ブエナビスタには思い入れあります。 9月21日(月)の放送予定 [番組情報]
2020.09/20 小塚 歩 記事URL

9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
9月12日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業の再開(9月7日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 
 21日(月)は敬老の日。シルバーウィークの4連休の真っ只中にして、「JRAアニバーサリー」デーでもあります。
 (去年初めて行われた「JRAアニバーサリー」についてのブログがこちら)
 今年はこんな時節柄ですからフリーパスの日やウインズでのイベントなどは難しい。ですので主だった施策としては「JRAスーパープレミアム」として全投票法の払戻率80パーセント、そしてClub JRA-NETでのキャンペーンなどとなるでしょうか。
 そしてJRAアニバーサリーステークスとともに10年ごとのJRA年度代表馬のメモリアルレースを行うのですが、20年前の年度代表馬はテイエムオペラオー、10年前はブエナビスタであります。


 2000年の年度代表馬、テイエムオペラオー。「世紀末覇王」と呼ばれ、春秋天皇賞に宝塚と有馬のグランプリ、ジャパンカップ、それらの前哨戦も全て勝って年間8戦8勝のパーフェクトイヤー。苦しい位置に押し込められながらも勝ち切った有馬記念なんか、今思えば神懸ったところも感じられます。
 

 そしてブエナビスタであります。この馬には個人的に思い入れは深いのです。実はこの馬、会社の仲間と楽しんでいたペーパーオーナーゲームでアタシが指名していた馬だったんです。
 今はもうやってないんですけど、この頃参加していたPOGでは個人的に「活躍しながらGIにちょい足らずの馬の弟妹を指名する」というセオリーを編み出していましてね。この馬の兄には皐月賞3着で菊花賞2着のアドマイヤジャパン(ディープインパクトの同期)、皐月賞4着で日本ダービー3着のアドマイヤオーラがいました。いずれも高い素質を評価されながらクラシックに一歩届かなかった馬。こういう馬の"下"を狙っていたのです。
 ブエナビスタは狙い通りの大活躍。引退まで一線級で走り続け、6つのGIタイトルを獲得。POGでは自分史上最高の活躍をしてくれたし、自分の狙い方が間違ってなかったのもわかったし。


 「テイエムオペラオーカップ」は中山10R、芝2000メートルで行われます。皐月賞を勝った舞台だからこれはわかる。「ブエナビスタカップ」は中京10R、芝1600メートル。うん? でもブエナビスタは現役時代に中京で走ったことないし仕方ないか。クラシックディスタンスでの強さが印象的ですが、実はマイル戦も6回走って(5.1.0.0)と準パーフェクト。桜花賞もヴィクトリアマイルも強かったもんなあ。
 そんな、2頭の現役時代も思い浮かべながらレースをお楽しみください。そして払戻率80パーですから、頑張って当てましょう!(←当てないと恩恵はない


 では、9月 21日(月・敬老の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!
JRAスーパープレミアム 9月21日(祝月)は全投票法の払戻率が80%に!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
松本智志(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「日曜重賞レースプレイバック」
10:30頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「月曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、15:05頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


中山実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、山本直也、小島友実
パドック進行:小島友実、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
鈴木邦宏(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「一般レースの狙い」
10:45頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:15頃 「メインレース展望」
11:35頃 「重賞レース展望」
12:05頃 「中京特別レース展望」
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:山本直(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、大関隼
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

"松坂世代"のひとつ上です。 9月20日(日)の放送予定 [番組情報]
2020.09/19 小塚 歩 記事URL

9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
9月12日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業の再開(9月7日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 「火の玉ストレート」で一世を風靡した藤川球児投手が、今シーズン限りの引退を発表しました。


 また、楽天など3チームで活躍した渡辺直人選手も今シーズンで引退するとのこと。

 藤川球児投手は数々の名シーンを我々に残してくれました。でもアタシが覚えてるのは監督が星野仙一さんに代わってすぐのころ、背番号92(=きゅう(9)じ(2))で先発やってた頃ですね。巨人戦に先発してそこそこいい投球してたの。あの頃はあんなに球速くなるとは思ってなかったなあ。


 藤川投手も渡辺直人選手も、どちらも1980年生まれ。そう、いわゆる「松坂世代」の一員であります。球界を席巻した松坂世代も続々と引退する年代。2人の引退表明で、現役で(引退表明せずに)プロ野球界に残っている松坂世代は、松坂大輔投手本人とソフトバンクの和田毅投手、楽天の久保裕也投手だけになりました。


 実はアタシ、松坂世代のひとつ上にあたる1979年生まれ。前にも書いたかもしれませんが、この世代はサッカーだと黄金世代なんですけどプロ野球の世界では若干の谷間扱いがありますよね...。センバツは天理、夏の甲子園は智弁和歌山が優勝。優勝投手は正直覚えてな...ゲフンゲフン。そんな感じなんです。
 それでも同い年でメジャー挑戦した選手がいるんですよ。五十嵐亮太投手! そして、井川慶投手!! うーむ。


 2020年現在でアタシと同い年、松坂世代のひとつ上の1979年生まれも現役選手が少なくなりました。我らが阪神タイガースからは能見篤史投手。全盛期のキレはなくなっても、老獪な投球術でブルペンを支えてくれています。アイライクノウミサンですよ全く。
 ほか「カツオ」こと石川雅規投手(ヤクルト)、五十嵐亮太投手(ヤクルト)も現役。石原慶幸捕手(広島)と細川亨捕手(ロッテ)もまだ現役。おお、そうだそうだ細川選手は同郷で同い年! 青森北高校が生んだ大スターではないか!!(※石川投手は80年1月生まれですが、同学年ということで。)
 個人的な話で恐縮ですが、アタシきょうひとつ歳を重ねて41歳になりました。SNSでおめでとうコメントをくださった皆様ありがとうございます。「松坂世代のひとつ上」はことし41なのです。でも今年開幕時は(早生まれの石川投手を含めて)松坂世代もひとつ上世代も現役選手5人ずつ。頑張ってますよね? ね??


 自分が子供の頃の40歳、41歳ってめちゃめちゃ年上、めちゃめちゃおじさんの印象があったはずなんです。プロ野球選手だって40歳で現役だったのは門田とか今井とか大野とか、ほんの一握りだったはず。選手寿命が長くなりました。アタシより年上の選手も、福留孝介選手(阪神)と山井大介投手(中日)がいまだ現役。なので、41歳になってもぜ~んぜんまだまだ、これからもっと頑張ろうと思った次第なのであります。


 では、9月 20日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!
JRAスーパープレミアム 9月21日(祝月)は全投票法の払戻率が80%に!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:野村英俊(共同通信)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:30頃 「あすの重賞展望」


中山実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小塚歩
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
荒木敏宏(競馬評論家)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹原伸介(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:35頃 「特別レース展望」
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃、14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:大関隼、檜川彰人
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

休みはあっという間に終わるものでして。 9月19日(土)の放送予定 [番組情報]
2020.09/18 小塚 歩 記事URL

9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
9月12日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業の再開(9月7日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 先週は若干遅めの夏休みをいただいておりました。
 ま、みなさん一緒だと思いますが、今年は休みだからといってどこ行く、なにするみたいなことにはなりませんでしたよね。東京都民ですからゴートゥーなんちゃらも関係ありませんしね。そんな夏休みの絵日記的なやつで今夜はお茶を濁します。今週は3日も更新しなきゃいけませんのできょうは軽め。休み明けのリハビリ? ひと叩きも兼ねて。


 都合のいいことに、夏休み中にアメリカンフットボールのNFLが開幕したのであります。朝からるーびー。妻には「これに合わせて夏休み取ったの?」なんて言われましたがたまたまですよたまたま。金曜午前に1試合、月曜早朝に同時に2試合(←ひとり二元中継)、月曜午前にもう1試合と都合4試合を(テレビとネットですが)生観戦。いやあ堪能。特に私が応援しているワシントンが地区優勝候補をアップセット! 夜中じゃなかったら大声出してたわ。

 ホットサンドメーカーを買ったはいいもののあまり使えていなかったので、この休みで「リロ氏」が以前ツイートしていた長ネギの豚バラ巻きを作ってみた。うまし! るーびーがすすむね。この他にも「全農広報部」さんがツイートされていた焼き茄子を作ってみたり。まあ要約すれば、食って飲んでばかりしていたってことです。特に土日は酒量が増えた。その理由はこちら↓

 まあ、馬券はいつもどおりでして。逆転を託したジャンダルムが4着でヘイルメリー失敗。ぴえん。


 あとはなにしたっけなあ。運転免許の更新に行ったくらいかな。あとはひたすらだらだら。うん、この絵日記じゃあ先生に怒られちゃうなあ。でもいいのおじさんだから。英気を養って、またあしたから実況がんばります。


 では、9月 19日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!
JRAスーパープレミアム 9月21日(祝月)は全投票法の払戻率が80%に!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
松本智志(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


中山実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:小島友実、佐藤泉、石原李夏
パドック進行:石原李夏、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
石川吉行(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:45頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:15頃 「週の中間の話題から」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
12:05頃 「土曜メインレース展望」
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:檜川彰人(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:中野雷太、山本直
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

クッション値、馬券にどう活かす...?? 9月13日(日)の放送予定 [番組情報]
2020.09/12 小塚 歩 記事URL

9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
9月12日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業の再開(9月7日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 きのう11日から、JRAでは各競馬場の「クッション値」を発表しています。


 クッション値とはなんぞや? 改めてお勉強のために、JRAが公開している動画と「日本一馬場に詳しいキャスター」コジトモこと小島友実さんのツイートをみてみましょう。


 含水率が発表されたときにも、どんなふうに活かそうかといろいろ考えたものですがいまだボンヤリしたまま。それよりは勝ち時計やレース傾向に結びつけやすくなるのかなと個人的には想像しているところですが。


 12日土曜のクッション値は、中山競馬場は朝7時の計測で11.2と、金曜発表の10.8よりも上がってきました。わずかに雨が降ったはずなのに! 中京競馬場は朝6時半の計測で9.6と、前日の9.9とあまり変わらず。このぐらいの数値の増減は無視していいものか敏感になるべきなのか。そのあたりの力加減も学びたいところです。


 で、実際12日のレースがどうだったかというと、中京はいきなり1Rの2歳戦がコースレコードに0秒3と迫る好時計での決着。5R新馬戦はタイレコード。これら2クラは芝1400メートル戦でした。これ以外の芝のレースは、取り立てて時計が速いってことはなかったような。クッション値9.6は「標準」(8から10)で、時計の出方も標準的なものに収まっていました。
 ただ中京は例年この時期に開催を行っていません。この開催の芝コースは洋芝をオーバーシードせずに野芝のみで行われますが、中京で野芝オンリーで開催が行われることは普段ないはずなので、そのあたりを頭にいれておかないと。本場開催ですから出走馬のレベルもローカル開催より高めでしょうしね。


 一方中山は、2R前から雨が降り始めて最初の平地芝競走だった3R前には「雨」発表に。そのあと4R以降からは良→稍重になりましたから、クッション値もいくらかは変わっていることでしょう。時計としては、やや時計がかかる日の良馬場というような印象でしょうか。2歳1勝Cのアスター賞で比較すると、前半のペースはさほど変わらないのに上がりが今年の方がだいぶ掛かっています。
 例年ですとこの9月の中山は1年でいちばん時計が出る開催です。去年の京成杯AHでトロワゼトワルが日本レコードを樹立したくらいですからね。12日は雨の影響もあって、高速決着にはなりませんでした。


 んー、初日だけではなんとも分かりませんな。開催前半と後半でもクッション値と時計の相関関係は変わってくるかもしれませんし、毎週末のクッション値とレース結果をにらめっこして傾向を導き出せるか、がんばってみたいと思います。


 では、9月 13日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!
JRAスーパープレミアム 9月21日(祝月)は全投票法の払戻率が80%に!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:25頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「今日のコラム」出演:梅崎晴光(スポーツニッポン)
14:30頃 「パドック解説者 レース展望」
16:30頃 「来週の重賞展望」


中山実況:佐藤泉(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:山本直也、小島友実
パドック進行:石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:35頃 「特別レース展望」
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃、14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:山本直(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:木和田篤、檜川彰人
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

あしたから全国で紙の馬券が買える(なお制限付き)。 9月12日(土)の放送予定 [番組情報]
2020.09/11 小塚 歩 記事URL

9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
9月12日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業の再開(9月7日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 上記リンクにもあるとおり、あす12日から全国多くのウインズやパークウインズ、J-PLACE等で馬券発売が再開されます! パチパチ! まだまだ油断できる状況ではないんですけど、それでも一歩前進。この先は「開催競馬場への入場再開」ってことになるんでしょうか。
 JRAのYoutubeチャンネルでこのような動画が公開されまして、SNSでザワッとしてましたね。公開日はきょうだったのか。

 実はこれ、無観客の開催競馬場のターフビジョン等で夏競馬の期間から流れていましてね。馬主さんの入場が始まったころから流れていたような? ファンの皆さんの入場がいつ再開されてもいいように、この動画チェックしときましょ!


 全国的に発売再開となっても、いきなり全面的に再開とはならず、当然条件付きであります。実際に発売する営業所に足を運んだはいいものの「あれ?」とならないように、どんな条件付きなのかおさらいしておきます。
 

 ・発売は「各場メインレース+前日発売レース」もしくは「各場9R~12R+前日発売レース」
 はい。午前中のレースは買えません。新馬戦も買えません。秋の2歳単勝の恩恵を受けられるのは特別レースが重賞レースということですな。POG指名馬とか一口所有馬がデビューするから応援馬券を! と思っても、売ってませんのでご注意を。


 ・施設内でのレース映像、オッズ情報等の提供はない
 アタシらの実況は流れないってことですね。オッズも表示されないってことは、モニターとにらめっこせずにサッと馬券買ってサッと退出してね、ってことなのかな。人が滞留しないための方策ですね。


 ・発売したレースの当日の払戻は行わない
 これも同じですかね。レース映像もなく払い戻しもないってことはレースまで待ってる必要ないですから、馬券だけ買ってすぐに出ると。これぞ新しいウインズ様式?


 ・営業終了時刻は14時
 これ気をつけましょう! 発売所によっては、当日のレースはメインしか売らないところがありますけど、だからといってメインの時間帯に行っても売ってない(開いてない)わけですから。早めに買ってお家に戻って、ラジオNIKKEI聴きましょう←


 イベントの収容人数制限が緩くなるとかいう話もありますしね。もう少しの我慢なのか? まだまだ気を緩めることなく、その日を待ちましょう!


 では、9月 12日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!
JRAスーパープレミアム 9月21日(祝月)は全投票法の払戻率が80%に!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
松本智志(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


中山実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:稲葉弥生、佐藤泉
パドック進行:中野雷太、稲葉弥生


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「一般レースの狙い」
10:45頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:15頃 「週の中間の話題から」
11:35頃 「日曜重賞レース展望」
12:05頃 「土曜メインレース展望」
12:40頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


中京実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:米田元気、木和田篤
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

商売道具だから仕方ないとはいえ。 9月6日(日)の放送予定 [番組情報]
2020.09/05 小塚 歩 記事URL

8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報
9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
8月29日(土曜)、30日(日曜)、9月5日(土曜)、6日(日曜)の臨時払戻の実施(ウインズ札幌・後楽園・名古屋・梅田)(8月27日発表)


 馬券当たってないのにステイホームで結構買い物したものだから、大して余裕ないんですけどね。


 双眼鏡であります。競馬業界ほど双眼鏡を使いまくるところはないんじゃないかな。毎週土日になると競馬場に持っていき、猛暑の日も雪の日も放送席で馬の動きを追いかけてくれる大事な相棒。各地の地方競馬場にも、ばんえいにも、海外競馬にも持っていきますからね。
 その相棒がだいぶくたびれてきたのでオーバーホールの見積もりをお願いしたところ、目ン玉がまあまあ飛び出るくらいの金額を提示されたのでありまして。


 その後詳しく調べてもらったところ、追加の部品交換が必要とのことでさらに金額アップ。うーーーーーーーーーーーーーーん、これなら量販店で新品買った方が安いなあ。どうしようかなあ。と頭を悩ませているところなのであります。


 ラジオNIKKEIの伝統なのかどうなのか、よくわかりませんけど、競馬実況の練習をスタートするときはみんな倍率7倍の双眼鏡を使うんです。昔ながらの重いやつ。持ち運ぶのは億劫になるけど、適度な重みのおかげでブレは少ないし、対物レンズが大きいので明るい(光を沢山取り込む)。これで東京や中山でひたすら馬を追う練習をするわけです。
 そのままデビューを迎えてからもしばらくその7倍を使い、その後先輩たちが使っている防振タイプの双眼鏡が欲しくなって買うわけです。アタシは実況始めて半年ほど経ったころ、2006年の冬に買ったと記憶しています。それ以来まもなく丸14年になります。たぶん次買うときも同じ機種になるだろうなあ。


 ちなみに海外では双眼鏡を長い棒に固定して実況されるアナウンサーさんが結構います。上記ツイートのクレイグ・エヴァンスさんは棒で固定した上にもうひとつ乗せる"双眼鏡二刀流実況"。いやそれとも、固定してる方の双眼鏡は使ってないのかな? とにかく双眼鏡2つ重なってるのは珍しい。各国それぞれ、工夫しながら実況してるってことなのですね。

 
 では、9月 6日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
安中貴史(競馬ブック)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:山口瞬(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
14:00頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:田井秀一(スポーツニッポン)
14:30頃 「今日のコラム」出演:小田哲也(スポーツニッポン)
16:25頃 「来週の重賞展望」


新潟実況:米田元気(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:木和田篤、稲葉弥生
パドック進行:小島友実
札幌実況:大関隼(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
竹原伸介(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃、14:55頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

初勝利を見たあの騎手が大台に! 9月5日(土)の放送予定 [番組情報]
2020.09/04 小塚 歩 記事URL

8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報
9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
8月29日(土曜)、30日(日曜)、9月5日(土曜)、6日(日曜)の臨時払戻の実施(ウインズ札幌・後楽園・名古屋・梅田)(8月27日発表)


 先週から今週にかけての南関東競馬は、8月24日~26日の川崎競馬と31日~9月4日までの船橋競馬が開催中止に。中止になった3日間分の代替競馬が31日、1日、2日と行われました。
 騎乗できる騎手も限られていて、2日に出馬投票をやり直して行われたスパーキングサマーカップは出走13頭中11頭がテン乗りというなかなか見られない出馬表になるなど、興味深いことになっておりました。そんなドタバタ(?)のなかで、27日に区切りの勝利が達成されました。


 町田直希騎手であります。南関東ではアタシが特に応援している騎手のひとり。なぜかというと、たまたまですがデビュー初勝利を競馬場で観ていたからなんですね。


 町田騎手は2005年にデビュー。アタシも2005年に前職を辞して今の会社に拾われました。今でこそ肩書たっぷりで偉くなったぶちょーも当時はヒラのアナウンサーで、独身でまだまだブイブイ言ってたころ。アタシはすぐ下の後輩ということもあり、夜な夜な飲みに連れてって(連れ出されて?)おりました。
 そんな後のぶちょーがある平日に「川崎のナイターに行こうよ」と。帰り道だったんでしょうかね。でも楽しそうだったし、他部署の先輩たちと連れ立って川崎競馬場に向かいました。


 到着して競馬新聞を開くと、騎手欄に見慣れない文字列。▲町田...? 新人ジョッキーかな。斤量48キロ? 他の馬より5キロも軽いぞ。どういうことだ...?当時は南関東の競馬の仕組みをよくわかっていなかったので(学生時代に川崎通ってたのに)ちんぷんかんぷん。
 ▲町田騎手が乗るスフィーダはまずまずの上位人気。いやーさすがにこれはどうなの? ということで軽視して違う馬から馬券買ったところ、4角先頭からあっさりとリードを広げて先頭でゴールイン。見事に初勝利を挙げたのでありました。前日の初騎乗から2戦目で初勝利マークだったんですね。


 馬券は外れちゃったけど、でも騎手としての初勝利を見届けることになった町田騎手。そこから注目していたら、ポンポンと勝利を挙げて年末の東京2歳優駿牝馬では減量を返上して重賞騎乗し2着。そして翌年にはビービートルネードでデビュー2年目にして東京ダービー制覇! おおおおお、初勝利を見届けたあの若者がダービージョッキーに!
 ビービートルネードは16頭立て12番人気。2着トキノシャンハイから買っててビービートルネードも持ってたのになあ~サンキューウィンが抜けて高配当ゲットならず...15年前から変わんねえな...それはさておき。なかなか勝てずに当時から既に「七不思議」と言われていた的場文男騎手よりも先に、デビュー2年目で東京ダービー勝っちゃうんだからどえらい若手だなあ、なんて思ったものです。


 その後怪我などもありながら1000勝達成。おめでとうございます。アタシ今でこそ仕事で毎年新人騎手の初騎乗や初勝利を見てますけどね、ファンとして騎手の初勝利を生観戦したのはほんとに僅かなので、嬉しくなりました。またビッグレースで活躍することを陰ながら応援しております。
 


 では、9月 5日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
林茂徳(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:山口瞬(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:田井秀一(スポーツニッポン)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


新潟実況:山本直也(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:小島友実、木和田篤
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:小林雅巳(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
12:55頃 「メインレース展望」
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:山本直(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:中野雷太、髙田洋子
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

スラッといきたかったなあ... 8月30日(日)の放送予定 [番組情報]
2020.08/29 小塚 歩 記事URL

8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報
9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
8月29日(土曜)、30日(日曜)、9月5日(土曜)、6日(日曜)の臨時払戻の実施(ウインズ札幌・後楽園・名古屋・梅田)(8月27日発表)


 29日に行われたひまわり賞は熊本産馬ヨカヨカが持ったままで快勝しデビュー3連勝。この時期の2歳牝馬には酷ともいえる57キロを背負っての勝利でありました。生産者の本田土寿さんはひまわり賞3連覇! おめでとうございます。
 実況はアタシでした。


 「テイエム」の冠を持つ馬が5頭出走していました。並べてみましょう。


 テイエムオペラッコ
 テイエムサツマッコ
 テイエムサツマドン
 テイエムサツマオー
 テイエムベニサツマ


 おおおこれは難易度高め。しかも困ったことに「オペラッコ」「サツマオー」が組み合わさると「オペラオー」(ご存知"世紀末覇王")になるし、「オペラッコ」「サツマドン」が組み合わさると「オペラドン」(オペラオーとオーシャンの仔、平地障害で活躍)になるし
 こんなこと言っておきながらスラッと実況できていればかっこよかったのかもしれませんけど、現実はそんなに甘くない。「サツマッコ」と「オペラッコ」を間違えちゃったからなあ...ぐやじい。


 今年のひまわり賞、いろいろ調べるといろいろおもしろいことが出てきました。
 今年のひまわり賞出走馬17頭のうち、「ひまわり賞勝ち馬の弟妹」という馬が4頭。イロエンピツの兄イロゴトシは去年のこのレースの勝ち馬。キリシマオードリーの姉は15年の勝ち馬キリシマオジョウ、ダイヤモンドヘッドの姉は14年勝ち馬エフェクト、テイエムサツマオーの兄は13年テイエムキュウコー。おお、聞いたことがある名前だぞ。
 またキリシマオードリーの姉キリシマオジョウは繁殖牝馬となりました。そして初仔キリシマムテキを送り込んできたのです。


 とまあ、これだけたくさんのことを調べながらもなかなか日の目をみることのないものなのですけどね。今年こそひまわり賞から活躍馬が出てほしいと思ってます。ヨカヨカの今後の動向に注目!


 では、8月 30日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:05頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:40頃 「パドック解説者 レース展望」
11:10頃 「メインレース展望」
12:10頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:山口瞬(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:30頃 「日曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:内海裕介(サンケイスポーツ)
14:30頃 「今日のコラム」出演:坂本達洋(スポーツ報知)
16:25頃 「来週の重賞展望」


新潟実況:中野雷太(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:佐藤泉、木和田篤
パドック進行:石原李夏
札幌実況:山本直也(1R~6R)米田元気(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
正木茂(サンケイスポーツ)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:10頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:35頃 「特別レース展望」
13:35頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:45頃 「メインレース展望」
16:20頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、髙田洋子
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

あの頃の自分はなんて言うだろうか? 8月29日(土)の放送予定 [番組情報]
2020.08/28 小塚 歩 記事URL

8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報
9月12日(土曜)から10月4日(日曜)までの中央競馬の開催等(8月27日発表)
8月29日(土曜)、30日(日曜)、9月5日(土曜)、6日(日曜)の臨時払戻の実施(ウインズ札幌・後楽園・名古屋・梅田)(8月27日発表)


 すいません。個人的、でもないんですけど、中継とは若干関係あるようなないようなことですけど、告知させてください。


 はい。


 ダビスタです。ダービースタリオン。ニンテンドースイッチ版がこの冬に発売予定で、その中でアタシ実況しております。
 はあ~、今でも信じられん。


 あれは25年ほど前のこと。1994年、ナリタブライアン3冠達成の菊花賞をテレビ観戦して競馬にのめり込み始めた小塚少年、巷で流行っているという「ダービースタリオン3」なるゲームソフトを手に取ってみた。ふむふむ、競走馬育成シミュレーションねえ。売れてるらしいし、競馬覚えたいし、買ってみようかしら。それがアタシとダビスタとの出会いでした。
 最初はぜんぜん面白さがわかんなかったんですよ。初期の繁殖牝馬に、少ない手持ち資金で種付け料安い種牡馬を交配させて、なんとなくレースに出走させてはみたもののぜんぜんいい成績を残してくれない。買って少し遊んでから、ほったらかしてた期間がありました。


 当時は毎週ファミ通買ってて、それに攻略情報とか載ってたんだっけな? しばらくしてもう一度遊び始めたら、そこからはあっという間にハマってしまった。ハマると同時に、競馬番組とか繁殖→育成→調教→出走のサイクルとか、血統とかをざっくりと覚えた。
 そのへんがわかると、今度は実際の競馬を追いかけるときに役に立ったのよね。なので、アタシはダビスタで競馬を覚えたといっても過言ではありません。攻略本も何冊も買った。


 血統表と首っ引きで「ぼくのかんがえたさいきょうのけっとう」を編み出したりね。ぜんぜん走んなかったけどw ターボファイルも買ったし、片手で操作できるアスキースティックも買ったし。夜な夜な最強馬生産に勤しむ高校生。日中ろくに授業なんか受けてないってことがバレますなw

 
 そんな小塚少年が25年後にダビスタの中で実況するなんて。ねえ。
 まだまだいくらでも話せますがこのへんで。発売日が決まったらまたこちらでもお知らせしようかな。発売を楽しみに待ちましょー!


 では、8月 29日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
林茂徳(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:30頃 「特別レース展望」
11:50頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:00頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:山口瞬(日刊競馬)
12:50頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:20頃 「土曜メインレース展望」
13:50頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:内海裕介(サンケイスポーツ)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


新潟実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、佐藤泉
パドック進行:中野雷太、石原李夏
札幌実況:米田元気(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
鈴木邦宏(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
10:10頃 「一般レースの狙い」
10:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
11:05頃 「週の中間の話題から」
11:25頃 「日曜重賞レース展望」
12:00頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:30頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
12:55頃 「メインレース展望」
13:30頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:20頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:山本直、加藤弘晃
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

みんな上手いよねえ~をなんとか証明したい。 8月23日(日)の放送予定 [番組情報]
2020.08/22 小塚 歩 記事URL

8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報


 今年最後の(少なくとも出張では)北海道ナイトが静かに過ぎていきます。ああああああああああああ今年はジンギスカン屋さんに一度も行かなかったああああああああああああ
 こんな夏はこれまでなかったですよ。特に土曜は必ず誰かと飲みに行ってたし。3軒くらいハシゴしてテッペン超えるくらいになるとだるま(ジンギスカンの有名店)が空いてくるからシメに行ったりとかね。予定がなくても一人でジンギスカン行ってたんだけどなあ。仕方ない。来年以降の楽しみにしとこ。来年も出張があればな←


 さて、きょうの新潟11Rは大波乱になりました。16頭立て14番人気ソロフレーズ→8番人気グロンディオーズ→最低16番人気マイネルラフレシアの順で3連単は6,728,500円という大波乱となりました。全くの余談ですがうちの妻はグロンディオーズの単複を買っていたようでかなり悔しがってました。


 小林アナさすがです。さすが毎月万馬券コラムを書くだけあります。で、アタシはふとこんなことを思ったのであります。


 最近ドカ荒れしたレースがあんまりないよね。結構つきそう!っていうレースがそんなにつかなかったり。
 なんでだろ? と理由を考えたときに、まず思い浮かぶのが無観客競馬であります。静かな環境で実力上位のたち馬が力を出しやすいっていう言説ですね。アタシはもうひとつ唱えたい。「電話インターネット投票オンリーのせいで実力=オッズに近づいている」説。名前買いや騎手買いが減って、その馬が好走する可能性で売れるようになっているんじゃないかと。


 そう思って、去年と今年で開催の条件に違いが少ない4月~6月の東京競馬の成績を色々と調べてみると。
 例えば『単勝1倍台の成績』は去年より今年の方が勝率連対率複勝率いずれも上。ふむふむ、現在の購買層はみんな1番人気馬を正確に見極めているのだな。で、それ以外のレンジだと15倍以上の馬たちの成績も今年のほうが上。およよ?
 人気順(オッズに関わらず、順番)の成績をみると...1~3番人気馬の成績は今年より去年の方が良く、10番人気以下の人気薄馬の成績は今年のほうが上。あれれ? 1倍台はみんな見極めてるけど、それでも数字は押し上がらないのかな。そして人気薄の好走は今年のほうが多かったってことは。。。人気薄の馬たちも無観客競馬の恩恵を受けたのかな? そしてそれをみんな拾えてないってことなの?
 簡単な話じゃなかったのかトホホ。まーそりゃそうか。簡単に「電話インターネットの馬券購買層」「本場に買いに行けない層」みたいな分け方しちゃいけなかったってことですな。浅はかな考えを反省。(注:缶ビール飲みながらなのでぼんやりした感じです


 小林アナは札幌の放送席でこうも言ってました。
 「1000万馬券って、久しく出てないでしょ?」


 調べてみたら、たしかに! 2005年以降、2007年を除いて毎年少なくとも1回は3連単の払い戻しが1000万円を超える馬券が飛び出していたのですが。今年はゼロ。去年の2月10日以来、1年半以上も出てないのです。例年の流れでいけば、きょうの672万円で収まることはないはずなのであります。
 それがこのぐらいの配当で収まっているということは、「みんな上手いこと買うなあ」ってことの証左なのでは......いささか我田引水に過ぎるか。そしてアタシは変わらずに、へたっぴーな馬券を買うのであります、きっと明日も。。。


 では、8月 23日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
9:55頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
11:45頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:山口瞬(日刊競馬)
12:20頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃 「日曜メインレース展望」
13:50頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:松田直樹(日刊スポーツ)
14:20頃 「今日のコラム」出演:高木翔平(スポーツニッポン)
16:25頃 「来週の重賞展望」


新潟実況:山本直也(1R~6R)小屋敷彰吾(7R~12R)
進行:木和田篤、佐藤泉
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:小林雅巳(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹村浩行(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
10:15頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃 「メインレース展望」
11:35頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
11:45頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:35頃 「特別レース展望」
13:35頃 「解説者 今日の狙い目」
14:05頃、14:45頃 「メインレース展望」
16:20頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:山本直、岡田麻紗巳
パドック進行:加藤弘晃


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

 全58ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 次の10件