冬季五輪はここが好き! 2月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.02/17 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【フェブラリーS当日のゲストはこじるり! 小島瑠璃子さん 来場。表彰式と 回顧トーク
【小倉は小倉大賞典、俳優の 志尊淳 さん登場!トークショー&表彰式プレゼンター 】
【京都には女子プロ野球チーム 京都フローラ の皆さんが来て、野球教室が行われます! 】


 ピョンチャンが盛り上がっております。
 羽生結弦選手、素晴らしいですね! 見事な連覇。宇野昌磨選手が銀メダルで日本ワンツー。ほかの競技でもメダリストが誕生しています。始まる前はそこまででなくても、いざ競技を見るとぐいぐい引き込まれてしまう。みなさんはどの競技がお好きですか?


 世の中(特に女子?)はフィギュアスケート好きですよねー。私の周りにもフィギュア好き多いです。美しいですよね。芸術作品を見るかのよう。ただね、アタシそこまでじゃないんですよ。
 だって、この人のジャンプが凄い! ってなっても、出て来る点数は自分が思ってるのとちょっと違ったりするじゃないですか。ジャッジの主観が入るのは仕方ないし。芸術点を競う競技というのは、なかなかしっくりこないところも個人的にあったりします。


 そこにきて、スピードスケートはわかりやすいですよ。タイムが全てですから。この大会の一番の楽しみは小平奈緒選手でした。水曜の1000mは惜しかったですね...オランダのテルモルス選手の大駆けにあってしまったような。日曜夜の500mに期待しましょうか。


 ショートトラックもよろしいですな。駆け引き、ぶつかり合い。最後のゴールでブレードを前に投げ出すように、僅かでも前へ。僅かでも先に。競輪のゴールでハンドル投げるような感じですよ。見ていて面白いし、実況もしてみたい種目のひとつです。
 ノルディック複合もいい。まあスキーのジャンプ競技は飛型点が絡むのですけど、そこはそれ。個人ノーマルヒルの後半のクロスカントリー、いい勝負でしたよね! あれもまた駆け引きがあって大変いい。複合は荻原健司さんが最強を誇った頃を見てますのでね。今でも見ちゃいます。
 カーリングもいい。氷上のチェスとはよく言ったもの。これなら、自分も今からでも始められそう、なんていつも思うのですけど、都内でカーリングできるところってあるのかな? 調べたらあるみたい。やってみたいなあ。


 北国生まれで雪や氷が身近だったせいか、家族でウインタースポーツの中継を昔から見ていたなあ。スキーも昔やってましたしね。高校の体育の授業はノルディックスキー。雪で一面真っ白になったグラウンドをクロスカントリーですよ。きつかったけど楽しかった。
 そんなこんなで、大会の残り1週間も存分に楽しみたいと思います。


 では、2月 18日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:25頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
10:55頃~「メインレース展望」
12:15頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:15頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:45頃~「今日のコラム」出演:西山智昭(スポーツ報知)
16:15頃~「来週の重賞展望」


東京実況:小林雅巳(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:20頃~「小倉重賞レース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「特別レース展望」
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:10頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、竹之上次男、山本直也
パドック進行:岡田麻紗巳
小倉実況:佐藤泉(1R~6R)山本直(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

鼻はもともと弱いんです。 2月17日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.02/16 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【土曜東京、白川次郎アナウンサーと行く! バックヤードツアー 実施します】


 先週からまた風邪気味でございまして。今年は酷いですね。治ったと思ったらまたぶり返し気味に鼻や喉が調子悪くなるという。先週もお聞き苦しい声で大変失礼いたしましたm(_ _)m
 幸い、いまだにインフルエンザには罹ってないんですけどね。今週に入ってから弊社内でも更に猛威を振るうインフルエンザ。編成と技術のエライ人が相次いで倒れました。アナウンサーがまだ誰もインフルやってないのが奇跡なくらい。。。


 先週末の鼻声が週明けにも続いたので、ようやく耳鼻科へ。週末は3日間プラス火曜、びっちり働いて医者に行く暇がなかったのでして。
 診てもらったところ「急性副鼻腔炎ですね」。へえ? 急性。あんまり聞いたことないけど、調べたらこんな感じらしい。へえ。風邪のウイルスによる鼻炎なのかな。
 なになに、『もともとアレルギー性鼻炎の人が風邪をひくと急性副鼻腔炎にまでなることがある』...? はああ。確かに私、昔っから鼻炎持ちでございます。


 子供の頃は必ず片方の鼻は詰まっていたなあ。ポケットティッシュが手放せなかった。暇があれば耳鼻科に通ったものてす。
 またその耳鼻科がすごいところで...院長の座る診察台の前に患者が列を作って、ハイ次ハイ次と流れ作業のように処置していくという。そのあとはネブライザーとか、塩水を片方の鼻からいれてもう片方から出すいわゆる鼻うがいを何人も横並びで行うというね。今思えば不思議な光景でした。


 まあ、慢性だったんでしょうね。特に治ることもなく、病院に通うのも億劫になり、だましだましうまく付き合いながら今に至ると。普段は静かにしているヤツが、ここぞとばかりに出てきたということですな。
 数種類の薬を出してもらい、なんとか症状はおさまってきました。今週末は多少マシな声で仕事できそうです。


 そういえば、花粉症もアレルギー性鼻炎のひとつだとか。鼻の粘膜は強くないであろう鼻炎持ちのワタシですが、いまだ花粉症とは無縁。なんとかそっちの鼻炎は発症しないようにしたいものですが、花粉症は急になるとも言いますしねえ。果たして...?


 では、2月 17日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:小島友実、木和田篤、石原李夏
パドック進行:小屋敷彰吾、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
松浪大樹(大阪スポーツ)1R~5R
森本昭夫(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜重賞レースの見どころ」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~4R)中野雷太(5R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:中野雷太、竹之上次男、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ
小倉実況:山本直(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

在宅勤務の出来ない職種? 2月12日(休・月)の放送予定 [番組情報]
2018.02/11 小塚 歩 記事URL

12日(休・月)の小倉競馬は積雪のため開催中止、13日(火)に代替競馬


「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【月曜東京、白川次郎アナウンサーと行く! バックヤードツアー 実施します】
【小倉ではバレンタイン直前! ラッキーナンバー入り キットカット をプレゼント】


 先日読んだニュースで、インフルエンザが大流行しているという原稿がありました。幸い私は感染しておりませんが、油断はなりません。手洗いはとにかく励行しております。記憶が確かなら、最後にインフルエンザらしきものに罹ったのは2009年。それ以来なんとか流行を掻い潜っております。
 

 インフルエンザに罹ると、しばらくは自宅にとどまることになります。そりゃそうです、職場や学校で撒き散らして感染を広げてしまうととんでもないことになりますから。
 で、最近は「インフルエンザで出社できなくても、在宅勤務で対応」みたいなことになってる会社もあるとかないとか。そうでなくても、働き方改革が叫ばれる昨今。テレワークという言葉が新聞記事を賑わせます。


 そこで思うのです。アナウンサーは在宅勤務できるのだろうか??


 私はアナウンサーとはいえ放送局に務めるいちサラリーマンです。会社でデスクワークもするわけで、そういうものは自宅に持ち帰って作業できるでしょうね(実際、自宅や出先で作業することは多々あります)。
 ですが、いわゆるアナウンサー仕事、喋る仕事は在宅勤務ではどうにもならないんですわ。
 在宅勤務でニュースを読む...自宅の電話かパソコンかとスタジオを放送回線で繋いで(あるいはスカイプか?)、原稿はメールで会社から送ってもらって、あるいはサーバーから取得して? チャット用のヘッドセットかなんかで音声を回線で送ってそれを放送。うん、全く現実的じゃない。ただ不可能ではないかな。
 音楽番組も同じ形で、やってやれないことはない。問題はスポーツ中継ですな。競馬中継の担当アナが「すいません今日は在宅勤務で」と言っても、現場にいないことにはどうにもならないもんなあ。


 アナウンサーに働き方改革は縁遠いのかな、なんて思っていたところ。



 働き方改革の前に「アナウンサー(゚⊿゚)イラネ」と言われてしまう時代が来てしまうのか。在宅勤務から"勤務"の文字が取れてただの"在宅"になっちゃう? そう言われないようにがんばりましょう。


 では、2月 12日(振替休日) の放送予定です。
 12日(休)はラジオNIKKEI第1のみの中継で、東京・小倉の全レースを放送します。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
16:15頃~「来週の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:石原李夏、小島友実、木和田篤
パドック進行:小屋敷彰吾、石原李夏


小倉実況:山本直也(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

楽しみ方は変化する(はず)。 2月11日(祝・日)の放送予定 [番組情報]
2018.02/10 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【ゲッツ!アンドターン! 日曜の京都に ダンディ坂野さん 来場。予想会&レース回顧】


 平昌で冬季五輪が行われております。冬のオリンピックも割と好きですよ。フィギュアなどの芸術点を競うものより、スピードスケートのように純粋にタイムを競うほうがより好き。どの競技も、見始めるとのめり込むんですけどね。
 冬季五輪で思い出すのは1998年の長野ですねえ。やはりジャンプ団体。原田のジャンプも船木のジャンプもはっきりと覚えてます。当時は高校3年の冬。学校の図書館での受験勉強を抜け出して、テレビにかじりついたなあ。ああ懐い。エモい。エモいの使い方がこれで合ってるのか知りませんけど。


 当時はスタート順とか現在の順位とか、分かっているようで分かってなかった。どのくらい飛んだら逆転とかね。中継の最初に「日本は○番目の登場!」って言ってても、結局よくわからなくなって「まだかなーまだかなー」って首を長くして待つことに。まあそれも楽しいっちゃ楽しいですけど。
 近年は情報がホントに充実しました。オリンピックの公式サイトですべての競技のエントリーや記録をリアルタイムで見られるのですからね。私はスマホアプリを導入して、逐一情報を更新しながらテレビ観戦です。
 もともとスポーツの細かい記録が好きな性分ですので、ホントにいい時代になったと思いますよね。いま、このコラム執筆中にちょうど行われているリュージュ男子の記録速報を開いていますが、全体タイムだけでなく道中の通過タイムもリアルタイムで速報してくれるんですよ。細かい。


 こういう「記録」「タイム」の楽しみ方がもう少し広がらないかな、とも思ったりします。
 例えばアメリカや香港の競馬を見ていると、中継画面に2ハロンごとの通過タイムが自動計時で表示されます。あれ、いいなーって思うんです。特にラップタイムを分析して馬券買う人にはたまらないと思うんですよね。
 我々も実況しながら、通過タイムが表示されるものは言える限り言おうと思っていますが、タイミング的に言いづらいこともあるんですよ。1600m戦で前半3ハロンの通過タイムが出てもなかなか言えない。ちょうど馬群捌いてる途中ですしね。なので私は半マイル(4ハロン)の通過を言えれば言うようにしてます。目で見たものなので正確にとはいきませんが。


 ここではたと立ち止まります。
 こういう楽しみ方は、ファンの大多数に受け入れられるのだろうか......?? 道中のラップタイムを実況で伝えるのも、どの程度役に立っているのだろう。そこまで細かく計時することもないのかな、なら今の形でいいのかな、などとも思ったりするのです。


 ただ、オリンピックに限らずスポーツの世界大会は、公式サイトで記録速報を充実させることで楽しみ方が変わったと(少なくとも私は)思ってます。競馬ももう一段踏み込めば、さらに深い楽しみ方ができるのでは...などと妄想したりするのです。


 では、2月 11日(建国記念の日) の放送予定です。
 11日(祝)は通常通りラジオNIKKEI第1と第2で、東京・京都の全レースを放送します。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:刀根善郎(デイリースポーツ)
14:30頃~「京都メインレース展望」
16:15頃~「あすの重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:木和田篤、小島友実
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「特別レース展望」
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:佐藤泉、竹之上次男、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

スーパーなボウルでした。 2月10日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.02/09 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【小倉競馬場に フォトスポット がオープン。存分に"SNS映え"狙っちゃいましょう!】


 五輪が始まりましたけれども、私はまだ今週月曜の余韻を引き摺っています。今年はミネアポリスで行われた、第52回スーパーボウルであります。
 ボウル(bowl)とは、アメリカンフットボールの大試合(コトバンクより)。プロフットボールのNFLやカレッジフットボールで「○○ボウル」という試合が行われます。日本でも、大学日本一決定戦は「甲子園ボウル」、社会人は「ジャパンXボウル」。それらの勝者同士がナンバーワンの座を賭ける「ライスボウル」が、日本で一番大きな試合ですね。
 そんなボウルゲームに「スーパー」ってつけちゃうんですから、これはもう世界最高峰(アメフトの世界では)。独特の競技で、世界的な競技人口を考えると決して多くはないのでしょうけど、全米視聴率ナンバーワン。CM枠が億単位で取引され、ハーフタイムショーも超豪華という。今年はジャスティン・ティンバーレイクでした。


 52回目の対戦カードはニューイングランド・ペイトリオッツ対フィラデルフィア・イーグルス。ペイトリオッツはもう、ネット用語でいうところの「大正義」ですよ。強豪中の強豪。勝つためには手段を選ばない徹底っぷり。一方のイーグルスはエースQBウェンツが故障で、控えのフォールズがチームを率いる。一時の低迷から巻き返し、挑戦者として臨む立場でした。
 結果はというと、大方の予想を裏切りイーグルスが競り勝ちました。序盤は先行、後半に逆転を許しましたが終盤に再逆転、そのまま逃げ切りました。
 

 そういえば競馬にもボウルってあるんですよ。香港で。
 現在は香港マイルとして行われているレースが、かつて「香港国際ボウル」という名称でした。ドージマムテキが遠征していた頃ですね。香港ではほかにもプレミアボウルという1200mのG2があり、去年はミスタースタニングが勝利。後の香港スプリントの勝ち馬ですね。他にも南アフリカやシンガポールで「ボウル」と名のつくレースがあるようで。
 不勉強で恥ずかしい限りですが、この場合の「bowl」はどういう意味で使われているんでしょうね? 現地の言葉でプレミアボウルは「精英碗」と表記するらしいので、文字通りのボウル=鉢状のアレ、ってことなんでしょうか??


 では、2月 10日(土曜日) の放送予定です。
 10日(土)はラジオNIKKEI第2のみの中継で、京都・小倉の全レースを放送します。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
竹中昇(研究ニュース)5R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:35頃~「メインレース展望」
11:35頃~「週の中間の話題から」
11:50頃~「日曜重賞レースの見どころ」
12:50頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:55頃~「解説者 今日の狙い目」
14:30頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~4R)檜川彰人(5R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:檜川彰人、竹之上次男、山本直
パドック進行:宮脇さなえ
小倉実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

長い休みの過ごし方。 2月4日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.02/03 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【オリジナルグッズ&春のGIペア招待席が当たる! 東京で 抽選会 やってます】
【京都では バックヤードツアー あります。受付は午前10時半まで、お早めに】


 今週はお休みを貰っています。ローカル場の開催がないところで。今週を逃すと次は大阪杯の週、さらにその次はダービー週まで2場開催ありませんからねえ。さすがに競馬が盛り上がるところで休み取るのは気が引ける...。休める時に休んでおかないと。
 遅い冬休みと申しましょうか、早い夏休みと申しましょうか。こんなに長く休めるのは、年末年始以外では入社以来初めてですわね(←今年でラジオNIKKEI入社14年目)


 前職では年に一度、1週間程度の夏休みが貰えました。ペーペーの新人アナですから、先輩アナが休んだあと。夏の終わりどころか、秋に入ってからでしたかね。毎年9月に休んでました。
 当時から競馬好きでしたからね、行くのは決まって北海道。レンタカーを借りたり、マイカーをフェリーで持って行ったりして、ひたすらドライブして牧場を巡ったり、大自然に触れ合ったり。当然一人旅です。
 一人は気楽でしたよ。ドライブを楽しみながら、好きなところに立ち寄って休憩。腹を満たし、温泉に入って。釧路湿原が良かったなあ。マイナスイオンたっぷりな感じに癒やされるのです。
 屈斜路湖だったかなあ? 湖畔に温泉が湧いていて、誰でも入れるようになってるんですよ。温度は高くないけど、10分も入っていると体ポカポカ、全身から発汗。温泉成分がしっかりしてるんでしょうね。いいお湯でした。また行きたい。


 そしてもちろん牧場ね。種牡馬巡りをしました。非開催日の門別競馬場も、旭川競馬場も外側から眺めてきました。で、旅の終わりは決まって札幌。学生時代の友人と旨いもの食べて、たっぷり酒を飲んで。夏休み最終日は北海道から帰りたくなかったなあ。


 そんな旅がなかなかできなくなりました。出張でいろんなとこ行けるのはいいんですけど、観光なんかできませんからね。香港も何度も行っているのに、夜景も見たことないしマカオにも行ったことない。北海道旅行も、新社会人時代より今のほうがきっともっと楽しめるはずなんだけどなあ。
 時間もなければ金もない。気持ちいい馬券でも当たればねえ。今週末は地球上のどこかから、クリーンヒットを狙いたいと思います。


 では、2月 4日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:梅崎晴光(スポーツニッポン)
16:15頃~「来週の重賞展望」

東京実況:佐藤泉(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:大関隼、木和田篤、山本直也
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

落花生を撒きます。 2月3日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.02/02 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【土曜東京、白川次郎アナウンサーと行く! バックヤードツアー 実施します】


 今週末の競馬中継の進行表を作っていて、はたと気づきました。そうか、今週節分なんだ。あすの東京メインレースが「節分ステークス」でしたのでね。レース名で季節を感じるという競馬ファンあるある。
 節分といいますと最近は恵方巻きですね。私は青森の生まれで人生の8割方を東日本で暮らしてきましたので、恵方巻きを食べる習慣がございませんでね。昨今のブームはわりと冷めた目で見ておりました。それこそ、食べたことすらないんじゃないかなあ?


 そのかわりに、ではないですが、豆を撒きます。豆ね。
 うちはね、落花生なんです。小さい頃から節分は落花生で育ってきたもので、大学時代に友人達に驚かれたものです。
 「えー、フツー大豆撒くでしょー! 落花生なんて使わないよ―!」
 まあ、絵本に出てくる豆まきはまんまるの豆だったよな。あれ大豆だったのか。でも大豆なんか撒いたらぜんぶ拾いきれないじゃないか。家具の隙間とかに入っちゃいそうだし。その点、落花生は回収が楽ですよ。「年の数だけ食べる」のも、わりと食べ応えあるし。大豆じゃあねえ...。とまあ、落花生を撒くことには一定の合理性があるようには思うのです。


 で、調べてみました。地域性。ウェザーニューズの調査によると、北海道から東北~北信越にかけてと、鹿児島・宮崎が「落花生豆まき」であるとのこと。
 (参考→ 節分にまく豆は?(ウェザーニューズのサイトより)
 そして、全国落花生協会のサイトも確認したところ、2割以上の方が「落花生で豆まきをする」と回答したとのことです。落花生を撒く理由としては、やはり合理性のよう。確かに雪の上に撒いても拾いやすいですねえ。
 (参考→ 落花生Q&A(全国落花生協会のサイトより)


 皆さんもぜひ、落花生豆まきしてみてください。いろいろはかどります。鬼は外、福は内。ハズレは外、アタリは内! 今週も馬券がアタリますように(-人-)


 では、2月 3日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
(※3日の東京競馬は1Rから3Rまでの発走時刻繰り下げ、4R障害戦は取り止めとなりました)
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:20頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:山本直、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「日曜重賞レースの見どころ」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~4R)中野雷太(5R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:中野雷太、竹之上次男、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

決まり手のバリエーション。 1月28日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.01/27 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【京都で バックヤードツアー あります。受付は午前10時半まで、お早めに】
【中京では あったか鍋グルメ抽選会 これいいな。鍋つつきながら競馬観戦したい】


 相撲を見ております。この文章は金曜日に書いております。公開される頃には14日目の取組が終わっているはず...栃ノ心の優勝は決まっているでしょうか? 鶴竜が、緊張の糸が切れたかのような3連敗。序盤から中盤にかけての盤石な相撲がウソのようです。
 去年、豪栄道がこんな感じだった場所がありましたよね。上位陣が軒並み休場、中盤までトップ独走したのに終盤急失速して日馬富士に優勝さらわれたの。思い出しました。


 さて、今回は相撲の「決まり手」について。四十八手とよく言われますが(アッチの意味ではなく)実際にはもっと多く、現在は82手が決まり手として定められています(ほかに決まり手に含まれない勝負結果が5つ)。2000年に12の決まり手が追加されたので、それ以前は70手だったということですね。
 バリエーション豊かです。手の位置、足の位置、回しをつかむ位置、などなど。似たような技でも違う技として決まり手が定められているものも。足を掬う技でも、掬う場所や形によって内無双・外無双・小股掬い・外小股とあったりしますから。
 もちろん82手のうち、よく目にするものもあれば"何十年に一回"みたいなレアな技もあるわけで。珍手が飛び出すと新聞を賑わせることがあります。


 私が好きだったのは、大関貴ノ浪が極稀に、ここ一番で繰り出した「河津掛け」ですね。
 河津掛け、ジャイアント馬場さんのアレと一緒です。半身になって相手の足の内側に自分の足をかけて、自分の背中方向に倒れ込む形。もちろん相撲ですから相手より先に落ちてはいけません。貴ノ浪は曙と貴乃花にこの決まり手で勝っています。
 たぶん両方ともテレビで生で見てますね。あらためて貴乃花との一番を見返すと、外掛けを仕掛ける貴乃花に対して河津掛けのタイミングを狙っていたようにも思えます。そのまえに曙相手に決めた河津掛けを覚えていたので、「来るぞ来るぞ...キター!!」てな感じで超興奮したのを覚えています。
 

 82手もあれば、どんな勝負になってもその取組がどのように決着したかがわかりますよね。競馬ももっと決まり手のバリエーションを増やしたいなあ。終わったレースがどんなレースだったのかを端的に表す一言を、もっと増やしたい。
 逃げ切り、差し切り、抜け出し、追い込み、あとはマクりとか? 逃げ切りにもいろいろあるじゃないですか。"終始マイペース"とか"大逃げから一旦ひきつけて突き放し"とか。そういうのを一言でピシっと言い表す、相撲の決まり手のような言葉があればいいああ、なんて思うんですよねー。
 相撲は長い歴史を重ねてきて、決まり手の言葉も磨かれたのでしょう。日本の競馬も歴史は長いとはいえ、相撲にはかなわない。競馬ももっと歴史を重ねていくうちに、新たな「決まり手」の表現が生まれてくるのでしょうか?


 では、1月 28日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:20頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「今日のコラム」出演:水島晴之(日刊スポーツ)
16:15頃~「来週の重賞展望」

東京実況:小塚歩(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:木和田篤、小島友実
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:50頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:檜川彰人(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:山本直、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:佐藤泉(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

最強寒波に振り回される。 1月27日(土)の放送予定 [番組情報]
2018.01/26 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【土曜東京、白川次郎アナウンサーと行く! バックヤードツアー 実施します】
【土曜の中京では、 中京スポーツ杯 予想会&抽選会 お昼休みにメディアホールにて】


 最強寒波、その名に違わぬ強さでございますね。GI級と言ってもいいでしょう。皆様お住まいの地域はいかがでしょうか? 私が住む東京も結構降りましてね。
 その日の夜に到着するように宅配便を頼んでいたのですが、午後の4時くらいに「ピンポーン♪」と。ドアを開けると雪まみれの配達ドライバーさんが。「夜配達できるかどうかわからないので、早めに持ってきてしまいました」。いえいえ、大変な天気のなかありがとうございます。
 ドライバーさん曰く「もう15センチくらい積もっているところもありますよ」。


 うげー!


 その時点で窓の外は東京とは思えない雪景色。その後も雪は降り続き、暗くなってからは(東京としては)結構な積もり方をしていました。
 うん、これはまずい。まずいなあ。


 私は毎週火曜に『聴く日経』を担当しています。早朝にタクシーで出社するんですが、これちゃんと車走ってくれるんだろうか?? 慌てて、制作のエラい人と連絡をとります。
 「どうしたらいいですかね?」「うーん。ホテルでも取ってみる?」
 考えることは皆同じですよ。時すでに遅し。夕方過ぎに旅行サイトをいろいろ巡回してみても、会社近辺のホテルはどこも満杯でした。空いているお部屋は1泊3万円台。違うんだ、泊まりたい部屋はそういうのじゃないんだ。


 「どうしましょう?」「うーん。タクシー会社に問い合わせてみよう」
 結局、いつもより30分早く自宅を出発することに。そして迎えた月曜深夜、自宅前に出てみると...めっちゃ積もってる! でもタクシー来てくれてた!!
 ホッとして車に乗り込むと、運転手さんが「高速、通行止めです」。うおお。やはりか。たしかに今思えば、きょうの金曜日まで通行止めだったわけだから、このときに高速走るのはとうてい無理だわな。そんなわけで、下道をエンヤコラ行ってもらうことに。
 幸い、雪は止んでいました。ただ幹線道路はシャーベット状、ところどころアイスバーンもあったように思います。そして通行量の少ない脇道にに入るだけで、ザックザクの雪が残っています。運転手さんも慎重に慎重をかさねて運転してくれました。


 出発を早める判断は正解でした。夜中なので道路は渋滞を起こすことはなく、走っているのはトラックかタクシーくらい。それぞれちゃんと雪対策していたようで、流れが遮られることはなく、ゆっくりながらも順調に会社まで向かうことができたのが何よりでした。
 

 その月曜の雪が、気温の低さもあって全然溶けません。東京競馬場も今日まで除雪していたようですからね。映像を見ると内ラチの部分に雪が残っていますので、もし天気が良くなるようなら反射して実況しづらくなるでしょうね。寒さと相俟って、今週末はいつも以上に慎重に実況しなければいけませんね。
 最強寒波がもたらした雪に、週末まで振り回されるハメになるとは。強さにもほどがある。そして京都では【!】も発表されましたし(夜間発売取りやめ)。つつがなく開催が行われることを願っていますが、果たして...??


 では、1月 27日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


東京実況:大関隼(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小島友実、木和田篤
パドック進行:小塚歩、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
竹中昇(研究ニュース)5R~12R


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「土曜メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:40頃~「日曜重賞レースの見どころ」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:米田元気(1R~3R)山本直也(4R~6R)山本直(7R~12R)
進行:山本直也、米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ
中京実況:小林雅巳(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

重なってしまいました。 1月21日(日)の放送予定 [番組情報]
2018.01/20 小塚 歩 記事URL

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!
【日曜の中京にゴルゴ松本さん登場! 蛍原徹さんと トークショー&東海ステークス予想会


 この時期は中京小倉の冬開催。1年ぶりに中京競馬に出張しております。
 いやあ冬のローカル開催はよろしいですな。独特の雰囲気がございます。中京でいいますと年間4開催ございますが、3月と12月はGIがある開催。7月は主場扱い。この1月はのんびりしとります。小倉も夏は主場ですが、冬はローカル開催。
 多くの観衆、トップジョッキーや一流馬という盛り上がりはありませんが、その分「コア」な戦いが繰り広げられ、味わい深いのであります。


 中京ですと宿泊は名古屋。名駅か金山か栄か、というところにホテルを予約いたします。小倉ですと小倉駅近辺。どちらも政令指定都市ですし、人口も多いし街も大きい。そんな街でホテルに困ることはない、って思うでしょ?


 さにあらず。
 ワタシ来月、小倉出張がございます。残念なから建国記念の日を含めた「夢の」小倉金曜月曜開催には当たらなかったんですが、冬の小倉に今年も出張するんですよ。うへへ。どこ行こうかななに食べようかな。繁華街に出やすいホテルがいいな。どこが空いてるかな...えっ。


 どこも空いてない。


 なぜだー!!!


 おかしいなーへんだなー。心の中の稲川淳二がつぶやきます。


 答えはすぐに明らかになりました。
 この出張の近辺に国公立大学の二次試験が行われるのです。言われてみれば自分のときもそんな日程だったなあ。あれ、福岡の大学を受ける受験生はホテル難、とかニュースで見たぞ。報道によると、どうやら有名歌手がコンサートやるらしい。誰だろ調べてみよ。なになに、あむろなみ...
 

 あむろちゃんのらいぶあるのーふくおかでー!!


 それは無理。引退を控えた安室ちゃんのライブなら混んじゃうの仕方ない。
 でもーライブやるの博多でしょー北九州までホテルなくなっちゃうのーなんでー?? まあ大方、博多近辺のホテルが早々に埋まり、北九州に流れて来たんでしょうな。ふむふむなるほど。


 って納得してる場合じゃねえ。自分の寝床を確保しなきゃ! 八方手を尽くしましたが小倉近辺では予約することが出来ず、近隣の割と大きめの駅になんとか見つけたのでした。それがンヶ月前。今みたら近隣駅もホテル全然ないね...
 以前もこのブログに書きましたが、「有名歌手のライブ」「大きめの市民マラソン」「学会や試験」があると、ホテルは途端に予約しづらくなります。ただでさえインバウンドで以前より予約が難しくなっているのに。
 ただ、我々も手を拱いているわけではありません。数々のホテル難をかいくぐってきたラジオNIKKEIアナウンサー陣。なんとかするのです。なんとかなるのです。そしてなんとかなったときに、その出張がよりよいものになるのです。たぶん。
 

 では、1月 21日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:片岡良典(サンケイスポーツ)
16:15頃~「来週の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


中山実況:山本直(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:小島友実、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:小塚歩(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

 全30ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次の10件