を変えて北海道方面に接近。明朝には温帯低気圧に変わっているのかな?という状況なのであります。(16日夕方現在)


 今週の札幌出張者は山本直アナとアタシ。そういえば先週の小倉で、ヒカワアナと米田アナが頭を悩ませていたなあ。「台風10号が小倉への移動にバッティングしたらどうしよう」。そのやりとりをなんとなく眺めていたら、なんと自分の移動が危うくなるとは。
 直アナは水曜日の夕方から不安でソワソワしていたらしい。アタシは大丈夫だと高を括っていたものの、いざ週末が近づいてくると薄っすらとした不安も。保険の保険ということでいちおう新幹線とスーパー北斗は押さえた。


 で、今日ですわ。午後になって案内がきた。「強風のため、羽田空港に引き返す場合があります」。ふええ。
 この1時間半ほど前に、直アナからのLINE→『スーパー北斗が運休になったそうです』。おおお。なんとしても飛行機さんには頑張ってもらわねばならぬ。


 みなさんはこういうアナウンスがあって、実際に空港に引き返したことはありますか?私はあります。
 あれはもう10年近く前になるでしょうかね。正月の帰省のために元日朝早くの青森便を予約していたんです。その日、青森は大雪。青森空港は山の上にあるので天気、雪国ですから冬場は雪の影響を受けやすいんです。"ホワイトインパルス"という除雪隊が滑走路の安全を守ってくれているのですが、吹雪で視界が悪くなってはどうしようもない。その日も「引き返す場合が~」という条件付きでの運行でした。
 離陸して、順調に青森上空まで来たところで機長から「天候を待ちます」とのアナウンス。しばらく旋回してましたね。CAさんが飴ちゃんを配っていました。
 朝早くの便だし、ま、昼ぐらいに着陸できれば別にいいでしょ。なーんて思っていたら、長時間の旋回ののちに「天候が回復しないので引き返します」ええー!!


 引き返しましたねー。都合3時間近くの空の旅。遊覧飛行。遊覧になってないけど。
 羽田に戻ると、後の便への振り替えを受け付けている。でもなあ、また羽田に引き返されたらたまったもんじゃない。新幹線を使おう...。
 

 そんなことがあったなあと思い出しながら、きょうアタシが乗った便は多少揺れながらも無事に新千歳空港に着いたのでした。直アナもアタシより先に到着しているとのことで一安心であります。
 あとは明日、無事に開催されることを願うのみであります。最新情報はJRAのホームページなどでご確認を。中央競馬実況中継のツイッターでも情報をお伝えします。


 そうそう、青森上空から羽田へ引き返した話にはまだ続きがありまして。
 当時、東北新幹線は八戸止まり。青森に行くには特急を使わなきゃいけないんですが、アタシが乗り換えた特急が大雪で1時間近く遅れるという事態に。結局、早朝に自宅を出てから実家に着くまでに半日以上かかったのでありました。
 で、飛行機はというと、アタシが乗った便よりも後はぜんぶ青森空港に無事着陸。ヒキが悪いのは昔も今も変わりません←


 では、8月 17日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
林茂徳(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:刀根善郎(デイリースポーツ)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「明日の重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:小島友実、大関隼、佐藤泉
パドック進行:山本直也、小島友実
札幌実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「週の中間の話題から」
10:55頃 「パドック解説者の狙い」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、小林雅巳、髙田洋子
パドック進行:髙田洋子、岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

出張先の"本命グルメ"。 8月11日(祝・日)の放送予定 [番組情報]
2019.08/10 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【新潟日曜は注目の若手俳優 志尊淳さん が来場! 予想会とトークショー、プレゼンターも】
【日曜札幌 武藤敬司&神無月 「ダブル武藤の爆笑トークショー」これは絶対面白い!見たい】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 今週は小倉に来ておりますウフフ。いやあ暑いですなエヘヘ。でも年に2回の小倉出張ですから、ビシッと仕事頑張らなければアハハ!
 おっといかんいかん。言葉の端々から浮かれ感が滲み出ておる。我々仕事で来てるんですからね!今週の実況は日曜だけ。しっかりやりますよオホホ。


 小倉もそうですし、函館も札幌も、だいたい出張は年2回。函館札幌は夏しか開催がありませんから夏のうちに2回行くわけですが、小倉は冬4週夏週の開催ですから、冬と夏に1回ずつ出張することになります。小倉はおのずと、一回一回に全力投球ということになりますな。
 冬の小倉は滞在のトラックマンさんにお願いして、美味しい魚を頂いております。そらあもう旨いこと旨いこと。やっぱりね、サバですよサバ。〆鯖でなく刺身で食えるのはこちらならでは。ああ早く冬の小倉が始まんないかな(←ワンパターン そして夏は...どこ行こうかな。いいお店がたくさんありますからね。


 先日某競馬中継で放送された、競馬場近くのグルメを中継出演者が紹介するコーナー。


 ここが取材されていたとは知らずに足を運んでいました。去年か一昨年かな? 名店いずみ食堂の蕎麦が札幌でも味わえるという話を聞いて行ってみたら、いいお店だった。我々の定宿からも徒歩圏内だし。店内は結構広く、カウンターもあるので一人飲みも気兼ねなくできるし、ちょい呑み的なセットメニューもあるのがありがたいんですよね。


 函館で紹介されたお店も、このまえみんなで飲みに行ったしなあ。いいお店にはおのずと人が(関係者が)集まるということか。皆様にもぜひ行ってみてもらいたいところ...なんですが、あまりに混みすぎて我々の入る余地がなくなるのだけは勘弁w


 では、8月 11日(日・山の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
安中貴史(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
14:00頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:久野朗(日刊スポーツ)
14:30頃 「今日のコラム」出演:荒井敏彦(東京スポーツ)
16:20頃 「来週の重賞レース展望」


新潟実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、山本直也
パドック進行:石原李夏
札幌実況:小林雅巳(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
西谷哲生(大阪スポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:15頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:檜川彰人、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ファラオ?フェイロー? 8月10日(土)の放送予定 [番組情報]
2019.08/09 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【新潟は土日ともゲスト来場。土曜は 岡本真夜さん (ミニライブも!) 日曜は 志尊淳さん
【日曜札幌 武藤敬司&神無月 「ダブル武藤の爆笑トークショー」これは絶対面白い!見たい】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 2歳戦真っ盛り。
 2歳新種牡馬の産駒も、キズナが早くも重賞勝ち馬を出し、リアルインパクトやエピファネイアも滑り出し好調。まだまだこれからと見られていたゴールドシップも2頭勝ち上がっていて、こりゃ今年は久々にレベル高いかも、なんて思っているところであります。
 

 2歳新種牡馬はなにも国内だけにいるわけじゃありません。海外にだっているわけです。このまえ札幌で新馬戦を実況したときに、(父馬としては)聞き慣れない名前がありました。調べたらこの2歳が初年度産駒という種牡馬でありまして。
 1頭はグレンイーグルス。クールモアのマイケル・テイバーさんの勝負服で走ったガリレオ産駒。「グレンイーグルス」とはイギリスのリゾート地。かつてサミットが行われた場所です。馬のグレンイーグルスは2015年の英愛2000ギニーにセントジェームズパレスSを勝ったトップマイラーでした。
 父としてはヨーロッパで重賞ウイナーを出しているよう。日本では7月27日の札幌5Rでアルファウェーブが初めて出走し、1番人気で3着でした。


 同じレースにクレパトという馬が出走していました(7着)。この馬のお父さんはAmerican Pharoahであります。ご存知2015年のアメリカ三冠馬。
 さてこれを本馬場入場のときにどう読むか。


 一般的には「アメリカンファラオ」ですよね。PharoahはPharaohの綴り間違いだということになっています。だからPharoah=ファラオでいいはずなんです。ただ日本語ではファラオで、Pharoah=Pharaohの英語読みは「フェロー」だったり「フェイロー」だったり。とある新聞は父名欄に「アメリカンフェロー」と書いてある。うーん?
 このレースはアタシが実況担当でした。ファラオかフェローか、でも向こうの実況聞いているとフェイローとも聞こえる。答えは出ない。なのでこのときは、3つを足して3で割ったような、なんとなくモゴモゴ濁した感じで「フェイロー」っぽく読みました。


 まあはっきり言ってしまえば、正解はないんだと思います。エネイブルかイネイブルか、みたいな論争と一緒で。
 そら現地の発音は「イネイブル」って言ってるように聞こえますし、こちらもそれに則って正しく発音してあげたい、という気持ちもあります。でもそれはきっと無理なんです。武豊騎手は外国に行くと「ユタカ・タキ」ですよね。たぶんどれだけ指摘しても「武」は「タキ」ってなっちゃうんだと思います。で、それはもう間違いとかじゃないんじゃないかと。
 日本語を英語で正しく発音できないのと同じで、英語も日本語では正しく発音できない。そういうことなんだと思います。で、エネイブルと公式に決まったのであればそれに従うと。(かつての「ピルサドスキー」はまた違う問題かと思いますが...)


 アメリカンフェイロー産駒(いざこうやってカタカナにすると、これはこれでしっくりこない)の出走は今のところクレパトのみですが、現2歳世代ではトータルで7頭登録されているようです。これからも実況や放送でこの父の名を呼ぶことがあるでしょう。統一した読み方ができるかなあ?しかるべきところが決めてくれるのが一番ありがたいのですけどね。


 では、8月 10日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
田村明宏(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:久野朗(日刊スポーツ)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「明日の重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~4R)中野雷太(5R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直、中野雷太
パドック進行:山本直也、石原李夏
札幌実況:佐藤泉(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
石川吉行(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「週の中間の話題から」
10:55頃 「パドック解説者の狙い」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:竹之上次男、小塚歩
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

ディアドラは数字の上でも凄かった。 8月4日(日)の放送予定 [番組情報]
2019.08/03 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【今週は日曜小倉がフリーパスの日。 葵わかなさん !あなたの質問に答えてくれるかも!?】
【さらばディープ。 追悼関連行事 今週土日は3場メインが「ディープインパクト追悼競走」】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 日本時間1日の深夜に行われた、英グッドウッド競馬場のG1ナッソーステークス。日本から出走したディアドラが見事勝利!
 自宅でテレビ観戦していて、夜中なのに大声出しちゃいましたよ。各国を転戦しながら挑戦を続けてきた陣営の奮闘が実って本当によかった。もちろんオイシン・マーフィー騎手の騎乗ぶりも見事でありました。


 レース翌日、競馬中継のWディレクターに言われました。


「ツイッターで、60キロを背負って勝った牝馬はいつ以来だろうと書いてる人がいたけど、これは小塚がニコニコしながら調べる案件なんじゃないの」
 ふええ。件のツイートには、メジロドーベルの58キロとかトウメイの59キロとか書いてある。ってことはトウメイよりも前ってことでしょ? その頃のデータはJRA-VANで簡単に検索できるやつじゃない。どうやって調べようか。


 ディアドラがナッソーステークスで背負った斤量は133ポンド=約60.3278キロ。ということで、中央競馬のサラブレッド平地重賞で斤量60キロ以上で勝った馬を調べました。ええ、手作業で。重賞レースのいろいろなデータが載っている「ハンドブック」(たぶん非売品)と、廃止重賞の全成績が掲載されている年鑑を1ページずつ繰りました。それこそ首っ引きで。


【斤量60キロ以上で中央競馬の平地重賞を勝ったサラブレッドの牝馬(小塚調べ)】
36中山記念(秋) アトランタ 63(kg、以下同じ)
38目黒記念(秋) フエアモア 65
42中山記念(秋) ニパトア 65
47カブトヤマ記念 トキツカゼ 60
47中山記念(秋) ヤマトナデシコ 61
49目黒記念(春) セフテス 63
50目黒記念(秋) クニハタ 60
50中山記念(秋) ヤシマドオター 66
52安田賞 スウヰイスー 61
53目黒記念(春) タカハタ 62
53安田賞 スウヰイスー 62
53東京牝馬特別 チエリオ 62
54中山記念 チエリオ 60
54京都牝馬特別 ジツホマレ 61
55京都記念(春) セカイイチ 61


 ふう、たぶんこれで全部。手作業なので漏れがあったらごめんなさい。
 ということで、ディアドラは1955年の京都記念(春)を勝ったセカイイチ以来64年ぶりとなる「斤量60キロ以上を背負って平地重賞を制した中央競馬所属のサラブレッド牝馬」となるようです(地方競馬だといるかもしれませんが、調べるのがさらに難しそうなので...)。
 凄いことです。1955年って昭和30年ですよ。アタシの母が生まれた年。前回の東京オリンピックよりも前。これからも日本の平地競走では60キロ以上を背負う牝馬は出て来ないでしょうしね。しかもディアドラは、2着馬メダーイーとは8ポンド=約3.6キロの斤量差がありながらの勝利ですから。数字的にも歴史に残る勝利であったと言えそうです。


 ちなみに中央競馬で60キロ以上を背負って平地を勝った牡馬はスエヒロコマンダー(02年札幌日経オープン)が最後。86年以降のサラ系平地重賞では02年京都記念のナリタトップロード60キロで勝利したのが最新のケースであります。障害では牝馬も60キロ以上を背負うケースがありますが、86年以降で斤量60キロ以上を背負い重賞を勝ったのはコウエイトライ(5勝)だけ。
 令和時代の中央競馬では、平地60キロを背負って出走する馬はいるだろうか? もしかしたら重い斤量で勝利した彼らも伝説となっていくのかもしれませんね。


(8/6追記)
 その後データに強い知人から連絡があり、
53神戸杯 ワカクサ 63
56神戸杯 トサモアー 63

 以上2頭の牝馬も60キロ以上でサラ系平地重賞を勝っていたとのことでした。というわけでディアドラの「斤量60キロ以上を背負って平地重賞を制した中央競馬所属のサラブレッド牝馬」はトサモアー以来63年ぶりとなります。調べが甘かったな...。


 では、8月 4日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
桧原正行(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
14:00頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)
14:30頃 「今日のコラム」出演:小田哲也(スポーツニッポン)
16:20頃 「来週の重賞レース展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~4R)佐藤泉(5R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:山本直、小屋敷彰吾
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹村浩行(馬サブロー)1R~5R
竹原伸介(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:15頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:中野雷太(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気、髙田洋子
パドック進行:髙田洋子、竹之上次男


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

最後まで強烈なインパクトでした。 8月3日(土)の放送予定 [番組情報]
2019.08/02 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【今週は日曜小倉がフリーパスの日。 葵わかなさん !あなたの質問に答えてくれるかも!?】
【さらばディープ。 追悼関連行事 今週土日は3場メインが「ディープインパクト追悼競走」】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 30日、ディープインパクトがこの世を去りました。経緯などは皆様も報道等で御承知のことと思います。
 ディープインパクト三冠達成からもう14年にもなるんですね。この間に、新たに競馬ファンになる方はたくさんいらっしゃったでしょう(そういう方に対してディープインパクト見てないの!?みたいな煽りやマウントは無意味だと思っています)。アタシがディープインパクトのレースをこの目でみられたのはラッキーだったからです。


 2005年、前職を辞してラジオNIKKEIに入社。入社後すぐに放送席に通うようになり、入社して最初に放送席で見たGIがディープインパクトの皐月賞でした。
 競馬が好きでこの仕事を目指したこともあり、転職は嬉しかったんですがどこかファンの気持ちも抜けきらない時期でした。そんな中で目の当たりにした皐月賞は、断然1番人気ディープインパクトがスタートでヨレて最後方。悲鳴にも近い歓声(喚声?)がこだまする中、平然と向正面でポジションを上げて直線持ったままで突き抜ける競馬でした。鳥肌。すごい。その一言しか出てきませんでした。
 続く日本ダービーも他馬を問題にせず圧巻の二冠制覇。凄いものをこの目で見ることができた!という高揚感と同時に、この凄さを伝える仕事をしなきゃいけないという緊張感がビリビリと全身を走ったことを覚えています。


 種牡馬入りしたあとも数々の活躍馬が誕生。アタシが実況したGIでディープインパクト産駒の勝利は、今年のラヴズオンリーユーとグランアレグリア、宝塚記念のマリアライト、マイルCSのトーセンラーとミッキーアイル。少ないと思ってたけど、探してみるとあの馬もこの馬もと出てきます。


 そして突然の死。一般ニュースでも取り上げられ、某局では長尺のVTRで報じられました。これも最近の競走馬ではなかったこと。三冠達成当時も社会現象になっていたと思いますが、14年経ってはっきりと「日本のサラブレッドの代表的存在」となっていたことを感じます。そういう意味で、最後までインパクトを残したのだなあ、と。
 現役当時も話されていたことだと思いますけど、昭和時代からのヒーロー像とは違う"英雄"でした。競馬の世界のヒーローやアイドルは、ハイセイコーやオグリキャップ。日本人の判官贔屓気質も相まって、野武士がエリートを倒すことに人々は快哉を叫んだのでありました。
 しかしディープインパクトはそうではなかった。一流の血統、一流の牧場、一流のオーナー、一流の厩舎、一流の騎手。プロフィール的には完全無欠、その馬が勝ち続けることが支持を集めるあたりは時代が変わったのだと。破天荒なレースぶりはかつてのヒーローたちと通ずるところはあるのかもしれませんが。


 競走馬時代から種牡馬時代まで、生涯の殆どを日本のサラブレッドのトップとして走り続けたディープインパクト。ゆっくりお休みください。ディアドラが快挙を成し遂げたように、これからも日本の競馬は前へと進んでいくはずです。


 では、8月 3日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
田村明宏(競馬ブック)
能勢俊介
桧原正行(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「明日の重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~4R)小林雅巳(5R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、佐藤泉、小林雅巳
パドック進行:山本直、稲葉弥生
札幌実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「週の中間の話題から」
10:55頃 「パドック解説者の狙い」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:中野雷太、髙田洋子、竹之上次男
パドック進行:竹之上次男、髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

急遽の乗り替わり。歴史は動くか? 7月28日(日)の放送予定 [番組情報]
2019.07/27 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【日曜新潟は入場料無料のフリーパスの日。第66代横綱若乃花 花田虎上さん 来場!】
【小倉も土日ともゲスト来場!日曜は、福岡が誇る三冠王・ 松中信彦さん !】
【札幌競馬開幕!日曜に 武田真治さん 来場! CMのあのカッコいい男性はこの方でした】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 きょうから新潟、小倉、札幌の開催が開幕。小倉のオープニングレースで、鮫島克駿騎手が落馬負傷というアクシデントがありました。左上腕骨骨折、左膝靭帯損傷の疑いとのこと、一日も早い回復を祈っています。
 鮫島克駿騎手は明日のアイビスサマーダッシュで人気馬ライオンボスに騎乗予定でした。自身初の重賞勝ちの大チャンスでもあり、本人も残念に思っていることと思います。


 ライオンボスの前日最終オッズは、単勝2.3倍。2番人気ダイメイプリンセスが7.2倍ですから、これは明日になっても1番人気ですよね。重賞レースの1番人気馬が急遽の乗り替わりになったことは過去にどのくらいあったのだろうか?調べてみました。


 過去に14頭いて勝ち馬はなし。パッと思い出せたのはマジックタイムのフローラS、後藤浩輝騎手が直前に落馬負傷で杉原誠人騎手に乗り替わったのを覚えてた。自分がこの仕事を始めてからも何度かあったんだなあ。


 こうツイートしたところ「ダイタクリーヴァを思い出す」とのリプ多数。ああそうだった、ダイタクリーヴァがいた。86年以降、GIの1番人気が騎手変更となったのはこの馬だけです。思い出した思い出した。
 01年マイルチャンピオンシップ。あのときアタシは某ウインズで観戦してました。メインの2つ前のレースで高橋亮騎手が落馬負傷。おいおいGIの人気馬が乗り替わりかよ、誰になるんだろ?ざわつくウインズ。その後しばらくしてアナウンスが→「安藤勝己騎手に~」。ウインズ内、更にどよめく。レースは13番人気アグネスデジタルが勝って、この1時間ちょっとはどよめきの連続でしたよね。


 では、騎手変更で重賞を勝ったケースはというと、最も最近なのは今年のアメリカジョッキークラブカップのシャケトラ。そうだったそうだった。遡ると17年小倉記念タツゴウゲキ、そして13年桜花賞アユサン!そうそう。騎手変更でのGI勝利はこれが史上唯一のケースのはずです。
 騎手変更での重賞勝利はこれまで14例あり、ただひとり西浦勝一騎手が騎手変更で重賞2勝をマーク(87年スワンSポットテスコレディ、93年CBC賞トシグリーン)。騎手の世界の代打男といえば東信二騎手ですが、西浦騎手も隠れた代打男。
 軽ハンデ馬の急遽の乗り替わりは騎手探しからして大変そうに思いますが、斤量50キロの騎手変更で重賞を勝ったのが後藤浩輝騎手。シルクグレイッシュの94年福島記念。自身初の重賞勝利は急遽の乗り替わりだったのですね。


 と、色々調べたらだんだん脱線してきました。さて明日のライオンボスは果たしてどのくらいの人気になるのか。そして田辺裕信騎手に乗り替わって、どんな結果を残すのでしょうか?(※文中データはすべて1986年以降)


 では、7月 28日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
14:00頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:坂本達洋(スポーツ報知)
14:30頃 「今日のコラム」出演:北島稔大(デイリースポーツ)
16:20頃 「来週の重賞レース展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~4R)山本直也(5R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:大関隼、小島友実、小屋敷彰吾
パドック進行:石原李夏
札幌実況:佐藤泉(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
大西修平(デイリースポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャーッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:15頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、米田元気
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

急にQR決済にハマるおじさん。 7月27日(土)の放送予定 [番組情報]
2019.07/26 小塚 歩 記事URL

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【日曜新潟はフリーパスの日。第66代横綱若乃花 花田虎上さん 来場! 土曜は ひふみん 登場】
【小倉も土日ともゲスト来場!土曜は女優の 井桁弘恵さん 。日曜は 松中信彦さん !】
【札幌競馬開幕!日曜に 武田真治さん 来場! CMのあのカッコいい男性はこの方でした】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 急にQRにハマる...急にQにハマる...フフッ


 今月始めに某コンビニエンスストアが始めた決済サービスが大変なことになってました。まあ、仕組みがザルだったというのはアタシのような素人でもわかります。これ以上被害者が増えないことを願うばかり。
 弊社競馬班の中では割とデジタルに強い側(と自負)であるアタシですが、その頃はまだ対岸の火事でしたなあ。ふーん、まあそういうサービスはセキュリティちゃんとしないとね。アタシ使ってないけど。ぐらいの感想でした。
 思えば冬の頃でしたかねえ?なんとかペイが「○億円還元キャンペーン」みたいなのやってて、みんなこぞってアプリをダウンロードしてた。通っている美容院でQRコード決済が始まったときにはびっくりした。ここまで浸透しているのか!あのときは若干乗り遅れた感もありました。ただ、まあ必要性を感じないのも確かだったのであります。


 潮目が変わったのは先日の函館出張でありました。
 函館のうまいもんを鱈腹食べたおかげで(+馬券絶不調)、財布の中身がカッスカスに。まずいなあ、帰りのタクシー代払ったらビール飲めなくなる←
 軽くなった財布を見てため息をつき、ふと乗り込んだタクシーの車内を見ると、QRコードが3種類並んでいるではありませんか。緑のアイコンの「L」のやつ、超有名な「P」のやつ、クリムゾンレッドの「R」のやつ。ここと「O」のやつがQRコード決済では(日本においては)古株と言えるでしょうか。
 ほお。タクシーでQR決済できるんだ。函館進んでるなあ。そういえばアプリ入れてたなあ。開いてみるか。なになに、残高チャージすれば使えると。ふむふむ。あ、かんたんにチャージ出来た。運転手さんどうやって支払えばいいんですか?あ、このQRコードを読み込んで。ナントカ交通って出てきましたよ。金額入力してボタンを押すと。
「♪ペイペイッ」
 あ、これで決済完了ですか。なんだ拍子抜けするほど簡単!


 手軽さに加え、数%の還元があるのが嬉しいじゃないですか。アタシこれまで電子決済は交通系ICカード派でしたが、ポイントサービス的な旨味に乏しいんですよね。これならクレジットカードからチャージすればポイント両取り。お得感はこちらに軍配かもしれません。
 「初めてQRコード決済を使う」という低そうで高いハードルを超えて、そこからはなんでもかんでもQRで決済したくなっちゃう。折しも、冒頭の某コンビニチェーンで還元率20%のキャンペーンが。余計なものを買ってしまっては余計な出費ですが、必要なものを買うのなら還元してくれる方法で決済したほうがいいですしね。


 コンビニで買う、我々に必要なもの。競馬専門紙・競馬週刊誌ですわね。
 500円の競馬専門紙。720円の競馬週刊誌。定価で買っているから特に後ろめたい気持ちもなく、20パー還元ですから実質競馬新聞を400円で買っているようなもの。なにこのオトク感!!
 

 はい。
 アタシ、40歳を前に、QRコード決済にハマってしまいました。多くの決済サービスが乱立する今のうちは利用促進キャンペーンがまだ続くでしょうから、更にうまく使いこなせるようになりたいですね。あと、仮にもしいま馬券がQRコード決済で買えるようになったら、めっちゃ買っちゃうと思う←


 では、7月 27日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
田村明宏(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
9:55頃 「週間ニューストピックス」
10:25頃 「特別レース展望」
11:45頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:05頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:45頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:坂本達洋(スポーツ報知)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「明日の重賞展望」


新潟実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:石原李夏、小屋敷彰吾、小島友実
パドック進行:小島友実、石原李夏
札幌実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「第2回小倉競馬 馬場情報」(インタビュー)
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「土曜メインレース展望」
11:15頃 「週の中間の話題から」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
11:40頃 「第2回小倉競馬 イベント情報」(インタビュー)
12:05頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:山本直(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:岡田麻紗巳、檜川彰人
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

 全46ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 次の10件