スーパー未勝利を分析する。 9月27日(日)の放送予定 [番組情報]
2015/09/26(土) 18:00 小塚 歩

誰が呼んだか知らないが、誰もがみんな知っているこの呼び名
「スーパー未勝利」


秋の中山と阪神では、3歳未勝利戦の出走条件を
・出走経験が5回以下
もしくは
・前走JRAの平地競走で5着以内
だった馬に限っています。しかもこの条件での出走は1回限り。
まさに皆、ラストチャンスに賭けるわけです。これが「スーパー未勝利」。


この「スーパー未勝利」、何か傾向はあるのでしょうか?
今年ここまで(21日月曜終了時)の2週間のデータを見てみました。
※きょう9月26日土曜のデータは入ってません!あしからず。


☆キャリア
18レースのうち、キャリア5戦以内の馬が12勝。
キャリア6戦以上の馬は前走5着以内で出走しているわけで、実績はあると言えますが
もしかしたら、いわゆる"お釣り"がまだ残っている比較的フレッシュな馬の方がいいのかも。
ちなみにスーパー未勝利で初出走だった馬が今年はここまで3頭いて、
3着、16着、1着。目を瞑って狙ってもいいかもしれません。


☆人気
1番人気から8番人気までが満遍なく勝っていて、9番人気以上の勝ちはなし。
2番人気が1勝と凹むほかは、2勝もしくは3勝と大きな傾向はありません。
10番人気以下の連対も2頭だけと、大きな穴馬券は狙いづらいようです。
また人気順でなく、単勝オッズで見ると
「2倍台は信頼度高し」「1倍台と3倍台は未勝利」「7倍〜14倍は連対率上位」
という傾向が出ています(1倍台はサンプル少ないですが)。


☆騎手 特に傾向なさそう。


☆毛色
出走数トップは鹿毛ですが、栗毛が勝率連対率とも上回っています。
それより優秀なのが栃栗毛!
2頭が出走して(カレリア、ダイワハッスル)どちらも勝利! 勝率100%!
しかも今年JRAで勝利した栃栗毛馬はこの2頭だけらしい! なんというデータ!


というわけで、本日のこのブログでは
「スーパー未勝利に栃栗毛が出たら買い」という結論にさせていただきますw
参考にするかしないかはアナタ次第! 出てれば、ね。出てれば。


では、9月27日 日曜日 の放送予定です。


「秋の最終馬連」実施中!
10月18日(日)まで、JRA全場の最終12レースの「馬連」を対象に、
通常の払戻金に売り上げの5%相当が上乗せされます。


【PCやスマホで楽しめます! radiko.jp へ!】


[第1放送]
<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~、11:30頃~「メインレース展望」
12:20頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:50頃~「今日のコラム」出演:小田哲也(スポーツニッポン)


中山実況:山本直(1R~4R)小塚歩(5R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:山本直也、渡辺和昭
パドック進行:石原李夏


[第2放送]
<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
佐藤将美(サンケイスポーツ)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~、11:15頃〜「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「重賞レース展望」
16:00頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:大関隼、佐藤泉
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント